クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

三井住友VISAゴールドカード

更新日:

三井住友VISAゴールドカード

カードの特徴

三井住友カードが発行しているゴールドカードで、手厚い国内外旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなどの充実した付帯サービスと、どこで利用しても恥ずかしくないステータス性が魅力

発行会社 三井住友カード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降10,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯分は1,000万円まで)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

目次

三井住友VISAゴールドカードの魅力は高いステータス性

ゴールドカード

ステータスカードとは

「ステータス」を直訳すると、社会的地位や身分といった意味があります。ステータスカードとは、社会的地位のある方だけが持つ事を許される特別なクレジットカードです。

クレジットカードと一口に言っても、無料で作る事ができる比較的敷居の低いカードから一定以上の収入がある方に限定されているカードまで様々です。その中でもゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなど、グレードの高いクレジットカードの事をステータスカードと呼びます。プラチナカードやブラックカードを持つにはカード会社からの招待が必要となるなど、誰でも持てる訳ではありません。

三井住友VISAゴールドカードの場合は、原則として満30歳以上で、本人に安定継続収入がある事が発行の条件となっています。

ステータスカードのメリット・魅力

ステータスカードのメリットは、無料で作る事ができる一般的なクレジットカードに比べてサービスが充実しているという点です。
例えば三井住友VISAゴールドカードの場合、旅行先で万が一事故に巻き込まれた際も旅行傷害保険で手厚い補償が受ける事ができます。

また空港ラウンジが利用できたり、一流旅館とホテルの宿泊予約が割引になるなど至れり尽くせりです。
また、ゴールドカードであれば高級ゴルフクラブなど、どこに出しても恥ずかしくないというのも魅力でしょう。

年会費について

三井住友VISAゴールドカードの年会費は10,000円(税別)ですが、インターネット申し込みの場合は初年度無料になります。
サービスが充実しているゴールドカードのため年会費は高めですが、様々な年会費割引制度があります。

クレジットカードの年会費とは?年会費有料は無料のカードと比較してお得?

支払方法を「マイ・ペイすリボ」にすることで年会費が半額

支払方法を「マイ・ペイすリボ」にすることで、年会費が半額になります。
マイ・ペイすリボとは、あらかじめ指定した毎月の支払金額を超えた利用分が自動的にリボ払いになるサービスです。
リボ払いの手数料を支払いたくない場合は、毎月の支払金額を高めに設定しておくと、翌月以降に支払いが持ち越されずに手数料が発生しないためおすすめです。

WEB明細書で1,000円割引

カードの利用代金を、郵送ではなくWEB明細書にすることで、翌年度の年会費が1,000円(税別)割引になります。

年間利用金額に応じて翌年度の年会費半額

三井住友VISAゴールドカードを年間100万円以上利用すると、利用金額に応じて翌年度の年会費の割引を受けることができます。

年間利用金額 100万円以上300万円未満 300万円以上
翌年度年会費 20%割引 半額

家族会員は1人目まで無料

家族会員は1人目年会費無料、2人目以降は年会費1,000円(税別)で発行可能です。
家族会員もゴールドカードのサービスを十分に受けることができるため、1人まで無料で発行できるのはうれしいですよね。

クレジットカードの「家族カード」とは?メリットとデメリットを解説

ポイントについて

三井住友VISAゴールドカードのポイントサービスについて詳しくみていきましょう。

通常ポイント還元率は0.5%

三井住友VISAゴールドカードを利用すると、1,000円につき1ポイント(ワールドプレゼント)が貯まります。貯めたポイントは1ポイント=5円相当で商品と交換できるため、基本的なポイント還元率は0.5%です。

ポイント有効期限は3年

三井住友VISAゴールドカードを利用して貯めたポイントの有効期限は3年間で、一般カードやプライムゴールドカードの場合の有効期限2年間よりも1年長くなります。
ポイントを使い忘れるリスクが減ってありがたいですね。

