メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ New

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【ブラックでも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

クレジットカードを持っている人たちのカード

人気クレジットカードランキング!みんなのおすすめ最強カードは?

クレジットカードを作りたい時、選び方の参考になるのがインターネットの情報ですが、「クレジットカード人気ランキング」は広告が絡んでいて実態を反映していない場合があるため要注意です。 ここでは、当サイトが ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生が審査に通りやすい理由とは?

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

クレジットカードの年会費とは?年会費有料は無料のカードと比較してお得?

更新日:

クレジットカードの年会費とは

クレジットカードには「年会費」という1年間のカード利用料としてカード会社に費用を支払うシステムがあります。カードの種類により年会費は異なり、年会費が一切かからない「年会費永年無料」のカードから、条件次第で無料になるもの、1万円以上かかる高額なもの、数十万かかるようなものまで多くの種類が存在します。

このページでは、年会費とは何か、、条件付き年会費無料の仕組み、年会費無料カードと有料カードの違いやメリットについてなど、年会費に関する基礎知識を解説していきます。

年会費とは

財布を持つ女性

クレジットカードの年会費とは、カードを利用するためにカード会社へ支払う利用料のことです。
一般カードでは年会費無料のカードが人気ですが、ステータス性の高いカード(ゴールドカードやプラチナカードなど)になると数万円、中には数十万円と高額な年会費がかかるカードも存在します。年会費が発生するカードは付帯保険やサービスが充実しているため、使い方によっては様々なメリットがあります。

クレジットカード会社の公式サイトやクレジットカード比較サイトには「無料」という文字を目立たせて、実際には条件付きで無料となったり、学生の間だけ無料となっていたりすることがあるので注意しましょう。
「年会費無料」と間違えやすい表記には以下のような種類があります。

  • 年会費永久無料/永年無料
  • 年会費実質無料(条件付きで無料)
  • 年会費初年度無料
  • 在学中年会費無料

それぞれどのような意味なのかを解説していきます。

年会費永久無料/永年無料

「年会費永久無料」や「年会費永年無料」と記載されているカードは、無条件で永久に無料ということです。カードを一切利用していないという場合でも、所持している分には一切お金はかからないので、特定の場所で利用する用のサブカードとして維持しておくこともできます。

注意点としては、クレジットカードの年会費自体が永久に無料でも、ETCカードを発行した場合に年会費500円(税抜)がかかってくるカードもあるので、ETCカードを持ちたいけれどクレジットカードの維持に費用をかけたくないという人はETC年会費までチェックしておきましょう。

年会費実質無料(条件付きで無料)

「年会費実質無料」と記載されているカードは、本来であれば年会費が有料ですが、特定の条件を満たすことで年会費が無料になるというもので、カード利用者のほとんどが条件を満たせることから「実質」と記載されています。

例えば、三井住友カード デビュープラスのように、年に1度でも利用があれば翌年の年会費が無料になるというものや、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードのように年齢制限付きで無料になるもの、NTTグループカードのようにカード利用明細をWEBで確認するように設定することで年会費が無料になるものなどがあります。

NTTグループカードの年会費

引っ掛けのような書き方ですが、一般人が運営するクレジットカード比較サイトのみならず、カード会社の公式サイトでもこの表記を使うことがあるので条件を満たせない心配がある方は注意しましょう。

年会費初年度無料

「年会費初年度無料」と記載されているカードは、新規入会した最初の1年間は年会費無料ですが2年目以降は通常通り年会費が発生するというものです。初年度のうちに退会した場合は年会費がかからないので、有料のカードを無料で試してみたいという方にぴったりです。

ただし、入会しては短期解約を繰り返すのは「入会キャンペーンのポイント狙いでカードをあまり使わない人」として見られてしまい、次のカードを作る際の審査に悪い影響を与えるのでおすすめはできません。

在学中年会費無料

「在学中年会費無料」と記載されているカードは、一般カードとは別に学生専用として作られているクレジットカードによくあるもので、大学などに在籍している期間であれば、年会費が無料で利用できるというものです。

年会費永年無料カードと違って、卒業後に年会費がかかるようになったり、別のカードが発行されて年会費有料カードに切り替わったりするので、学生の方は卒業後に年会費がいくらかかるようになるのかをチェックしておきましょう。

