クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

クレジットカードの「ポイント還元率」とは?高還元率のおすすめカードも紹介

更新日:

クレジットカードを使って、お買い物や毎月の支払いをすることで、ポイントを貯めることができますが、実はこのポイントはクレジットカードの種類や、発行している会社によって貯まるポイント数や条件が様々です。
新たにクレジットカードの作成を考えている方で、ポイントがどれくらい貯まるかを重視している方も多いのではないでしょうか。

ここでは、クレジットカードのポイント還元率について、詳しく説明していきます。

ポイント還元率とは

カードの公式サイトには「1,000円で1ポイント獲得」とだけ書かれていることがあり、1ポイントが何円分の価値があるかを示していないため、そのカードがお得かどうか判断しずらい場合があります。

そこで、クレジットカードを利用して貰えるポイントが、ポイント交換後に何円分に相当するかを分かりやすく示している割合のことを「ポイント還元率」と言います。

ポイント還元率の計算式

ポイント還元率は、
1ポイントあたりのポイント価値 ÷ カード利用金額 = ポイント還元率
という計算式で判断できます。

例えば、三井住友VISAカードは、1,000円利用につき1ポイント(ワールドプレゼント)が付与されるカードです。
1ワールドプレゼントは、楽天スーパーポイントや、au WALLETポイント、ビックポイントに、200ポイントで1,000円分のポイントと交換できるため、1ポイント5円の価値になり、ポイント還元率は0.5%となります。

ポイント価値(1ポイント5円)÷カード利用金額(1,000円)=ポイント還元率(0.5%)

平均的なポイント還元率は0.5%

クレジットカードのポイント還元率は発行会社によって様々ですが、平均的なポイント還元率は0.5%となっています。
ポイント還元率0.5%の有名なカードは、三井住友VISAクラシックカード・JCB一般カード・アメリカンエキスプレスカードがあります。

ポイントの貯まり方としては、三井住友VISAクラシックカード・JCB一般カードは1,000円に1ポイント付与となりますが、1ポイントは5円に相当しており、アメリカンエキスプレスカードは100円で1ポイント付与となりますが、ポイント交換の際に1ポイントが0.5円相当の価値となるため、それぞれポイント還元率は0.5%となっています。

「高還元率」と呼ばれるカードは1.0%以上

ポイント

高還元率と呼ばれるカードは、ポイント還元率が1.0%以上のカードを指します。
高還元率だと年会費がかかるイメージがあるかも知れませんが、年会費が高くてもポイント還元率が低いカードは多く、年会費無料でも1.0%以上の高還元率カードはあります。

■高還元率カード例

カード名 ポイント還元率 年会費
楽天カード 1.0% 年会費無料
オリコカードザポイント 1.0% 年会費無料
リクルートカード 1.2% 年会費無料
DCカード Jizile(ジザイル) 1.5% 年会費無料
REX CARD 1.5% 初年度無料、2年目以降は2,500円(税抜)、50万円以上の利用で次年度無料
REX CARD Lite 1.25% 年会費無料
R-styleカード 1.05% 初年度無料、2年目以降は1,250円(税抜)、年1回以上の利用で次年度無料

※「DCカード Jizile(ジザイル)」と「R-styleカード」はリボ払い専用カードなので、設定した金額を超えると強制的に分割払いとなり、手数料がかかるので注意!

ポイントアップモールを経由することでさらにポイント還元率UP

クレジットカード会社ごとに運営する、独自のポイントアップモールというものがあります。
様々なAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングといったネットショッピングサイトが提携されており、ポイントアップモールを経由して普段お買い物をしているショッピングサイトでお買い物をするだけで、ポイントがさらに加算されるというシステムになっています。

ショッピングサイトによって加算されるポイントの倍率は様々で、中には通常ポイント還元率から何十倍にもなるというものも存在するため、ポイントアップモールが用意されているカードの場合は経由してショッピングをしたいですね。

■ポイントアップモールを利用することで加算されるポイント例

ポイントアップモール 加算ポイント 利用できるカード例
ポイントUPモール 最大10.0% 三井住友VISAカード
永久不滅.com 最大15.0% セゾンカード
オリコモール 最大15.0% オリコカード
VIASO eショップ 最大10.5% VIASOカード
楽天市場 最大7.0% 楽天カード

特定の店舗で利用することでポイント還元率UP

クレジットカード会社が独自に行っているもので、特定の店舗で利用することでポイント還元率が大幅に上がるカードがあります。
カードの種類やポイント還元率が上がる条件については以下です。

カード 獲得ポイント ポイント獲得条件
dカードGOLD 最大10% ドコモのケータイ・ドコモ光の料金のみが対象
MIカード 最大10% 三越伊勢丹グループ百貨店で前年度購入額100万円以上の場合、翌年度三越伊勢丹グループ百貨店で利用の場合にのみ
ペルソナSTACIAアメックス 最大10% 阪急・阪神百貨店でのお買い物
タカシマヤセゾンカード 最大4.0% ポイントアップ特別ご優待会の期間中に、タカシマヤでお買い物をした場合にのみ

その他、ポイント還元率がアップする条件の例

その他にも、下記のような条件でポイント還元率がアップするクレジットカードがあります。
自分がよく利用するサービスや決済方法でお得に利用できるカードを選ぶようにするようにしましょう。

  • 公共料金の支払いでポイントアップ
  • 携帯電話・PHSの支払いでポイントアップ
  • 入会から〇か月間はポイントアップ
  • ETCの支払いでポイントアップ
  • 毎月2のつく日は特定のお店でポイントアップ
  • カードの利用額に応じてポイント還元率アップ

ポイントで選ぶならおすすめはオリコカードザポイント

オリコカードザポイント

カードの特徴

最大8,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中!(2018年9月30日までにカード発行した人が対象)オリコが運営するネットショッピングサイト「オリコモール」でカード利用することでAmazon.co.jpや楽天市場でもポイント高還元率になるカード。最大17.5%!

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%(入会から6か月間は2.0%)
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー iD、QuicPay(ApplePay利用可能) ポイント オリコポイント

-ポイント・マイルがお得
-

審査で落ちないための方法や申し込み時の注意点

初心者でも申し込みで失敗しないクレジットカードの作り方

クレジットカードはそう何度も作ることがないため、申し込みの手順や申し込みに必要なものなど分からないことも出てくると思います。

そこで、これまでクレジットカードを作ったことがない初心者の方でもクレジットカードのおすすめの申し込み方法や申し込みの手順、審査に落ちない方法、カードを作る際の注意点などを解説します。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.