年間利用金額に応じてボーナスポイント

三井住友VISAゴールドカード会員は、前年度年間利用金額と今年度年間利用金額に応じてボーナスポイントを受け取ることができます。年間利用金額が多いほどお得にポイントが貯まります。

前年度年間利用金額 ステージ 今年度利用金額とボーナスポイント
300万円以上 V3 50万円で300ポイント
以降10万円ごとに60ポイント
100万円~300万円 V2 50万円で150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント
50万円~100万円 V1 50万円で100ポイント
以降10万円ごとに20ポイント

ポイントアップモールでポイント最大20倍

ネットショッピングの際に三井住友カードが運営するポイントアップモールを経由すると、ポイントが2~20倍貯まります。
ポイントアップモールでは、楽天市場やAmazon、ZOZOTOWN、Yahooショッピング、ベルメゾンなど、主要な通販サイトはほとんど利用できるため、ネットショップをよく利用する方は非常にお得です。

ポイントアップモールにアクセスした後にいつも通りネットショップで買い物をするだけで簡単にポイントがお得に貯まるので、ぜひ利用してみてください。

「ココイコ!」でポイントアップまたはキャッシュバック

三井住友カードが提供するココイコ!というサービスは、事前にエントリーした街の対象店舗でカードを利用すると、ポイント獲得率アップやキャッシュバックなどの特典が受けられるものです。
スマホからエントリーするだけで簡単にポイントが通常より多く獲得できたり、キャッシュバックを受けられるため非常にお得です。

主なポイント交換商品

三井住友VISAゴールドカードを使って貯めたポイントは、以下のような商品と交換することができます。
ポイント還元率が0.5%以上の商品が損をせずに交換できるものなのでおすすめです。

商品名 必要ポイント数 ポイント還元率
WAONポイント
1,000円分
200ポイント 0.5%
Tポイント
900円分
100ポイント 0.45%
楽天スーパーポイント
1,000円分
200ポイント 0.5%
au WALLETポイント
1,000円分
200ポイント 0.5%
VJAギフトカード
5,000円分
1,000ポイント 0.5%
nanacoポイント
600円分
200ポイント 0.3%
suicaポイント
600円分
200ポイント 0.3%

関連記事

クレジットカードの「ポイント還元率」とは?高還元率のおすすめカードも紹介

審査について

三井住友VISAゴールドカードの審査について詳しく説明していきます。

申し込み資格について

三井住友VISAゴールドカードの申し込み資格は、満30歳以上で本人に安定継続収入のある方とされています。
ゴールドカードの申し込み資格を20歳以上とするカード会社が多い中、30歳未満は申し込むことができない三井住友VISAゴールドカードは入会のハードルがやや高く、ステータスの高さがうかがえます。

▼30歳未満の方用の三井住友VISAゴールドはこちら

三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴

審査難易度について

三井住友VISAゴールドカードの審査は、30歳以上という厳しい申し込み資格からも推測される通り、審査難易度が高めのカードです。

三井住友カードは銀行系カード会社のため、オリコカードなどの信販系やイオンカードなどの流通系のゴールドカードよりも審査は厳しく、年収が低い場合やパート・アルバイトの方の場合は審査に通ることが難しいカードです。
しかし、三井住友VISAゴールドカードのワンランク下の一般カードである「三井住友VISAクラシックカード」で利用実績を作ってから切り替える場合は、年収が低い場合や、パート・アルバイト、派遣社員の場合でも審査に通る可能性があります。

審査に自信のない方は、まず三井住友VISAクラシックカードに入会し、利用実績を作ってから切り替えで申し込む方法をおすすめします。
また、20代限定の「三井住友VISAプライムゴールドカード」を持っている場合、満30歳になった後の最初の更新時に三井住友VISAゴールドカードに自動的に切り替わります。

三井住友VISAプライムゴールドカードは三井住友VISAゴールドカードよりも取得難易度が非常に低いため、三井住友VISAゴールドカードの取得を目指す20代の方は三井住友VISAプライムゴールドカードを作っておくことをおすすめします。

