メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

ブラックリストのイメージ

クレジットカードの審査落ち理由とは?審査基準や審査難易度の甘いカードを紹介

欲しいクレジットカードに申し込んだものの、審査回答を待ってみるとまさかの「ご入会を見送らせて頂くことになりました」とのメール。 カード会社は審査落ちの理由は説明しないため、また別のカードに申し込もうに ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード作りのよくある疑問を徹底解説!バナー

クレジットカードの作り方・申し込み方法を徹底解説!おすすめのカードも

初めてクレジットカードを作ろうとしている方は、どうやったら作れるのか、どこで申し込んだらいいのか、申し込みには何が必要なのかといったことがわからないものです。 クレジットカードの申し込み方法には3種類 ...

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職でも審査に通るカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

クレジットカードの「ポイント還元率」とは?高還元率のおすすめカードも紹介

更新日:

ポイント還元率はクレジットカードの選び方でも重視する方が多い項目ですが、ポイント還元率の計算式(計算方法)やポイント付与率との違いはご存知ですか?

そこで今回は、クレジットカードの「ポイント還元率」とは?という基礎知識とその計算式、ポイント還元率をアップする方法やお得な貯め方、ポイント還元率が高いクレジットカードの中からおすすめのカードをまとめました。

ポイント付与率とは

ポイント付与率とは「カード利用でいくらポイントが貯まるか」を表すパーセンテージです。
多くのクレジットカードの公式サイトに記載されている「〇〇円利用で〇ポイント」というもので、ポイント還元率とは異なります。

ポイント付与率の計算式

ポイント付与率の計算式(計算方法)は以下のようになります。
・付与されるポイント数÷利用額×100=ポイント付与率

例えば、カード利用額100円につき1ポイントが貯まる「楽天カード」の場合の計算式は「1÷100×100=1」となり、ポイント付与率は1.0%という計算です。
1,000円の利用につき1ポイントが貯まる「三井住友VISAクラシックカード」の場合の計算式は「1÷1,000×100=0.1」となり、ポイント付与率は0.1%ということが分かります。

注意したいのは、ポイント付与率が低い=ポイント還元率が低いカードとは限らないという点です。
ポイントの本当の価値は次に紹介する「ポイント還元率」がカギを握っています。

ポイント還元率とは

ポイント還元率とは、ポイントを交換した際の「1ポイントの価値」を示すパーセンテージです。
例えば「楽天カード」の場合は100円の利用につき1円相当のポイントが貯まるので、ポイント還元率もそのまま1.0%となります。

ポイント付与率とポイント還元率の違いは、カード利用で貯まるポイントを表すのが「ポイント付与率」で、ポイントの価値を表すのが「ポイント還元率」です。
三井住友VISAクラシックカード」の場合、ポイント付与率は0.1%ですが、dポイントなどに交換すると1ポイント5円相当の価値を持つため、ポイント還元率は0.5%となるのです。

ポイント還元率の計算式

ポイント還元率の計算式(計算方法)を計算するには、ポイントを商品などに交換した際に「1ポイントいくらになるか」を把握する必要があります。
例えば1,000円につき1ポイントが貯まる「セゾンカード」の永久不滅ポイントの場合、公式サイトに「1ポイント=ほぼ5円」と記載されているので、計算式は「5÷1,000×100=0.5」となり、還元率は0.5%ということが分かりました。

よって、ポイント還元率の計算式は以下のようになります。
・1ポイントの価値÷利用額×100=ポイント還元率

同様に、200円の利用につき1円相当のポイントが貯まるカードの場合は「1÷200×100=0.5」という計算式でポイント還元率(0.5%)を導き出すことが可能です。
ポイント交換で1ポイントいくらになるかは、カード会社のポイント交換ページで知ることができます。

