クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

三井住友VISAクラシックカード・クラシックカードAの特徴

更新日:

三井住友VISAカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年3月29日まで】世界シェアNo.1のVISAブランド。初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できる銀行系カードなのでセキュリティが高い。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,250円+税) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAクラシックカード・クラシックカードAは、セキュリティ面でも定評がある三井住友カードの銀行系クレジットカードです。
世界シェアナンバーワンのVISAブランドのため、国内はもちろん海外でも便利に使えて、人前に出しても恥ずかしくないカードとして人気があります。

今回は、三井住友VISAクラシックカード・クラシックカードAの年会費やポイント還元率、審査や付帯保険などをメリットとデメリットを交えて分かりやすく解説していきます。

目次

クラシックカード・クラシックカードAの違いを比較

クラシックカードとクラシックカードAの違いを比較してみました。
主な違いは年会費と旅行保険で、旅行保険については後ほど詳しく解説していきます。

クラシックカード クラシックカードA
年会費 初年度年会費無料・
翌年度以降税抜1,250円
初年度年会費無料・
翌年度以降税抜1,500円
VISAとMastercardを申し込んだ場合の2枚目の年会費 250円 250円
家族会員(家族カード)年会費 初年度年会費無料・
翌年度以降税抜400円
初年度年会費無料・
翌年度以降税抜550円
ポイント還元率 0.5% 0.5%
旅行保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯) 最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険
(自動付帯+利用付帯)

年会費

三井住友VISAクラシックカードの年会費は税抜1,250円、クラシックカードAの年会費は税抜1,500円です。どちらのカードも初年度はインターネット入会で無料となり、翌年度は条件付きで無料となります。

年会費が無料になる条件とは?

2年目以降にクラシックカード・クラシックカードAの年会費が無料になる条件は「前年度利用累計額300万円以上」と、次の見出しで紹介するリボ払いの登録で、クラシックカードの場合は、学生は在学中年会費無料(クラシックカードAは250円)になります。年会費が割引となる条件と割引後の年会費(税抜)は以下の通りです。

クラシックカード
(通常年会費1,250円)
クラシックカードA
(通常年会費1,500円)
前年度利用累計額100~300万円未満
(WEB明細書サービス利用なし)
625円 750円
前年度利用累計額100~300万円未満
(WEB明細書サービス利用あり)
125円 250円
学生 在学中年会費無料 初年度無料2年目以降250円

「マイ・ペイすリボ」設定と年1回のカード利用で年会費無料になる!

クラシックカード・クラシックカードAともに、2年目以降は「マイ・ペイすリボ」の登録とカードでの「マイ・ペイすリボ」ショッピング利用(年1回以上)で年会費無料になります。リボ払いは月々の支払いが抑えられる一方で、支払いが長期間に及んで手数料がかさむ点には注意しましょう。

クラシックカードとクラシックカードAのリボ払い手数料は実質年率15.0%となっています。

リボ払い手数料が気になる人へおすすめの対策方法

リボ払いの手数料が気になる方におすすめの対策は、リボ払いを実質的に一括払いにしてしまう方法です。マイ・ペイすリボの支払い額は自分で設定することができるのですが、リボ払いの毎月の支払い額をカードの限度額と同じ額にしておけばリボ払い手数料が発生しません。

マイ・ペイすリボの支払い額の設定(変更)は、三井住友カードのVpassという会員ページにログインすると手続きができます。

ETCカード年会費

ETCカードの年会費は、初年度無料で2年目以降は通常税抜500円ですが、前年度に一度以上ETCの利用があれば無料で持つことができます。

カードの申し込みはこちら

ポイント還元率

三井住友VISAカードのポイントプログラムは「ワールドプレゼント」という名前で、クラシックカード・クラシックカードAともに、税込1,000円の利用につき1ポイント(1ポイント=5円分)が貯まるポイント還元率0.5%のカードです。

家族会員の利用金額とポイントは本会員とまとめられ、ポイント付与月は1回払いの場合は請求月となり、2回払いなど分割やリボ払いの場合は初回の引き落とし月となっています。

ポイント最大20倍!「ポイントUPモール」を有効活用してポイントをお得に貯める

クラシックカード・クラシックカードAでより多くのポイントを貯めるコツが「ポイントUPモール」の有効活用です。
ポイントUPモールとは、三井住友VISAカードが運営しているインターネットのショッピングモールで、サイトを経由してネットショッピングをするだけで最大20倍のポイントが貯まります。

