クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

プロミスの特徴と即日でお金を借りる方法

投稿日:

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、即日融資もできるカードローンとして多くの実績を持つ企業です。
スマホアプリから簡単に申し込みができてスマホひとつでATMが利用できるなど、便利なサービスを展開しています。

そこで今回は、カードローンの利用が初めてという方にも分かりやすく、プロミスの特徴や即日でお金を借りる方法について簡単に分かりやすく解説していきます。

プロミスとは?

プロミスのカードローン

特徴

大手消費者金融と比較して最大金利が17.8%と微妙に安い。無利息を受けるにはメールアドレスの登録とWEB明細の利用が必要

実質年率 年4.5%〜年17.8% 借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分 即日融資 可能
担保・保証人 不要 パート・アルバイト 申し込みOK

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、三井住友フィナンシャルグループの子会社で、キャッシングやカードローンを手掛けている企業です。
24時間いつでもインターネットで申し込みができるので、急にお金が必要となった時にも頼れます。

プロミスATMのほか、コンビニや銀行などに設置されているATMで借り入れと返済が可能、利息は利用日数分のみとなっているので、給料日前でピンチの数日間だけ借りるという使い方もできますよ。

お借入れシミュレーション

プロミスの特徴

ここでは、気になるプロミスの金利や無利息期間といった基本的な情報を詳しくご紹介していきます。
これらの情報はプロミスを上手に利用するためには欠かせないので要チェックです。

中でも、無利息サービスを利用するにはいくつかの条件をクリアする必要があるので注意しましょう。

プロミスの金利

プロミスの金利(利息)は実質年率4.5%~17.8%となっています。
ちなみに、アイフルの金利は3.0%~18.0%で、アコムの金利も同じく3.0%~18.0%となっているので、比較してみるとプロミスの上限金利がやや低いことが分かります。

下限金利はアイフルとアコムの方が1.0%低くなっていますが、下限金利が適用されるのは限度額いっぱいに借りた場合で、少額の借り入れでは上限金利が適用されることになります。
プロミスの金利は利用日数分だけを支払う日数計算方式で、短期間の利用も無駄がありません。

利息の計算方法は「利用金額×借入利率÷365日×利用日数」となります。
プロミスの公式サイトには月々の返済シミュレーションも用意されているので、借り入れ前にきちんと返済計画を立てておくと良いですよ。

プロミスの無利息期間

プロミスには、いくつかの条件をクリアすると30日間無利息サービスが利用できます。
30日間無利息サービスはプロミスの利用が初めての方のみが対象で、メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録が必須となるので要注意です。

30日間無利息サービスでいう「30日」は、初回利用日(出金日)は日数に含まず「初回利用日の翌日から30日」となっています。
無利息期間中に行った追加融資も無利息サービスの対象となるのが嬉しい点です。

また、無利息期間内に完済した場合、初回利用日の翌日から30日の期間内であれば再利用分に関しても無利息となります。
プロミスの他にも無利息期間を設けているカードローンはありますが「契約日の翌日から30日間」となっているケースもあるため、契約してからすぐに利用しない場合はプロミスの方が無利息期間の恩恵をしっかりと受けることができますね。

プロミスにはポイントサービスがあり、インターネットの会員サービスを利用して貯まったポイントを使って提携ATM手数料を無料にしたり、一定期間無利息でプロミスを利用することもできますよ。

申し込みから借入れまでできる「Web完結」

プロミスには、来店不要で申し込みから借入れまでをインターネットだけでできる「Web完結」というサービスがあります。
Web完結なら、カードを発行しなくても振込キャッシングが受けられる上、郵便物なしで契約できて即日融資にも対応しています。

Web完結の場合は以下のようにインターネットから申し込みを行いましょう。

  • 契約方法…Web契約
  • ローンカード…郵送希望なし
  • 連絡方法…メール
  • 返済方法…口座振替返済(カード発行なし)

カードレスの「スマホATM」

プロミスは、スマホを使ったカードレスのキャッシングにも対応しています。
プロミスの「スマホATM」は、プロミスカードがなくても借り入れや返済ができるサービスで、アプリでスマホの画面に表示させたQRコードやワンタイムパスワード、企業番号を使ってコンビニなどに設置されているセブン銀行のATMが利用できます。

スマホATMは原則365日・24時間取引可能なので、急に飲み会に誘われて手持ちの現金が足りないというシーンでも便利に使えるでしょう。
スマホATMが使えるプロミスアプリはiPhone・Androidの両方に対応しています。
アプリで申し込みから借入れまで全て完結する「アプリローン」なら最短1時間融資も可能です。
アプリの申し込みは本人確認書類のアップロードにも対応していて、必要事項を入力する手間も省けます。

