クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

ポイント還元率1%以上!高還元率クレジットカードランキング

更新日:

どのクレジットカードを作成するか比較・検討する上で、重要な要素となってくるのがポイント還元率です。

10万円の利用があった時に、ポイント還元率が0.5%なら500円がポイントで戻ってきますが、1.0%なら1,000円、1.5%なら1,500円と金額が違い、利用額が大きければ大きいほどに、戻ってくる金額も大きく変わってきます。
どうせ利用するなら、高還元率のカードを使って少しでも家計を楽にしたいですよね。

ここでは、高還元率カードでオススメのカードを紹介していきます。

目次

1位:DCカード Jizile(ジザイル)【1.5%】

DCカード Jizile(ジザイル)

カードの特徴

三菱UFJニコスが発行する、ポイント高還元率(1.5%)で海外旅行保険が充実したカード。リボ払い専用カードというデメリット面あり

発行会社 三菱UFJニコス ポイント還元率 1.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高1,000万円(自動付帯)
ショッピング保険100万円
電子マネー - ポイント DCハッピープレゼントポイント

DCカード Jizileの特徴

DCカード Jizileは、三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードで、リボ払い専用カードであることが大きな特徴です。

年会費は永年無料で利用することができ、1,000円ごとに1ポイント=5円相当のポイントが3ポイントが付与され、ポイント還元率は1.5%となっています。
貯まったポイントは豊富な種類の商品や、金券への交換が可能で、nanacoポイントやpontaポイントなどの他ポイントへの移行も可能で利便性が高いことも魅力です。

ポイント有効期限は、新規入会時は3年後の3月末までとなっていますが、2年以降は200ポイント以上であれば3年後の3月末まで延長され、200ポイント未満の場合は失効してしまうという仕組みなので、2月の利用で付与されたポイントが翌月の3月末に失効してしまうということもあり得るため、注意が必要です。

DCカード Jizileのポイントを効率よく貯める方法

三菱UFJニコスが運営するPOINT名人.comというポイントアップモールを経由してお買い物をすることで、基本ポイントに加えPOINT名人.comのポイント加算を受けることができるので、さらに効率よくポイントを貯めることができます。

Amazon・Yahoo!・LOHACO・ビックカメラ.comなど利用頻度の高いショップが含まれており、それぞれのショップによって加算されるポイントが異なりますが、基本のポイントに加え0.5%~5.0%のポイント還元率が加算され、期間限定のキャンペーンなどではさらにポイント還元を受けることができます。

2位:REX CARD(レックスカード)【1.25%】

REXカード(レックスカード)

カードの特徴

価格.comと提携している高還元率&年会費無料カード。通常時1.25%のポイント還元率は、JACCSモール経由でのショッピングで還元率1.75%までアップ

発行会社 ジャックス(提携:株式会社カカクコム) ポイント還元率 1.25%~1.75%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高1,000万円(利用付帯)
電子マネー - ポイント REX POINT

REXカードの特徴

REXカードは株式会社ジャックスの発行するクレジットカードで、価格.comや食べログ等を運営していることで有名なカカクコムがプロデュースしています。

ポイント還元率1.25%と高く、貯まったポイントはJデポに交換して、カードを利用して引き落としされる分から割り引くことができるので、実質キャッシュバックとして利用できるのが特徴です。
ポイントは毎月の利用合計額に対して2,000円ごとに1ポイント付与され、有効期限はポイントを獲得した月から2年間と長めです。

REXカード(レックスカード)の特徴

REXカードのポイントを効率よく貯める方法

REXカードを使って、価格.com安心支払いサービスを利用した場合、通常1.25%のポイント還元率が1.75%になるというメリットがあります。

価格.comでは様々なお店を仲介していますが、実際に商品を購入することになった場合、そのお店のサイトに行って購入をする必要があります。
複数のお店で商品を購入しようとすると、その都度カードの情報や口座番号を入力する必要が出てきますが、「価格.com安心支払い」を利用することで、価格.comが決済も仲介してくれることになるため、カードの情報や口座番号をお店側に知らせずにお買い物ができるようになるというサービスです。

