クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

三井住友VISAクラシックカード・クラシックカードAのポイント・年会費・旅行保険など

更新日:

三井住友VISAカード

カードの特徴

世界シェアNo.1のVISAブランド。初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できる銀行系カードなのでセキュリティが高い。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,250円+税) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAクラシックカードは、三井住友カード株式会社が発行するベーシックなサービスが魅力のカードです。
また、旅行保険を重視した三井住友VISAクラシックカードAは、わずかな年会費の差でゴールドカード並みの保険サービスを付けることができます。

今回は三井住友VISAクラシックカードの特徴を紹介していきます。

実質無料の年会費

クラシックカード クラシックカードA
初年度無料
2年目より1,250円+税
初年度無料
2年目より1,500円+税

三井住友VISAクラッシックカードは、上の表にある年会費が必要なカードです。
ただ、初年度年会費は無料ですし、やり方ひとつで永遠に年会費無料にすることができます。

マイ・ぺいすリボで年会費ゼロ

三井住友カードには支払額をすべてリボ払いにできる「マイ・ぺいすリボ」という支払方方があります。
この方法に指定するだけで、旅行保険を重視したクラッシックAの年会費もゼロになります。

マイ・ぺいすリボで一定額を指定することで、それ以上の請求額はすべてリボ払いになります。
支払額が多い月は支払が苦しいです。
しかし、マイ・ぺいすリボを指定することで、毎月無理なく支払える額にできるメリットがあります。

事実上の一括払いカードにできます

リボ払いには手数料がかかってしまうため、リボ払いを嫌う人も多いです。
しかし、マイ・ぺいすリボの額を、ひと月のカード利用金額よりも高く設定すれば事実上の一括払いとして利用できます。

クレジットカードのリボ払いの危険性とリボ払い手数料をなくす方法

なお、マイ・ぺいすリボの指定額は後で下げることもできますから、本当に利用したい時には変更ができます。

クラッシックAもリボ払い手数料ゼロにできます

この特典は旅行保険を重視した三井住友VISAクラッシックカードAにも適用されます。

保険があるからクラッシックAの年会費は高いのですが、これで両者の条件が一致します。
海外旅行傷害保険が付いた年会費無料カードは少なくありませんが、自動付帯の旅行保険が付いたカードはほとんどなくお勧めポイントです。

三井住友VISAカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」


三井住友VISAカードのポイントプログラムは、「ワールドプレゼント」という名称です。

VISA加盟店でお買い物をすると、1,000円でワールドプレゼント1ポイント貯まり、1ポイントは最大5円に相当しますので、ポイント還元率は0.5%となります。

■主なポイント交換先

商品名 必要ポイント数 ポイント還元率
キャッシュバック 200ポイント 0.3%
WAONポイント
1,000円分
200ポイント 0.5%
楽天スーパーポイント
1,000円分
200ポイント
au WALLETポイント
1,000円分
200ポイント
VJAギフトカード
5,000円分
1,000ポイント
Tポイント
900円分
100ポイント 0.45%
nanacoポイント
600円分
200ポイント 0.3%
suicaポイント
600円分
200ポイント

年間利用金額に応じてボーナスポイントを獲得可能

ポイント交換で一番人気があるキャッシュバックを選択した場合、ポイント還元率は0.3%でポイント還元率はあまり高いとは言えませんが、前年の利用額に応じてボーナスポイントを獲得することができます。

ボーナスポイントのルールは次の通りです。

ステージ条件 ボーナスポイント獲得条件
ステージ:V1
年間利用額:50万円以上
50万円利用で50ポイント加算、以降10万円ごとに10ポイント加算
ステージ:V2
年間利用額:100万円以上
50万円利用で75ポイント加算、以降10万円ごとに15ポイント加算
ステージ:V3
年間利用額:300万円以上
50万円利用で150ポイント加算、以降10万円ごとに30ポイント加算

1年に300万円利用する人は多くないでしょうが、100万円なら一家のメインカードとすることで実現します。

1か月8万3千円の利用でOKなので携帯電話や水道光熱費の支払を集中化させ、買い物なども三井住友VISAクラシックカードに一本化すればいいのです。
「ステージ:V3」は無理があるとしても、「ステージ:V2」ならやり方次第で可能ではないでしょうか。

ポイントUPモールを活用しよう

ただ、ポイントを追うばかりに無駄な買い物をしていては意味がありません。
ポイントゲットも大切ですが、無理をしないことがコツと言えます。

そこでお勧めしたいのが「ポイントUPモール」です。
ネット通販を利用する際、このモールに登録されている場合、ネール経由でサイトにアクセスすれば買い物額に対するポイントが多くなります。

Amazonや楽天などの大手サイトも登録されており、これらのサイトで買い物をする際に経由するだけでワールドプレゼントのポイントが2倍です。
ちょっとした手間だけでポイントが多くなるので、利用しない手はありません。

ココイコ!も見逃せない

しかし、三井住友カードはネット通販以外にもポイントが多くもらえたり、キャッシュバックがあったりする店舗を準備しています。
いつも利用しているカラオケ店やファミレスも対象になっているかもしれません。

一度確認してみることをお勧めします。

審査について

三井住友VISAカードの申し込み資格

三井住友VISAクラシックカードやクラシックカードAの申し込み資格は、高校生を除く18歳以上です。
大学生や短大生、専門学校生からクラシックカードやクラシックカードAも作ることが可能ですが、海外旅行保険が必要ない若い人であれば、25歳まで限定で年会費実質無料で持てる「三井住友VISAデビュープラスカード」がおすすめです。

三井住友VISAカードの審査難易度

クレジットカードの審査難易度は、独立系・銀行系>信販系>流通系>消費者金融系の順番に低くなっていきますが、三井住友VISAカードは最も審査が厳しいと言われている銀行系カードです。