三井住友カード会員でVpassに登録していれば特別な手続きなしで利用でき、楽天市場やAmazonをはじめ、Apple公式サイトやビックカメラなど人気のショップが多く参加してるので使いやすい点もメリットです。期間限定でポイントがアップしていることもあるので一度覗いてみて下さい。

■ポイント還元率が1.0%(2倍)になるサイト例

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ポンパレモール
  • ベルメゾンネット
  • Apple Store
  • TSUTAYAオンライン
  • 楽天トラベル
  • GUオンラインストア

■ポイント還元率が1.5%(3倍)になるサイト例

  • LOHACO
  • ヤマダモール
  • ビックカメラ.com
  • JTB
  • るるぶトラベル
  • ABC-MART.net

■ポイント還元率が2.0%(4倍)になるサイト例

  • セブンネットショッピング
  • グルーポン

■ポイント還元率が2.5%(5倍)になるサイト例

  • 爽快ドラッグ

サイトはあくまでも一例で、数多くのサイトでポイント還元率がアップしています。

「ココイコ!」でもお得にポイントを貯められる

ココイコ!

ポイントUPモールはインターネット通販のサービスなのに対して「ココイコ!」は実店舗のサービスです。事前にエントリーをして街のお店でカードを利用すると、ポイントやキャッシュバックの特典が受けられます。

対象となる主なお店は以下の通りです。

  • 大丸
  • 高島屋
  • 東急百貨店
  • 三井アウトレットパーク
  • 東急ハンズ
  • 洋服の青山
  • コナカ
  • ステーキ宮
  • かっぱ寿司

エントリーこそ必要ですが、大丸や東急ハンズなどでポイント3倍・1.0%キャッシュバックとなりお得にショッピングが楽しめます。

リボ払いをうまく使ってポイント2倍に

マイペイすリボの解説

クラシックカード・クラシックカードAでリボ払いの「マイ・ペイすリボ」を利用すると、リボ払い手数料の請求があった月はポイントが2倍付与されます。

リボ払い手数料の金額に関わらず、全ての利用代金に対してポイントが2倍付与されるのでポイントが貯まりやすくなります。とはいえ、リボ払い手数料は15.0%と高額なので少額の利用にとどめておきましょう。

年間利用額によってボーナスポイントをゲットできる

年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる点も魅力です。

ステージ条件やボーナスポイントの獲得条件、還元率などをまとめました。

ステージ条件 ボーナスポイント獲得条件 ボーナスポイント還元率 還元率合計
ステージ:V1
年間利用額50万円以上
50万円利用で50ポイント加算、以降10万円ごとに10ポイント加算 0.05% 0.55%
ステージ:V2
年間利用額100万円以上
50万円利用で75ポイント加算、以降10万円ごとに15ポイント加算 0.075% 0.575%
ステージ:V3
年間利用額300万円以上
50万円利用で150ポイント加算、以降10万円ごとに30ポイント加算 0.15% 0.65%

年間利用額は前年2月~翌年1月の累計金額となります。例えば、ステージV1(年間利用額50万円以上)であれば、ひと月あたり約42,000円の利用で達成できます。
ステージV2(年間利用額100万円以上)でもひと月あたり83,000円なので、メインカードとして公共料金の支払いや生活費の支払いに利用していれば難しい額ではありません。

様々な支払いを1枚のカードに集約すると、ポイントが貯まりやすくなり家計の管理も楽になるというメリットがあります。

ポイント交換先が多彩!

クラシックカード・クラシックカードAで貯めたポイントは交換先が豊富なのもメリットです。キャッシュバックや他社ポイントやANAなど航空会社のマイレージへの移行、商品への交換など多くの使い道が用意されています。

交換先によってはポイント還元率が減ってしまう点には注意が必要です。

商品名 必要最低ポイント数 移行先の金額 ポイント還元率
キャッシュバック 200ポイント 600円 0.3%
WAONポイント 200ポイント 1,000円 0.5%
楽天スーパーポイント 200ポイント 1,000円 0.5%
au WALLETポイント 200ポイント 1,000円 0.5%
dポイント 200ポイント 1,000円 0.5%
VJAギフトカード 1,100ポイント 5,000円 0.45%
Tポイント 200ポイント 900円 0.45%
Ponta ポイント 200ポイント 900円 0.45%
nanacoポイント 200ポイント 600円 0.3%
PiTaPaショップdeポイント 200ポイント 1,000円 0.5%
タリーズカード ポイント 200ポイント 800円 0.4%
スターバックスカード 200ポイント 800円 0.4%
Amazonギフト券 200ポイント 1,000円 0.5%
ベルメゾン・ポイント 200ポイント 1,000円 0.5%