支払い方法は、クレジットカード払い・銀行振り込み・コンビニ支払いの3種類から選ぶことができ、支払いを終えた後1週間経っても商品が未着である場合には返金を行ってくれるサービスもあるため、マイナーなお店を利用する際にも安心してお買い物をすることができます。

利用方法は、事前に価格.com IDを取得し、注文の際に「価格.com安心支払い」を指定すると、後ほど案内メールが届くため、メール内の価格.com安心支払い用URLにアクセスすることで支払い手続きを行うことができます。
なお、事前にIDを取得しておいた方がスムーズですが、注文完了後に取得することもできます。

価格.com安心支払いサービスのデメリットとしては、利用にあたって手数料が発生することで、1~9,999円であれば205円(税込)、10,000~980,391円であれば利用代金の2.052%(税込)というように利用代金によって手数料の金額が変動し、一部の金融機関ではさらに振込手数料や時間外手数料がかかることもあります。

3位:リクルートカード【1.2%】

リクルートカード

カードの特徴

通常ポイント還元率が1.2%と他社のクレジットカードと比較しても高還元率。ホットペッパーなど、各種リクルートの運営するサービスでお得なクレジットカード

発行会社 リクルートホールディングス ポイント還元率 1.2%
年会費 無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、nanaco、モバイルSuica ポイント リクルートポイント

リクルートカードの特徴

リクルートカードは、リクルートがJCBや三菱UFJニコスと提携して発行しているクレジットカードで、年会費は永年無料で利用することができ、ポイント還元率は1.2%となっています。

貯まったポイントは、じゃらん・ポンパレモール・ホットペッパーグルメ・ホットペッパービューティーなどのリクルートが運営しているサービスで1ポイント1円として利用できる他、Pontaポイントへ1ポイント1円で交換することもできます。
ポイントの有効期限は加算か減算があった月から1年となっているので、1年に1回以上の利用があれば実質無期限で貯めることができます。

なお、ポイントは毎月の利用合計額に対して付与され、小数点は切り捨てられるというデメリットがあります。

ポイント高還元率で年会費無料!リクルートカードのメリット・デメリット

リクルートカードのポイントを効率よく貯める方法

リクルートカードは、リクルートが発行しているクレジットカードであるため、じゃらん・ポンパレモール・ホットペッパーグルメ・ホットペッパービューティーなどのリクルート系列店舗で利用することで、基本のポイントに加えさらに1.0~3.0%のポイントを貯めることができます。

例えば、じゃらん+2.0%・ポンパレモール+3.0%・ホットペッパーグルメ+2.0%・ホットペッパービューティー+2.0%となっていて、中でもポンパレモールは常に3.0%のポイントが加算されるので、基本のポイント還元率とあわせると、4.2%ものポイントが加算されるため、ポイントが貯めやすくなっています。

ホットペッパービューティーのポイントをお得に貯めるならリクルートカードがおすすめ

同率4位:オリコカードザポイント【1.0%】

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

カードの特徴

最大8,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中!(2018年9月30日までにカード発行した人が対象)オリコが運営するネットショッピングサイト「オリコモール」でカード利用することでAmazon.co.jpや楽天市場でもポイント高還元率になるカード。最大17.5%!

