クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

お金を借りる方法・手段一覧

投稿日:

毎月の生活費が苦しい、給料日前に思わぬ出費が重なったなど、手持ちのお金が足りなくて困った経験をお持ちの方も多いのでは?そんな時にお金を借りる方法にはどんなものがあるのでしょうか。

今回は、お金がなくて困った時にお金を借りる様々な手段と、お金を借りる方法、メリットとデメリットを詳しくまとめました。

日常生活で起きる様々な出費

食費や光熱費、医療費と毎日生活をしていくだけでもお金がかかりますが、急に入院や手術をする事になったり、車や電化製品が壊れてしまったなど思わぬアクシデントで出費がかさむ事も少なくありません。

例えば病院に入院した場合、1日あたりの自己負担額の平均額は19,835円なので一週間入院しただけで14万円近くの出費となります。
保険に入っていたとしても自己負担は発生するので、やはりお金を工面する必要が出てくるでしょう。

また、冠婚葬祭では万が一身内に不幸があった場合、葬儀代の全国平均額は約200万円にもなり、結婚式を挙げるにも全国平均で354万円の費用がかかるので、貯金だけでは賄えない可能性も考えられます。
収入を増やしたい時の資格や免許の取得にもお金がかかりますが、最近ではステップアップの先行投資としてローンなどを利用してお金を借りるという人も増えています。

お金を借りる方法一覧

友達や親から借りる

お金を借りる方法の中でも最もポピュラーなのが友達や親から借りる方法ではないでしょうか。
手軽な方法ではありますが、気を付けないと「金の切れ目が縁の切れ目」ともなりかねません。

友達や親からお金を借りる時も貸し借りの事実をはっきりとさせ、きちんと話し合っておく事がトラブル回避のポイントです。

友達や親から借りるメリット・デメリット

友達や親から借りるメリットは、金融会社や銀行からお金を借りるのと違って審査が必要ないため、友好関係さえ良ければ例え自分が個人信用情報機関のブラックリストに登録されてされていてもお金を借りることができることです。
とは言え、お金にだらしない人という印象を持たれていたら個人間でも借りるのは難しいでしょう。

また、身近な人にお金を借りる場合は金利・利息・利子が不要、または安く済むというメリットがあります。
ただし、借りた金額の利子に見合ったお礼を用意しておかないと信頼関係が崩れる可能性があるので注意しましょう。

デメリットは、お金の使い道によっては断られる事も考えられ、友達に借りる場合もお金の貸し借りによるトラブルには注意する必要があります。
身内や友達からお金を借りる場合は、トラブルを避けるために借用書を用意しましょう。

借用書とはお金の貸し借りを証明するためのもので、借りる側が書類を作成して貸す側が保管しておきます。
取引金額や署名、契約日などの決められた項目をきちんと記入して押印をし、法的効力を持つ書類を作成すると安心です。

例え気心知れた仲でも口約束で気軽にお金を借りる事は避けた方が良いでしょう。
お金を借りた場合の金利(利息)の扱いについても、お金を借りる前に決めておいた方が無難です。

カードローン・キャッシング

消費者金融のカードローンやキャッシングは、まとまったお金を借りたい時にも便利な方法です。
例えば、アコムのカードローンなら審査によっては最高800万円までの借り入れができるとされています。

ひと昔前までは消費者金融=借金というイメージでしたが、最近ではスマートフォンのアプリで簡単に借り入れができたり、女性専用のフリーダイヤルが用意されているなど、初めての方でもお金を借りやすいサービスが整っているのが特徴です。

WEB完結サービスや領収書が発行されないサービスを利用すると家族間のプライバシーも守られます。

カードローンのメリット・デメリット

消費者金融のカードローン・キャッシングでお金を借りるメリットは、即日融資に対応している事も多く、今すぐにお金が必要になった時にも対処できるという点、パートの主婦やアルバイトなど、収入が少ない人でも借り入れができる点、業者によっては1か月程度の無利息期間サービスが設けられている点です。
申し込み方法もインターネットで完結するものも多く、業者によっては家族に内緒で借りる事もできます。

