クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

楽天ゴールドカードの特徴【年会費・ポイント・審査・付帯保険】

更新日:

楽天ゴールドカード

カードの特徴

年会費2,000円で利用できる楽天カードのゴールドカード。楽天市場でのカード利用でポイント5倍

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で5.0%)
年会費 2,000円(税別) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

楽天ゴールドカードは、手軽に持てるゴールドカードとしても人気のクレジットカードです。楽天カードの特典に加えて、空港のラウンジが年間2回無料で使えてワンランク上のリッチなサービスが利用できるのが魅力です。

楽天ゴールドカードの年会費やポイント還元率、審査や他の楽天カードとの違いについて比較してまとめてみました。

年会費について

楽天ゴールドカードの年会費は、税込2,160円となっています。他社のゴールドカードでは年会費が高額になる事もありますが、楽天ゴールドカードは比較的良心的な年会費となっています。

例えば、アメックスのゴールドカードでは年会費が税別29,000円なのでその差は歴然です。2,000円程度の年会費で空港ラウンジが無料で利用できるのは楽天ゴールドカードの大きなメリットでしょう。追加カードとして家族カードを発行した場合は、家族一人につき税込540円の年会費がかかります。

年会費無料になる条件は何か

他社のクレジットカードでは年会費無料となる事もありますが、現在のところ楽天ゴールドカードは年会費無料にはなりません。しかし、入会時に新規入会キャンペーンとして年会費以上のポイントがもらえるケースもあるため、年会費分の出費をカバーできる可能性はあります。

楽天ゴールドカード

カードの特徴

年会費2,000円で利用できる楽天カードのゴールドカード。楽天市場でのカード利用でポイント5倍

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で5.0%)
年会費 2,000円(税別) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

ポイントについて

ポイント

ポイント還元率

楽天ゴールドカードは100円の利用につき1楽天ポイントが貯まる、通常還元率1.0%のカードです。貯まったポイントは、1ポイント1円として楽天の色々なサービスで利用できるほか、電子マネーの楽天EdyやANAマイルに交換する事もできます。

ポイントの貯め方

楽天ゴールドカードには「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」というシステムがあり、楽天市場など楽天のサービスを利用するとポイント還元率がアップします。

例えば、楽天ゴールドカードを使って楽天市場でショッピングをすると、通常のポイント1倍にプラスしていつでも楽天市場の全商品がポイント3倍、更にゴールドカードは1倍のポイントも付くため、合計5倍のポイントが貯まります。楽天市場の他には楽天トラベルの利用でいつでもポイント2倍、ポイントの加盟店では最大3倍となる、ポイントが貯めやすいカードです。

街でのショッピングの際も、楽天ポイントカード機能付き楽天ゴールドカード裏面にあるバーコードを読み取る事により、楽天ポイントカード分と楽天ゴールドカードの支払い分で楽天ポイントが最大2倍貯まります。

ポイント有効期限

楽天ポイントは、通常ポイントに加えてキャンペーンなどでもらえる期間限定ポイントがあり、通常ポイントの有効期限は1年間となっていますが、期間限定のポイントは有効期限が一ヵ月程度と通常ポイントよりも短くなっています。

通常ポイントの利用期限は1年ですが、通常ポイントを獲得するごとにその月を含めた1年間、利用期限が自動的に延長になるため、定期的に通常ポイントを獲得していればそれほど利用期限を気にする必要はないでしょう。

ポイント関連記事

クレジットカードの「ポイント還元率」とは?高還元率のおすすめカードも紹介


クレジットカードのポイントをお得に交換するおすすめ方法を解説!


ポイント還元率1%以上!高還元率クレジットカードランキング


クレジットカードのポイント有効期限とは?有効期限が長いおすすめカードも紹介

審査について

申し込み資格

楽天ゴールドカードの申し込み資格は、原則として20歳以上で安定収入のある方となっています。楽天ゴールドカードには独自の審査基準があり、その基準に基づいた審査が行われます。利用可能額は最高で200万円となっていますが、審査によって利用可能額は変動します。

最短どれくらいで発行できる?

楽天ゴールドカードは申し込み手続き後、最短で約一週間後に届きます。即日発行には対応していません。カード受取りの際には本人確認書類が必要となります。

審査関連記事

クレジットカード会社が審査基準にしている「3C」と「スコアリング」とは


クレジットカード審査に影響する年齢について

付帯保険について

海外旅行傷害保険

楽天ゴールドカードには海外旅行傷害保険が付帯していて、傷害死亡や後遺障害、賠償責任で最高2,000万円の補償が受けられます。補償は利用付帯となっていて、楽天ゴールドカードでツアー代金などを支払っている必要があり、旅行中の携行品の破損にも保険が適用されます。

商品未着あんしん制度

楽天ゴールドカードの保険のひとつとして、楽天市場で商品を購入した後に店舗と連絡が取れなくなった場合、調査後に請求を取り消してくれる「商品未着あんしん制度」があり、ネットショッピングも安心して利用する事ができます。

保険関連記事

海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカード【自動付帯・利用付帯とは?】


海外に持っていくカードを選ぶなら海外旅行保険が「自動付帯」のクレジットカードがおすすめ

楽天プレミアムカードとの違いを比較

楽天プレミアムカード

カードの特徴

楽天プレミアムカードは、楽天カードが発行するクレジットカードで、ポイントが貯まりやすいことで人気の楽天カードの上位カード(ゴールドカード)

発行会社 楽天カード ポイント還元率 1.0%
年会費 10,800円(税込) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯分最高4,000万円)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

楽天ゴールドカードの上位カードに位置付けられている「楽天プレミアムカード」は、年会費が税込10,800円かかりますが、利用可能額は最高300万円となり、世界120か国・900カ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」の会員カードを無料で申し込む事ができます。

空港ラウンジでは、ドリンクサービスやインターネットサービスが無料で利用でき、トラベルデスクにも対応しているため海外旅行時のサポートも充実しています。保険も海外旅行と国内旅行の傷害保険が最高5,000万円まで補償となっているほか、ショッピング保険である動産保険も最高300万円まで付いています。ポイント還元率については楽天ゴールドカードと同じです。

楽天ゴールドカードのデメリット

ポイント還元率は低め

楽天ゴールドカードのポイント還元率は通常1.0%となっているため、ポイント高還元を謳っている他社のクレジットカードと比較するとやや低めです。ただし、楽天市場で頻繁に買い物をするという場合はポイント還元率がアップするため、使い方によってお得度が変わってきます。

国内旅行傷害保険やショッピング保険がない

楽天ゴールドカードには、国内旅行傷害保険やショッピング保険が付帯していません。これらの保険が必要な場合は、他のカードを申し込むしかありません。

海外キャッシングの手数料が高い

楽天ゴールドカードは海外でのキャッシングサービスにも対応していますが、返済方式がリボ払いに限定されているためやや高くなっています。海外でキャッシング利用する際は、使い過ぎに注意する必要があるでしょう。

楽天ゴールドカード

カードの特徴

年会費2,000円で利用できる楽天カードのゴールドカード。楽天市場でのカード利用でポイント5倍

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%(楽天市場で5.0%)
年会費 2,000円(税別) 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

-おすすめクレジットカード, 楽天カード
-, , , , ,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.