クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

クレジットカードの年会費とは?年会費有料は無料のカードと比較してお得?

更新日:

クレジットカードには年会費というものがあり、カードを1年間利用していくにあたって、クレジットカード会社に利用料として支払うようなシステムです。

カードの種類により年会費は様々設定されており、年会費が一切かからない永年無料のカードから、条件によって無料になるものや、1万円以上かかる高額なもの、その中でも数十万かかるようなものまで多くの種類が存在します。

年会費とは

クレジットカードの年会費とは、カードを利用するためにカード会社へ支払う利用料です。
一般カードでは年会費無料のカードが人気ですが、ステータスカードになると数万円、中には数十万円と高額な年会費がかかるカードも存在します。

年会費が発生するカードは付帯保険やサービスが充実しているため、使い方によっては様々なメリットがあります。

一般カードの年会費

一般カードの年会費は、安いものでは永年無料のものから1,000円程度のもの、高いものは一般カードでもアメリカン・エキスプレスのアメックスグリーンのように税抜12,000円と高額になるカードもあり、年会費が有料のクレジットカードで主流の価格帯は概ね1,000円から3,000円前後となっています。

初年度はキャンペーンで年会費無料となるカードや、在学中の年会費が無料となる学生向けカード、三井住友VISAカードのように一年間の利用に応じて条件付きで翌年度の年会費が無料になるカードもあります。

ゴールドカードの年会費

通常はカードのランクに応じて年会費も上がりますが、中には一般カード並みの年会費で持てるゴールドカードもあります。

例えば、三菱UFJニコスのMUFGカードゴールドは、初年度年会費無料で翌年度以降の年会費も税抜1,905円と安いのが特徴ですが、最高2,000万円までの海外・国内旅行傷害保険が付帯して更に空港ラウンジも無料で利用できてお得です。

プラチナカードの年会費

ゴールドカードより更にきめ細やかなサービスが受けられるプラチナカードは、安いものでも1万円程度の年会費がかかります。
中価格帯でも3万円程度、年会費5万円以上のカードも珍しくありません。

しかしその分、ホテルやレストランの優待、コンシェルジュサービスなどワンランク上のサービスが受けられるのがプラチナカードのメリットです。
例えば、JCBカードのJCBプラチナは、年会費25,000円でこれらのサービスが受けられるので使い方によっては年会費が発生しても元を取れる可能性があります。

最も高い年会費のクレジットカード

クレジットカードの中で最も年会費が高いカードをご存知ですか?それは、アメックスの「センチュリオン・カード」というブラックカードです。

プラチナより更に格上のこちらのブラックカードの年会費は、何と税抜350,000円。センチュリオン・カードは招待された人だけが持つ事を許されるインビテーション制で、招待者はゴールドカード保有者の中から選ばれます。
利用限度額は無制限となり、提携する航空機やホテルのアップグレードサービスがあるなどステータスカードにふさわしい特典内容で、貯めたポイントで交換できる商品も高級外車や宇宙旅行など桁外れの商品が揃っているのが特徴です。

アメックスのブラックカード「アメックスセンチュリオン」の特徴と作る方法

年会費割引になるカードもある

年会費が有料のクレジットカードの中には、支払い方法をリボ払いに設定するなど条件を満たすことで年会費が無料になるというものもあります。

代表例として、三井住友VISAカードの年会費が割引になる条件をご紹介しますが、年会費が割引になる条件はいくつかあり、クレジットカードの利用明細を郵送ではなく、web上で確認するよう設定することで年会費は500円引きになったり、前年度の利用金額が100万円以上300万円未満の場合には年会費が半額、300万円以上の利用で無料になるという特典があります。

そして、支払い方法を「マイ・ペイすリボ」というリボ払いに設定することで、年会費が無料にすることができ、さらに手数料請求のあった月の利用代金のポイント付与率が2倍になるという特典もあるので、この方法が一番メリットが大きいです。
リボ払いは手数料が発生するので抵抗があるという方でも、「マイ・ペイすリボ」では設定によって全額を支払うこともできるので、手数料を発生させずに利用することができます。