最短3営業日で発行可能

三井住友VISAゴールドカードは、インターネットから申し込み、オンラインで引き落とし口座を設定することで、最短3営業日で発行可能です。
申し込みから自宅にカードが到着するまで約1週間のスピード発行なので、急いでいる方にとってはありがたいですね。

関連記事

クレジットカード会社が審査基準にしている「3C」と「スコアリング」とは


クレジットカード審査に影響する年齢について


クレジットカード審査の流れと審査期間について

電子マネーiD利用可能

ここ数年で急速に普及した電子マネーですが、三井住友VISAゴールドカードは「三井住友カードiD」の発行にも対応しています。
これは「iD」マークが付いているコンビニなどのお店や自動販売機にカードをかざすだけでお買い物ができるキャッシュレスの便利な機能です。

iDで利用した代金はクレジットカードの利用分とまとめて請求されるので、支出の管理も楽々。しかも少額決済でもポイントが貯まるので、今まで以上にポイントを貯めやすくなります。
万が一、紛失や盗難に遭って不正利用されてしまっても、クレジットカードと同じく保障があるので安心です。

iDの利用方法

三井住友カードiDは「iDのみの専用カード」と「クレジットカード一体型カード」と「携帯端末で利用できるiD」という3種類の中から希望のタイプを選ぶ事が可能です。
三井住友カードiDはクレジットカードに紐付けされているためチャージ不要、サインの手間もなくカードや携帯端末を読み取り機にかざすだけでスピーディーに買い物を楽しむ事ができます。

付帯保険について

三井住友VISAゴールドカードに付帯している海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の内容について説明します。

海外旅行傷害保険が自動付帯

三井住友VISAゴールドカードには、以下の海外旅行傷害保険が付帯しています。

補償内容 補償限度額(本人) 補償限度額(家族)
死亡・後遺障害 自動付帯分1,000万円
利用付帯分4,000万円
1,000万円
損害・疾病治療費用 300万円 200万円
賠償責任 5,000万円 2,000万円
携行品損害 50万円 50万円
救援者費用 500万円 200万円

死亡・後遺障害の補償額の利用付帯分4,000万円以外は全て自動付帯のため使い勝手がよく、補償の内容も非常に充実しており、海外によく行く方はお得です。
また、家族特約も付帯しているため、家族で海外に行く機会が多い方はさらにお得です。

国内旅行傷害保険

三井住友VISAゴールドカードには以下の国内旅行傷害保険が付帯しています。

補償内容 補償限度額
死亡・後遺障害 自動付帯分1,000万円
利用付帯分4,000万円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

海外旅行傷害保険と同様、死亡・後遺障害の利用付帯分4,000万円以外は全て自動付帯のため便利です。

関連記事

海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカード【自動付帯・利用付帯とは?】

空港ラウンジを利用可能

三井住友VISAゴールドカード(三井住友プラチナカード、プライムゴールド)会員は、全国28の空港ラウンジが無料になる「空港ラウンジサービス」が利用できます。
ラウンジでは、くつろげる空間でソフトドリンクやアルコールを無料で飲めたり、コピーやFAX、名刺作成サービス、パソコンの貸し出しができたりします。空港ラウンジによってサービス内容は異なるので、詳しくは訪問するラウンジのページをご確認ください。

空港ラウンジサービス|クレジットカードの三井住友VISAカード

※プラチナカードは同伴者1名まで無料でラウンジを利用できますが、ゴールドカード、プライムゴールドは同伴者1名ごとに1,000円程度の料金が必要です。

北海道 新千歳空港
函館空港
東北 青森空港
秋田空港
仙台国際空港
中部 新潟空港
富山空港
小松空港
中部国際空港
関東 成田国際空港
羽田空港
近畿 伊丹空港
関西国際空港
神戸空港
中国 岡山空港
広島空港
米子空港
山口宇部空港
四国 徳島空港
高松空港
松山空港
九州 福岡空港
北九州空港
長崎空港
大分空港
熊本空港
鹿児島空港
沖縄 那覇空港

