メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

クレジットカードを持っている人たちのカード

人気クレジットカードランキング【2019年最新版】みんなのおすすめ最強カードは?

クレジットカードを作りたい時、選び方の参考になるのがインターネットの情報ですが、「クレジットカード人気ランキング」は広告が絡んでいて実態を反映していない場合があるため要注意です。 ここでは、当サイトが ...

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職やブラックでも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生が審査に通りやすい理由とは?

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

インターネット申し込み(オンライン申込)でのクレジットカードの作り方

更新日:

クレジットカードの申し込み方法には「インターネットでの申し込み」と「郵送での申し込み」、「店頭に出向いての申し込み」の3種類がありますが、中でも便利でお得なのがインターネット申し込みです。インターネットならパソコンやスマホで24時間いつでも都合の良い時に申し込む事ができ、キャッシュバックやポイント還元など入会キャンペーンも充実しています。

インターネット申し込みでクレジットカードを作る方法を初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

このページの目次

クレジットカード申し込み方法の種類

クレジットカードの申し込み方法3種類

カードによって違いはありますが、一般的なクレジットカードの申し込み方法はインターネット・店頭窓口・郵送が主流です。

インターネット申し込み

インターネット申し込みなら店頭窓口の営業時間外でも申し込む事ができてカード発行までのスピードも早いため、急ぎでカードを作りたいという方にも向いています。
また、記入ミスや入力漏れが原因による審査落ち対策にもなり、365日24時間パソコンやスマホで申し込めるため忙しい方にもおすすめです。

本人確認書類もオンラインで提出可能なので手軽に申し込む事ができます。

店頭での申し込み

エポスカードセゾンカードイオンカードなど、クレジットカード発行カウンターがある店舗に出向いて申し込む方法もあります。

店頭窓口で申し込む場合はスタッフに分からない事を尋ねながら申し込む事ができ、カードによっては即日発行可能です。
近くに店舗があれば便利な方法ですが、営業時間内に注意する必要があります。

店頭・店舗でのクレジットカードの作り方【即日発行も】

郵送での申し込み

コンビニや銀行にある申し込み用紙をもらってきて、必要事項を記入した申し込み用紙を郵送することでもクレジットカードを申し込むことも可能です。

ただ、郵送での申し込みは記入ミスで審査落ちする恐れがあり発行までの日数も長いため、あまりおすすめはできません。

申し込みに必要なもの

印鑑

クレジットカードの申し込みには本人確認書類と銀行口座、場合によっては銀行への届け印が必要となります。

本人確認書類

本人確認書類として認められる書類は運転免許証・パスポート(写真と住所の記載がある面)・健康保険証(住所・氏名・生年月日が記載された面、カードタイプの場合は両面)・個人番号カード・住民票の写し(発行後6か月以内)が使えるのが一般的ですが、カード会社によって異なる事があるので予め確認しておくと安心です。
いずれも住所・氏名・生年月日が記載された有効期限内のものを使用します。

学生専用カードを申し込む場合は学生証が必要となる事があり、写真のない本人確認書類を提出する場合や現住所が異なる場合は併せて公共料金(電気・ガス・水道・固定電話・NHK)の領収書・社会保険料の領収証書・国税や地方税の領収証書か納税証明書のうちいずれか1点の提出が求められる事もあります。

銀行口座

銀行口座は通帳やキャッシュカードに記載されている本人名義の口座番号が必要となるので、口座を持っていない方は新しく開設しておきます。銀行口座は三井住友VISAカードといった銀行系のクレジットカードを申し込む場合でも他行の銀行口座を引き落とし用に設定する事が可能です。

銀行口座・通帳の作り方

クレジットカード発行の流れ

インターネット申し込みでのカード作り方の流れ

カードによって若干の違いはありますが、一般的にはインターネットで申し込みを行い、その後カード会社による入会審査へと進み、無事審査に通過したらカード発行となります。

カードの受け取り方法は郵送や店頭窓口での受け取りがあり、店頭窓口で受け取れるカードなら即日発行できるケースもあります。

申し込みフォームの記入方法

カード会社の公式サイトにはカードごとにページが用意されているので、ページ内にある申し込みボタンからカードを申し込む事ができます。申し込みボタンを押すと申し込みフォームへと移るのでカード会社の規約に同意の上、記入ミスに注意しながら入力していきます。

