クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

モビットの申し込み方法とお金の借り方

投稿日:

お金

モビットの申し込み方法や申し込み手順、審査、お金の借り方や返済方法に至るまで、初めての方にも分かりやすく解説していきます。

モビットとは?

モビットとは、SMBCコンシューマーファイナンスが筆頭株主となりキャッシングやカードローンを提供している銀行系の消費者金融です。
夏菜さんと竹中直人さんのTVCMでもお馴染みで、設立は2000年と比較的新しい企業ですが、2017年6月現在の会員数は39万人に上り、2018年に調査が行われたオリコンの顧客満足度ランキングによる「ノンバンクカードローンランキング」で2年連続のナンバーワンに輝きました。

借り入れのしやすさや返済のしやすさなど、多くの項目で高評価を得ている事からもその人気ぶりが伺えます。

モビットの特徴

SMBCモビット

特徴

SMBCモビット(mobit)はキャッシングやカードローンのサービスを展開している大手の銀行系消費者金融。24時間いつでもインターネットで申し込み可能で、全国の提携ATMを使ってお金を借りることが可能

実質年率 年3.0%〜年18.0% 借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分 即日融資 可能
担保・保証人 不要 パート・アルバイト 申し込みOK

モビットは24時間いつでもインターネット申し込みが可能で、入会金や年会費も無料、担保や保証人も必要ありません。
申し込み後たった10秒で簡易的な審査結果を見る事ができ、利用限度額は800万円と高額なため、まとまったお金が必要な時にも安心です。

限度額の範囲内であれば好きな時に好きなだけお金を借りる事ができ、実質年率は3.0%~18.0%となっていて、例えば10万円を1か月間借りた場合の利息は1,479円となります(18.0%の場合)。
提携ATMの設置台数が約130,000台、全国に多数設置されているためどこでも借り入れを利用できるのが特徴です。

「銀行系」であって「銀行」ではない

銀行のカードローンは借入総額が年収の3分の1を超えてはならないという「総量規制」の対象外になっていますが、モビットはあくまでも「銀行系」で「銀行」ではありませんので総量規制の対象となり、他社との合計で年収の3分の1以下しか借り入れができないようになっているので注意しましょう。

モビットのメリット

郵便物が届かないWEB完結サービス

モビットなら店舗に足を運ぶ必要や電話連絡もなく、郵便物も届かないWEB完結サービスを利用できるのがメリットです。
一般的には審査時に行われる勤め先への電話連絡もないため、安心して申し込む事ができます。

審査結果もメールで届き、カードレスで借り入れができて郵便物も届かないので、家族に内緒でお金を借りたいという方にも向いています。
WEB完結サービスの申し込み条件は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のうちいずれかの口座(本人名義に限る)を持っていて、全国健康保険協会が発行する社会保険証もしくは組合保険証(健康保険証)を持っている方となっています。

スマホアプリで簡単借り入れ可能

公式のモビットアプリをダウンロードすれば、カードがなくても入金や出金を行えてもっと便利にモビットを利用できるようになります。

アプリがあればセブンイレブンなど全国に23,000台以上設置されているセブン銀行のATMでモビットの取引が可能です。
アプリはiPhoneとAndroidの両方に対応していて、操作も簡単なので初めての方も迷わずに使えるでしょう。

三井住友銀行にあるローン契約機で申し込み可能

消費者金融の中には営業時間が短いため仕事帰りでは間に合わないケースもありますが、モビットなら三井住友銀行内にあるローン契約機を使って平日・土日祝日を問わず9時~21時まで申し込みやカードの受け取りが可能です。

ローン契約機は全国に約700台設置されていて、その場でカードの発行もできます。

最短即日融資対応

モビットは最短即日融資にも対応しているため、今すぐにお金を借りたいという時の強い味方です。モビットで即日融資を行う方法は次の3パターンがあります。
ひとつ目は、インターネットで申し込みと契約を行い、インターネットもしくは電話で平日の14時50分までに振込キャッシングの予約を行い、振込で融資を受ける方法です。

ふたつ目は、インターネットもしくは電話で申し込みをして、自動契約機で入会(契約)の手続きを行い、カードを受け取り、ATMで融資を受ける方法で、こちらは21時までにカードを受け取る事が即日融資の条件です。

みっつ目は、自動契約機で申し込みとカード受け取りを行い、インターネットもしくは電話で21時までに入会(契約)手続きをして、ATMで融資を受ける方法です。

最速で借り入れを行う方法

最速で借り入れを行う方法は、インターネット申し込み(パソコン・スマートフォン・ケータイ)を行った後にフリーコールへ電話をする方法です。
電話番号は0120-03-5000で、受付時間は9時から21時となっています。
この方法だと審査結果が出るまで最短30分で、その後電話で審査結果が伝えられるのでその場で会員登録を行います。

借入れ方法は振込かカードでの出金となり、平日の14時50分までに振込を選ぶとすぐに手続きを行ってくれます。
カードで出金する場合はローン申込機かローン契約機でカードを受け取ると提携ATMから借入れが可能です。

