クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

ポイント高還元率のおすすめクレジットカード比較

更新日:

ポイント還元率を重視してクレジットカードを選ぶという方も多いですが、後悔しないためにきちんとデメリットを知った上で選ぶ必要があります。

そこで今回は、ポイント高還元クレジットカードの中から利用シーンに応じてお得になるカードをピックアップして、ポイントの貯まり方やデメリットをまとめました。
おすすめのポイント高還元率カードをぜひカード選びの参考にしてください。

ポイント高還元カードとは?

一般的に、クレジットカードの平均的なポイント還元率は0.5%程度といわれています。
ポイント還元率とは、カード利用で付与されるポイントを交換した時の「1ポイントの価値」で、200円ごとに1円相当のポイントが貯まるエポスカードなら還元率は0.5%となり、100円ごとに1円相当のポイントが貯まる楽天カードの還元率は1.0%です。
ポイント還元率が1.0%以上のカードは「ポイント高還元カード」と呼ばれ、安定した人気があります。

例えば、月に10万円の利用があった場合は1年間で以下のようにポイントが貯まります。

  • ポイント還元率0.5%のカード…6,000円分のポイント
  • ポイント還元率1.0%のカード…12,000円分のポイント

実際には加盟店やポイントアップサイトで利用するとボーナスポイントが付与されることもあるので、還元率以上のポイントを貯めることも可能です。

クレジットカードの「ポイント還元率」とは?高還元率のおすすめカードも紹介

ポイント高還元率のおすすめクレジットカード

今回は、ポイント高還元カードの中からメインカードとしても使い勝手の良い5枚のカードをご紹介します。

  • オリコカードザポイント
  • 楽天カード
  • JCB CARD W
  • リクルートカード
  • ヤフーカード

まずはこの5枚のカードを一覧表で比較してみましょう。

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 旅行保険
オリコカードザポイント 無料 1.0%(入会後6か月間は2.0%) MasterCard・JCB ×
楽天カード 無料 1.0% VISA・MasterCard・JCB・American Express 〇(海外のみ/利用付帯)
JCB CARD W 無料 1.0% JCB 〇(海外のみ/利用付帯)
リクルートカード 無料 1.2% VISA・MasterCard・JCB 〇(海外・国内/利用付帯)
ヤフーカード 無料 1.0% VISA・MasterCard・JCB ×

ポイント高還元カードの中には高額な金利手数料が発生する「リボ払い専用カード」もありますが、上記のカードはいずれも一括払い(一回払い)が可能です。

キャンペーンなどで通常より多くポイントが付与される場合、ポイントの一部または全てが「期間限定ポイント」や「〇〇ショップ限定ポイント」という有効期限や利用方法が個別に設定されているポイントというケースもあるので注意しましょう。

ネットショッピングでお得な「オリコカードザポイント」

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

カードの特徴

最大8,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中!(2019年3月31日までにカード発行した人が対象)オリコが運営するネットショッピングサイト「オリコモール」でカード利用することでAmazon.co.jpや楽天市場でもポイント高還元率になるカード。最大17.5%!

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%(入会から6か月間は2.0%)
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー iD、QuicPay(ApplePay利用可能) ポイント オリコポイント

信販会社のオリコが発行する「オリコカードザポイント」の特徴は、年会費永年無料でネットショッピングの還元率がアップする点です。
通常時でも還元率は1.0%、Amazonでは2.0%還元となるほか、楽天市場など様々なネットショップで還元率がアップします。

電子マネーはiDとQUICPayの2種類が使えるため、その分利用できる店舗が多い点もメリットです。
家族カードとETCカードも手数料・年会費ともに無料で発行できます。

オリコカードザポイントの特徴【年会費・ポイント還元率・審査など】

オリコカードザポイントのポイントの貯まり方

オリコカードザポイントは、100円で1オリコポイントが貯まるカードです。

1ポイントは1円相当の価値があるため還元率は1.0%となり、入会後6か月間は2倍の2.0%分のポイントが付与されます。
オリコモールというポイントアップサイトを経由してインターネットで買い物をすると、最大17.5%ものポイントが貯まるのが魅力です。