デメリットは、銀行で借りる場合に比べると金利が高額になる点と、コンビニのATMや振り込みでいつでも気軽に借りられるため、借金がつい癖になってしまい借り入れを繰り返してしまいやすい点です。
カードローンやキャッシングを利用する場合は、収入とのバランスを考慮して返済計画をきちんと立てておく必要があります。

初めての利用なら契約から30日間利息0円で借りられるカードローン

アイフルのカードローン

特徴

はじめての利用なら契約から30日間利息0円で利用できる消費者金融系カードローン。最短1時間融資可能と借り入れまでが早く、働いている人であれば申込OKのおすすめ消費者金融ローン

実質年率 年4.5%〜年18.0% 借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分 即日融資 可能
担保・保証人 不要 パート・アルバイト 発行可能

今すぐお金を借りたいという方には最短30分で審査回答が届き、即日融資可能な無人契約機がある消費者金融系のカードローンがおすすめです。

無利息期間とは、お金を借りても利息が発生しない期間の事で、大手消費者金融系のカードローンでは30日程度の無利息期間が設けられている事がよくあります。
無利息期間が終わるまでに借りたお金を返済すれば利息は発生しないので、利息なしでお金を借りる事ができます。

アイフルの特徴【審査、返済方法、デメリット】

学生ローンを借りる

学生

学生がお金を借りる方法のひとつが学生ローンです。
学生本人に対して融資を行うのが学生ローンで、学生の親を対象としているのは教育ローンとなっています。

学生ローンのメリット・デメリット

学生ローンは高校生を除く18歳以上でアルバイトなどをしていて安定した収入があればお金を借りる事ができるのがメリットです。
一部の業者では未成年は利用できないとされていますが、社会人向けのローンと比較すると審査もそれほど厳しくなく、審査スピードや借入れまでの日数が短いのもメリットといえるでしょう。

学生ローンのデメリットは、ローンという名前ではありますが、中身は消費者金融という点です。
当然15%を超える高額な利息が発生し、返済が滞るといわゆる「ブラックリスト入り」の状態になってしまいます。

ブラックリスト入りしてしまうと将来クレジットカードを作る際や新しくローンを組む際にも審査に通りづらくなるため、学生ローンでお金を借りる際は慎重にならなくてはいけません。
業者の中には「親に内緒で借りられる」と謳っているところもありますが、できれば学生ローンを利用する前に親に相談しましょう。

また、学生ローンは借入額が年収の3分の1以下に制限される総量規制の対象となるため、働いていてもアルバイトで収入の少ない学生の場合は、借り入れの限度額も収入に応じて少なくなるという点もデメリットです。

ブライダルローンを借りる

結婚式場

結婚式やハネムーン、結婚指輪の購入など、結婚や新生活の準備にかかるお金を借りる事ができるのがブライダルローンです。
お金の使用用途は結婚資金に限られるので、住宅ローンと同様に低金利でお金を借りられるのがブライダルローンの特徴です。

ブライダルローンのメリット・デメリット

ブライダルローンは挙式前にお金を借りる事ができるので、前払いしか支払い方法がなくご祝儀払いができない結婚式場で式を挙げる時にも便利な方法です。
結婚式場によってはローン業者と提携していて、直接支払いを済ませる事ができるため様々な準備で忙しい時期にも支払いの手間がかかりません。
また、借入希望額は自分で設定する事が可能なので、キャッシングよりお金の借り過ぎを防ぐのにも役立ちます。

対して、ブライダルローンのデメリットは、お金の用途が結婚資金に限られている点や、審査時の書類提出が多いため煩わしい点、即日融資には対応していない事が多い点、お金が足りなくなっても追加融資はできない点などです。
審査については安定収入がある事が前提になっているため、収入の状況によってはブライダルローンを借りられない事もあります。

住宅ローンを借りる

住宅

新しく家を建てたい時やマンションの購入など、住宅購入にかかるお金を借りられるのが住宅ローンです。
地方銀行や信用金庫など一部の銀行を除いて基本的に連帯保証人も不要となっています。

