クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

三井住友VISAカードの審査落ちになる理由と通過のためのコツ

更新日:

CMなどでおなじみの三井住友VISAカードですが、ステータスが高い反面、審査難易度が高いというイメージがあり、なかなか申し込めないという方も多いのではないでしょうか。

三井住友VISAカードの審査難易度や、三井住友VISAカードの審査に落ちてしまう原因、審査に通るコツなどについて、詳しく説明していきます。

三井住友VISAカードの審査難易度

まず、三井住友VISAカードの審査難易度についてみていきましょう。

審査難易度は高め

三井住友VISAカードは銀行系のクレジットカードです。
そのため、ジャックスカードなどの信販系、イオンカードなどの流通系、アコムACマスターカードなどの消費者金融系のクレジットカードに比べると、審査難易度は高めです。
特に三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAプラチナカードは取得難易度が高く、パート・アルバイトの場合や年収が低い場合は審査に通ることが難しいカードです。

デビュープラスカードは審査難易度が低い

三井住友カードが発行する、18歳~25歳までの方限定の「三井住友VISAデビュープラスカード」は、一般カードよりも審査難易度が低めです。
学生であればほとんど審査に落ちることがなく、年収の低い20代前半の社会人の方でも審査に通ることができます。

三井住友VISAデビュープラスカードは、26歳以降の最初のカード更新時に自動的に20代限定のゴールドカードである「三井住友VISAプライムゴールドカード」に切り替わるため、審査難易度のより高いプライムゴールドカードを確実に取得することができます。

さらに、三井住友VISAプライムゴールドカードは満30歳になった後の最初の更新時に三井住友VISAゴールドカードに自動的に切り替わるため、審査難易度の高いゴールドカードを確実に取得することができます。

このように、若いうちにデビュープラスカードを作っておけば、将来確実にゴールドカードを取得することができるため、年齢条件を満たす方はデビュープラスカードを取得しておくことをおすすめします。

三井住友VISAカードの審査に落ちる理由

続いて、三井住友VISAカードの審査に落ちてしまった場合に考えられる原因についてみていきましょう。

審査基準を満たしていない

三井住友カードでは、職業や勤続年数など、申し込みの際に申告した項目を点数化する「スコアリング」という手法で審査を行っています。
スコアリングでは、「属性」と呼ばれる職業や勤続年数などの項目を、返済能力が高いと推測される順に点数化をしていきます。

例えば勤続年数であれば、長く勤めるにつれて収入が上がり返済能力が高くなると推測できるため、長ければ長いほど点数が高くなります。
スコアリングの結果、三井住友カードが独自に設定する基準点数を満たせていなければ、審査に落ちてしまいます。

三井住友カードのスコアリング審査で最も重視されるのがクレジットヒストリー(クレヒス)です。
クレヒスはクレジットカードやローンの利用履歴情報のことで、個人信用情報機関(※)で管理されています。
三井住友カードでは延滞や債務整理などの金融事故情報を起こしたことのある、いわゆる「ブラック」という状態になっている人を返済能力がないと判断するため、いくら年収が高くても審査に通ることが難しくなります。

一方、延滞がなく、クレジットカードの利用履歴と毎月の順調な支払い状況が記録されているきれいなクレヒスの場合は、非常に高く評価されます。

※個人信用情報機関とは、カード会社や消費者金融などの金融機関から個人のクレヒス(信用情報)を集めて管理し、集めた情報を金融機関が審査に利用できるように提供している機関です。申し込みを受けたカード会社では、申込者の返済能力を調べるために個人信用情報機関の情報を必ず参照しています。そのため、一度ある業者で延滞をして登録されてしまった延滞情報は、その後申し込みをする全てのカード会社に知られることになります。

他社からの借り入れが多い

三井住友カードでは、審査の際に個人信用情報機関に登録されている他社からの借入れ状況を参照し、申込者の返済能力を調べます。
その際に他社からの借入額や借入件数が多ければ、返済能力が低く、お金に困っている人だとみなされて審査に落ちてしまいます。

申し込みブラックになっている

短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ場合、「申し込みブラック」という状態になってしまい、三井住友カードの審査に通りにくくなります。
申し込みブラックとは、短期間に複数の申込情報が個人信用情報機関に登録されている状態のことです。

私たち消費者がクレジットカードに申し込むと、申込情報が個人信用情報機関に登録されます。
三井住友カードが審査中に個人信用情報機関の情報を参照した際に、短期間に複数のカードへの申込情報が残っていると、お金に困っている人・他のカード会社の審査に何度も落ちている人とみなされてしまうため、審査に通りにくくなります。
そのため、クレジットカードの申し込みは、1カ月に1~2件程度に留めておくのが無難です。