貯まったポイントは、500ポイントからリアルタイムで交換可能で、Amazonギフト券に交換したり、Tポイントなど他社のポイントやANAマイルなどに交換できます。

オリコカードザポイントのデメリット

オリコカードザポイントのデメリットは、旅行保険などの保険が付帯していない点です。
クレジットカードによってはエポスカードのように年会費無料でも旅行保険が付帯している場合がありますが、オリコカードザポイントはカードの盗難補償以外の保険は付帯していません。

旅行や出張などで保険が必要な場合は保険会社の保険に加入するか、他のカードの保険で補う必要があります。

楽天市場など楽天関連のサービスでお得な「楽天カード」

楽天カード

カードの特徴

5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

楽天カードが発行する「楽天カード」の特徴は、年会費永年無料で楽天関連のサービスで還元率がアップする点です。
通常ポイント還元率も1.0%と高く、楽天トラベルや楽天市場では還元率が2~3倍に。

カードの国際ブランドはAmerican Express(アメックス)を含めた4種類から選べ、電子マネーの楽天Edyも使えます。
旅費をカードで支払うと「利用付帯」で海外旅行保険が付き、海外レンタカーの割引や手荷物宅配優待サービスも利用可能です。

楽天カードの特徴【ポイント還元率・年会費・審査・デメリットなど】

楽天カードのポイントの貯まり方

楽天カードは、100円で1ポイントが貯まる還元率1.0%のカードです。
楽天トラベルやRakoo加盟店ではポイント2倍・楽天市場や街の加盟店では最大3倍のポイントが貯まるなど、楽天関連のサービスで還元率がアップします。

貯まったポイントは楽天サービスや街のお店(マクドナルド・出光・くら寿司・大丸など)で使ったり、楽天EdyやANAマイルへの交換も可能です。

楽天カードの楽天スーパーポイントを効率よく貯める方法

楽天カードのデメリット

ETCカードの年会費が有料

楽天カードのデメリットは、ETCカードの年会費が発生する点です。
ETCカードを発行すると通常税込540円の年会費が発生し、楽天ポイントクラブの会員ランクがダイヤモンドまたはプラチナでなければ年会費無料や優遇の制度もありません。

ETCカードの利用でもポイントが貯まり、ENEOSの利用で2倍のポイントが貯まるだけに年会費がもったいないと感じる方も多いでしょう。

ポイントアップサイトがない

他社のカードならポイントアップサイト経由のネットショッピングで還元率をアップさせることが可能ですが、楽天カードはポイントアップサイトがないので、Amazonがメインで楽天市場はあまり利用しないというような方にとっては還元率以上のポイントを貯めにくいカードとなるのがデメリットです。

また、キャンペーンなどでもらえる「期間限定ポイント」は有効期限が短い点にも注意しましょう。

JCBオリジナルシリーズパートナー(特約店)でお得な「JCB CARD W」

JCB CARD W(ジェーシービーカードダブル)

カードの特徴

インターネット新規入会限定キャンペーン最大8,000円分プレゼント! 【2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)】 国内唯一の国際ブランドであるジェーシービーが発行する、ポイント高還元率が魅力の39歳以下・WEB入会限定の年会費無料カード

発行会社 ジェーシービー ポイント還元率 1.0%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー - ポイント OkiDokiポイント

日本唯一の国際ブランドでもあるJCBが発行する「JCB CARD W」の特徴は、JCBオリジナルシリーズパートナーという特約店の利用で通常1.0%のポイント還元率が更にアップする点です。

39歳以下・WEB入会限定で年会費無料のカードで、40歳までに入会すれば以降もずっと無料で使え、カードで旅費を支払うと海外旅行保険が付帯します。
同じシリーズで「JCB CARD W plus L」というカードもあり、こちらは女性向けの疾病保険を割安な掛け金で付けることが可能です。

JCB CARD W(ジェーシービーカードダブル)/JCB CARD W plus Lの特徴

JCB CARD Wのポイントの貯まり方

JCB CARD Wは、1,000円で2ポイント(10円相当)が貯まる還元率1.0%のカードです。
JCBオリジナルシリーズパートナー(特約店)であるスターバックスカードのチャージで最大5.5%、セブンイレブンやAmazonは2.0%、昭和シェル石油では1.5%の還元率となります。
入会から3か月間は通常ポイント還元率がさらに2倍にUPしているので、効率よくポイントを貯めることが可能です。