このように、クレジットカードによっては年会費を無料にする方法もあるので、年会費有料のカードであっても割引の条件などをしっかり確認しておきたいですね。

年会費の種類

複数のクレジットカード

年会費には下記のような種類があります。

  • 年会費永久無料/永年無料
  • 年会費実質無料(条件付きで無料)
  • 年会費初年度無料
  • 在学中年会費無料

順に説明していきます。

年会費永久無料/永年無料

無条件に年会費は永久に無料ということです。
カードを一切利用していないという場合でも、所持している分には一切お金はかからないので、特定の場所で利用する用のサブカードとして維持しておくこともできます。

年会費無料だからといって機能が低いということはないので、基本的には年会費無料のクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

年会費実質無料(条件付きで無料)

本来であれば年会費が有料ですが、ある条件を満たすことで年会費が無料になるというもので、全く利用していないという人を除いてそのほとんどが普通に利用していれば条件を満たせるというものが多いです。

三井住友VISAデビュープラスカードのように、年に1度でも利用があれば翌年の年会費が無料になるとうものや、セブンカードのように1年間に5万円以上のカード利用があれば翌年度の年会費が無料になるもの、NTTグループカードのようにカード利用明細をWEBで確認するように設定することで年会費が無料になるものなど、カードによって条件自体は様々です。

年会費初年度無料

入会特典として謳っているものが多く、入会した最初の1年間は年会費無料ですが、2年目以降は通常通り年会費が発生するというものです。
最初は無料で利用して、いろいろ試しておきたいという方にぴったりです。

もちろん無料のうちに解約することもできますが、短期解約は次のカードを作る際の審査に悪い影響を与えるため、おすすめはできません。

在学中年会費無料

一般カードとは別に、学生専用として作られているクレジットカードによくあるもので、大学などに在籍している学生であれば、通常必要な年会費が在学中は無料で利用できるというものです。

多くは、学校を卒業したあとに一般カードにそのまま移行されるものが多く、社会人になっても引き続き使ってほしいという思惑がクレジットカード会社にあるため、年会費を無料で提供しているという理由があります。

年会費はいつ引き落とされる?

クレジットカードの年会費がいつ引き落とされるかはカード会社やカードによって異なり、入会翌月に引き落とされる事もあります。
多くの場合はカードを受け取った時の台紙に書かれていますが、公式サイトのマイページや、明細書に書かれているカードの入会日や支払い日から調べる事も可能です。

クレジットカードの年会費はいつ引き落とされる?

年会費を支払わないとどうなる?

クレジットカードの年会費を支払わなかった場合の対応はカード会社によって分かれますが、多くのカード会社では会員規約に則り、未払いとなっている年会費の請求を行います。
それでも支払わなかった場合は、利用停止処分や強制退会など厳しい罰則が下されます。

クレジットカードの年会費を未払いにするとどうなる?

年会費有料のカードのメリット

ゴールドカード

年会費無料カードと年会費有料カードと比較して違いはどんな点にあるのか説明していきます。

保険の内容が充実

年会費無料カードでは補償金額が低く利用付帯となる事が多い保険も、年会費有料カードならカードを所有しているだけでOKの自動付帯となる事が多く、より手厚い補償が受けられます。
海外では医療費が高額になりやすいため、頻繁に海外を訪れる方は年会費有料カードがおすすめです。

ショッピング保険の補償金額も有料カードの方が充実しています。

海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカード【自動付帯・利用付帯とは?】

高ステータス

アメックスカードやダイナースクラブカードのように高ステータスという点も年会費有料カードの人気の理由です。
年会費無料カードと比較すると有料カードは入会審査のハードルも高めです。

誰でも持てるカードではない分、社会的地位の証としてどこに出しても恥ずかしくない、自慢できるカードとして

ステータスカードとは?憧れられるクレジットカードはどんなカード?