ギフトカタログのような景品交換ではなく、ギフト券やポイント移行の方が計算しやすいでしょう。

一般的な還元率は0.5%

クレジットカードの一般的なポイント還元率は「0.5%」といわれています。現在、通常ポイント還元率が0.5%のカードを以下にピックアップしました。

  • エポスカード
  • セゾンカード(セゾンカードインターナショナル、セゾンパールアメックスなど)
  • 三井住友VISAクラシックカード

エポスカードはポイント還元率としては平均的ですが、カード利用を問わない「自動付帯」で海外旅行傷害保険が付くため、2枚目のサブカードとしても人気があります。

1.0%以上から「高還元カード」と呼ばれる

ポイント還元率が1.0%を超えると「高還元カード」と呼ばれます。ポイント高還元率で人気があるのは以下のようなカードです。

  • オリコカードザポイント
  • 楽天カード
  • リクルートカード

楽天カードは入会キャンペーンが頻繁に実施されていて、時期によっては8,000ポイントがプレゼントされることもあるので、入会を検討している方は要チェックです。

JCBカードの「JCB CARD R」のように還元率が2.0%のカードもありますが、高額な金利手数料が発生するリボ払い専用カードで、繰り上げ返済などでリボ払い手数料が発生しない月は還元率が1.0%になるというケースもあるので十分に注意しましょう。

ポイント還元率がアップする条件・方法

クレジットカードは使い方次第でポイント還元率をアップさせることが可能です。
カード会社の公式サイトを隅々まで見ていると、サイト内のゲームでポイントがもらえるなど意外なポイントアップの方法が見つかる場合もあります。

ポイントアップサイトを経由してショッピング

クレジットカードを使ってネットショッピングをする際に、カード会社の「ポイントアップサイト」を経由してショッピングするだけで大幅にポイントアップできるのをご存知ですか?

例えば、セゾンカードの場合「セゾンポイントモール」というポイントアップサイトを経由するだけで最大30倍ものポイントが貯まります。

  • オリコカード…オリコモール(最大15倍)
  • JCBカード…Oki Dokiランド…(最大20倍)
  • 三井住友VISAカード…ポイントUPモール(最大20倍)
  • イオンカード…ときめきポイントTOWN(最大21倍)
  • セゾンカード…セゾンポイントモール(最大30倍)

このように、カード会社各社にはポイントアップサイトがあるので、ポイント還元率以上のポイントを獲得することも可能となります。
利用方法は簡単で、カード会社のポイントアップサイトにアクセスしてログインの上、好きなショップで普段通りに買い物をするだけです。
会員登録は必要ですが、無料で利用できます。

特約店でカード利用

カードによっては、特定のお店でカードを利用すると還元率がアップすることがあります。
これはカード会社と特別な契約を結んでいる「特約店」のサービスによるもので、例えば通常ポイント還元率が1.0%の「JCB CARD W」の場合、セブンイレブンやAmazonで還元率が2.0%、昭和シェル石油で1.5%となりお得です。

海外でカード利用

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」など一部のクレジットカードは、海外ショッピング利用分のポイントが2倍となるため、海外旅行や出張・留学の際にもおすすめです。
海外を訪れる機会が多い方は海外利用分のポイントについてもチェックしてみましょう。

誕生月にカード利用

ライフカード」など、誕生月にカードを利用するとポイント還元率がアップするものもあります。
例えば、通常ポイント還元率0.5%のライフカードの場合、誕生月の利用分はポイントが3倍の1.5%にアップするため、大きな買い物を控えている時にもぴったりです。

年間利用金額が一定以上

カードによっては、年間利用額に応じたステージ制度があるため、ポイント還元率のアップが期待できます。
例えば、三井住友VISAカードの場合は前年度のショッピング利用累計金額に応じて翌年度のステージが決まり、ボーナスポイントが貯まるのがメリットです。

50万円以上~100万円未満の場合であれば50万円到達時に50ポイントが付与され、以降は10万円ごとに10ポイントが付与されます。

お得なポイントの貯め方

公共料金やスマホ代をカード払いにする

公共料金など、毎日の生活に必要不可欠な支払いをクレジットカードに集約するとより多くのポイントを貯めることができます。
現在は銀行口座からの引き落としで支払っている料金もカード払いに切り替えるだけでポイントが貯まるので節約も可能です。

