クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

楽天カードの申し込み審査では在籍確認の電話がある?

更新日:

コールセンターの女性

楽天カードはポイントの貯まりやすさや、楽天関係のサービスで還元率がアップする事でも人気があるクレジットカードです。楽天カードに限らず、クレジットカードを申し込んだ際にはカード会社による入会審査が行われますが、気にする方が多いのが職場や自宅に電話がかかってくる「在籍確認」という審査です。

では、楽天カードの審査でも在籍確認は行われるのでしょうか。学生の場合は在学確認があるのかや、バイト先に電話がかかってくるの?という疑問も解消していきます。

クレジットカード審査の「在籍確認の電話」とは?

クレジットカード審査で行われる「在籍確認の電話」とは、カードを申し込んだ方が実際に勤務先で働いているかを確かめるための審査です。

クレジットカードは信用販売で、後払いができるカードのため審査では返済能力が重視されます。中には無職で収入がないにも関わらず、働いているように装ってカードの申し込みを行う事も考えられるので、カード会社は在籍確認を行って申込者が本当に「勤務先」として記載された職場で働いているかを確かめているのです。

在籍確認ではどんな事を聞かれる?

一般的なカード会社で行われる在籍確認では、住所や氏名・生年月日といった簡単な個人情報をいくつか聞かれるぐらいで、特に難しい事を聞かれる訳ではありません。

ただし、電話口でカード会社の社名は伝えられるので、カードの申し込みを同僚に知られたくないという場合は電話を取り次いでもらうより自分で出るのが無難です。もし誰も電話に出なかった場合は改めて在籍確認が行われますが、なるべく連絡のつきやすい電話番号を記載しておきましょう。

不在で在籍確認の電話に出られなくても大丈夫?

席を外していて在籍確認の電話に出られなくても、同僚によって申込者が勤務先に在籍している事が分かればOKです。例えば、電話に出た同僚が「〇〇は席を外しています」と答えるだけでも大丈夫なので、必ずしも申込者本人が電話に出る必要はありません。

カード会社から電話がかかってくる事が分かっていれば予め同僚に話を通しておくとスムーズに在籍確認ができるでしょう。

楽天カードの審査では在籍確認は基本的にない

楽天カードの審査では、通常在籍確認はありません。楽天カードは会員の獲得を重視しているため、審査や申し込みのハードルを下げている事が考えられます。

在籍確認を行うには担当者を増やす必要があり、コストも時間もかかるため「8秒に1回の申し込みがあるカード」として知られる楽天カードで全ての申し込みに対して在籍確認を行う事は現実的ではないでしょう。

楽天カードの審査で在籍確認が行われるケース

楽天カードで在籍確認が行われるケースを以下にまとめました。

申し込みに記載ミスなどの不備があった場合

楽天カードの申し込みはインターネットから行いますが、申し込みフォームに入力した内容が間違っていた場合は在籍確認が行われる事が多いため要注意です。

中でも住所が間違っているとカードが届かないばかりか、カードの不正申し込みを疑われる恐れもあるため細心の注意を払って間違えないように記載しましょう。勤務先に関する情報も記載ミスがないように、名刺などを見ながら入力するのがおすすめです。

また、生年月日と年齢が一致しないなどの場合もカード会社から不審に思われるため、送信前に入力内容をしっかりと確認しておきましょう。

転職などで勤務先が変わっている場合

すでにクレジットカードを持っていて、新しく別のカードを申し込んだ場合なども基本的に在籍確認は行われませんが、転職をした場合は在籍確認が行われます。カードやローンの利用履歴(クレヒス)は個人信用情報機関という機関に記録されていて、カードの入会審査の際に照会されます。クレヒスを照会した際に、カードを申し込んだ後に転職をした事が分かると返済能力に関わってくるため、改めて在籍確認が行われるのです。

転職をしていて楽天カードの申し込み時に在籍確認を避けたい方は、すでに持っているカードの勤務先情報を前もって変更しておきましょう。
ほとんどの場合、カード会社の公式サイトにある会員専用ページから登録している情報の変更ができます。

高い限度額(利用可能額)を希望した場合

楽天カードの限度額(利用可能額)は最高100万円、楽天ゴールドカードの限度額は最高200万円ですが、高い限度額を希望した場合にも在籍確認が行われる確率が上がります。

限度額は個別に設定されるため、低額であれば在籍確認が行われる可能性は低いのですが、限度額の100万円に近い金額を希望した場合は在籍確認が行われるケースもあるため注意しましょう。

クレヒスがない「スーパーホワイト」やブラック明けの「ホワイト」の場合

カードやローンの利用履歴であるクレヒスがある場合、審査時の判断材料となるため楽天カードの申し込み時にも在籍確認が行われない事が多いのですが、全くクレヒスのない「スーパーホワイト」や、債務整理を行った結果クレヒスが残っていない「ホワイト」の方が高い限度額を希望した場合も在籍確認が行われる事があります。

カードやローン以外にも、携帯電話(スマホ)本体の分割払いも割賦契約としてクレヒスの対象となるため、過去にきちんと返済をしていれば良いクレヒスが残っているので大丈夫です。

スーパーホワイトだとクレジットカードの審査に通らない?

学生の場合は在学確認がある?

申込者が学生の場合、在学確認はありません。これは学生向けのクレジットカードでも同様で、カード会社から学校に電話がかかってくる事はないので安心して下さい。

未成年の場合は「親権者の同意確認」がある

学生の場合、在学確認はありませんが、未成年の方がカードを申し込むと「親権者の同意」が求められるためカード会社から電話がかかってきます。これは、未成年者が法律行為である契約を行うには親権者の同意を得る事が民法で定められているためです。

楽天カードの場合も直接親権者に電話をかけて申込者がカードを作る事に異議がないかを確認しているので注意しましょう。

18歳~19歳の未成年がクレジットカードを作るなら親権者(親)の同意が必須!

アルバイトの場合はバイト先に電話がかかってくる事も

アルバイトをしている場合、バイト先にカード会社から在籍確認の電話がかかってくる事があります。

楽天カードは基本的には在学確認のないカードですが、先ほど「楽天カードの審査では在籍確認がある?」で触れた項目に引っかかった場合は電話がかかってくる可能性があるので注意が必要です。

学生のうちはアルバイトをしていても「学生」で申し込む

学生のうちは収入がなくてもカード審査に通るようになっているので、アルバイトをしている収入のある学生でも職業欄は「学生」で申し込む方が審査通過の可能性はアップします。

これは、学生が申し込んだ場合は親が審査の対象となるためで、親が延滞や金融事故を起こして個人信用情報機関やカード会社でブラックリスト入りしているなど、余程の事情がなければ学生は審査に通ります。

楽天カードの特徴

楽天カード

カードの特徴

5,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

「8秒に1人が申し込むカード」としても知られる楽天カードは顧客満足度9年連続No.1に輝いた人気のポイント高還元率カードです。
年会費永年無料で通常ポイント還元率は1.0%・楽天トラベルは2%・楽天市場のショッピングは3%のポイントが付与されるのが魅力。

街の加盟店でも還元率がアップし、貯めたポイントの使い道も豊富で電子マネーの楽天EdyやANAマイルにも交換できます。
最高2,000万円まで補償される利用付帯の海外旅行保険もあり、海外旅行にもおすすめです。

楽天カードの特徴【ポイント還元率・年会費・審査・デメリットなど】

-楽天カード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.