還元率が高い

年会費有料のカードは、無料カードよりポイント高還元率になる事もメリットのひとつです。
オリコカードザポイントプレミアムゴールドやdカードGOLDは、条件付きで一般カードに比べて数倍のポイント還元率となります。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカードザポイントプレミアムゴールド)のメリット・デメリット


「dカードGOLD」はドコモユーザーがお得な特典いっぱいのゴールドカード

「空港ラウンジ」を利用可能になる

年会費無料カードでは利用できない事が多い空港ラウンジも、年会費有料カードなら利用できるものがあります。
例えば、楽天ゴールドカードなら税抜2,000円とリーズナブルな年会費ながら空港ラウンジを無料で利用できるのが特徴です。

空港ラウンジが無料で使えるおすすめクレジットカード

ETCカードに年会費がかかることもある

本カードとは別に、高速道路の利用をスムーズにするETCカードの発行が可能なものがほとんどですが、ETCカードにも年会費というものがあり、無料のものから楽天カードのように年会費が500円(税抜)かかったり、VIASOカードのように最初の1回だけ、発行手数料として1,000円(税抜)かかるというものもあります。

クレジットカード自体の年会費が無料だからと言って、ETCカードの年会費をチェックせずに追加カードを発行して後悔しないように注意してください。

三井住友VISAカードでETCカードの作り方!年会費無料にする方法も


年会費540円かかる楽天カードのETCカードを年会費無料にする方法

家族カードに年会費がかかることもある

家族カードとは、最初にクレジットカードを契約した本会員の家族もクレジットカードを利用できるというサービスで、ほとんどが改めての審査は必要なくクレジットカードを発行することができます。

クレジットカードによって家族カード発行の対象者は様々ですが、多くの場合は生計を同一とする配偶者または高校生を除く18歳以上の子となっています。
家族カードには年会費が無料のものから有料になるものもありますが、年会費は本会員の年会費よりも安いものがほとんどです。

例えば三井住友VISAクラシックカードは本会員の年会費1,250円(税抜)に対し家族カードが400円(税抜)だったり、アメックスグリーンは本会員の年会費12,000円(税抜)に対して、家族カードは6,000円(税抜)と半額で持つことができます。
家族カードで利用したショッピング利用分も、ポイント付与の対象となったり、家族カード保有者も国内・海外旅行傷害保険に加入することができるなど、メリットとなることが多いです。

家族カードのメリットとデメリット

年会費無料のおすすめカード

オリコカードザポイント

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

カードの特徴

最大8,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中!(2019年3月31日までにカード発行した人が対象)オリコが運営するネットショッピングサイト「オリコモール」でカード利用することでAmazon.co.jpや楽天市場でもポイント高還元率になるカード。最大17.5%!

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%(入会から6か月間は2.0%)
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー iD、QuicPay(ApplePay利用可能) ポイント オリコポイント

オリコカードザポイントは、年会費永年無料で通常ポイント還元率1.0%の人気カードです。入会後半年間はポイント還元率が2.0%になり、オリコモールの利用で特別加算もあります。電子マネーもダブル搭載していて毎日のお買物でもポイントが貯めやすいのがメリットです。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の特徴

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

8,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!(キャンペーン期間:2018年11月12日(月)10:00~2018年11月19日(月)10:00)通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

楽天カードは、年会費永年無料で通常ポイント還元率1.0%、保険も付帯しているカードです。

楽天関連サービスでは還元率がアップし、加盟店ではカードを提示するだけで楽天ポイントが貯まります。
最高2,000万円の海外旅行傷害保険やカード盗難保険など、充実した内容で万が一の際も安心です。

楽天カードの特徴【ポイント還元率・年会費・審査・デメリットなど】

エポスカード

エポスカード

カードの特徴

年に4回ある「マルコとマルオの7日間」というキャンペーンでマルイでのショッピングが10%OFFで利用できたり、SHIDAXやBIGECHOなどのカラオケ店で30%OFFになったりと、日常生活でお得に利用できるカード

発行会社 株式会社エポスカード ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー - ポイント エポスポイント