年会費の平均金額

カードのランク

クレジットカードの年会費は基本的には一般カードよりもゴールドカードの方が高く、ゴールドカードよりもプラチナカード、プラチナカードよりもブラックカードの方が高く設定されています。

ここからは各ランクのカードがどのくらいの年会費なのかを解説していきます。

一般カードの年会費

一般カードの年会費は、安いものでは永年無料のものから1,000円程度のもの、高いものはアメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)のように税抜12,000円と高額になるカードもあります。年会費が有料のクレジットカードだと主流の価格帯は概ね1,000円~3,000円前後です。

初年度はキャンペーンで年会費無料となるカードや、在学中の年会費が無料となる学生向けカード、三井住友カードのように条件付きで翌年度の年会費が無料になるカードもあります。

ゴールドカードの年会費

ゴールドカードの年会費は、海外旅行保険が付帯していたり空港ラウンジが利用可能になっていたりと、一般カードにない特典があるため少し高額に設定されており10,000円前後のカードが多いです。

中には2,000円前後の年会費で持てる格安ゴールドカードもあります。例えば、三菱UFJニコスのMUFGカード ゴールドは初年度年会費無料で翌年度以降の年会費も1,905円(税抜)、楽天ゴールドカードは2,000円(税抜)、オリコカードザポイント プレミアムゴールドは1,839円(税抜)となっています。

格安のゴールドカードになると、海外旅行保険の補償があまり充実していなかったり、空港ラウンジが使えなかったりする(あるいは限られている)違いがあります。

プラチナカードの年会費

ゴールドカードより更にきめ細やかなサービスが受けられるプラチナカードは、安いものでも10,000円程度の年会費がかかり、中価格帯でも30,000円程度、中には50,000円以上のカードもあります。

年会費が高額な分、ホテルやレストランの優待、コンシェルジュサービスなどワンランク上のサービスが受けられるのがプラチナカードのメリットです。例えば、JCBカードのJCBプラチナは、年会費25,000円でこれらのサービスが受けられるので使い方によっては年会費が発生しても元を取れる可能性があります。

最も年会費の高いクレジットカード「ブラックカード」

プラチナカードよりもさらに入手難易度が高いクレジットカード「ブラックカード」は、JCB THE CLASSというカードで50,000円(税抜)、楽天ブラックカードで30,000円(税抜)、ダイナースクラブ プレミアムカードで130,000円(税抜)の年会費がかかります。ブラックカードの中でも最も年会費が高いのが、アメックスが発行する「センチュリオン・カード」で、その金額なんと350,000円(税抜)。

各ブラックカードはカード会社に招待された人だけが持つ事を許されるインビテーション制で、招待者はゴールドカード保有者やプラチナカード保有者の中から選ばれます。
ブラックカードは、利用限度額が無制限になったり提携する航空機やホテルのアップグレードサービスがあったりとステータスカードにふさわしい特典内容で、貯めたポイントで交換できる商品も高級外車や宇宙旅行など桁外れの商品が揃っています。

年会費はいつ引き落とされる?

通帳

クレジットカードの年会費がいつ引き落とされるかはカードの種類や入会日、毎月のカード支払日などによって異なります。
多くの場合はカードを受け取った時の台紙に書かれていますが、公式サイトのマイページや、明細書に書かれているカードの入会日や支払い日から調べる事も可能です。

カードを受け取った時の台紙

カードを受け取った時の台紙

年会費を支払わないとどうなる?
クレジットカードの年会費を支払わなかった場合の対応はカード会社によって分かれますが、多くのカード会社では会員規約に則り、未払いとなっている年会費の請求を行います。

それでも支払わなかった場合は、利用停止処分や強制退会など厳しい罰則が下されます。

年会費有料カードのメリット

クレジットカードとお金

年会費無料カードと年会費有料カードと比較して違いはどんな点にあるのか説明していきます。

保険の内容が充実

年会費無料カードでは補償金額が低く利用付帯となる事が多い保険も、年会費有料カードならカードを所有しているだけで補償が適用される自動付帯となる事が多く、より手厚い補償が受けられます。