申し込みフォームの記入内容

申し込みの項目はカードによって異なりますが、以下のような情報を記入します。

■申込者の情報

項目 説明
氏名 申込者本人の名前。結婚・離婚等で苗字が変わってしまっている場合は、免許証などの身分証明書に記載されているものに合わせる
生年月日 申込者本人の生まれた年と月と日
性別 男性か女性かを選択
郵便番号 身分証明書に記載されている住所の郵便番号を記載
現住所 身分証明書に記載されている住所を記載。引っ越しをして身分証と現住所が異なる場合は、ガス代や水道代といった公共料金の領収書などの「住所確認書類」を用意すればOK
電話番号 連絡がつきやすい電話番号を記載。いずれか一方でも問題ない
メールアドレス 申し込み内容の確認や審査結果などをお知らせするため、メールアドレスを記載。アドレスの間違いやドメイン指定受信を設定していないかを必ず確認
世帯主 生計を同一とする家族の人数を記載。「生計を同一とする家族」とは、自分が生活費を共有している人数(自分を含む)のこと
職業 現在どのような職業についているのかを選択。収入が安定している職業ほど審査では有利に働く
住居形態 自己所有している家(持家)か、賃貸か、社宅や寮かを選択
住居年数 現住所の家にどれくらい住んできたかを記載
支払い口座 クレジットカードを利用した金額が引き落とされる口座(銀行・ゆうちょ銀行)を選択、記載。通帳があれば一通り必要な情報は記載されている

 
■勤務先の情報(働いている人)

項目 説明
勤務先名 働いている会社の名前を記載。「株式会社」などの法人呼称が前につくか後につくかを間違えないよう注意
勤務先の部署 勤務先に部署がある場合は部署名を記載
役職 部長や課長といった役職がある場合は記載
勤続年数・入社年月 現在の会社に入社して何年経つかや、入社した年月を記載。他のカードやカードローンなどの申し込み時に記載した内容と矛盾がないように注意
年収 年収を記載。(残業代やボーナスも含めた大体の金額でOK)
アルバイトやパートといったシフト制の方は、1か月の収入×12か月で計算した金額を記入
勤務先郵便番号 現在働いている会社の郵便番号を記載
勤務先住所 現在働いている会社の住所を記載
勤務先の電話番号 現在働いている会社の電話番号を記載。自分が働く部署用の電話番号があるならそちらを記載
勤務先の資本金 勤務先の資本金を記載。自社のホームページにある「会社概要」などのページに記載されていることが多い
勤務先の従業員数 勤務先の従業員数を選択。会社のホームページに記載されていることが多い

 
■学校の情報(学生・未成年)

項目 説明
学校名 通っている学校名を記載
学年 現在、何年生なのかを記載
卒業予定年月 卒業予定年月を記載(卒業月は多くの学校の場合3月)
年収 アルバイトなどをして収入がある方は、月に得ている収入×12か月の金額を記入(学生の場合0円でも問題ない)
親権者・世帯主の住所 学生の方は親権者(親)、または世帯主、実家の住所を記載

 
■その他

項目 説明
借り入れ状況 住宅ローンなどの担保付ローン以外の借り入れ(キャッシング・カードローンなど)がある方は、借入件数とその金額を記入
借入希望枠(キャッシング枠) 収入がある人であればカード利用の「ショッピング枠」と別に、お金を借りるための「キャッシング枠」を申し込める。キャッシング枠を設けると、それだけ審査が厳しくなるので注意
運転免許証番号 運転免許証の有無や、運転免許証に書かれている番号を記載
預貯金残高 貯金している金額を記載。必須ではなくて任意であることが多い
希望のカードブランド VISA、MasterCard、JCB、AMEXといったカードブランドを選択。ブランドによって選択できるデザインが異なるカードもある。VISAかMasterCardがおすすめ
取引を行う目的 カードによって取引を行う目的を求められる。基本的には「生活費決済」を選択
お支払い日 カード利用した金額が支払われる日を選択。給料日のすぐあとなどがおすすめ
暗証番号 カード発行後に利用する4桁の暗証番号(パスワード)を設定。誕生日や単純な番号にしないよう注意
追加カード ETCカード、家族カードなどのカードも同時に申し込める。クレジットカードとは別に各カード年会費がかかる場合もあるので確認してから申し込むのがおすすめ

申し込みの記入作業は、簡単なカードだと5分程度で終わるものから、項目の多いものでも10分程度で完了します。

インターネット申し込みでの本人確認書類提出方法

犯罪収益移転防止法に基づき、クレジットカードを申し込む際には本人確認書類の提出が義務付けられています。インターネット申し込みの場合は、スキャナで取り込んだ画像かスマートフォンのカメラで撮影した画像を送信する事で本人確認書類を提出する事が可能です。