なお、商品への交換やマイレージへの移行(交換)は200ポイントから可能です。ポイントの交換にはカードの有効期限とセキュリティコードの入力が求められるのでカードを用意してから申し込みましょう。

ポイントの有効期限について

カードで貯めたポイントの有効期限はポイント獲得月から2年間となっています。ゴールドカードになると3年、プラチナカードになると4年に延長されます。

楽天カードのようにポイントを使っても有効期限は延長されないので、貯めっぱなしにするのは禁物です。

カードの申し込みはこちら

カード発行のための入会審査

申し込み資格

クラシックカード・クラシックカードAの申し込み資格は、高校生を除く満18歳以上の方です。未成年の方がカードを申し込む場合は親権者の同意を得る必要があるので注意しましょう。

ゴールドカードのように収入に関する記載はないことから、過去にトラブルがなければ収入が低い方や無職の方でも審査に通る可能性はあります。

審査難易度

クレジットカードは発行会社によって審査難易度が変わってきます。
スーパーや百貨店などが発行している「流通系」のカードは審査難易度が比較的低いとされていますが、クラシックカード・クラシックカードAを発行している三井住友VISAカードは「銀行系」なので、流通系と比べるとやや審査難易度は高いといえるでしょう。

クラシックカード・クラシックカードAは三井住友VISAカードの中では一般向けの通常カードなので、ゴールドカードなどの上位カードと比較すると審査のハードルは低くなっています。

満18歳以上で過去にトラブルを起こしたことがなく、ある程度の収入があれば審査はクリアできるでしょう。
三井住友カードのデビュープラスカードクレヒス(カードやローンの利用履歴)がなくても持てるので、クラシックカード・クラシックカードAもそこまで審査のハードルは高く設定されていないと思われます。

カード発行までの最短期間は?

クラシックカード・クラシックカードAのカード発行までの日数は最短3日です。最短でカードを発行するには、以下の条件をクリアする必要があります。

  • 公式サイトからインターネット申し込みを行う
  • オンラインで口座振替の設定を完了させる(らくらく発行)
  • 申し込みは19時30分までに完了させる

土日祝日や年末年始などの期間はカード発行までの日数が延びてしまうので注意しましょう。3日でカードが発行できれば1週間程度で自宅に届きます。ネット+郵送で申し込んだ場合は、カード会社に書類が届いてから2週間~3週間かかってしまうので、急ぎの場合はインターネットで申し込みましょう。

オンラインで口座振替の設定ができる金融機関は三井住友銀行・ゆうちょ銀行・イオン銀行などの大手をはじめ地方銀行も対応していますが、中には手続きができない金融機関もあるので気を付けて下さい。

カードの申し込みはこちら

利用できる電子マネー

iD

Apple Payが利用可能

iPhoneやApple Watchで支払いができるApple Payに対応しています。全国にあるiDが使える店舗で利用できるので、iPhoneユーザーは設定しておくと便利です。利用方法は「iD支払いで」と申し出て、Touch IDに指を乗せて端末にiPhoneをかざすだけなのでスピーディーに支払いができ、安全性の高さも評価されています。

三井住友カードiDは3タイプから選べる

後払い方式で簡単に支払いができることで人気の電子マネー「iD」は、携帯型(おサイフケータイ)・クレジットカード一体型・専用カードの3種類から選べます。iDの利用でもポイントが貯まるので、コンビニなど少額の支払いも無駄にすることなくポイントが貯まるのがメリットです。

追加カードを作って電子マネーを活用

クラシックカード・クラシックカードAは、WAONやPiTaPaといった電子マネーや、ネット通販をより安全に利用できるバーチャルカードを追加カードとして発行できます。

  • WAON…年会費無料(発行手数料300円)
  • PiTaPaカード…年会費無料(発行手数料無料)
  • バーチャルカード…初年度無料(翌年度以降は税抜300円)

PiTaPaカードは1年間に一度も利用しなければ維持管理料として税抜1,000円が発生する点には注意が必要です。基本的に電子マネーのチャージではポイントは貯まりません。

付帯保険

海外旅行傷害保険

クラシックカードとクラシックカードAでは海外旅行傷害保険の補償内容が異なり、クラシックカードAの方が手厚くなっています。年会費の差はわずか250円なので、海外をよく訪れるという方にはクラシックカードAがおすすめです。