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%(入会から6か月間は2.0%)
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー iD、QuicPay(ApplePay利用可能) ポイント オリコポイント

オリコカードザポイントの特徴

オリコカードザポイントは、オリエントコーポレーションが発行するクレジットカードで、年会費は永年無料で、ポイント還元率は1.0%となっています。

貯まったポイントは500ポイントごとに、Amazonギフト券・Lineギフトカード・iTunesギフトコードなどのニーズの高いギフト券に即時交換できることが魅力で、Tポイントへの交換も可能なため、加盟店であれば実店舗でも利用が可能です。

ただし、ポイントの有効期限は獲得してから12ヶ月と短めであるため、500ポイントに満たなかった場合に有効期限がきて失効してしまうということもあり得るので、有効期限には注意しておく必要があります。

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)の特徴

オリコカードザポイントのポイントを効率よく貯める方法

オリコカードザポイントはオリエントコーポレーションが運営するポイントアップサイトの「オリコモール」を経由して、お買い物をすることでより効率的にポイントを貯めることができます。
オリコカードザポイントを利用してオリコモールを経由してお買い物をすることで、基本のポイント還元率1.0%に加え、0.5%が特別加算され、さらにショップを利用した分のポイントが加算されるので、最低でも2.0%(最大で17.5%)のポイント還元を受けながらお買い物をすることができます。

同率4位:dカード【1.0%】

dカード

カードの特徴

ローソンでのカード決済で3%割引+カード提示分の1%+カード利用分の1%で、合計5%の還元率になる年会費実質無料カード

発行会社 NTTドコモ ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、次年度以降1,250円(税抜)
年に1度でもカード利用すれば年会費無料
付帯保険 なし
電子マネー iD ポイント dポイント

dカードの特徴

dカードはNTTドコモ株式会社が発行しているクレジットカードで、ポイント還元率は1.0%となっており、年会費は初年度無料で2年目以降は1,250円(税込)がかかってきますが、年に1度でも利用があれば無料となるため、年会費は実質無料で利用していくことができます。

一般的なクレジットカードでは、ポイント有効期限は1~2年というのが多い中、dカードは獲得から4年と有効期限が長めに設定されていることも魅力の1つです。

dカードの特徴【還元率・年会費・審査・デメリット】

dカードのポイントを効率よく貯める方法

ENEOS・JAL・高島屋・紀伊國屋書店などのdカード特約店で、dカードを利用すると基本のポイント還元率1.0%に加え、1.0~4.0%のポイントが加算されるため、2.0%以上のポイントを獲得することができます。

また、ローソンでdカードを利用すると3.0%の割引を受けることができます。

dカードGOLDはドコモユーザー限定で10%ポイント還元

dカードの上位カード「dカードGOLD」の最大の特典は、ドコモ携帯電話料金の10%がポイント還元される仕組みです。
会員サービスのdポイントクラブは、dポイントを獲得した数に応じてステージを判定し、優待を受けられるサービスが用意されており、dカードGOLDは所有しているだけで、最上級ステージのゴールドステージが保証されているため、ゴールドステージの特典であるポイント還元を受けることで10%還元となります。

「dカードGOLD」はドコモユーザーがお得な特典いっぱいのゴールドカード

同率4位:Yahoo!Japanカード【1.0%】

Yahoo!JAPANカード

カードの特徴

ポイント還元率常時1.0%と高還元率で、Yahoo!が運営する各種サービスでお得に利用できるカード。年会費無料で審査も速く、入会キャンペーンで最大8,000円分のTポイントがもらえる

発行会社 ワイジェイカード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 永年無料 付帯保険 ショッピング保険 100万円
電子マネー - ポイント Tポイント

Yahoo!Japanカードの特徴

Yahoo!JAPANカードは、ワイジェイカード株式会社が発行するクレジットカードで、年会費は永年無料で利用することができ、ポイント還元率は1.0%となっています。
ふるさと納税、自動車税・軽自動車税・住民税・電気・ガス・水道料金などもYahoo! JAPANカードで支払うことができ、ポイントも1.0%貯めることができるので、固定で必ずかかってくる分の費用からもポイントを貯められるので、お得に活用することができます。

ポイントの有効期限は、加算や減算のあった日から1年間となっているので、年に1度でも利用があれば有効期限が延びていくということになるため、実質有効期限は無期限でポイントを貯めていくことができます。