貯まったポイントは、JCBギフトカードやAmazonポイントへの移行、東京ディズニーリゾートのパークチケット2枚など様々な交換先があり、支払い金額への充当も可能です。
Tポイントへの移行を選ぶと1ポイント(5円相当)が4ポイントになってしまいますが、ビックカメラのポイントなら5ポイントなので1.0%の還元率を維持できます。

JCB CARD Wのデメリット

JCB CARD Wのデメリットは、JCB以外の国際ブランドが選べない点です。

JCBは国内で利用する分には不便を感じることは少ないですが、VISAやMasterCardと比較すると日本人観光客の少ない国では加盟店が少ないため、海外を訪れた際に使えないというケースも想定されます。

驚異のポイント高還元でお得な「リクルートカード」

リクルートカード

カードの特徴

通常ポイント還元率が1.2%と他社のクレジットカードと比較しても高還元率。ホットペッパーなど、各種リクルートの運営するサービスでお得なクレジットカード

発行会社 リクルートホールディングス ポイント還元率 1.2%
年会費 無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、nanaco、モバイルSuica ポイント リクルートポイント

人材派遣などで知られるリクルートが手がける「リクルートカード」の特徴は、年会費永年無料ながら通常ポイント還元率が驚異の1.2%という点です。
還元率0.5%のカードと比較すると2.4倍のポイントが貯まるため、公共料金の支払いにも向いています。

カードで旅費を支払うと「利用付帯」の旅行保険が付き、海外は2,000万円・国内は1,000万円の補償があるほか、年間200万円のショッピング保険も付帯するため万が一の際にも安心です。

ポイント高還元率で年会費無料!リクルートカードのメリット・デメリット

リクルートカードのポイントの貯まり方

リクルートカードは、毎月の合計利用額の1.2%に対して小数点第1位以下を切り捨てた分のポイントが貯まる還元率1.2%のカードです。

リクルート系列のサービス利用で還元率が更にアップするのが特徴で、じゃらんの宿泊予約は3.2%のポイントが貯まり、ホットペッパーグルメのネット予約&来店なら予約人数×50ポイントが付与されます。
ポンパレモールというポイントアップサイト経由のネットショッピングは4.2%~20.0%の還元率となり、無料の家族カードを発行して家族でポイントを貯めることもできます。

貯まったポイントは、じゃらんnetでの宿泊予約時の利用や、ローソンなどで使えるPontaポイントへの移行が便利です。

リクルートカードのデメリット

リクルートカードのデメリットは、コンビニで便利な電子マネー機能が付帯していない点です。
今や多くのクレジットカードで電子マネーが使える中、リクルートカードには電子マネー機能が付いていません。

手持ちの電子マネーへのチャージは可能で、チャージでも1.2%のポイントが貯まりますが、1か月にチャージできるのは3万円までという上限があります。

Yahoo!ショッピングとLOHACOでお得なヤフーカード

ヤフーカード

カードの特徴

ポイント還元率常時1.0%と高還元率で、Yahoo!が運営する各種サービスでお得に利用できるカード。

発行会社 ワイジェイカード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 永年無料 付帯保険 ショッピング保険 100万円
電子マネー - ポイント Tポイント

Yahoo!の子会社が発行する年会費永年無料の「ヤフーカード」の特徴は、Yahoo!ショッピングとLOHACOで3倍のTポイントが貯まる点です。
通常ポイント還元率も1.0%と良好で、Tカードとしての機能も持つため、コンビニやTSUTAYAなどの提携先でもポイントを貯めて利用できます。

国内も対象のショッピングガード保険は新品と中古の両方で補償があるので、ヤフオク!で購入した商品でも保険が下ります。

ヤフーカードのポイントの貯まり方

ヤフーカードは、100円で1ポイントが貯まる還元率1.0%のカードです。
Yahoo!ショッピングとLOHACOでは毎日3倍のポイントが貯まり、Tカードとして利用するとクレジットカードのポイントとの二重取りもできます。
提携先の多いTポイントが貯まるので、お店で手軽にポイントを使ったり、他社ポイント(Suica)への移行も可能。

