クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

債務整理をするとクレジットカードが作れなくなる!作れない期間はいつまで?

投稿日:

日々の生活には欠かせないクレジットカードですが、債務整理をするとカードを作れなくなることをご存知ですか?

債務整理をするとなぜクレジットカードが作れなくなるのかや、債務整理をして何年経てばクレジットカードが作れるようになるのかという疑問を解消しながら、債務整理をしてクレジットカードが作れない方向けにおすすめのカードをご紹介します。

債務整理には様々なデメリットがある

自己破産や任意整理、個人再生といった「債務整理」を行うと、一定期間借り入れが制限されたり、官報公告といって国が発行している広報誌である官報に掲載されて個人情報が業者に晒されてしまう恐れがあるなど様々なデメリットがあります。

自己破産を行うと、開始決定と免責決定となった後の2度にわたって官報公告が行われますが、官報には債務者の氏名(フルネーム)やマンション名・部屋番号を含めた詳細な住所が掲載されるため、消費者金融業者からダイレクトメールが届くことも考えられるのです。

その中でも身近なデメリットともいえるのが「クレジットカードが作れなくなる」というもの。クレジットカードはネットショッピングや公共料金の支払いなど、今や生活には欠かせない存在なので、クレジットカードが使えないのは大きなストレスとなり得るでしょう。

債務整理を行うと今持っているクレジットカードはどうなる?

債務整理の種類によっては、今持っているクレジットカードが強制解約となって使えなくなってしまいます。

クレジットカードが強制解約となるのは「自己破産」と「個人再生」で、任意整理については高額な残債がある場合は強制解約の対象となりますが、使っていないカードや、残債が少額のカードは強制解約とならない場合もあります。

ただし、クレジットカードの更新時には審査(与信調査)があるため、後々使えなくなるケースもあるため要注意です。

債務整理を行うとクレジットカードが作れなくなる理由

ブラックリスト

クレジットヒストリー(クレヒス)に傷が付く

債務整理を行うとクレジットカードが作れなくなる理由は、信用力や返済能力に問題があるとされてカード会社の審査に通らなくなるためです。

クレジットカードを申し込むと、カード会社による入会審査が行われますが、その際に「個人信用情報機関」という専門の機関に記録されている「クレジットヒストリー(クレヒス)」が参照されます。
クレヒスとは、クレジットカードやローン・携帯電話の割賦販売の申し込みや利用に関する履歴のことで、契約・利用したものが正しく返済されているかをチェックされるのです。
クレヒスには自己破産などの債務整理に関する情報も記録されているため、カードの入会審査の際に金融事故が発覚すると審査落ちの原因となってしまいます。

カードやローンで延滞を起こしたり、債務整理を行ったりするとクレヒスに「異動」という事故記録が残りますが、これが俗にいう「ブラックリスト入り」の状態です。
国内にはCIC・JICC・KSCという3つの個人信用情報機関があり、複数の個人信用情報機関に加盟しているカード会社もあります。

カード会社に官報の情報がチェックされる

カード会社によっては官報公告をデータベース化して、入会審査の際に官報の情報がチェックしている場合があります。

官報公告がチェックされるカード会社は以下のように少なくないため注意が必要です。

  • エポスカード
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • JCB
  • セディナ
  • 三井住友カード
  • 三菱東京UFJ
  • ライフカード

官報には紙で発行されるものとインターネット版の2種類があり、インターネット版の官報は30日間無料で公開されます。

有料会員になると過去にさかのぼって日付やキーワードで検索できるようになり、昭和22年から直近のものまで官報公告を閲覧できるため、過去に債務整理を起こしているとカードの入会審査に通りづらくなるのです。