以下にカード払いにできる支払いをまとめてみました。

  • 公共料金(ガス・電気・水道・電話・NHK受信料)
  • 携帯電話料金(スマホ代)
  • プロバイダ料金
  • 保険料(国民年金・自動車保険・生命保険など)
  • 家賃(一部を除く)

毎月必ず支払う公共料金などをカード払いにするだけでもかなりのポイントが貯まるでしょう。

家賃に関してはカード払いにできない場合もあるので確認が必要です。毎月滞りなくコンスタントに支払いがあると、クレヒス(クレジットヒストリー)というカードの利用履歴を積むことができるので、将来的に上位カードへのランクアップも狙えます。

家族カードを発行して家族でポイントを貯める

家族カードが発行できるカードなら、ポイントは本会員のカードに貯まるので家族で協力してポイントを貯めることができます。
家族カードは年会費が無料または割安になっていて、家族会員も本会員と同等の特典を受けられる場合もありお得です。

ポイントの使い方・交換先に注意

クレジットカードで貯めたポイントは、商品や他社ポイント(マイル)など様々な交換先が用意されています。
ポイント交換で注意したいのは、交換する商品によってポイント還元率が変動するという点です。

三井住友VISAカードの場合、dポイントやヨドバシカメラのポイントなどに交換すると「1ポイント=5円」になりますが、nanacoなど一部のポイントに交換すると「1ポイント=4円」となり、還元率も0.4%に下がってしまいます。

カード会社によってお得なポイント交換先は異なりますが、基本的に景品交換は還元率が低いのがデメリットです。
ポイント移行も移行先によっては本来の還元率以下になってしまうケースがあるので、還元率が維持できるポイントをしっかり確認して選びましょう。

ポイントは有効期限に注意

せっかく貯めたポイントも有効期限が切れて失効してしまうと意味がありません。
カードによってポイントの有効期限は異なるので注意が必要です。

以下に人気カードのポイント有効期限をまとめました。

  • 楽天カード…最終ポイント獲得月を含めた1年間
  • 三井住友VISAカード…ポイント獲得月から2年間
  • オリコカードザポイント…ポイント獲得月を含めた12か月後の月末
  • セゾンカード…無期限

いずれも一般カードで付与された通常ポイントの有効期限となり、ゴールドやプラチナなど上位カードは有効期限が長くなる場合もあります。
最もポイント有効期限が長いのは、無期限の永久不滅ポイントが貯まるセゾンカードとなっています。

楽天カードの場合、ポイントの有効期限内に新たにポイントを獲得すると有効期限を延長させることが可能です。
例えば、公共料金の支払いなど毎月発生する料金の支払いを楽天カードで行っていてポイントが毎月貯まるのであれば有効期限を気にする必要はありません。

期間限定ポイントに注意

入会キャンペーンやポイントアップサイトなどでもらえる「期間限定ポイント」は、通常ポイントとは別に有効期限が設定されていますが、通常ポイントより期限が短い場合が多いので失効しないように気を付けましょう。

ポイント高還元率のおすすめカード

ここでは、還元率1.0%以上のポイント高還元率カードの中からおすすめの3枚をピックアップしました。

まずは、この3枚のカードの特徴やポイント還元率を一覧表形式で比較してみましょう。

カード名 オリコカードザポイント 楽天カード リクルートカード
通常ポイント還元率 1.0% 1.0% 1.2%
年会費 永年無料 永年無料 永年無料
国際ブランド MasterCard・JCB VISA・MasterCard・JCB・American Express VISA・MasterCard・JCB
ポイント優待サイト利用時のポイント 2倍~最大15倍 -(楽天市場は最大3倍) 最大20%
ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた12か月後の月末 最終ポイント獲得月を含めた1年間 最終ポイント加算日から12か月後の月末
家族カード追加発行 〇(無料) 〇(無料) 〇(無料)
ETCカード追加発行 〇(無料) 〇(540円) 〇(JCBのみ無料/VISA・MasterCardは手数料1,000円)
付帯保険 紛失・盗難保障 海外旅行傷害保険(利用付帯)・カード盗難保険 海外・国内旅行傷害保険(利用付帯)/ショッピング保険(国内・海外)

