クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

クレジットカードの利用限度額とは?限度額の上限を上げる方法

更新日:

クレジットカードを使い始めて慣れてくると、買い物や公共料金の支払いなどにどんどんクレジットカードを使うようになって、いざ大きな買い物をしたいという時に、限度額が足りなくて買えなかったということも出てきます。
使える上限がもう少しあると便利なのにな、と思ったら利用限度額の引き上げにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ここでは、利用限度額についての基礎知識から、利用限度額を上げる方法について詳しく説明していきます。

クレジットカードの利用限度額とは?

クレジットカードの利用限度額とは、この金額までなら利用していいですよという上限額のことで、作ったクレジットカードの利用限度額が50万円となっていれば、50万円までは好きに使うことができるという仕組みです。
会社によっては、ショッピング枠や利用限度枠と表記するものもありますが、いずれの場合も使える金額の上限をあらわす言葉で、利用限度額と同じ意味を持っています。

限度額の計算方法

利用限度額は、同じ会社のカードを作れば誰でも同じ金額というわけではなく、個人によって金額が違っており、クレジットカードを申し込みした際に、その人の信用力を審査した上で、利用限度額がいくらになるのかを決めています。

そのため、同じクレジットカードを作成したとしても、限度額が20万円の人もいれば、100万円という方まで存在するので、個人によって利用できる金額が全く異なります。

限度額の決まり方

実は利用限度額は、クレジットカードのグレードによっても違いがあります。
年会費が無料だったり、比較的安価のものほど利用限度額は低く設定されており、ステータスカードと呼ばれるゴールドカードやプラチナカードになるほど、利用限度額は高く設定されています。

クレジットカードのグレードごとの利用限度額の目安は以下です。

カードのグレード 利用限度額
学生カード 10~30万円
年会費無料カード 10~50万円
一般カード 10~50万円
低年会費ゴールドカード 10~100万円
ゴールドカード 30~100万円
プラチナカード 100~300万円

クレジットカードを毎月使って、支払いの滞納や遅延などないよう気をつけて利用実績を積み上げていけば、信用力が付き限度額は引き上げされていきます。

利用実績を積むことで一般カードからゴールドカードやプラチナカードへのランクアップが可能となり、カードのグレードがあがれば利用限度額も自ずとあがるので、時間はかかりますが利用限度額を引き上げるために、ランクアップを目指すというのも1つの手です。

利用限度額を上げる方法

クレジットカードの利用限度額を上げる方法について解説していきます。

電話またはwebから申請が可能

利用限度額を簡単に上げる方法として、クレジットカード会社に直接申請する方法があり、電話で申請する方法とwebから申請する方法の二通りがあります。
電話が一番簡単な方法ではありますが、仕事の都合でなかなか営業時間に連絡することができないといった場合や、電話をするのは手間という方はwebからの申請がいいでしょう。

利用しているクレジットカードの公式サイトにログインをして、大体の場合は「ご利用可能枠変更のお申込み」という項目があるので、そこから申請を行います。
会社によっては、webからの申請が不可な場合もあるので、その場合は電話での申請になります。

増枠申請には審査がある

電話またはwebから増枠申請を行ったあとは、クレジットカード会社側で審査があります。

審査の内容としては、これまでの利用履歴を確認するというものになりますが、この審査に落ちる方も少なからずいて、他のクレジットカードや消費者金融などの返済状況がよくないという状況であれば、増枠申請をしたことをきっかけとして、クレジットカードを強制解約されてしまうというケースもあります。
そのため、増枠申請をするまでに、他社も含めしっかりと利用実績を積んでおく必要があります。

大きい出費がある場合は一時的に増枠可能

恒久的な増枠申請以外に、大きな出費がある時のために一時的な増枠をお願いするという方法もあり、結婚式・引越し費用・出産費用・海外旅行など、目的があって増枠が必要な場合に申請を行います。

申請の方法は、恒久的な増枠と同じく、電話またはwebからの申請となっていて、使用用途・日時・金額などを聞かれるので、事前に整理してから申請するようにしましょう。
一時的な増枠の申請にも審査がありますが、恒久的な増枠よりも審査は厳しくありませんので、比較的簡単に引き上げを承認してくれるケースが多いです。

審査の時間は、ほとんどが早ければ30分~1時間程度、遅くとも当日中に結果がでますが、急を要するということであればクレジットカード会社にその旨を伝えると、柔軟に対応してくれます。

増枠ではなく新たにクレジットカードを作る方法もある

信用力に自信がないという方や、利用実績を積むまでの時間がないという方は、一番手っ取り早い方法として、クレジットカードを新たにもう1枚作ってしまうという方法もあります。
ただし、借入総額が原則、年収等の3分の1までに制限される総量規制によって、利用限度額が少額となる可能性が高いので、それでもいいという方向けになります。

ACマスターカードがおすすめ

アコムACマスターカード

カードの特徴

アコムが発行する年会費無料のクレジットカード。最短即日発行可能で、20歳を超えていればパート・アルバイトの人でも働いていれば審査OK。利用金額から0.25%キャッシュバック

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー なし ポイント なし

ACマスターカードは、年会費無料のカードでありながら即日発行が可能で、急な海外出張などで、すぐにでも利用したいという方にもオススメできます。

キャッシング枠とショッピング枠を合わせて限度額は最高800万円まで利用が可能で、国際ブランドはシェア率の高いMastercardなので国内はもちろん海外で利用できる店舗が多く、支払いに困ることはありませんので、1枚は持っておいて損はありません。

ポイントプログラムや付帯保険などがないことがデメリットではありますが、年会費無料なので使わずにただ持っているだけでは一切料金はかからないため、メインで利用しているクレジットカードの利用限度額が足りなくなった時など、いざという時のサブカードとして保有しておくのにも適しています。

消費者金融系のクレジットカードであるため、一般的なクレジットカードより審査難易度が低めで、比較的審査に通りやすいことも魅力の1つです。

-利用限度額

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.