エポスカードは、年会費無料ながら充実した保険が魅力のカードです。

ポイント還元率は通常0.5%とやや低めですが、提携店舗や自社サイトを経由したネットショッピングではボーナスポイントがもらえます。
特筆すべきは海外旅行傷害保険で、年会費無料カードでは珍しい利用付帯となり、最高2,000万円まで補償が受けられます。

エポスカード(マルイカード)の特徴【還元率や旅行保険、審査など】

年会費無料のクレジットカードはこちらでも紹介

年会費無料のクレジットカードおすすめランキング!厳選した13枚を比較

年会費有料でもおすすめのカード

オリコカードザポイントプレミアムゴールド

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

カードの特徴

オリコモールを経由して楽天やamazonなどのショップでカード利用をすることで、ポイント還元率が1.5%加算され、電子マネーの利用でも0.5%のポイントが加算される高還元率カード

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%
年会費 1,950円(税込) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、QUICPay ポイント オリコポイント

オリコカードザポイントプレミアムゴールドは、年会費税込1,950円で海外旅行傷害保険は自動付帯で2,000万円まで補償と手厚くカバーし、ポイント還元率もアップしたカードです。

オリコモールや電子マネー、リボ払いの利用でポイントが特別加算され、オリコモールを経由してAmazonで買い物をした場合、一般カードでは2.0%のポイント還元率が2.5%にアップします。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカードザポイントプレミアムゴールド)のメリット・デメリット

dカードGOLD

dカードGOLD

カードの特徴

年会費は10,000円かかるが、ドコモ携帯電話料金の10%が還元される。また、盗難・紛失、全損・水濡れで修理不可となった場合に最大10万円まで機種購入代金の補償サポートあり

発行会社 NTTドコモ ポイント還元率 1.0%
年会費 10,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯分5,000万円まで)
国内旅行傷害保険5,000万円(利用付帯)
電子マネー iD ポイント dポイント

dカードGOLDは、年会費税抜10,000円で通常ポイント還元率は一般カードのdカードと同じ1.0%ですが、ドコモケータイや光回線利用代金のポイント還元率が一般カードが1%に対してゴールドでは10%に跳ね上がるのが特徴で、家族全員ドコモユーザーのご家庭ではかなりの節約が見込めます。

また、携帯電話端末の紛失・盗難・修理不能を補償する「ケータイ補償」も一般カードは購入後1年以内・最大1万円補償ですが、ゴールドなら3年以内・最大10万円補償になります。

「dカードGOLD」はドコモユーザーがお得な特典いっぱいのゴールドカード

アメリカンエキスプレスゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カードの特徴

充実の保険内容だけでなく、ホテルやレストランの優待や、世界中の空港ラウンジの利用ができるプライオリティパスが無料で利用できるなど、アメックスならではのサービスが豊富

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ポイント還元率 0.5%
年会費 29,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
航空便遅延費用補償最高40,000円
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica ポイント メンバーシップ・リワード

アメリカンエキスプレスゴールドカードは、年会費税別29,000円でポイント還元率は0.5%程度(交換商品により異なります)と高くはありませんが、旅行傷害保険は最高1億円、空港ラウンジに加えて手荷物の無料配送、世界中から厳選したレストランの優待、家族カードを1枚年会費無料で発行できるなどサービスが充実しているのが特徴です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)の特徴

エポスカード

エポスカード

カードの特徴

年に4回ある「マルコとマルオの7日間」というキャンペーンでマルイでのショッピングが10%OFFで利用できたり、SHIDAXやBIGECHOなどのカラオケ店で30%OFFになったりと、日常生活でお得に利用できるカード

発行会社 株式会社エポスカード ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー - ポイント エポスポイント

丸井で行われる年4回の「マルコとマルオの7日間」というセールで10%割引でショッピングが可能。
年会費無料で、海外旅行傷害保険が自動付帯されている補償も手厚いカード。

関連記事

クレジットカードの年会費を未払いにするとどうなる?


クレジットカードの年会費はいつ引き落とされる?

-年会費がお得なクレジットカード
-

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.