補償内容 クラシックカード クラシックカードA
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円(利用付帯) 最高2,000万円(うち自動付帯300万円・利用付帯1,700万円)
傷害治療費用(1事故の限度額) 50万円 100万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 50万円 100万円
賠償責任(1事故の限度額) 2,000万円 2,500万円
携行品損害
[自己負担:1事故3,000円]
(1旅行中かつ1年間の限度額)
15万円 20万円
救援者費用(1年間の限度額) 100万円 150万円

比較してみると傷害・疾病治療費がクラシックカードAは倍になっていて、賠償責任も500万円アップしていることが分かります。
傷害死亡・後遺障害の最高補償額は同じですが、傷害死亡・後遺障害の項目でクラシックカードAはカードを使っていなくても補償の対象となる「自動付帯」で300万円の補償が受けられるのがメリットです。

クラシックカードAをツアー代金や航空券などの旅費の支払いに使っていれば利用条件分の1,700万円と合わせて最高2,000万円の補償が受けられます。対して、クラシックカードは旅費をカードで決済している必要がある「利用付帯」なので、旅費の支払いにカードを使っていなければ補償が受けられません。いずれも補償期間は3か月間となっています。

国内旅行傷害保険

クラシックカードAのみ最高2,000万円補償の国内旅行傷害保険が付帯しています。
海外旅行傷害保険と同様に、自動付帯分300万円+利用条件分1,700万円を合わせた額となっていて、旅費をクラシックカードAで支払っていれば最高2,000万円補償となります。

補償内容については傷害死亡・後遺障害のみとなり、入院や通院・手術に関する補償はありません。

ショッピング補償がついているのも魅力的

クラシックカード・クラシックカードAの両方に、カードで購入した商品の破損や盗難を補償してくれるショッピング保険が付帯しています。

年間100万円まで補償があり、補償の対象となるのは海外でのショッピング分と、国内でのリボ払い・3回以上の分割払いとなっていて一括払いには適用されません。

カードの申し込みはこちら

デメリット

ポイント還元率が低い

楽天カードやオリコカードザポイントなど、近頃は年会費無料でもポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードも多い中、0.5%の還元率はどうしても見劣りしてしまいます。還元率をアップさせるにはポイントUPモールやココイコ!の利用、マイ・ペイすリボの利用など工夫が必要です。

ポイント還元率よりも銀行系カードというステータス性や、セキュリティ面を重視する方には向いているカードといえるでしょう。

カード発行に時間がかかる

エポスカードやセゾンカードなど、流通系カードの中には即日発行ができるカードもありますが、クラシックカード・クラシックカードAは発行までに最短3日となっていて、手元に届くまでに早くても一週間程度の時間がかかってしまいます。

リボ払いの活用が必要になるというリスク

2年目以降も年会費無料で使う方法のひとつが「マイ・ペイすリボ」への登録と利用で、リボ払いを利用するとポイント還元率もアップしますが、リボ払いは手数料がかさむためできれば使いたくないという方も多いでしょう。

年会費を節約するつもりがリボ払い手数料の方が高くなってしまうというケースも考えられるので、使いこなすのは少し難しいかもしれません。

カードの申し込みはこちら

海外旅行保険が不要な未成年・学生はデビュープラスカードがおすすめ

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年3月29日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAカードには、18歳~25歳の若い人限定で持てる「デビュープラスカード」があります。デビュープラスカードはポイント還元率が通常カードの2倍の1.0%となっているのが特徴で、入会後3か月間はポイント5倍になる特典も人気です。

デビュープラスカードはショッピング保険は付きますが、旅行保険は付いていないので、旅行や留学で海外に行く予定がある方はクラシックカードAを選ぶか、デビュープラスカードをメインカードにしてサブカードとして海外旅行保険が自動付帯となるエポスカードなど別のカードを持つと良いでしょう。

クラシックカードやデビュープラスカードはプロパーカードのため上位カードが狙える

プロパーカードとは、カード会社が独自に発行するクレジットカードのことで、ゴールドカードプラチナカードなどの上位カードがあるためランクアップが狙えます。
また、提携カードのように提携先との契約切れでカードが使えなくなるというリスクもないため安心して持つことができます。

クラシックカード・クラシックカードA・デビュープラスカードはプロパーカードなので、将来ゴールドカードなどのステータスカードを持ちたい方のステップアップ用カードとしてもおすすめです。デビュープラスカードなら、26歳以降の更新でプライムゴールドカードに自動的にランクアップするので、若いうちからゴールドカードを持つことができます。

-三井住友VISAカード
-,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.