ジャパンネット銀行を選ぶと現金への交換も可能ですが、この場合は100ポイントが85円になってしまい、還元率が0.85%に下がるので要注意です。

ヤフーカードのデメリット

ヤフーカードのデメリットは、楽天カードと同様にETCカードを発行すると税込540円の年会費が発生する点です。
年会費無料でETCカードを作りたい場合は、オリコカードザポイントなど別のカードを選ぶ必要があります。

ポイント高還元率のおすすめゴールドカード

ここでは、ワンランク上のゴールドカードの中からポイント高還元率のカードを3枚ピックアップして解説します。

  • オリコカードザポイントプレミアムゴールド
  • 楽天ゴールドカード
  • dカード GOLD

まずはこの3枚のカードを一覧表で比較してみましょう。

カード名 年会費 ポイント還元率 国際ブランド 旅行保険
オリコカードザポイントプレミアムゴールド 税込1,950円 1.0%(入会後6か月間は2.0%) MasterCard・JCB 〇(海外は自動付帯/最高2,000万円・国内は利用付帯/最高1,000万円)
楽天ゴールドカード 税込2,160円 1.0% VISA・MasterCard・JCB 〇(海外のみ・利用付帯/最高2,000万円)
dカード GOLD 税込10,800円 1.0% VISA・MasterCard 〇(海外は自動付帯/最高1億円※家族も対象・国内は利用付帯/最高5,000万円)

ゴールドカードになると特典やサービスがグレードアップするのが特徴で、保険の最高補償額も手厚くなります。
dカード GOLDなら、海外旅行保険がカード利用を問わない「自動付帯」で家族も対象となり、最高補償額が1億円にアップしているのが特徴です。

宿泊施設や飲食店の優待でお得な「オリコカードザポイントプレミアムゴールド」

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

カードの特徴

オリコモールを経由して楽天やamazonなどのショップでカード利用をすることで、ポイント還元率が1.5%加算され、電子マネーの利用でも0.5%のポイントが加算される高還元率カード

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%
年会費 1,950円(税込) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、QUICPay ポイント オリコポイント

「オリコカードザポイントプレミアムゴールド」は、年会費税込1,950円で持てるポイント高還元のゴールドカードです。
ポイント還元率は1.0%(入会後6か月間は2.0%)、通常のオリコカードザポイントよりも特別加算ポイントの特典が多く、電子マネーの利用でも0.5%の特別加算があります。

更に、オリコカードザポイントのデメリットであった旅行保険も海外はカード利用を問わない「自動付帯」で最高2,000万円補償・国内は旅費のカード利用が条件の「利用付帯」で最高1,000万円補償となり、最高100万円のショッピングガード保険も付帯するのが特徴です。
国内外の宿泊施設や飲食店が優待価格になる「Orico Club Off」も利用できます。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカードザポイントプレミアムゴールド)のメリット・デメリット

オリコカードザポイントプレミアムゴールドのポイントの貯まり方

オリコカードザポイントプレミアムゴールドは、100円で1ポイントが貯まる還元率1.0%のカードです。
最大15倍のポイントが貯まる「オリコモール」利用時は1.0%・電子マネー(iD・QUICPay)利用時やリボ払いでは0.5%の特別加算ポイントが付き、オリコモールの0.5%のみ特別加算となるオリコカードザポイントと比較してもポイントが貯まりやすくなっています。

ポイントの交換先は、Amazonギフト券などオンラインクーポンへの交換・他社ポイント(マイル)への移行、UCギフトカードへの交換があります。

オリコカードザポイントプレミアムゴールドのデメリット

オリコカードザポイントプレミアムゴールドのデメリットは、空港ラウンジが利用できない点です。

年会費が同価格帯である楽天ゴールドカードは国内空港ラウンジが利用できるため、旅行や出張でラウンジを利用したい方には別のカードを選ぶ必要が出てきます。

楽天市場がポイント最大5倍でお得な「楽天ゴールドカード」

楽天ゴールドカード

カードの特徴

年会費2,000円で利用できる楽天カードのゴールドカード。楽天市場でのカード利用でポイント5倍

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で5.0%)
年会費 2,000円(税別) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

「楽天ゴールドカード」は、年会費税込2,160円で持てるゴールドカードです。一般の楽天カードでは有料のETCカードが無料となり、国内空港と一部海外空港ラウンジが年に2回まで無料で利用可能に。
その上、ニューヨークやパリなど世界38拠点にある現地のトラベルデスクも無料で利用できます。