Yahoo!JAPANカード(YJカード)の特徴【年会費・審査・ポイント・デメリット】

Yahoo!Japanカードのポイントを効率よく貯める方法

Yahoo!JAPANカードをYahoo!ショッピングとLOHACOでの利用の際には、ショップポイントとして1.0%、Yahoo!ショッピング・LOHACOのストアポイントとして1.0%、基本のポイント1.0%の合計3.0%のポイントが常時還元されます。

PC・スマホ・タブレットを問わずポイントは3倍で付与され、付与されるポイントは期間限定ポイントなどではなく、通常ポイントとして付与されるので大きなメリットと言えます。

同率4位:R-styleカード【1.0%】

R-styleカード

カードの特徴

ジャックスカードが発行する、ショッピングリボ払い手数料が安い(実質年率9.90%)リボ払い専用カード。

発行会社 ジャックス ポイント還元率 1.0%
年会費 1,250円(初年度無料)
※年に1回でも利用すれば無料
付帯保険 海外旅行保険最高1,000万円(自動付帯)
電子マネー - ポイント ラブリィポイント

R-styleカードの特徴

R-styleカードは、株式会社ジャックスの発行するクレジットカードで、リボ払い専用カードであることが大きな特徴です。

200円ごとに2ポイントが付与されるため、ポイント還元率は1.0%となっていて、年会費は初年度無料、2年目以降は1,350円(税込)かかりますが、年に1度でも利用があれば無料となるので、実質年会費無料で利用していくことができます。

ポイント有効期限は、24ヶ月後の月末までの約2年間となっていて、貯まったポイントはJデポに交換して、カードを利用して引き落としされる分から割り引くことができるので、実質キャッシュバックとして利用できる他、dポイントやnanacoポイントなどの他ポイントやマイルへの交換や、商品券などにも交換することができます。

R-styleカードのポイントを効率よく貯める方法

R-STYLEカードは毎年12月の利用分はポイントが5倍になり、その月だけポイント還元率は2.5%となります。

12月はクリスマスや忘年会などがあり何かと出費が多くなりがちですし、ボーナスが支給される月でもありますので、大きな買い物もするという方も多いと思いますので、このタイミングでポイントが5倍になるというのは、最大のメリットと言えます。

また、ラブリィ☆アップステージという制度があり、前年度の利用合計金額に応じてポイントアップ率が変動し、翌年のポイントが最大で2倍となります。
20万円未満/0% 20万円以上/40% 50万円以上/50% 100万円以上/70% 150万円以上/80% 200万円以上/90% 300万円以上/100%となっています。
ポイントアップ率を計算する期間は1/1〜12/31の間となっていて、翌年の2/1〜翌々年の1/31まで適用されます。

同率4位:JCB EIT【1.0%】

JCB EIT

カードの特徴

JCBが発行するリボ払い専用カード。月々の支払いが設定した金額で固定されるため、無理のない支払いが可能。ただし、リボ払い手数料がかかるので注意

発行会社 ジェーシービー ポイント還元率 1.0%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー QUICPay ポイント Oki Dokiポイント

JCB EITの特徴

JCB EITは、その名のとおりJCBが発行するクレジットカードで、年会費永年無料で利用することができ、ポイント還元率は1.0%となっていて、リボ払い専用カードであることが最大の特徴です。

後払い式電子マネーのQUIC Payを利用することができるので、コンビニやガソリンスタンド等の加盟店でかざすだけで支払いが完了するため時間短縮ができて便利で、利用した分はクレジットカードの利用料金として請求されるので事前にチャージを行う必要がないうえ、ポイント付与の対象にもなります。

貯まったポイントは他社ポイントやマイル、お買い物券などの多種多様なものへの交換が可能で、有効期限は2年間となっています。

JCB EITのポイントを効率よく貯める方法

JCBが運営するポイントアップモールの、「Oki Dokiランド」を経由することでよりポイントを効率的に貯めていくことができます。
加算されるポイントは利用するショップによって様々ですが、0.5%以上のポイントが加算されるため、基本のポイント還元率と合わせて1.5%以上のポイント還元を受けることができます。