空港ラウンジ利用方法

空港ラウンジの利用方法は、各ラウンジの受付で、当日の搭乗券(航空券)と一緒に三井住友プラチナカードかゴールドカード、プライムゴールドカードのいずれかを提示してください。

割引について

続いて、三井住友VISAゴールドカードを持っていると受けることができる割引特典について説明していきます。

全国のホテル・旅館宿泊代金割引

三井住友VISAゴールドカードを持っていると、一流旅館やホテルの宿泊予約サービス「relux」を、提供価格から3,000円割引の価格で利用できます。
対象のホテルや旅館をよく利用する方はお得です。

ユニバーサルスタジオジャパンのチケット割引

USJのチケットを購入する際に三井住友VISAゴールドカードを利用すると、スタジオ・パスの料金の割引を受けることができます。

定価 割引価格
大人 7,400円 7,030円
子供 4,980円 4,730円

※税込み

なお、2017年4月からはUSJのチケットの価格改定に伴い、割引価格も以下の通り変更されます。

定価 割引価格
大人 7,600円 7,230円
子供 5,100円 4,850円

※税込み

三井住友VISAクラシックカードとの機能比較

スタンダードタイプの「三井住友VISAクラシックカード」とステータスカードの「三井住友VISAゴールドカード」では、どういった点が違うのかを比較してみました。

セキュリティが充実

三井住友VISAゴールドカードはセキュリティ面でも一歩先を行く先進の技術を採用しています。スキミング対策としても効果を発揮するセキュリティの高さが特徴のICチップもそのひとつです。

最近では採用しているクレジットカードも多いICチップですが、三井住友VISAゴールドカードではICチップに加えて本人の顔写真が裏面にプリントされたカードも選ぶ事ができるため、不正利用対策としても万全です。もちろん顔写真をカードに載せたくないという方は通常のカードが選べます。

また、インターネットでのショッピングや電子マネーへのチャージ時など、クレジットカードを利用する際の本人認証サービスにはワンタイムパスワードが導入されているため、従来よりも格段にセキュリティが向上しています。ワンタイムパスワードはスマホのアプリで発行されるので、トークンなどの機器を持ち運ぶ必要もありません。

海外旅行時のサポートが充実

三井住友VISAゴールドカードを持っていれば、羽田や伊丹など全国28の空港ラウンジを無料で利用する事ができます。
旅行時の保険も三井住友VISAクラシックカードでは、海外旅行傷害保険が最高で2,000万円となっていますが、三井住友VISAゴールドカードであれば海外・国内旅行傷害保険が最高5,000万円となっているため、いざという時も安心です。

海外では治安の悪い地域もありますが、カードが盗難に遭っても三井住友VISAゴールドカードなら日本語サポートデスクで、24時間いつでも年中無休でサポートが受けられるのでもしもの時も安心です。
このサポートデスクでは、コンシェルジュのようにホテルやレストランの予約や、お土産の宅配まで様々なサービスを受ける事ができます。

三井住友WAONを利用すればイオンでのお買物がお得

三井住友VISAゴールドカードは、iDの他、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWaveと各種電子マネーにも対応しています。
その中でも「三井住友WAON」はイオングループのお店でよくお買い物をされるという方におすすめのお得な電子マネーです。 300円の発行手数料はかかりますが、あっという間に元を取れるでしょう。

WAONポイントが貯まる

WAONで決済を行う上での最大の魅力は、WAONポイントが貯まるという点でしょう。消費税等を含むお買い物200円ごとに、1円相当のWAONポイントが貯まります。

更に毎月5日と15日、25日に実施されている「イオンお客さまわくわくデー」の日にWAONでお買い物をするとWAONポイントが2倍となり、よりお得にWAONポイントを貯める事ができます。貯まったWAONポイントは、WAON(電子マネー)に交換してお買い物に使う事ができます。