海外では医療費が高額になりやすいため、頻繁に海外を訪れる方は年会費有料カードがおすすめです。
例えば、日本では救急車を呼ぶのは無料ですが、アメリカでは10万円以上、フランスでは6,000円程度+走行距離に応じた費用が必要で、さらに初診料、入院した場合の部屋代、手術が必要だった場合の治療費が重なり、日本の2倍以上の医療費がかかってきます。

還元率が高い

年会費有料のカードは、無料カードより還元率が高くなっていることが多いのもメリットです。

例えば、オリコカードザポイント プレミアムゴールドはオリコモール経由でのネットショッピングでさらにポイントが0.5%分加算されたり、電子マネーで決済をすることで0.5%のポイントが加算されたりといった特典があります。

dカード GOLDはドコモケータイ・ドコモ光の料金が10%ポイント還元になるので、年会費10,000円(税抜)分のポイントが簡単に貯まるので無料のカードよりもお得になります。

「空港ラウンジ」が利用可能になる

年会費無料カードでは利用できない事が多い空港ラウンジも、年会費有料カード(特にゴールドカード以上のカード)なら利用できることが多いです。

例えば、楽天プレミアムカードなら10,000円(税抜)の年会費で国内・海外の空港ラウンジを無料で利用できます。通常だと年会費99ドルがかかるプライオリティ・パス(海外の1,000以上の空港ラウンジを利用できるカード)を無料で発行できるのでお得です。

専用のお問い合わせ連絡先が用意されていることも

ゴールドカード会員専用特典

カード会社にお問い合わせの連絡をしても、なかなか担当者に繋がらないでストレスに感じてしまう方もいると思います。
年会費無料カードだとなかなか繋がらない電話も、ゴールドカード以上の年会費有料カードだと専用のフリーダイヤルが用意されていることもあるので、ストレスなくお問い合わせをすることができます。

ETCカードに年会費がかかることもあるので注意

車を運転する女性

クレジットカードと一緒に高速道路の利用をスムーズにする「ETCカード」を発行する方も多いと思います。クレジットカードの年会費とは別に、ETCカードにも年会費というものがあり、無料のものから楽天カードのように年会費が500円(税抜)かかる場合があるので注意してください。

■ETCカードに年会費がかかるクレジットカード例

  • 楽天カード
  • dカード(初年度無料)
  • 三井住友カード(年に1度でもETC利用で無料)
  • ヤフーカード

※いずれもETC年会費は500円+税

家族カードに年会費がかかることもある

家族カードとは、クレジットカードを契約した本会員と同じ機能のカードを家族に対して発行できるというサービスです。クレジットカードによって家族カード発行の対象者は様々ですが、多くの場合は生計を一とする配偶者または高校生を除く18歳以上の子となっています。
年会費有料カードであっても、家族カードは年会費無料もしくは割引になるのでひとりひとりがカードを申請・発行するよりお得です。
例えば三井住友カードは本会員の年会費1,250円(税抜)に対し家族カード年会費が400円(税抜)、アメックスゴールドは本会員の年会費29,000円(税抜)に対して、家族カード年会費は1枚目が無料、2枚目以降は6,000円(税抜)と半額で持つことができます。

1枚目が無料でも2枚目以降は年会費がかかる場合や、1枚目から年会費がかかるカードもあるので家族カードを申し込む前に家族カード年会費も把握しておきましょう。

FP監修者コメント

FP監修者

本記事でも紹介されていますが、意外と知られていないのが「年会費無料」には条件が付いているカードが多いということ。

「無料だし、お得だから作っておこう」

そんな風にして作ったクレジットカードが複数ある場合、使っていないカードが1枚以上はあることでしょう。そんな場合に、気づかずに年会費を払い続けていることが多々あります。
特に、20代の方に多いのが、学生時代に加入したクレジットカードを社会人になっても利用し続けているケース。在学中は無料でも、社会人になったら有料となるカードも多く、気づかないうちに年会費を支払い続けていることになります。

また、カードを持ちすぎていると、貧乏家計になりやすいですし、家計管理も難しい。
さらにローンを組む時に影響があります。キャッシングやリボ払いの利用枠が、住宅ローンなどの借入額に影響します。
使用していないカードはすぐに解約しておきましょう。

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-年会費がお得なクレジットカード
-

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.