通常ポイント還元率は1.0%、SPU(スーパーポイントアッププログラム)で楽天市場の還元率が最大5倍となるのが特徴。
楽天カードと同様に最高2,000万円補償の海外旅行保険が「利用付帯」で付き、レンタカー割引もあるので旅行にも便利です。

楽天ゴールドカードの特徴【年会費・ポイント・審査・付帯保険】

楽天ゴールドカードのポイントの貯まり方

楽天ゴールドカードは、100円で1ポイントが貯まる還元率1.0%のカードです。楽天市場では最大5倍・街の加盟店で最大3倍のポイントが貯まり、ENEOSでも2倍のポイントが貯まります。
貯まったポイントは1ポイント=1円として電子マネーの楽天Edyに交換したり、2ポイントを1マイルとしてANAマイルに交換することもできます。大丸や松坂屋、出光、ジョーシンなど街のお店でも気軽にポイントを使えるのがメリットです。

楽天ゴールドカードのデメリット

楽天ゴールドカードのデメリットは、ステータス性に欠ける点です。
人前でカードを出した時に一目置かれるようなステータス性をゴールドカードに求める場合、ポイントが貯まりやすいカードという印象の強い楽天ゴールドカードではやや物足りなく感じるでしょう。

ドコモユーザーなら10%還元でお得な「dカード GOLD」

dカード GOLD

カードの特徴

年会費は10,000円かかるが、ドコモ携帯電話料金の10%が還元される。また、盗難・紛失、全損・水濡れで修理不可となった場合に最大10万円まで機種購入代金の補償サポートあり

発行会社 NTTドコモ ポイント還元率 1.0%
年会費 10,000円(税抜) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯分5,000万円まで)
国内旅行傷害保険5,000万円(利用付帯)
電子マネー iD ポイント dポイント

携帯電話会社大手のNTTドコモが手がける年会費税込10,800円の「dカード GOLD」は、ドコモの携帯(スマホ)またはプロバイダの「ドコモ光」の利用料金が10%ポイント還元となり、ローソンで3%割引+2%ポイント還元となる点が最大の特徴です。
通常ポイント還元率は1.0%、国内空港ラウンジが無料で利用でき、携帯電話購入後3年間の盗難・紛失・修理不能で最大10万円の補償がある「dカードケータイ補償」が付帯。

更に、家族も対象で最高1億円補償が「自動付帯」となる海外旅行保険と、最高5,000万円補償が「利用付帯」の国内旅行保険、最高300万円のお買物あんしん保険も付くなど補償も充実しています。

「dカード GOLD」はドコモユーザーがお得な特典いっぱいのゴールドカード

dカード GOLDのポイントの貯まり方

dカード GOLDは、100円で1ポイントが貯まる還元率1.0%のカードです。

ドコモ携帯とドコモ光は10%、ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドやJTBなどのdカード特約店や加盟店ではプラス1ポイント以上のポイントが貯まります。
dカード ポイントUPモールというポイントアップサイト経由のネットショッピングは1.5倍~最大10.5倍のポイントが貯まり、貯まったポイントはローソンなど加盟店で利用したり、ドコモの携帯電話料金への充当も可能です。

dカード GOLDのデメリット

ドコモユーザー以外は年会費の元が取れない恐れがある

dカード GOLDはドコモユーザーでなくても持てるカードで、ドコモの携帯またはドコモ光を利用していれば10%還元の恩恵が受けられますが、ドコモ以外のキャリアを利用している場合は10,800円の年会費の元を取れない恐れがあります。
「dカードケータイ補償」についても、ドコモ以外の携帯電話は対象外なので注意が必要です。

ドコモ携帯とドコモ光の利用料金でカードのポイントが貯まらない

dカード GOLDには一部ポイント進呈対象外のサービスがありますが、ドコモ携帯とドコモ光の利用料金ではカードのポイントが貯まりません。
実はドコモ携帯とドコモ光の利用料金は別のクレジットカードで支払った方がお得なのです。

カード特典の10%還元に関しては、電話番号(または回線)を登録すれば適用されるので、10%還元を受けるためにdカード GOLDで携帯電話料金を支払う必要はありません。

-ポイント・マイルがお得なクレジットカード
-

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.