プロミスの審査について

プロミスに限らず、カードローンの申し込みを行った際には審査が行われます。
プロミスの公式サイトには、3つの項目を入力するだけで簡易的に借り入れ可能かどうかをチェックできる「お借入れシミュレーション」があるので、審査に不安がある方はまずは試してみましょう。

お借入れシミュレーション

シミュレーションでは、生年月日・年収・現在の他社借り入れ金額を入力するだけですぐに結果が分かりますよ。

プロミスの申し込み資格

プロミスカードローン(キャッシング)の申し込み資格は「20歳~69歳で安定した収入がある方」となっています。
20歳未満の未成年や70歳以上の方、収入のない専業主婦の方は申し込めませんが、主婦でもパートなどで収入がある場合や、学生でもアルバイトで安定収入があれば申し込みOKです。

プロミスのカードローンは貸金業法の「総量規制」の対象となるため、すでに年収の3分の1近くの借り入れがある場合は審査通過が難しくなります。

在籍確認に要望がある方は相談可能

プロミスの在籍確認は社名を出さずに担当者の個人名で電話がかかってくるため、プロミスからの電話ということはバレませんが、職場に在籍確認の電話が入ると困るという方は予め相談することができます。

申し込み完了後すぐに、プロミスのフリーコール(0120-24-0365)に電話をして、在籍確認について気になる点を伝えてくださいね。

プロミスの申し込み方法

プロミスの申し込み方法は以下の4通りがあります。

  • インターネット(Web申し込み)
  • 電話(プロミスコール)
  • 郵送
  • 来店

インターネットなら24時間いつでも申し込みOKで、来店不要のWeb完結サービスも利用できます。
最短30分で審査結果が出るスピーディーさもインターネット申し込みのメリットです。

電話申し込みには女性専用ダイヤル(0120-86-2634)があり、審査結果は最短30分~1時間となっています。
郵送は電話やインターネットで申込書を請求する必要があるため時間がかかりますが、インターネットの申し込み方法が分からないという方にはおすすめです。

来店での申し込みは、一部を除いて22時まで営業している自動契約機または店頭窓口で手続きを行います。
必要書類を持参すれば、申し込みから契約まで全ての手続きができるのがメリットです。

申し込み方法によって利用できる契約方法が異なるので、申し込み方法別に利用できる契約方法をまとめました。

【インターネット申し込みで利用できる契約方法】

  • インターネット
  • 来店

【電話申し込みで利用できる契約方法】

  • 郵送
  • 来店

【郵送申し込みで利用できる契約方法】

  • 郵送

【来店申し込みで利用できる契約方法】

  • 来店

申し込みに必要なもの

プロミスは印鑑・保証人・担保は不要ですが、キャッシングを申し込む際には本人確認書類を用意しておく必要があります。

本人確認書類として使える身分証明書のうち、1点の提出で認められるのは以下のものです。

  • 運転免許証
  • パスポート

運転免許証やパスポートを持っていない方が来店で契約を行う場合は、健康保険証+住民票など他の書類1点の合計2点を提出します。
インターネット契約の場合は健康保険証1点だけでも大丈夫です。
マイナンバー(個人番号)が記載されている書類を本人確認書類として使う場合は、マイナンバーが見えないように隠すなどして提出しなければいけません。

以下に当てはまる場合は、収入証明書類も必要となるので準備しておきましょう。

  • プロミスで50万円以上の借り入れを希望する場合
  • 他社とプロミスを合わせた借り入れが100万円を超える場合

このふたつに該当する場合は、収入証明書として以下のうちいずれか1点の書類を提出します。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

源泉徴収票と確定申告書に関しては、いずれも最新のものを提出する必要があり、給与明細書は直近2か月+1年分の賞与明細書を提出します。
賞与がない場合は直近2か月分の給与明細書だけでOKです。個人事業主の方は

プロミスで即日で借りる方法

プロミスは最短即日融資に対応しているので、早ければ申し込んだその日のうちに借り入れが可能です。

ただし、申し込む時間帯によっては即日融資ができず翌日以降になることもあるので注意しましょう。

振込キャッシングの場合

インターネットや電話で依頼ができる振込での即日融資を希望する場合は、金融機関が営業している平日の14時までにプロミスの契約を完了させておく必要があります。

振込キャッシングを利用する場合は、受付時間によって振込実施時間が変わってくるので注意が必要です。

  • 平日0時~9時に申し込んだ場合…当日9時30分頃に振込実施
  • 平日9時~14時50分に申し込んだ場合…受付完了から10秒程度で振込実施
  • 平日14時50分以降に申し込んだ場合…翌営業日の9時30分頃に振込実施
  • 土日祝日に申し込んだ場合…翌営業日の9時30分頃に振込実施

