クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

クレジットカードを多重申し込みすると審査落ち?申し込みブラックとは

投稿日:

クレジットカードの審査に通るか不安だからと審査結果が出ないうちに複数のカードを申し込んだり、欲しいカードが何枚もあったなど、同時期に複数のクレジットカードを申し込む事は珍しくありません。

しかし、短期間の間に複数のクレジットカードを申し込むと思わぬ落とし穴にはまり、知らない間にブラックリスト入りしてしまう可能性がある事をご存知ですか?どのようなケースがブラックリスト入りするのか、解決策と共にお届けします。

クレジットカードに多重申し込みすると「申し込みブラック」になる

申し込みブラックとは

申し込みブラックとは、複数のクレジットカードを短期間の間に申し込む事(=多重申し込み)で起こり得るブラックリスト入りと同様の状態を指します。
申し込みブラックになると、新たにクレジットカードを申し込んだ際にカード会社の審査に通らなくなったり、審査に通りづらくなってしまいます。

「短期間に複数の申し込み」の申し込み枚数はカード会社によって異なりますが、目安としては一か月の間に3枚以上のカードを申し込むと申し込みブラックになってしまう恐れがあるといわれています。延滞や貸倒で起こるブラックリスト入りよりも、誰にでも起こり得るのが申し込みブラックの怖いところです。

なぜ多重申し込みをするとダメ?

なぜ多重申し込みをすると申し込みブラックになるのかというと、クレジットカードで利用した代金は多くの場合、翌月に口座から引き落とされます。カードには買い物などで利用する「ショッピング枠」の他に「キャッシング枠」もあり、お金を借りる事もできます。
複数のカードを持っていれば利用できる金額も増えていくため、その後の支払いが滞る可能性も高くなるでしょう。

カード会社にとって貸したお金を返してもらえないのは死活問題ですし、お金に困って資金繰りに走っているとみなされる恐れもあります。このため、カード会社では同時期に複数のカードを申し込んでいる人を申し込みブラックとして審査段階で弾いているのです。

また、入会キャンペーンでもらえるポイント狙いでカードを使わない人や、クレジットカード現金化のために手当たり次第に申し込みしている人をブロックするという意味でも、多重申し込みを禁止しています。

クレジットカードだけでなくカードローンでも申し込みブラックになる

申し込みブラックの対象はクレジットカードに限った話ではありません。カードローンでも同様に多重申し込みをすれば申し込みブラックになってしまいます。

クレジットカードの申し込みや利用、カードローンの契約、借り入れ・返済などの情報は「個人信用情報機関」という専門の機関で管理されています。個人信用情報機関にはカード会社や貸金業、割賦販売を行う企業が加盟していて、カード申し込みなどの際に信用情報を調査するために情報の開示請求を行う事ができるので、クレジットカードの申し込み時にカードローンの情報もカード会社に渡ります。この時にカードローンにも申し込んでいるとなると、やはり審査には通りづらくなるでしょう。

申し込みブラックになってしまった情報はいつまで残る?

では、申し込みブラックの情報はいつ消えるのでしょうか。その答えは「6か月後」です。

個人信用情報機関のひとつであるCICを例としてみると、クレジットやローンの申し込み情報(氏名などの個人情報と申し込み内容にまつわる情報)や利用記録の保有期間は、カード会社などの加盟会員が照会した日より6か月間となっています。

支払い状況などのクレジット情報の保有期間は5年となっているため、比較的短期間で抹消されるのが特徴です。6か月が過ぎたら申し込みブラックの状態は解除されますので、新たにカードの申し込みを行う事ができます。

申し込みブラックかどうかを確認する方法

カードの審査に落ちた際に自分が申し込みブラックかどうかを確認する方法があります。個人信用情報機関では、企業の他に個人でも情報の開示請求を行う事が可能です。

短期間に複数のカードを申し込んだ心当たりのある方は一度情報の開示請求をして、直近の申し込み状況を把握してみると良いでしょう。

日本には「CIC」と「JICC」、「JBA(KSC)」という3つの個人信用情報機関が存在しています。クレジットカード会社であれば多くの場合はCICに加盟していて、JICCには消費者金融を営む企業や信販会社が、JBAには銀行系や外資系の一部クレジット会社が加盟しています。

個人信用情報機関に開示請求する方法

例えばCICでは、パソコン・スマートフォン・郵送・窓口と4通りの方法で情報の開示請求を行う事ができます。

開示請求で確認できる情報はクレジット情報と申し込み情報、利用記録のそれぞれ50件までとなり、それ以前の情報は見る事ができません。おすすめは便利でスピーディーなインターネット開示請求ですが、手数料1,000円はクレジットカード払いに限定されています。

インターネットの場合はPDFファイルの開示報告書を印刷する事もできます。郵送は申し込みから報告書の到着までに10日程度かかり、ゆうちょ銀行で発行した1,000円の定額小為替証書が必要となります。

窓口は平日のみで受付は10時から16時までですが、12時から13時の間は受付時間外です。
郵送・窓口どちらの場合も本人確認書類が必要で、窓口のみ手数料は現金500円となっています。

申し込みブラックにならないための方法

申し込みは1か月に2枚までに留めておく

申し込みブラックにならないためにはいくつか注意点があります。カード会社によって申し込みブラックになる基準が異なるため一概にはいえませんが、申し込みブラックを避けるため枚数の目安はあります。

一般的に一か月の間に3枚以上のカードを申し込んだ場合に申し込みブラックになる可能性が高まるとされているため、カードの申し込みは一か月に2枚までに留めておくのが無難です。

審査結果がわかるまで他のカードに申し込まない

早くカードが欲しいからといって、審査結果が出ないうちに他のカードに申し込むのは申し込みブラックになるリスクの高い行為です。

他のカードに申し込む場合は、少なくとも現在申し込んでいるカードの審査結果が出てからにしましょう。

クレジットカード審査落ち・対策関連記事

個人信用情報機関の「CIC」にブラックリスト(金融事故)か確認する方法


ブラックリスト(金融事故)状態でも作れるクレジットカードはある?ブラックの条件や掲載期間も解説


個人信用情報機関のブラックリストに載る条件


絶対にクレジットカードを作りたい!審査に通るためのコツ(対策)と注意点を解説

-クレジットカード審査
-

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.