カードによっては申し込み時の本人確認書類提出は不要で、郵送でのカード受け取り時に本人確認書類を提示するケースもあります。学生専用カードを申し込む場合は本人確認書類とは別に学生証の提出が求められる場合もあります。

カードを即日発行したい場合

今すぐにカードを作りたいという場合は、店頭受け取りでの即日発行に対応したカードを申し込みましょう。先にインターネットで申し込んで審査を済ませておき、カード受け取りだけを店頭で行うと待ち時間の短縮にもなります。

即日発行可能で年会費無料なクレジットカード

カード受け取り方法

郵送受け取り

楽天カードなど、一部のカードはカードの受け取り方法が郵送に限定されています。この場合は即日発行には対応しておらず、約一週間?長いものでは1か月後ぐらいにカードが送られてくるのが一般的です。

受け取り時に本人確認書類提示が求められるカードや、家族であっても本人以外は受け取れないカードもあるので注意しましょう。

店頭受け取り

セゾンブルーアメックスなど、商業施設にカードカウンターがあるカードなら店頭で受け取る事もできます。インターネットで申し込み、店頭受け取りに指定すると最短即日発行できる事もあるため、今すぐカードが欲しい時にも便利です。

セゾンブルーアメックスでは、カードの受け取りは申込者本人が本人確認書類と受付番号を持参して行います。銀行口座を店頭で設定する場合は、通帳やキャッシュカードと銀行の届け印も必要となります。

学生や未成年は審査に有利

学生や未成年の方はクレジットカードの審査で有利だといわれています。その理由は、社会人になると限度額が高いカードが発行されるため入会審査の際に職業や年収、勤続年数といった属性が重視されるようになりますが、学生や未成年のうちは限度額の低いカードが発行されるため属性は重視されず、たとえ収入がなくてもカードを持つ事ができます。

その上、カード会社にとっては長期的に使い続けてくれる可能性がある学生は逃したくない顧客でもあるので審査基準を緩めているのです。この事からもカードを作るのであれば、学生や未成年のうちに申し込んでおいた方が良いでしょう。

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査ではCapacity (=資力)・Character(=性格)・Capital(=資産)という「3つのC」が重視される項目です。資力は社会人の場合は職業や年収などの返済能力が見られ、学生の場合は親の3Cが見られます。

性格はこれまでのカードやローンの利用履歴が登録されている個人信用情報機関に照会、資産は持ち家の状況などから判断し、それぞれを点数化するスコアリング方式で審査が行われます。スコアリングの点数がカードごとに決められた基準に達すれば審査通過となり、基準に満たなければ審査落ちとなります。

クレジットカードは信頼の証

クレジットカードは申込者の「信頼」を担保として後払いを可能にした支払い手段です。海外ではホテルのチェックインでクレジットカードの提示を求められるなど、身分証明書のような役割も担っています。

クレジットカードを持つにはカード会社から信頼を得る必要があり、信頼し続けられるように正しくカードを利用しなければいけません。

未成年の場合は親権者の同意が必要

クレジットカードを申し込む方が未成年の場合、親権者の同意を得ておく必要があります。親権者の同意とは、申し込みを行なった未成年者がカードを持つ事に意義がないかを確認するためのもので、多くのカード申し込みでは直接親権者のもとにカード会社から電話がかかってきたり、親権者が自筆と押印で同意書にサインして提出するのが一般的です。

未成年者単独では法律行為ができないと定められていて、未成年者が単独で行なった法律行為は取り消せるので、カード会社が被る被害を減らすため親権者の同意なしではカードが作れないようになっています。

そのため、未成年の方は申し込み前に親権者にクレジットカードを申し込んだので、カード会社から連絡があることを伝えておくとスムーズにカードが作れます。

親権者の同意なしでカードを作るリスクとは?