この振込実施時間は、振込人の名義を「プロミス」もしくは「パルセンター」にしている場合で、振込名義が異なる場合は実施時間も変わってくるため、プロミスコール(0120-24-0365)で確認した方が安心です。
元日の終日と、毎週月曜日の0時~7時は振込キャッシングサービス停止となります。

三井住友銀行の場合は毎週日曜日の21時~翌月曜日の7時もサービス停止となるため注意しましょう。

最短10秒振込対応の「瞬フリ」サービス

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、土日祝日を含む24時間(毎週日曜日の21時~翌月曜日の7時と元日を除く)、最短10秒で振込完了となる「瞬フリ」という振込キャッシングサービスが利用可能です。

瞬フリは、プロミスの公式サイトにある「会員サービス」にログインをして、振込先口座を登録後に「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」というボタンをクリックして金額を指定するだけで利用できます。

プロミスATM・提携ATMの場合

振込キャッシングで即日融資を受ける場合は平日の14時までに申し込む必要がありますが、ATMを使ったキャッシングなら14時以降の申し込みでも即日融資ができる可能性が残されています。

例えば、自動契約機は22時まで営業している店舗があるため、自動契約機を使って申し込みと契約を行う場合は21時までに申し込みを完了させれば即日融資ができる可能性があるという点が魅力です。
ただし、職場が営業時間外で在籍確認ができないなど審査状況などによっては即日融資ができないこともあるので注意しましょう。

プロミスのATMは深夜から明け方の時間帯には営業していませんが、コンビニにあるATMならほぼ24時間キャッシングができるので心強いですね。

なお、プロミスの借入れに対応している提携先(コンビニ・銀行)は以下の通りです。

【コンビニATM】

  • イーネットATM
  • ローソンATM
  • セブン銀行

【銀行ATM】

  • 三井住友銀行(ATM手数料無料)
  • ゆうちょ銀行(ファミリーマートの一部店舗にも設置あり)
  • イオン銀行(ミニストップにも設置あり)
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行(※)
  • 広島銀行(※)
  • 八十二銀行(※)

このうち(※)印の金融機関は借り入れのみの対応で返済はできません。
ゆうちょ銀行で借り入れや返済を行う場合はWeb明細に登録しておく必要があるので要注意です。

プロミスのATMや、三井住友銀行のATMを利用する場合は入出金とも手数料無料ですが、コンビニや銀行に設置されている他の提携ATMを利用すると入出金ともに以下の手数料がかかります。

  • 1万円以下…108円
  • 1万円以上…216円

ATMの営業時間は金融機関や店舗によって異なるため、お出かけ前に調べておくと安心です。コンビニや銀行の提携ATMならプロミスの利用だと分からないですみます。

カードを発行した場合はカードを使ってATMの画面の指示に従ってキャッシングが可能です。銀行のATMを操作した経験があれば操作で迷うことはないでしょう。

コンビニ設置のマルチメディア端末なら返済時の手数料が無料

コンビニのATMから返済を行うと借り入れ時と同様に手数料が発生しますが、マルチメディア端末を使って返済すると手数料無料となるのがメリットです。

対応しているのは以下のふたつの端末です。

  • Famiポート(ファミリーマート)
  • Loppi(ローソン・ミニストップ)

ローソンやミニストップに設置されているLoppiの場合、端末のタッチパネルを操作して「各種代金・料金お支払い・クレジット等のお支払い」からプロミスを選択後にプロミスカードを挿入し、金額や暗証番号を入力して確認を行い、発行された「各種収納代行申込券」を持ってレジで支払うという形になります。

申込券は発行後30分間の有効期限があるので、発行後はすぐに支払ってくださいね。日曜日の23時~月曜日の7時までの時間帯はメンテナンスで利用できません。

プロミスのカードローン

特徴

大手消費者金融と比較して最大金利が17.8%と微妙に安い。無利息を受けるにはメールアドレスの登録とWEB明細の利用が必要

実質年率 年4.5%〜年17.8% 借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分 即日融資 可能
担保・保証人 不要 パート・アルバイト 申し込みOK

お借入れシミュレーション

-キャッシング・カードローン

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.