クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード比較

投稿日:

クレジットカードは海外を訪れる際の持ち物の中でも重要度が高いでしょう。
クレジットカードを持っていると買い物、現地通貨の調達、ホテルの宿泊にも便利で、近頃は年会費無料のクレジットカードでも手厚い海外旅行保険が自動付帯しています。

カードの海外旅行保険を上手に使えば保険会社の保険を申し込む必要もなくお得です。
今回は年会費無料で海外旅行保険が自動付帯となるクレジットカードの違いを比較してみました。

海外旅行傷害保険とは?保険会社とは何が違う?

海外旅行傷害保険とは日本を出国してからの病気やケガなどに対し、損害補償として保険金が支払われる制度です。
海外は日本とは異なり救急車も有料で医療費が高額になりやすいため、海外を訪れる際には海外旅行傷害保険に加入しておく事をおすすめします。

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険と保険会社の海外旅行傷害保険との違いは主に以下の3点です。

補償期間が違う

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の多くは、補償期間が日本を出国後60日間もしくは90日間に設定されています。
短期間の旅行や出張であれば補償期間内に収まるかと思いますが、長期間に渡る留学や出張の場合は補償期間をオーバーしてしまう可能性も出てきます。

保険会社の海外旅行傷害保険の補償期間も同様に最大3か月間となっていますが、留学や出張用の保険も用意されていて最長2年間まで補償があるのが特徴です。

補償内容(補償対象範囲)が違う

カード付帯の海外旅行保険と保険会社の海外旅行保険は補償内容にも違いがあります。
最も大きな違いは「病気による死亡や後遺障害」の補償です。

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険は事故によるケガが原因で亡くなった場合の「傷害死亡」や「後遺障害」は補償されますが、病気による死亡や後遺障害については補償がありません。

一方、保険会社の海外旅行傷害保険であれば病気による「疾病死亡」や「後遺障害」も補償されます。
カード付帯の保険は海外旅行向けのため、病気になった状態では渡航しない想定となっているのです。

治療費の支払い方法が違う

万が一のトラブルが起きて渡航先の海外で病院に行く場合、カード会社と保険会社では治療費の支払い方法も違います。
一部を除き、カード付帯の保険を利用する場合は病院では一度自費で治療費を立て替えて支払い、帰国してから保険金を請求するのが一般的です。

保険会社の保険を利用する場合はキャッシュレス診療サービスがあるので、治療費の自己負担なしで病院にかかる事ができます。
薬代などは自費で支払い後日請求となる事もありますが、治療費の負担がないという点は大きなメリットです。

自動付帯と利用付帯とは

クレジットカードの海外旅行保険には「自動付帯」と「利用付帯」という二つのパターンがあり、注意しないと保険の補償が受けられない恐れがあります。

「自動付帯」ではカードを保有(契約)しているだけで自動的に保険が適用されますが「利用付帯」の場合はツアー代金や交通費などをカードで決済していないと保険が適用されません。
また、自動付帯の場合は複数枚のカードを所持していれば合算で保険金を請求できるのが特徴です。

傷害死亡・後遺障害では補償額の一番高いカードの上限額内で各々の保険から等分して保険料が支払われますが、治療費用や賠償責任・携行品損害などでは対象の補償額を合算した上限額の範囲内で各々の保険から等分して保険料が支払われます。

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード

エポスカード

エポスカード

カードの特徴

年に4回ある「マルコとマルオの7日間」というキャンペーンでマルイでのショッピングが10%OFFで利用できたり、SHIDAXやBIGECHOなどのカラオケ店で30%OFFになったりと、日常生活でお得に利用できるカード

発行会社 株式会社エポスカード ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー - ポイント エポスポイント

エポスカードは年会費無料ながら最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が人気のカードです。
賠償責任が最高2,000万円、傷害・疾病治療は最高200万円、携行品損害も20万円まで補償があり、最短即日発行可能なので急な旅行などにも最適です。

国際ブランドはVISAでETCカード発行可能、ポイント還元率は0.5%で貯めたポイントはANAマイルにも交換できます。
マルイなどのお店では年に4回10%割引の特典もあり、旅行にもショッピングにもおすすめです。

エポスカード(マルイカード)の特徴【還元率や旅行保険、審査など】

DCカード Jizile(ジザイル)

DCカード Jizile(ジザイル)

カードの特徴

三菱UFJニコスが発行する、ポイント高還元率(1.5%)で海外旅行保険が充実したカード。リボ払い専用カードというデメリット面あり

発行会社 三菱UFJニコス ポイント還元率 1.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高1,000万円(自動付帯)
ショッピング保険100万円
電子マネー - ポイント DCハッピープレゼントポイント

DCカード Jizile(ジザイル)は年会費無料でいつでもポイントが3倍貯まる、ポイント還元率1.5%のリボ払い専用カードです。

海外旅行保険は最高1,000万円補償で携行品損害にも補償があり、ETCカードや家族カードも発行可能で家族会員にも海外旅行保険が付きます。
国際ブランドは海外でも加盟店が多いMastercard、ショッピング保険も付き、カラオケや温泉など全国120万施設の優待もあるカードです。

JCB EIT

jcb eit

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害・疾病治療費用 100万円
救援者補償 100万円
賠償責任補償 2,000万円(免責金額なし)
携行品損害補償 20万円(免責金額3,000円)

JCB EIT(エイト)は年会費無料で最高2,000万円補償の海外旅行保険が魅力のリボ払い専用カードです。

ポイントは通常カードと比較して2倍の還元率1%、Oki Dokiランドを経由したネットショッピングでは最大20倍のポイントが貯まるのが特徴。

リボ払いは初回手数料無料で、ETCカードや家族カードも発行可能です。
ショッピング保険も付き、QUICPayにも対応しているのでApple Payが使えます。
デザインも豊富でお好みに合わせて選べるカードです。

学生や若い人限定で年会費無料になる海外旅行保険自動付帯のカード

セゾンブルーアメックス

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

26歳まで年会費無料で持てるアメックス。海外旅行傷害保険が自動付帯で、永久不滅.comを経由してネットショッピングをすればポイントが最大25倍になるなど、お得なサービスも盛りだくさん

発行会社 株式会社クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険 最高3,000万円(自動付帯)
電子マネー iD、QuicPay ポイント 永久不滅ポイント

セゾンブルーアメックスはセゾンカードが発行するステータスカードとしても人気のアメックスブランドのカードです。
年会費は初年度無料で翌年以降は税抜3,000円ですが、キャンペーン適用なら26歳まで年会費無料で持てて即日発行可能。

海外旅行保険は自動付帯で最高3,000万円の手厚い補償が受けられます。
手荷物無料宅配やコートお預かり、Wi-Fiレンタルなど旅行に便利なサービスが多く、永久不滅ポイントが貯まる還元率0.5%のカードです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)の特徴

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

カードの特徴

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯、海外でのカード利用分が5%キャッシュバックと、留学や卒業旅行などで海外に行く学生におすすめのカード

発行会社 ライフカード ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、iD ポイント サンクスポイント

学生専用ライフカードは年会費永年無料で、最高2,000万円補償の海外旅行保険が在学中は自動付帯となります(卒業後は補償終了)。

海外ショッピング利用分は5%のキャッシュバックがあるのが特徴で、旅行や留学にもおすすめです。
通常ポイント還元率は0.5%ですが、ポイントの有効期限は最大5年間で、ポイントを貯めやすいキャンペーンも多く実施されています。

学生専用ライフカードのメリット・デメリット

-年会費がお得なクレジットカード, 海外旅行でお得なクレジットカード
-,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.