クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

ETCカードを完全に年会費無料で持ちたいなら「オリコカードザポイント」がおすすめ!

投稿日:

高速インターチェンジ

オリコカードザポイント」は、クレジットカードとETCカードの両方を年会費無料で持てる人気のカードです。
ポイント還元率が高く、毎日のショッピングやインターネット通販はもちろん、ETCの通行料金でもポイントがお得に貯まります。

そこで今回は、オリコカードザポイントとETCカードの特徴や、カードを作る際の注意点などを分かりやすくまとめました。

オリコカードザポイントは年会費永年無料

クレジットカードの中には、使わないで持っているだけでも年会費がかかるカードもありますが、オリコカードザポイントは持っている間ずっと年会費がかからない「年会費永年無料」のカードです。

例えば、年会費1,000円でポイント還元率が1.0%のクレジットカードの場合、年会費の元を取るには年間10万円以上の利用が求められます。
いくらポイント還元率が高いカードでも年会費が発生するようでは元を取れない可能性も十分に考えられるので、選ぶなら年会費永年無料のカードの方が良いでしょう。

ETCカードの年会費も無料

注意したいのは、クレジットカード自体は年会費無料でもETCカードの発行手数料がかかったり、ETCカードの年会費は有料というカードがある点です。

  • オリコカードザポイント…年会費・発行手数料ともに無料
  • 楽天カード…税抜500円(会員ランクがダイヤモンドまたはプラチナで無料)
  • dカード…税抜500円(初年度無料・ETC利用があれば翌年度も無料)
  • VIASOカード…新規発行手数料税別1,000円

例えば「楽天カード」の場合、クレジットカードは年会費永年無料ですが、ETCカードは通常税抜500円の年会費がかかってしまいます。
楽天カードのETCカードを無料で持つには、楽天ポイントの獲得数と獲得回数に応じてランクアップする「楽天PointClub」の会員ランクが「ダイヤモンド会員」または「プラチナ会員」でなければいけないので要注意です。

その他に、ドコモの「dカード」の場合は、ETCカードの年会費は初年度無料でETC利用があれば翌年も無料で持てますが、ETC利用がなければ税別500円の年会費がかかります。
発行手数料がかかるカードの例としては、VIASOカードがETCカードの年会費は無料ですが、ゴールドカードなど一部のカードを除き新規発行手数料として税別1,000円かかるので注意が必要です。

これらのカードと比較してみると、年会費・発行手数料のどちらも無料のオリコカードザポイントが優れていることが分かります。

ETCカード利用でもポイントがどんどん貯まる

オリコカードザポイントは、ETCカードの利用でもポイントが貯まるお得なカードです。
高速道路の通行料金では、NEXCOなどの高速道路会社が実施している「ETCマイレージサービス」のポイントも貯まるため、カードのポイント&マイレージサービスのポイントの二重取りができます。

ETCマイレージサービスでは通行料金の割引サービスもありますが、利用するにはインターネットまたは郵送で申し込みが必要なので、ETCカードを作る際に一緒に申し込んでおきましょう。

オリコカードザポイントで高速道路等を通行すると、カード会社のポイントとして100円につき1円相当のポイントが貯まります。

家族カードの年会費も無料

オリコカードザポイントは家族カードの追加発行にも対応しています。
家族カードとは、本会員と生計を同一にする家族(高校生を除く18歳以上の方)に対して発行できるクレジットカードのことで、基本的に審査は本会員に対して行われるので、カードを作りづらい方でも発行できる可能性があるのがメリットです。

また、本会員と同様のサービスや特典も利用できます。
クレジットカードによっては家族カードの発行手数料や年会費がかかる場合もありますが、オリコカードザポイントの家族カードは発行手数料・年会費ともに無料となっていてお得です。

オリコカードザポイントは家族カードを持つ家族会員に対してもETCカードを無料で発行可能となっているので、配偶者や子供が免許を取得した時にも便利に使えます。
オリコカードザポイントの場合、1枚のクレジットカードに対して1枚のETCカードを発行できるようになっていて、家族カードに関しても同様に、1枚の家族カードに対して1枚のETCカードを発行可能です。

ETCカードを作る際の注意点!カードが届くまでに時間がかかる

オリコカードザポイントでETCカードを申し込む際に注意したいのは、オンライン申し込みでクレジットカードとETCカードを同時に申し込めないという点です。
クレジットカードの申し込み時にETCカードを希望する場合は郵送申し込みとなり、オンライン申し込みを利用したい場合は、後日クレジットカードが届いてからETCカードを追加で申し込まなければいけません。

セゾンカードなど、即日発行に対応したETCカードもある中、不便と感じることもあるでしょう。
オリコカードザポイントの審査期間は早くても8日程度かかり、ETCカードは申し込み後2週間~3週間程度かかるため、早めに申し込みを済ませておきましょう。

オリコカードザポイントの基本情報

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

カードの特徴

最大8,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中!(2019年3月31日までにカード発行した人が対象)オリコが運営するネットショッピングサイト「オリコモール」でカード利用することでAmazon.co.jpや楽天市場でもポイント高還元率になるカード。最大17.5%!

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%(入会から6か月間は2.0%)
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー iD、QuicPay(ApplePay利用可能) ポイント オリコポイント

オリコカードザポイントとは、オリエントコーポレーションが発行する、ネットショッピングに最適なポイント高還元率カードです。
通常ポイント還元率は1.0%と、一般的なクレジットカードの還元率(0.5%)の2倍になっています。

オリコカードザポイントは入会後6か月間は更に2倍の還元率2.0%となるためお得です。
ポイントの貯めやすさにも定評があり、オリコモールというポイントサイトを経由してインターネットショッピングを利用した場合、還元率は最大17.5%に。
もちろん、ETC利用でも1.0%のポイントが貯まるため旅行や帰省も節約できます。

一般的なクレジットカードで使える電子マネーは1種類のみですが、オリコカードザポイントは「iD」と、Apple Pay対応の「QUICPay」という2種類の電子マネーを搭載しているため、コンビニなどの支払いも小銭いらずでスピーディーに済ませることができ、少額の買い物でも無駄なくポイントを貯められるのがメリットです。

ポイント還元率の高いカードは、ショッピング・ETC・公共料金の支払いに使うメインカードとしても向いています。

オリコカードザポイントは今なら入会キャンペーンが実施中で、8,000円分のポイントがもらえるので見逃す手はありませんよ。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の特徴

関連ページ

オリコETCカードの申し込み方法

-オリコカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.