クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

申込書郵送でのクレジットカードの作り方・申し込み方法

投稿日:

クレジットカードの申し込み用紙

申込書を郵送してクレジットカードを作りたい時、申込書はどこで手に入るのか、書き方が分からないという方も多いでしょう。

そこで今回は、申込書を郵送してクレジットカードを作る際の申込書の設置場所や、書き方や申込み時の注意点について分かりやすく解説していきます。

クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードの申し込み方法3種類

クレジットカードの申し込み方法はカードによっても違いますが、以下の3通りの方法が主流です。

  • インターネット
  • 店頭
  • 郵送

インターネットであれば24時間いつでも申し込めるため便利です。
店頭の場合、百貨店やショッピングモールなどにある申し込みカウンターで申し込むことができます。

申込書を郵送する方法のメリットは、じっくりと検討しながら申し込める点です。
パソコンやスマートフォンの操作が苦手な方でも郵送なら申し込みやすいでしょう。

インターネット申し込みの場合でも、引き落とし口座の設定や本人確認書類の提出は郵送となるカードもあり、例えばオリコカードを学生や未成年の方が申し込む場合も郵送での手続きが必要です。

申込書がないカードもある

楽天カードやJCB CARD Wのように、申し込みはインターネットのみとなっていて申込書がない(送らない)カードもあります。
申込書を使って郵送で申し込みたい時は、対応しているカードを選ぶ必要があるため注意してください。

申込書を郵送してクレジットカードを申し込む手順(流れ)

ペンを持つ手

申込書を郵送してクレジットカードを申し込む手順(流れ)は以下のようになります。

  1. 申込書を入手する
  2. 申込書に必要事項を記載
  3. 申込書をカード会社に郵送する
  4. 審査通過であればカード発行

申込書を入手して、必要事項の記載(記入)や捺印を行ってカード会社に郵送するというのが基本的な流れです。
審査時に本人確認を行うカードの場合は併せて本人確認書類のコピーが必要となるので用意しておきましょう。

イオンカードのように受け取り時に本人確認を行うカードならコピーは必要ありません。申込書の送料はカード会社の負担で無料となっているのが一般的です。

クレジットカードの申込書はどこで手に入る?

クレジットカードの申し込み用紙

クレジットカードの申込書はどこで手に入る?という方のために、申込書が設置されている場所や申込書の入手方法をまとめました。

申込書の入手方法

クレジットカードの申込書の入手方法は主に3つです。

  • 申込書を流通系店舗でもらってくる
  • 公式サイトでPDFを印刷する
  • 公式サイトで申込書の資料請求を行う
  • カード会社に電話をして取り寄せる

それぞれの項目を詳しくみていきましょう。

申込書を流通系店舗でもらってくる

「流通系カード」と呼ばれる百貨店やスーパーなどとカード会社が提携して発行しているカードなら、流通系店舗の店頭で申込書が入手可能です。
例えば「セブンカード・プラス」であれば、セブンイレブン・イトーヨーカドー・ヨークマートの店頭に申込書が設置されています。

公式サイトでPDFを印刷する

「UC法人カード」など一部のカードは、公式サイトからPDF形式の申込書をダウンロード・印刷することができます。

PDFで印刷できる申込書ならカード会社から送ってもらう時間が短縮できるので、発行日数も短くなるのがメリットです。

公式サイトで申込書の資料請求を行う

公式サイト(インターネット)で申込書の資料請求ができるカードもあります。
例えば「JCBカード」の場合、インターネットで資料請求を行い、送られてきた申込書に記入して郵送する形でカードの申し込みが可能です。

その他にも、以下のカード会社では公式サイトからの申込書の資料請求に対応しています。

  • イオンカード
  • エポスカード
  • セゾンカード
  • ライフカード

カード会社に電話をして取り寄せる

イオンカードなら、カード会社に電話をして申込書を取り寄せることも可能です。
イオンカードにはテレホンアンサーという自動音声応答サービスがあり、ガイダンスに沿って操作を行うと申込書の請求ができるようになっています。

申込書で申し込めるカード会社例

■イオンカード公式サイト
http://www.aeon.co.jp/creditcard/
申し込み資料請求ページ → http://www.aeon.co.jp/creditcard/request/

■JCBカード公式サイト
https://www.jcb.co.jp/?link_id=cojp_logo
申し込み資料請求ページ → https://www.jcb.co.jp/iss-pc/open/pamphlet/pamphletLargeList.html?ActionType=category

■ライフカード公式サイト
http://www.lifecard.co.jp/
申し込み資料請求ページ → https://www3.lifecard.co.jp/WebDesk/www/documentreq/shiryoInp.html

■エポスカード公式サイト
https://www.eposcard.co.jp/index.html
申し込み資料請求ページ → https://www.eposcard.co.jp/memberservice/pc/docclaim/doc_claim_preload.do

■セゾンカード公式サイト
https://www.saisoncard.co.jp/
申し込み資料請求ページ → https://www.saisoncard.co.jp/siryoapp/SSCategory?masterid=siryo&pageid=Top&eventid=siryo

■セブンカード・プラス公式サイト
https://www.7card.co.jp/index.html
申し込み方法の詳細 → https://www.7card.co.jp/feature/flow.html(申し込み資料は店頭で)

申込書の書き方で注意したい点

クレジットカードの可決・否決はスコアリングという採点によって決まります。
ここでは申込書の書き方や注意点、審査落ち対策・審査通過率をアップさせるコツをご紹介していきましょう。

綺麗な字で正確に記載する(嘘は書かない)