イオンお客さま感謝デーは5%OFF

毎月20日と30日に実施されている「イオンお客さま感謝デー」のお買い物にも三井住友WAONが断然お得です。WAONで支払いをすると5%オフとなるため、まとめ買いにも便利です。

オートチャージ可能

三井住友WAONなら、面倒なチャージの手間がかからないオートチャージに対応しています。WAONでのお買い物の際にWAONの残高が設定金額を下回ると自動的にチャージされるので、残高がなくなってしまいレジの前で慌てるという事もありません。

デメリットについて

最後に、三井住友VISAゴールドカードのデメリットについてみていきましょう。

ポイント還元率が低い

三井住友VISAゴールドカードのデメリットは、ポイントの基本還元率が0.5%と低めである点です。他のカード会社が発行するカードの中には還元率1.5%と高いものもあるため、とにかくポイントを貯めたいという方にはデメリットになります。

年会費が高い

三井住友VISAゴールドカードの年会費は10,000円と高めの設定です。年会費が高い分、付帯サービスも非常に充実していますが、普段の生活で付帯サービスをあまり利用しない方は年会費分の恩恵を受けることができないため、デメリットになります。

三井住友VISAゴールドカードの基本情報

三井住友VISAゴールドカード

カードの特徴

三井住友カードが発行しているゴールドカードで、手厚い国内外旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなどの充実した付帯サービスと、どこで利用しても恥ずかしくないステータス性が魅力

発行会社 三井住友カード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降10,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯分は1,000万円まで)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

発行会社

カード発行会社 三井住友カード株式会社
本社所在地 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング

年会費

初年度年会費 無料
2年目以降 10,800円(税込)
ETCカード年会費 540円(税込)
家族カード年会費 1枚目まで無料
2枚目以降1,080円(税込)

ポイントプログラム

ポイント付与条件 1,000円利用につき1ポイント付与
通常ポイント還元率 0.5%
ポイントアップ条件 ・年間利用金額に応じてボーナスポイント
・ポイントUPモール経由でのネットショッピングで最大20倍
・ココイコ!経由でポイント上乗せ
ポイント名称 ワールドプレゼント
ポイント有効期限 3年間

マイル還元率

ANAマイル交換 100ポイント→300マイル
移行手数料:無料
JALマイル交換 なし

審査

入会資格 満30歳以上で本人に安定収入のある方
最短発行期間 最短8営業日(オンライン申込)

限度額・利用可能枠

ショッピング 70万円~200万円
キャッシング 0~50万円

利率

ショッピング リボ払い 実質年率15.0%
キャッシング 実質年率15.0%

締め日と支払日

締め日・引落日 ・15日締め翌月10日払い
・月末締め翌月26日払い
※いずれかを選択
支払方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い

電子マネー

電子マネー iD
PiTaPa
WAON
iD(携帯)
Visa payWave

海外旅行傷害保険

死亡・後遺障害 5,000万円(自動付帯分は1,000万円)
傷害治療 300万円(自動付帯)
疾病治療 300万円(自動付帯)
携行品損害 50万円(自動付帯)
1旅行中限度額50万円、年間限度額50万円、1事故につき免責3,000円
賠償責任 5,000万円(自動付帯)
救援者費用 500万円(自動付帯)

国内旅行傷害保険

死亡・後遺障害 5,000万円(自動付帯分1,000万円)
入院保険金日額 5,000円(自動付帯)
事故日から180日限度
通院保険金日額 2,000円(自動付帯)
事故日から180日以内、90日限度
手術保険金 20万円(自動付帯)
1事故につき1回の手術(保険金額=所定の倍率×入院保険金日額)限定

ショッピング保険

ショッピング保険 300万円
カードで購入した商品の破損・盗難による損害を、購入日および購入日の翌日から90日間補償

-おすすめクレジットカード
-, , , , ,

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.