三井住友フィナンシャルグループ間でブラック情報は共有されていない

三井住友カードは三井住友フィナンシャルグループの一員のため、過去に同じフィナンシャルグループ内のプロミスなどで金融事故を起こしたことのある方は、いわゆる「社内ブラック」になってしまい、三井住友カードの審査に通らないのではないかと不安に思っているのではないでしょうか。

しかし、三井住友フィナンシャルグループでは、個人の延滞情報や自己破産情報などのブラック情報は、グループ内の別企業間で共有されていません。
そのため、過去にプロミスに対して債務整理を行ったことがある方でも、個人信用情報機関のブラック情報さえ消えていれば、三井住友カードの審査に通ることができます。

ただし、債務整理先に三井住友カードが入っていた場合は、社内ブラックとして半永久的に記録が残るため、三井住友カードの審査に通ることは難しくなります。

三井住友VISAカードの審査に通るためのコツ

続いて、三井住友VISAカードの審査に通る可能性を上げるためのコツについて説明していきます。

グレードが高いカードはワンランク下のカードでクレヒスを作ってから申し込む

審査難易度についての項目でも解説した通り、三井住友VISAゴールドカードや三井住友VISAプラチナカードといったグレードが高いカードは取得難易度が高く、ある程度高い属性の人でなければ新規で申し込んでも審査に落ちてしまいます。

しかし、ワンランク下のカードで利用履歴を作ることによって、審査難易度は大きく下がります。例えばゴールドカードを作りたい場合、一般カードである三井住友VISAクラシックカードで利用履歴を作ってからゴールドカードに切り替え申し込みをすると、パートやアルバイトの方でも審査に通る可能性があります。
同じように、プラチナカードを作りたい場合は、ゴールドカードで利用履歴を作ってから切り替え申し込みをすると、新規で申し込むよりも審査難易度が下がります。

このように、審査難易度が高いカードに申し込む場合は、新規で申し込むよりも、ワンランク下のカードで利用履歴を作ってから切り替え申し込みをすることで、審査難易度を下げることができます。

キャッシング希望額を0円にして申し込む

キャッシングをどうしても利用したいという場合以外は、キャッシング希望額を0円にして申し込むことをおすすめします。

三井住友カードなどのクレジットカード会社が守らなければならない「貸金業法」という法律では、年収の3分の1以上のキャッシングを禁止しています。
そのため、自分の年収の3分の1以上のキャッシング枠を希望した場合、審査に悪影響を与える可能性があります。

また、貸金業法では、三井住友カードへの借り入れ希望額が50万円を超える場合や、三井住友カードへの借り入れ希望額と他社からの借り入れの合計額が100万円を超える場合、収入証明書の提出が必要であると定められています。
そうなると審査項目が増えてしまうため、審査に落ちるリスクも高くなります。

キャッシングをどうしても利用したいという場合でなければ、キャッシング希望額を0円にして申し込み、審査落ちのリスクを減らしましょう。

三井住友VISAカードの種類

三井住友VISAカードの種類を紹介します。
それぞれ、自分に合った属性のカードを選択しましょう。

もっともベーシックな三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】世界シェアNo.1のVISAブランド。初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できる銀行系カードなのでセキュリティが高い。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,250円+税) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

学生や若い人限定でお得!「三井住友VISAデビュープラスカード」

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

旅行好きにおすすめの女性向きカード「三井住友VISAアミティエカード」

三井住友VISAアミティエカード

カードの特徴

三井住友VISAアミティエカードは、三井住友カード株式会社が発行する専業主婦や学生でも作れる「女性向けクレジットカード」旅行保険が自動付帯ということで旅行好きにおすすめ

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,500万円
国内旅行傷害保険最高2,000万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

若い人限定のゴールドカード「三井住友VISAプライムゴールドカード」

三井住友VISAプライムゴールドカード

カードの特徴

三井住友カードが発行する20代の方だけが持てる若年層向けのゴールドカード。通常のゴールドカードよりも安い年会費で、空港ラウンジサービスや充実した国内外旅行傷害保険など、ゴールドカードならではのサービスを受けることができる

発行会社 三井住友カード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、翌年度以降5,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯分は1,000万円まで)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

旅行サービスが充実!「三井住友VISAゴールドカード」

三井住友VISAゴールドカード

カードの特徴

三井住友カードが発行しているゴールドカードで、手厚い国内・海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなどの充実した付帯サービスと、どこで利用しても恥ずかしくないステータス性が魅力

発行会社 三井住友カード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降10,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯分は1,000万円まで)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

最高級のステータスカード「三井住友VISAプラチナカード」

三井住友VISAプラチナカード

カードの特徴

海外旅行傷害保険が1億円まで自動付帯の他、空港ラウンジが利用できたり、ホテルやレストランの優待が受けられたりとプラチナカードならではのサービスが充実したカード

発行会社 三井住友カード ポイント還元率 0.5%
年会費 50,000円+税 付帯保険 国内・海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON ポイント ワールドプレゼント

-クレジットカード審査
-,

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.