文字が汚いと機械で判別できない恐れがあるため、申込書は記入例を参考に綺麗な字で丁寧に書きましょう。
申し込み内容は正確に、くれぐれも嘘は書かないようにしてください。
嘘をついてカード会社を騙すと犯罪になってしまいます。

また、必要事項が抜けていると審査落ちの原因となってしまうので、記入を求められている欄は全てきちんと書いてください。

申込書の書き間違いをした時の対処法(訂正方法)

クレジットカードの申込書を書き間違えてしまった時は、重要書類でも用いられる文字の訂正方法を利用して訂正しましょう。

誤字を塗りつぶさず元の文字が見えるように二重線を引いて、その上または近くに印鑑(銀行印)を押す方法です。
正しい文字は二重線を引いた上、または近くの空欄に書いてください。
複写式の申込書の場合は2枚目・3枚目の申込書にも忘れずに印鑑を押しておきましょう。

修正液や修正テープを使わず、二重線を引き印鑑を押すことによって、自分自身で訂正したことが示せる方法です。

書き損じてしまった時に書き直せるように、店頭で申込書をもらう時は予備として2部もらっておくのも良いでしょう。

クレジットカードの申込書の書き方

住所の書き方

住所欄には現住所を記載します。
引越しなどで本人確認書類に書かれた住所と現住所が異なる場合は、本人確認書類に加えて公共料金の領収証書が必要となるので注意してください。

現住所が異なる場合は、できればカードの申し込み前に本人確認書類の住所変更を行っておきましょう。

名前の書き方

名前と併せて振り仮名を打つ必要がありますが、「ふりがな」と書かれていれば平仮名で打ち、「フリガナ」と書かれていれば片仮名で打つのが基本です。
結婚して改姓した場合、旧姓の記入欄があれば旧姓も書いてください。

電話番号の書き方

一般的に、携帯電話よりも固定電話の電話番号がある方が審査では有利とされています。
その理由は、固定電話の方が連絡がつきやすいとされるためです。

最近では固定電話を持たない方も多いので携帯電話番号だけでも審査通過は可能ですが、固定電話がある場合は固定電話の番号を記載しておくと審査通過率をアップさせることができます。
固定電話と携帯電話の両方を持っていて、どちらも書ける欄があれば両方書いておきましょう。

職業の書き方

クレジットカードの審査では会社員や公務員の方が有利ですが、申し込みの際には勤務先や勤続年数も併せて申告する必要があるため嘘は書かずに正確に記載してください。
基本的に、配偶者に収入がある専業主婦といったケースを除き無職の方はクレジットカードを作れません。

ただし例外として職に就いていなくても不動産収入を得るなどで確定申告を行っていれば職業は「自営業」となります。

勤務先の書き方

「株式会社」や「有限会社」などの部分を間違えないように気を付けて記載します。
子会社や関連会社などに出向している場合は「出向先」を書くようにしましょう。
その理由は、カード審査で行われる在籍確認という勤務先への就業確認の電話で連絡が取れることが大事だからです。

派遣社員の場合は「派遣元」を書いてください。
派遣社員の場合は個人情報保護のため在籍確認に応じない派遣会社が多いため、在籍確認が省かれることもあります。

収入の書き方

収入欄の書き方は、総支給額(税金などを引かれる前の月収)×12で年収を計算して記載してください。
ボーナスが支給される場合は年収に含めることができます。

新入社員やアルバイトのように仕事を始めたばかりで年収が分からない場合は月収×12の予想年収で大丈夫です。
年収は自己申告となっていますが、キャッシングを希望した場合に収入証明書の提出が求められるケースもあるので正直に書いてください。

他社借り入れの書き方

「他社借り入れ」とは無担保融資で、カードローンやクレジットカードのキャッシング・リボ払いの残高などが含まれます。
他社借り入れがある場合は返済能力に欠けるとされて審査が厳しくなりますが、借り入れは信用情報機関に記録されていてカード会社は審査時に把握することができるので正直に記載してください。

貸金業法の「総量規制」によって年収の3分の1を超える借り入れは制限されるため、すでに制限に近い借り入れがある場合は審査通過が難しくなります。
可能であれば返済(完済)してからカードを申し込みましょう。

郵送での申し込みはデメリットが多い

郵送でのクレジットカード申し込みはデメリットが多いため、できればインターネットでの申し込みをおすすめします。

ここでは郵送申し込みのデメリットをまとめました。

記入ミスによる審査落ち

申込書を手書きすると、記入ミスによる審査落ちのリスクが高まります。
例えば、記載漏れがあっただけでも審査落ちの恐れは出てくるので、必要事項が抜けているとエラーとなり申し込みを完了できないインターネット申し込みの方が安心です。

カード発行に時間がかかる

郵送での申し込みは書類のやりとりに時間がかかるためスピード発行はできません。
例えば、JCBカードの場合はインターネット申し込みであれば最短3営業日でカード発行が可能ですが、申込書を使って申し込んだ場合は、申込書がカード会社に届いてから約4週間後のカード発行となります。

個人情報流出のリスクがある

クレジットカードを申し込む際は住所や氏名、電話番号や口座番号といった個人情報を多く記載する必要があります。
その上に運転免許証のコピーなども同封するとなれば悪用される恐れも高まるでしょう。

郵送する時は外から見えないように工夫された形で送るのが一般的ですが、過去には郵便局のポストに投函されていた郵便物が盗まれたという事例もあるので100%安心とはいえません。

関連記事

クレジットカードの申し込み方法は「インターネット申し込み(オンライン申込)」がおすすめの理由


クレジットカードの作り方・申し込み方法を徹底解説!おすすめのカードも


店頭・店舗でのクレジットカードの作り方【即日発行も】


学生のクレジットカードの作り方と学生向けおすすめカード

-クレジットカードの作り方

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.