住宅ローンのメリット・デメリット

住宅ローンは不動産担保があり、貸し倒れのリスクが低いため一般的なローンよりも金利が低く設定されているのが特徴で、0.5%~2%という低金利で借りられる点が最大のメリットです。
国土交通省による「すまい給付金」という住宅ローン減税制度もあり、30代の男性で平均年収の方であれば最大30万円(消費税が8%の場合)の給付も所得税からの控除という形で受ける事ができます。

新築物件の購入などでは場合によっては30年以上もの長期間に渡ってローンを返済していく事になりますが、返済途中で万が一本人に不幸があった時にも保険が下りて残りのローンは精算されるので家族がいても安心です。

住宅ローンのデメリットは、変動金利で借りた場合に世の中の経済状況によって金利が上がる事もあるので、想像していたよりも返済額が増える事も考えられる点です。
投資目的でマンションなどの物件を手に入れる方もいますが、ローンを利用した不動産投資はリスクを伴うため注意しましょう。

マイカーローンを借りる

マイカーローンは、新車・中古車・バイクの購入に利用できるローンです。
マイカーローンには大きく分けて銀行やJAなどのマイカーローンと、販売店(ディーラー)が扱うディーラーローンがあります。

マイカーローンのメリット・デメリット

銀行のマイカーローンはディーラーローンと比較すると金利が低く、金利優遇も受ける事ができます。
車の購入以外にも、マイカーの修理や車検など、車の維持費としても使う事ができるのが特徴です。その一方で、その場で手続きができるディーラーローンとは違い、手続きをディーラーまかせにできず自分で行う必要が出てくるのがデメリットです。

対してディーラーローンのメリットは銀行のマイカーローンよりも審査難易度が低いといわれていて、審査も早く終わる点です。ディーラーローンのデメリットは、銀行のマイカーローンと比較すると金利が高く、支払いが終わるまで車の所有権が持てないという点です。
車の所有権を持っていない状態でローンが残ったまま車を売ると罪に問われるため、ローンで購入した車の売却予定がある場合はくれぐれも気を付けましょう。

クレジットカードのキャッシングで借りる

クレジットカードの中には、料金の支払いに使用する「ショッピング枠」の他に、お金を借りる事ができる「キャッシング枠」が付いたキャッシング機能付きのカードがあります。
このキャッシング枠を利用してクレジットカードでお金を借りる事もできます。

クレジットカードのキャッシングで借りるメリット・デメリット

クレジットカードのキャッシングなら、いつでもコンビニや銀行のATMで手軽にお金を借りる事ができます。
世界中で使えるクレジットカードなら、海外にあるATMで現地通貨をキャッシングする事もできるので、海外旅行の際にも利用価値のある方法です。
ただし、クレジットカードのキャッシングには約15%~18%程度の利息が発生するので利息が高いと感じる方も多いでしょう。

また、キャッシング機能付きのクレジットカードでも、すでに買い物などでショッピング枠を使いきっていた場合、限度額の関係でキャッシングが利用できないケースもあります。
初めからキャッシング機能の付いたクレジットカードを持っていない場合は当然キャッシングを利用する事ができず、キャッシング機能付きのクレジットカードを作る時も、貸金業法の関係でショッピング枠のみのカードと比べると審査難易度が上がる点は要注意です。

銀行から借りる

消費者金融のカードローンやキャッシングに抵抗があるという方は、銀行からお金を借りるのもひとつの方法です。名の通ったメガバンクであれば、それだけで安心感もあります。

銀行に借りるメリットとデメリット

銀行でお金を借りるメリットは、貸金業法で定められている「原則として借入れ金額が年収の3分の1以下でなくてはいけない」という総量規制の対象にはならないため高額な融資も受けやすいという点と、消費者金融と比較すると金利が低い点、ほとんどの場合はお金の使い道が原則自由とされている点です。

例えば、イオン銀行のカードローン公式サイトでは、ペットの飼育に特化した「ペットローン」や、趣味を楽しむための「サブカルローン」など、ライフスタイルに合わせた様々なプランが用意されています。

銀行でお金を借りるデメリットは、消費者金融と比較すると審査がやや厳しいとされ、契約までに日にちがかかるため、即日融資には対応していない事もある点です。
このため、今すぐにお金を借りたいという場合は別の方法を探さなくてはいけません。