他社のクレジットカードやカードローンならびに三井住友グループのカードローンなどの利用時に滞納や、強制解約となった履歴がなかったかや、過去にリボ払いや分割払いが頻繁に行われていてないかなどまで、信用情報をしっかりチェックしているようです。

また、安定した収入があるかもしっかりチェックしているのでアルバイトやパートの場合だと、審査に落ちる可能性があります。
ただし、一定の世帯収入がある、専業主婦や学生、年金生活者などはカード審査に合格しやすいようです。

その他、勤め先の情報について、年収はもちろん、勤め先が信用できるかどうかや、勤務先の資本金・従業員数なども審査の内容に含めています。
そう聞くと不安に思われるかも知れませんが、社会通念上問題のない一般的な企業に勤めていれば、まず問題はないでしょう。

カード発行までの期間

カード発行までの期間については、ネットからの申し込みの場合土日祝日・年末年始を除く最短3日で審査が終了し、そこからカードを発行、登録住所へ発送という流れになるので、手元に届くまでには最短で1週間~10日程度とみておくのがよいでしょう。
万が一審査が混雑している場合には、2~3週間かかる可能性があることも視野にいれておきましょう。

三井住友VISAカードの審査に通る人の属性(年収や職業)

充実した保険サービス

では、海外旅行傷害保険の内容を見てみましょう。
充実した海外旅行傷害保険は、ゴールドカードの年会費や余計なサービスを嫌っている人にとって好感を持たれるはずです。

利用付帯と自動付帯の差がわかりますか?

さて、海外旅行傷害保険には条件として「利用付帯」と「自動付帯」の2つがあります。
両者の違いを知らない人も多いようですが、利用付帯の場合はそのカードで支払をしないと保障がありません。
これに対し、自動付帯であればカードの利用に関わらず保障があります。

だからクラッシックAがお勧め

三井住友VASAクラッシックカードの条件を見るとお分かりの通り、クラッシックカードは利用付帯であり、クラッシックカードAは自動付帯です。
どちらが有利かは言うまでありません。

しかも、先ほど述べたように、マイ・ペイすリボを登録してカードを利用すれば年会費無料です。
よって、クラッシックカードAがお勧めと言えます。

ショッピング補償もあります

また、条件付きですがショッピング補償も付いています。
海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用だけですが、万が一の際に心強い保証です。

特に治安が日本ほど良くない海外では、盗難が少なくありません。
最高100万円なのでかなりの補償額と言えます。

種類の充実した電子マネー


先ほど述べたようにワールドプレゼントは利用額が多いほど翌年のポイント付与ルールが有利になります。
利用額を無理に増やす必要はありませんが、コンビニなどの支払で電子マネーを使うことで利用額の上乗せが可能です。

三井住友VISAクラッシックカードは、次の電子マネーを付けることができます。
もちろんクラッシックカードAも同様です。

電子マネー 年会費 発行手数料
iD 無料 無料
WAON 無料 300円(税込み)
PiTaPa 無料(※) 無料
三井住友カード Visa payWave 無料 無料

※1年間に1度もPiTaPaの利用がない場合、維持管理料1,000円(税別)が必要

WAONの発行手数料は別として、他のカードは年会費も発行手数料も無料です。
しかも、関西圏の鉄道利用ならPiTaPaも便利に利用できます。
海外でも三井住友カード Visa payWaveを使うことで、少額の支払が可能です。

Apple Payにも対応

以前iPhoneは電子マネーが使えませんでしたが、iPhone7から電子マネーに対応できるようになりました。
利用対象の電子マネーはiDだけですが、全国のコンビニだけではなく、飲食店でも利用できる範囲が広がっているため、利用シーンは非常に広いです。

財布を出さず、iPhoneだけで支払が完了する便利さは一度始めるとやめられません。

三井住友VISAクラシックカードのデメリット

このようにメリットが多い三井住友VISAクラシックカードですがデメリットもあります。

ポイント還元率が低い

まずポイント還元率は最大のデメリットと言えます。
確かに利用額が多くなれば還元率は上がりますが、キャッシュバック率は最高でも0.4%を割り込みます。
他サイトへのポイント移行も0.65%と1%を誇るオリコカード勢には及びません。

事実上マイぺいすリボを強制される

年会費を無料にするためには「マイぺいすりぼ」への加入が必要です。
つまり、事実上「マイぺいすりぼ」が強制されます。

先ほど述べた通り、事実上の一括払いカードにすることは可能です。
しかし、このことを知らないと、最低設定額である5千円以上の利用はすべてリボ払いになります。
リボ払いには手数料が必要ですが、支払ができるのに手数料支払をさせられかねないのは一つのデメリットです。

サイトが見にくい

三井住友VISAクラシックカードだけの問題ではありませんが、三井住友カードのサイトは他の信販会社のサイトに比べて見づらいイメージがあります。

例えば先ほど挙げた「ココイコ!」の加盟店を探したい場合、三井住友カードのトップペーシからではどこを見ればいいのかわかりません。
ポイントのことだからワールドプレゼントのペーシだろうなと思っても、ワールドプレゼントのページを探すのに一苦労します。

三井住友VISAカードの基本情報

三井住友VISAカード

カードの特徴

世界シェアNo.1のVISAブランド。初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できる銀行系カードなのでセキュリティが高い。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,250円+税) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAカードの作り方・申し込み方


三井住友VISAゴールドカードの特徴【年会費・ポイント・審査・付帯保険】


三井住友VISAデビュープラスカードのポイントや年会費、審査について


女性向きクレジットカード「三井住友VISAアミティエカード」

-おすすめクレジットカード
-

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.