また、キャンペーンによって加算されるポイントが増加していることがあるので、ネットショッピングの利用頻度が高い方は、チェックしておくことを忘れないようにしましょう。

同率4位:三井住友VISAデビュープラスカード【1.0%】

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年9月28日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAカードの発行するクレジットカードで、一般の三井住友VISAカードよりポイント還元率は常に2倍の1.0%で利用することができます。

入会から3ヶ月間はポイントが5倍になるため、出費の多い時や新生活を始める時期に合わせて作成するとお得にポイントを貯めることができます。
年会費は初年度は無料で、2年目以降から1,350円(税込)がかかりますが、年に1度でも利用があれば無料となるため、実質年会費は無料で利用していくことができます。

高校生を除く18歳から25歳までの方限定で持つことができることが特徴的で、学生などの収入が無い方やアルバイトなど安定した収入の無い方もでも、審査に通りやすいカードとなっています。

大学生や未成年に人気のカード「三井住友VISAデビュープラスカード」の特徴

三井住友VISAデビュープラスカードを効率よく貯める方法

三井住友VISAデビュープラスカードは三井住友VISAカードが運営するポイントアップサイトの、「ポイントUPモール」を経由してお買い物をすることで、ポイントを効率的に貯めることができます。

加算されるポイントは利用するショップによって様々ですが、0.5%以上のポイントが加算されるため、基本のポイント還元率と合わせて1.5%以上のポイント還元を受けることができます。

同率4位:タカシマヤセゾンカード【1.0%】

タカシマヤセゾンカード

カードの特徴

百貨店の高島屋とクレディセゾンが提携して発行するクレジットカードで、アメックスブランドでありながら年会費永久無料で持つことができるカード。通常ポイント還元率が1%、高島屋での利用で2%と高還元率。

発行会社 クレディセゾン ポイント還元率 1.0%
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー - ポイント 永久不滅ポイント

タカシマヤセゾンカードの特徴

タカシマヤセゾンカードは、株式会社クレディセゾンと百貨店の高島屋が提携して発行するクレジットカードで、国際ブランドはVISA、MasterCard、JCB、American Expressの4種類から選ぶことができ、どれを選んでも年会費は永年無料で利用していくことができるため、American Expressを年会費無料で作成できる数少ないカードとなっています。

ポイント還元率は1.0%となっていて、2,000ポイント以上貯まれば2,000円分の買い物券と交換できますが、セゾン系のカードでありながらポイントは永久不滅ポイントではないので有効期限があります。
入会月を基準として1年間が積立期間となっていて、貯まったポイントの交換期限は1年間プラス4ヶ月までとなっているにので、交換期限までに2,000ポイントが貯まらなければ、そのまま失効してしまうので、せっかく貯めたポイントを無駄にしないよう、交換期限には注意していく必要があります。

タカシマヤセゾンカード(タカシマヤセゾンアメリカンエキスプレスカード)の特徴

タカシマヤセゾンカードのポイントを効率よく貯める方法

タカシマヤセゾンカードの基本ポイント還元率は1.0%ですが、タカシマヤ・高島屋オンラインストア・タカシマヤ通信販売での利用の場合にはポイント還元率は2倍の2.0%となるので、タカシマヤで使えば使うほどお得になるという仕組みなっています。

ただし、特価品・食料品・飲食店で利用の場合は2倍の対象外となり、1.0%となります。

-ポイント・マイルがお得
-,

審査で落ちないための方法や申し込み時の注意点

初心者でも申し込みで失敗しないクレジットカードの作り方

クレジットカードはそう何度も作ることがないため、申し込みの手順や申し込みに必要なものなど分からないことも出てくると思います。

そこで、これまでクレジットカードを作ったことがない初心者の方でもクレジットカードのおすすめの申し込み方法や申し込みの手順、審査に落ちない方法、カードを作る際の注意点などを解説します。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.