債務整理を行ってブラックリストが消えるまでの期間

では、債務整理を行うと何年間ブラックリスト入りの状態が続くのでしょうか。その答えは「最長10年」です。

先述のとおり国内には3つの個人信用情報機関がありますが、機関によってブラックリスト入りの状態である「異動」の情報が消えるまでの年数が違います。
任意整理・特定調停・個人再生は完済後各5年間で同じですが、自己破産に関してはCIC・JICC・KSCでブラックリストが消えるまでの期間が異なるので注意しましょう。

  • CIC…7年間
  • JICC…5年間
  • KSC…10年間

3つの個人信用情報機関のうち、完済してからブラックリスト入りの状態が解消されるまでにかかる期間が「10年」で最長となるのがKSC(全国銀行個人信用情報センター)です。
KSCの主な加盟会員は銀行や信用金庫といった金融関係の企業ですが、アメリカン・エキスプレス(アメックス)など一部カード会社も加盟しています。

3つの個人信用情報機関ではそれぞれの情報が共有されているため、一度トラブルを起こすとどの会社のカードも作りづらくなってしまうので注意が必要です。

クレジットカードを使いたい人のための代替案

債務整理を行った方はクレジットカードを作るのが難しいため、別の方法を検討する必要があります。
ここでは、債務整理を行ってブラックリスト入りしている期間でも使えるカードをご紹介していきますので参考にしてください。

デビットカード

デビットカードとは、即時払い方式の料金支払い用カードです。
銀行口座と紐付けして預金残高または自分で設定した金額の範囲内で利用でき、使ったその場で代金が引き落とされます。

イオン銀行など一部のカードを除いて審査なしで作れて、VISAやJCBといった国際ブランド付きのデビットカードはクレジットカードと同様に加盟店で使えるので、クレジットカードの代わりとして利用可能です。

国際ブランドが付いていない「J-Debit」という種類のデビットカードもありますが、加盟店が少なく利用しづらいので、作るなら国際ブランド付きのデビットカードをおすすめします。

デビットカードの作り方は難しくありませんが、デビットカードの発行に対応している銀行の口座を持っている必要があるので注意しましょう。
新たに口座を開設する場合は、免許証などの身分証明書と印鑑を用意して店頭やインターネットで口座開設の手続きを行う必要があります。

おすすめデビットカード「楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)」

楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)

カードの特徴

16歳以上から作れる年会費永年無料のデビットカード。ブラックや無職の人でも「審査なし」で作れる、クレジットカードと同様にポイントも貯まるカード

発行会社 楽天銀行株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 2,160円(税込) 付帯保険 ショッピング保険
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

審査なしのデビットカードを作りたい人におすすめなのが、楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)です。

楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)は、楽天カードと同じ楽天銀行株式会社が発行するデビットカードで、楽天市場や楽天トラベルといった楽天系のサービスで利用することでポイントがお得に貯まるカードです。

デビットカードでも審査に落ちる可能性があるカードもありますが、楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)は公式サイトで「入会審査不要!」「審査なし」と明確に記載してあるので審査に落ちる心配のない、誰でも作れるカードです。

▼さらに楽天銀行デビットカードの特徴について知りたい方はこちら

16歳から審査なしで作れる「楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)」の特徴

家族カード

家族カードとは、カード会員の家族に対して発行されるクレジットカードです。

家族カードの発行に対応しているクレジットカードを持っている家族がいれば発行でき、審査はカードを持っている本会員に対して行われるためブラックでも作れます。
カードによっては本会員同様の特典を受けられるのがメリットで、年会費が有料のカードも家族カードの場合は年会費が割安に設定されているのでお得です。

家族カードが発行できる条件はカードによっても異なりますが、生計を同一にしていれば別居していても発行できるケースもあります。
ただし、本会員が延滞などのトラブルを起こしてクレヒスに「異動」の情報が残っている場合は家族カードの審査通過が厳しくなるので注意しましょう。

家族カードはインターネットで申し込めますが、申し込みには本会員のカード情報や会員情報が必要になるため、必ず本人の了承を得てから申し込んでください。

家族カードの作り方

-クレジットカード審査
-

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.