返済シミュレーションができる

モビットの公式サイトでは、利用残高や契約内容から返済パターンをシミュレーションできるサービスが提供されています。
追加借り入れをした場合や繰り上げ返済をした場合、一括返済をした場合など様々なパターンで返済計画を立てる事が可能です。

電子領収書サービス

モビットなら、領収書や明細書の郵送なしの電子領収書サービスを利用する事ができます。
インターネットでダウンロードできるので、紙が残らず家族間のプライバシーも守られます。

借入診断

モビットを申し込みたいけど審査が心配という方にぴったりなのが公式サイトにある「お借入れ診断」サービスです。
生年月日と税込の年収、現在他社から借り入れている金額を入力するだけの手軽さで、借り入れ可能かどうかを瞬時に診断してくれます。

3つの機能を兼ね備えたTカードプラス

モビットなら、モビットカードローン・クレジットカード・Tカードの機能を兼ね備えた「Tカードプラス(SMBCモビット next)」も年会費永年無料で発行する事ができます。
モビットのカードローンが利用できるのはもちろんの事、Mastercardブランドのクレジットカードとして世界中の加盟店で利用でき、更にTポイントとTマネーが使えるTカードとしても利用できる便利なカードです。

モビットの申し込み条件・必要書類

申し込み条件

モビットの申し込み条件は、満20歳以上69歳以下で安定定期収入のある方となっています。
基準を満たしていればアルバイトやパート・派遣社員・自営業でも申し込めます。

申し込みに必要なもの

モビットの申し込みには本人確認書類を送付する必要があります。
あれば運転免許証の写しでOKですが、免許を持っていない場合は有効期限内の健康保険証もしくはパスポートのどちらかの写しを提出しましょう。

健康保険証の写しの場合は氏名・生年月日・住所が記載された面(カードタイプの保険証は裏表両面)を提出し、パスポートの写しの場合は顔写真と住所のページを提出します。
保証人や担保、印鑑は不要ですが、口座振替依頼手続きを行う場合は印鑑が必要となり、インターネットから申し込みを行う場合はメールアドレスも必要です。

借り入れの希望額や他社からの借り入れ総額によっては収入証明書類の提出を求められる事があり、この場合有効とされるのは源泉徴収票の写し・税額通知書の写し・所得証明書の写し・確定申告書の写し・給与明細書の写しのいずれかとなり、給与明細書を提出する時は直近2カ月分・賞与支給がある場合は年間の賞与額が確認できる賞与明細書も併せて提出します。

モビット申し込みの流れ・申し込み方法

モビットの申し込み方法にはパソコン・ケータイ・スマートフォン・郵送・電話・ローン申込機・三井住友銀行内ローン契約機の7通りの方法があります。
審査の過程で電話がかかってくる事がありますが、オペレーターの個人名でかかってくるためモビットからの電話という事は分かりません。

カードの受け取り方法

ローン申込機とローン契約機で申し込んだ場合はその場でカードが発行され、パソコン・ケータイ・スマートフォン・郵送・電話で申し込んだ場合のカードの受け取り方法は、いずれも郵送・ローン申込機・ローン契約機から選べます。
WEB完結を選んだ場合はカードの発行はありません。

インターネット(パソコン)からの申し込み方法

インターネット申し込みの場合は、モビット公式サイトの右上にある「カード申込」または「WEB完結申込」のいずれかから申し込みページへと進み必要事項を入力後、審査に進みます。

最短30分(平日19時までの申し込み)で審査が完了するとWEB完結を選んだ場合はメールで、通常の申し込みを選んだ場合は電話で審査結果の連絡があり、WEB完結の場合はここで手続きが完了します。
カードありで申し込んだ場合はカード受け取り方法を選択、モビットから送られてくる書類の返送後に手続き完了となります。

インターネット(スマートフォン)からの申し込み方法

スマホで申し込む場合は、申込ページから必要事項の入力後、最短30分で審査結果が出ます。

WEB完結の場合はメール、それ以外の場合は電話で連絡があり、WEB完結の場合は入会完了メールが届くとすぐに利用可能となります。
通常の場合はカードの受け取り方法を選び、モビットから送付される書類を返送して手続き完了です。

ケータイからの申し込み方法

ケータイからの申し込み方法は、申込ページにアクセスをして必要事項を入力、最短30分で審査が完了するとメールか電話で連絡があるので確認と入会手続きを行います。
その後カード受け取り方法を選択して、モビットから送られてくる書類を返送して手続き完了です。

郵送での申し込み方法

郵送の場合は三井住友銀行などに設置されている申込書に必要事項を記入、本人確認書類の写しと収入証明書の写しを同封して郵送します。
申込書が手に入らない場合はコールセンター(0120-03-5000・営業時間9時~21時)に電話をして送ってもらう事も可能です。

審査が終わると電話で審査結果の連絡があるので確認後に入会手続きを行います。
カード受け取り方法を選択し、モビットから送られてくる書類を返送すると手続きが完了します。