未成年者がカードを申し込む場合は親の信用力を審査して、万が一カードの支払いが滞った時にも肩代わりする事を想定してカードを発行しています。親に無断でカードを作ると、支払いができず困った時に助けてもらえないという事態も考えられます。

一部のネット情報で親権者になりすまして同意なしで未成年者がカードを作る方法が紹介されていますが、親権者になりすましてカードを作る事は犯罪で、最悪の場合カード会社のブラックリストに登録されて今後もカードが作れなくなるため絶対にやめましょう。

例外的に、未成年者でも結婚していれば成年として扱われるため親権者の同意を得る必要はありません。

審査落ちしないための対策

職業欄は「学生」で申し込む

学生の方がカードを申し込む際、アルバイトをしていても職業欄は「学生」で申し込むと審査通過の確率がアップします。職業欄でアルバイトを選択すると、フリーターとして扱われて審査が厳しくなってしまうので注意が必要です。

記入ミスなど申し込み時の不備をなくす

カード申し込み時の誤字脱字、記入ミスなども審査落ちの原因となります。インターネット申し込みなら入力漏れがあると指摘してくれますが、誤字脱字に関しては自分の目でチェックする他ありません。

入力し終わったら間違いがないか一度点検してから送信しましょう。自筆の申込書の場合は読みやすい綺麗な字で記入する事が重要です。カードの申し込み時には本人確認書類の提出を求められますが、書類に記載された住所や名前と申し込み時に記載する住所や名前に相違がないかも併せてチェックしておきます。

キャッシング枠はゼロで申し込む

学生や未成年向けのカードではお金が借りられるキャッシング枠が最初から付いていないカードもありますが、キャッシング枠を希望すると貸金業法が適用され、借入額が年収の3分の1以下に制限される「総量規制」の対象となり審査が厳しくなってしまうので、キャッシング枠のあるカードの場合はキャッシング枠をなし(0円)にして申し込むのも審査落ちの有効な対策です。

審査はありますが、キャッシング枠は後からでも付ける事ができるので、当分の間は利用しないというのであれば「なし」で申し込んだ方が良いでしょう。

申し込み条件をよく確認する

一般的にクレジットカードは高校生を除く18歳以上であれば作れるとされていますが、カードによって申し込み条件は異なり、ゴールドカードなど上位カードは年齢が25歳以上でないと申し込む事ができなかったり、安定継続収入がなければ申し込めない場合があります。学生や未成年の方がこのようなカードを申し込んでも審査通過は見込めないので、学生や未成年でも申し込めるカードを選びましょう。

三井住友VISAカードのデビュープラスカードのように、若い方をターゲットにしたカードなら独自の審査基準となっているため審査の面でも安心です。高校生や中学生の方がクレジットカードを作る事はできませんが、年齢制限のないプリペイドカードやデビットカードなら作る事ができます。

短期間に複数のカードに申し込まない

作りたいカードが沢山あるからといって複数枚のカードを短期間に申し込む事も審査落ちの原因となってしまいます。カード会社は新規入会キャンペーンとして様々な特典を用意していますが、特典を目的として入会と解約を繰り返す事を防ぐために同時期に他のカードを申し込んでいないかをチェックしています。

個人信用情報機関にはカードの申し込み情報も半年間保存されているため、カード会社が違っていても分かってしまいます。その上、何枚もカードを申し込んでいると金策に走っていると見なされ、いわゆる「申し込みブラック」になる事もあるため、短期間(およそ1か月間)に申し込むカードは多くても3枚までにしておきましょう。

スマホ本体の分割払いに注意

申し込みフォームで必要事項の入力と本人確認書類の提出が完了するとカード会社による審査に移ります。審査では過去のローンやクレジットカードの利用履歴が調べられるので、過去に申込者本人や親が貸し倒れや延滞を起こしていたり、スマホ本体を分割払いにしていて延滞した事があるなどの理由で個人信用情報機関にブラックリスト入りしていると審査通過が難しくなってしまいます。

審査落ちしてブラックリスト入りの疑いがある場合は個人信用情報機関に信用情報の開示請求を行う事もできます。

社会人の方は在籍確認の電話がかかってくる場合もある

カード審査では、申し込み時に記載された項目に誤りがないかや、勤務先として記載された職場で実際に申込者が働いているかを調べるために「在籍確認」という電話がかかってくる事があります。本人確認の一環として行われる在籍確認とは年収や勤務先をごまかしてカードが作られる事を防ぐための対策で、カード会社によって在籍確認の実施率には差がありますが、割賦販売法が適用されるショッピング枠とは違ってキャッシング枠を希望した場合は貸金業法が適用されるため、在籍確認が行われると考えておいた方が良いでしょう。

消費者金融系のクレジットカードを除いて電話ではカード会社の名前が名乗られる事もあるので、予め同僚に電話がかかってくるかもしれないという事を伝えておくとスムーズに話を進める事ができます。この場合は不在で同僚など本人以外が電話に応対しても、本人が実際に勤務先で働いている事が確認できればOKです。在籍確認で尋ねられるのは名前や住所、生年月日など簡単な項目だけなのできちんと答えましょう。

もし、すでにクレジットカードを持っていて勤務先の情報が個人信用情報機関に登録されてカード履歴も問題なければ在籍確認が行われない事もあります。オペレーターが電話をかける必要がある在籍確認は手間や人件費の問題から、全ての申し込みで行われているものではありません。特に、クレジットカードの申し込みが増える春にはカード会社も忙しくなるため在籍確認が省かれるケースもあります。

学生や未成年でも在籍確認はある?