生命保険の契約者貸付制度を利用する

生命保険に入っていればお金を借りられる可能性があります。

保険を解約すれば解約金を受け取る事もできますが、解約してしまうと万が一の事態に備えられなくなるのでいきなり生命保険を解約してしまう方法はあまりおすすめはできません。
そこで利用したいのが契約者貸付制度という制度を使ってお金を借りる方法です。

契約者貸付制度とは、保険の解約返戻金を一部借り入れできるもので、保険に入っていれば利用できる場合があるので保険会社の窓口やコールセンターなどで問い合わせてみる価値はあるでしょう。

生命保険の契約者貸付制度のメリット・デメリット

契約者貸付制度のデメリットは掛け捨てタイプの生命保険では利用できないという点や、全ての生命保険で利用できる訳ではないという点、利息がやや割高となる点、借りたお金の返済が滞ると保険が無効となってしまうケースがある点です。

対してメリットは、解約返戻金の70%~90%の金額を受け取れる点、生命保険を解約する必要はないのでケガや病気などに備える事ができる点です。

質屋で借りる

昔からお金に困った時は金目の物を質屋に入れてお金を得るという方法が利用されてきました。
ブランド物やアクセサリーなど、お金になりそうなものが手元にある場合は利用価値のある方法です。

質屋に入れたい品物を持って行くと、品物を担保としてその査定額分までお金を借りる事ができます。

質屋のメリットとデメリット

質屋を利用するメリットは、質に入れられそうな品物があれば手っ取り早くお金を工面できるという点です。
もらっても使わないプレゼントや、着なくなったブランド物の洋服などをリサイクルショップ感覚で質に入れる事もできます。

質屋を利用するデメリットは、融資期限が原則として3か月となるため、期限を過ぎると質に入れた品物がいわゆる「質流れ」してしまうという点です。
この場合は品物は戻ってこない代わりにお金を返済しなくても良いとされています。

もちろん、3か月以内に借りたお金と利息を合わせた額を支払えば担保として預けた品物は返してもらえます。

奨学金を借りる

奨学金を利用する学生の数は2.6人に1人といわれているほどメジャーな制度です。
実は、奨学金は学費に使わなければいけないという用途の決まりはなく、家賃や生活費に充てる事もできます。

だからといってギャンブルや遊びに奨学金をつぎ込んでいいという訳ではなく、学業にまつわる事に奨学金を使ったという証明書の提出を求められる事もあるため注意しましょう。
日本学生支援機構の公式サイトでは、貸与や返還のシミュレーションも用意されているので、奨学金の利用を考えている方は一度チェックしてみましょう。

奨学金のメリットとデメリット

奨学金でお金を借りる一番のメリットは、給付型であれば返済の義務がない事と、貸与型の奨学金であっても銀行のローンなどに比べると金利が低く設定されているという点です。

デメリットは貸与型の奨学金の場合は延滞すると延滞金が発生する点、卒業後も返済し続ける必要があるため社会人になっても奨学金という借金を背負ったまま働く事になることです。
奨学金を延滞すると個人信用情報機関という機関に延滞に関する情報が完済後5年間に渡って記録され、いわゆるブラックリスト入りの状態となるため、信用度が低いとみなされて将来クレジットカードが作りづらくなったり、様々なローンを申し込んでも審査に通らなくなる事があるため十分に注意しましょう。

また、奨学金の募集枠には限りがあるため、希望しても奨学金を借りる事ができなかったり、審査に通らない事も考えられます。

個人信用情報機関のブラックリストに載る条件

-キャッシング・カードローン

審査で落ちないための方法や申し込み時の注意点

初心者でも申し込みで失敗しないクレジットカードの作り方

クレジットカードはそう何度も作ることがないため、申し込みの手順や申し込みに必要なものなど分からないことも出てくると思います。

そこで、これまでクレジットカードを作ったことがない初心者の方でもクレジットカードのおすすめの申し込み方法や申し込みの手順、審査に落ちない方法、カードを作る際の注意点などを解説します。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.