電話での申し込み方法

電話申し込みの場合は、フリーコール(0120-03-5000・9時~21時)に電話をして審査へと進みます。
審査は最短30分で完了し、カード受け取り方法を選択して、モビットから送られてくる書類を返送すると手続き完了となります。

ローン申込機での申し込み方法

無人契約機であるローン申込機で申し込みを行う場合は本人確認書類を持参し、タッチパネルを操作して申し込みを行います。
申し込みの際に自宅の郵便番号が必要となるので確認しておきましょう。

審査にかかる時間は約5分と早く、審査結果は電話で連絡があるので確認を行った後に入会手続きをします(本審査では収入証明書の写しが必要)。
登録が終わればカードが発行され、すぐに利用する事が可能です。

その後、モビットから送られてくる書類を返送すると手続きが完了します。

ローン契約機

三井住友銀行内にあるローン契約機で申し込む場合は、本人確認書類と郵便番号を用意の上、契約機のタッチパネルを操作して申し込みを行います。
審査時間は約5分で、審査に通過するとその場でカードの発行となります。

審査は電話で追加項目の聴取があり、メールで結果が届き、インターネットか電話で入会手続きを行います。
その後、モビットから送られてくる書類を返送して手続きは完了です。

モビットの借り入れ方法

モビットでの借り入れ方法は、自分の口座に振り込んでもらえる「振込キャッシング」と、今すぐにお金が借りられる「提携ATMキャッシング」という二つの方法があります。

振込キャッシング

振込キャッシングのメリットは手数料無料という点です。
振込キャッシングを利用するには、パソコン・ケータイ・スマートフォン・電話のいずれかの方法で申し込む必要があります。
毎週月曜日の0時~7時の間はメンテナンスで利用できないため注意しましょう。

急ぎの場合は平日の14時50分までに振込キャッシングの手続きを完了させておきます。
14時50分を過ぎると翌営業日の振り込みとなるので要注意です。

インターネットなら会員専用サービスの「Myモビ」で、電話はフリーコールのモビットコールセンター(0120-24-7217・9時~21時)から手続きができます。
「Myモビ」から振込キャッシングを利用するには、ユーザーIDとインターネットパスワード・生年月日でログインするか、モビットカード番号(または振込キャッシング番号)・暗証番号・生年月日でログインするかの2通りのログイン方法があり、WEB完結で申し込んだ場合はユーザーIDでログインします。
Myモビにログインしたら振込キャッシングの手続きに進み、手続き完了後最短3分で口座に振り込みがあるスピーディーさも振込キャッシングのメリットです。

提携ATMでのキャッシング

平日の14時50分を過ぎていて急ぎでお金を借りたい時は提携ATMでのキャッシングが便利です。
提携ATMは銀行や駅、コンビニなどに設置されていて、営業時間は設置場所によりますがコンビニにある提携ATMなら夜遅い時間でもすぐにお金を借りる事ができます。
提携ATMキャッシングを利用する場合は無料で利用できる三井住友銀行のATMを除き、入金・出金どちらも手数料として1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円がかかるので注意しましょう。
出金時にかかる手数料は次の入金時に精算されます。

主な提携ATMは三井住友銀行・三菱UFJ銀行・セブン銀行・イオン銀行・プロミス・イーネット(ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキなどに設置)などとなります。
提携ATMの操作方法は概ね共通でカードを挿入して借り入れを選び、金額を入力するだけなのでATMを操作した事があればそれほど迷う事はないでしょう。
モビットアプリのスマホATM取引を使えば、カードがなくてもセブン銀行のATMでお金を借りる事ができます。

お金の返済方法

モビットで借りたお金の返済方法は「提携ATM」と「口座振替」と「振込」の三通りの方法が利用できます。

提携ATMでの返済方法

いつでもどこでも都合の良い時に返済できるのが銀行やコンビニに設置されている提携ATMで返済するメリットです。
借り入れと同様、無料で利用できるのは三井住友銀行のATMのみで、コンビニなどに設置されている他の提携ATMを利用すると108円(1万円以下)もしくは216円(1万円を超える場合)の手数料が発生します。

ATMの操作方法は借り入れの際と同様にカードを挿入し、返済を選び、金額を入力してお金を入れるとOKです。

口座振替での返済方法

口座振替を利用するには、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のうち、いずれかの口座を持っている必要があります(ゆうちょ銀行が使えるのはWEB完結で申し込んだ方のみ)。
口座振替を利用すると毎月自動的に引き落とされるので、支払い忘れの心配もない点がメリットです。

振込での返済方法

モビットが指定する預金口座に振り込む形で返済を行う事もできます。振込時の手数料は自己負担となるので注意しましょう。

SMBCモビット

特徴

SMBCモビット(mobit)はキャッシングやカードローンのサービスを展開している大手の銀行系消費者金融。24時間いつでもインターネットで申し込み可能で、全国の提携ATMを使ってお金を借りることが可能

実質年率 年3.0%〜年18.0% 借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分 即日融資 可能
担保・保証人 不要 パート・アルバイト 申し込みOK

-キャッシング・カードローン

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.