学生の場合は学校に電話がかかってくる事はありませんが、自宅や携帯にかかってくる可能性があります。また、未成年でアルバイトをしている方はバイト先に電話がかかってくる事があります。

最初の1枚におすすめのクレジットカード

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

カードの特徴

世界シェアNo.1のVISAブランド。国内の5人に1人が保有しているメジャーなカード。銀行系カードなのでセキュリティが高く初めてクレジットカードを持つ人でも安心して利用できる。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降1,250円+税) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAカードは、世界ナンバーワンシェアを誇るVISAブランドのカードです。全てのカードにICチップを採用するなど不正利用やセキュリティ対策も充実していて万が一の際も安心です。

18歳から25歳限定の「デビュープラスカード」スタンダードタイプの「クラシックカード」共に初年度年会費無料(翌年度以降条件付きで無料)、デビュープラスカードはポイントがいつでも2倍になり、クラシックカードには最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。各種電子マネーにも対応した初めてのカードにもおすすめの一枚です。

若い人はこちらがお得!三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAカードが発行するクレジットカードで、申し込み資格は18~25歳までの方を限定としているため、学生や新社会人にオススメのカードです。

年会費は年に1度でも利用があれば無料となるため、実質無料で利用していくことができ、三井住友VISAカードの一般カードと比較してポイントが2倍で貯めていくことができることも魅力の1つです。

若年層向けに作られたカードであるため、申し込み条件を満たしていて他社カードで延滞や滞納などの履歴がなければ、ほぼ審査には通過できるというほど、審査難易度が低く設定されていますが、銀行系カードなのでステータス性は高く、どこへ出しても恥ずかしくない1枚です。

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

「8秒に1人申し込んでいる」という人気カード。通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

楽天カードは年会費永年無料で通常ポイント還元率1%ですが、楽天市場や加盟店で利用すると2倍から3倍のポイントが貯まるお得なカードです。

ネットショッピングの不正利用や楽天市場の商品が届かない場合の補償など、楽天ならではの補償も充実しています。最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付いている安心の一枚です。

クレジットカードを作った後の注意点

カードの使いすぎ

クレジットカードを持つデメリットは、後払いで手元にお金がなくても物が買えるためつい使いすぎてしまう点です。未成年の場合は限度額が10万円程度に設定されるのが普通ですが、延滞を起こすと将来のカードやローンの審査に影響が出るので使いすぎには気を付けましょう。

使いすぎて借金地獄にならない?クレジットカードの賢い使い方・使いすぎ防止策

リボ払い

リボ払いとは沢山ショッピングをしても毎月一定額に支払いを抑えられる支払い方法ですが、金利手数料が高額で支払い期間が長期に渡るというリスクを知っておく必要があります。次々と買い物をして支払い期間が延びた場合、その間も金利手数料が発生し続けて、いつまで経っても返済が終わらないというデメリットがあるため、カードを利用する際はできれば手数料無料の一括払いだけにしておくのが無難です。

クレジットカードのリボ払いの危険性とリボ払い手数料をなくす方法

不正利用があった場合にはカード会社が補償してくれる

カードを紛失したり、カード番号の流出などで身に覚えのない請求があった場合、ほとんどのカードには不正利用に対する補償が付いています。不正利用と疑われる請求があった場合、まずは本当に自分や家族が使ったものではないかを確かめてカード会社に連絡しましょう。

クレジットカードの不正利用や身に覚えのない請求があったらどうしたらいい?対応策や防止策を解説

ポイント有効期限に注意

最近では還元率が1%を超える高還元率のクレジットカードが人気ですが、せっかく貯めたポイントも有効期限が切れると水の泡です。カードによっては1年や2年とポイント有効期限が短いものがあり、キャンペーンで獲得したポイントは有効期限が短い期間限定ポイントとなっている場合があるので要注意です。

クレジットカードのポイント有効期限とは?有効期限が長いおすすめカードも紹介

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-クレジットカードの作り方

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.