3枚のカードの中で最もポイント還元率が高いのは、数々のランキングにも入っている1.2%のリクルートカードです。利用付帯で海外・国内旅行傷害保険が付き、ショッピング保険も付くなど保険も充実しているので、旅行好きの方にも向いています。オリコカードザポイントはネットショッピングに強く、楽天カードは楽天市場など楽天のサービスでポイント還元率がアップするのが特徴です。

オリコカードザポイント

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

カードの特徴

オリコが運営するネットショッピングサイト「オリコモール」でカード利用することでAmazon.co.jpや楽天市場でもポイント高還元率になるカード。最大17.5%!最大8,000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン中!(2019年9月30日までにカード発行した人が対象)

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%(入会から6か月間は2.0%)
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー iD、QuicPay(ApplePay利用可能) ポイント オリコポイント

オリコカードザポイントは、常に1.0%以上の還元率となる人気の年会費無料カードです。

通常ポイント還元率は1.0%・入会後6か月間は2.0%にアップし、オリコモール経由のネットショッピングは最大15倍のポイントが貯まります。
iDとQUICPayという2種類の電子マネーが使えるのでコンビニやタクシーでの支払いもポイントが貯まり、貯めたポイントは500ポイントからリアルタイムで交換して使えるのもメリットです。

楽天カードと比較すると、Amazonで2.0%(入会後6か月間は3.0%)の還元率になるなど、オリコモールの利用でポイントアップするショップの数が多いため、ネットショッピングに強いカードとして定評があります。ETCカードや家族カードの追加発行も無料です。

オリコカードザポイントの特徴【年会費・ポイント還元率・審査など】

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

楽天カードは、顧客満足度調査9年連続No.1に輝いた人気の年会費無料カードです。

通常ポイント還元率は1.0%・Rakoo加盟店と楽天トラベルは2倍・街の加盟店と楽天市場は最大3倍となるなど、楽天のサービスで還元率がアップ。楽天の加盟店なら楽天ポイントカード機能付きのカードを提示するだけでもポイントが貯まります。
貯めたポイントは楽天のサービスや、出光やマクドナルドなど街のお店で使ったり、楽天EdyやANAマイルに交換可能なのですぐに使える点もメリットです。

電子マネーの楽天Edyが使え、旅費をカードで支払うと「利用付帯」で最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が付きます。
不正利用対策やなりすまし防止などセキュリティも充実していて、国際ブランドはAmerican Expressを含めた4種類から選択可能です。

楽天カードの特徴【ポイント還元率・年会費・審査・デメリットなど】

リクルートカード

リクルートカード

カードの特徴

通常ポイント還元率が1.2%と他社のクレジットカードと比較しても高還元率。ホットペッパーなど、各種リクルートの運営するサービスでお得なクレジットカード

発行会社 リクルートホールディングス ポイント還元率 1.2%
年会費 無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、nanaco、モバイルSuica ポイント リクルートポイント

リクルートカードは、年会費無料ながら通常ポイント還元率が1.2%という驚異の高還元カードです。

じゃらんやホットペッパービューティーなどリクルートのサービスでは最大4.2%のポイントが貯まり、ポンパレモールというポイントアップサイト経由のネットショッピングで最大20%のポイントが貯まるチャンスも。
nanacoやモバイルSuicaなど電子マネーのチャージでも月間30,000円を上限にポイントが貯まり、貯まったポイントはPontaポイントに交換するとローソンや昭和シェル石油などで使えます。

家族カードの発行は無料、JCBならETCカードも無料(VISA・MasterCardは手数料1,000円)で発行可能。
旅費などのカード利用が条件の「利用付帯」の旅行保険は海外が2,000万円・国内が1,000万円補償、海外と国内の両方で年間200万円のショッピング保険も付帯しています。

ポイント高還元率で年会費無料!リクルートカードのメリット・デメリット

参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-ポイント・マイルがお得なクレジットカード
-

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.