メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

クレジットカードを持っている人たちのカード

人気クレジットカードランキング【2019年最新版】みんなのおすすめ最強カードは?

クレジットカードを作りたい時、選び方の参考になるのがインターネットの情報ですが、「クレジットカード人気ランキング」は広告が絡んでいて実態を反映していない場合があるため要注意です。 ここでは、当サイトが ...

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職やブラックでも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生が審査に通りやすい理由とは?

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

セブンカード・プラスは学生や未成年でも作れる?審査落ちの理由や審査対策についても

投稿日:

セブンカード・プラス」は、セブン&アイ・ホールディングスグループのセブン・カードサービスが発行するクレジットカードです。
申し込み資格は「18歳以上で、本人または配偶者に継続して安定した収入がある方、18歳以上で学生の方」となっているため、学生や未成年でも作ることができます。

ここでは、セブンカード・プラスを例に、クレジットカードで審査落ちする理由(原因)と対策を解説しながら、セブンカード・プラスの特徴とメリットについてもまとめました。

セブンカード・プラスは学生や未成年でも作れる

OKサインをする女性

セブンカード・プラスの申し込み資格(申し込み条件)

セブンカード・プラスの申し込み資格(申し込み条件)は以下の通りです。

「原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方、18歳以上で学生の方(高校生除く)※未成年または学生の方は、お申込みの際親権者同意書が必要です」

このように、高校を卒業した18歳以上の方であれば学生や未成年でもセブンカード・プラスを申し込むことができます。
高校を卒業して社会人になった方であれば安定収入が求められるため、無職で収入がない状態では審査に通りません。

また、フリーターなど収入が安定していない方も審査通過が厳しくなる傾向があります。
大学生や専門学校生など、学生であればアルバイト収入なしでも審査通過が可能です。
これは、学生の場合は親族の収入を含めた審査が行われるという理由と、将来的に長期間に渡ってカードを利用してくれる可能性のある学生に入会してもらいたいというカード会社の思惑もあり、学生は審査の際に本人収入が重視されないためで、収入ゼロの状態でも学生であれば審査落ちすることはまずないでしょう。

セブンカード・プラスは本人収入がなくても配偶者に収入があれば作れるカードなので、配偶者の収入に問題がなければ専業主婦でも審査に通ります。

未成年者は親権者の同意が必要

親に内緒でクレジットカードを作りたいという方もいるかと思いますが、未成年者がセブンカード・プラスを申し込む際には親権者の同意が必要です。
これは、未成年者単独では契約などの法律行為ができないためで、どのカード会社でも親権者の同意なしでカードを作ることはできません。

未成年者が単独で行った法律行為は後で取り消すことができると定められているため、親権者の同意を得ることによって取消を無効とし、カード会社の利益を守っているのです。
ただし例外として、結婚をしている方(既婚者)であれば婚姻をもって未成年でも成年としてみなされるため親権者の同意は必要ありません。
一般的にはカード会社から親権者の元に電話がかかってきて直接同意確認をしたり、同意書に親権者が署名を行い、書面で同意確認を行います。

セブンカード・プラスの場合は同意書(書面)に親権者が署名を行い、発行手続きの際にはカード会社から連絡があるので注意しましょう。
未成年者が親権者になりすまして同意書に署名を行ったり、電話に応対するなどカード会社を騙す行為は犯罪となり、今後一切カードを作れなくなる恐れもあるため絶対にやめてください。

学生がセブンカード・プラスを申し込む際に必要なもの

学生がセブンカード・プラスを申し込む場合は、本人確認書類や親権者同意書の他に「学生証のコピー」が必要です。
20歳以上で成人している場合でも学生証のコピーは必要となるので予め用意しておきましょう。

セブンカード・プラスの審査通過のための対策

信用情報がブラックの場合は審査通過が厳しくなる

申し込み資格を満たしているのに審査落ちしたという時に考えられるのは、信用情報(クレジットヒストリー)に問題があるケースです。
信用情報とは、信用情報機関という専門機関が記録や管理をしているカードやローンを利用した際の履歴で、クレジットカードの入会審査の際には過去に滞納などのトラブルを起こしていないかをチェックします。

もし、この時に過去のトラブルが発覚すると審査落ちの恐れが出てくるため気を付けてください。
例えば、61日以上または3か月以上の滞納を起こすと信用情報に「異動」という記録が残り、いわゆるブラックリスト入り(ブラック)の状態となってしまいます。

ブラックになると5年間はカードやローンの審査に通らなくなるため要注意です。
一度なってしまったブラック状態を取り消すことはできないので、情報の保有期間(5年間)が過ぎるのを待つしかありません。

携帯電話料金(スマホ代)の延滞に要注意

近頃、カードやローンは利用したことがないのに信用情報に問題があるケースが増えています。
実は、信用情報はカードやローンだけでなく、携帯電話料金の延滞も含まれているからです。
これは、スマホなど携帯電話の本体を分割払いで購入した際にも「割賦契約」として信用情報に記録されるためで、携帯電話の本体代金を月々の料金と一緒に支払っていて延滞した場合もブラックになる恐れがあります。

実際に料金を支払っているのは親でも、携帯電話の名義が子供の名前になっている場合は子供の信用情報として記録されるため、延滞を起こしたことがあるとカードやローンの審査に通らないというケースもあるのです。
例外として、携帯電話の本体を一括払いで購入した場合は信用情報には記録されないため、携帯電話料金をカード払いにして延滞を起こさない限りは問題ありません。

過去に親がセブン&アイ・ホールディングス系列の会社でトラブルを起こしている場合は注意

過去に親がセブン&アイ・ホールディングス系列の会社でトラブルを起こしたという場合にも注意が必要です。
信用情報機関が保有している信用情報の他にも、カード会社には社内データベースとして利用状況の履歴が残っているため、過去に親がトラブルを起こしている場合、社内ブラックとなり子供のカード審査にも影響が出る恐れがあります。

セブン&アイ・ホールディングスの系列会社は多く、イトーヨーカドーやそごうなどのスーパーや百貨店、専門店などの提携カードも数多く発行しているため、これらのカードで滞納などを起こしている場合は要注意です。
信用情報機関の信用情報は5年~10年という保有期間がありますが、カード会社の社内ブラックは半永久的に情報が残ってしまう点にも気を付けてください。

親が系列会社でトラブルを起こしているのであれば、関係がない会社のカードを申し込む方が無難です。

短期間に複数のカードを申し込むと「申し込みブラック」になる

早くカードを作りたいからといって、次々と申し込むと「申し込みブラック」になり審査落ちのリスクが高まるため注意が必要です。

申し込みブラックとは、短期間に複数のカードを申し込むとお金に困っているのでは?と疑われたり、キャンペーン目的での入会を疑われて審査に通らなくなる状態のことで、目安として1か月に3枚のカードを申し込むと申し込みブラックになる恐れがあります。
カード会社からすれば、複数のカードを申し込んで返済が滞る恐れのある申込者にはカードを発行したくないと考えるのは自然なことでしょう。

申し込みブラック対策は、1か月に申し込むカードの枚数は2枚までにとどめることです。
申し込みブラックになった場合は、信用情報からカードの申し込み情報が消える6か月間開けてから改めて申し込みを行ってください。

申し込み時に記入ミスや虚偽記載がないようにする

記入ミスなどの些細なミスでも審査落ちの恐れが出てくるため、申し込みの際には注意する必要があります。
例えば、審査の際には本人確認の一環や書類に不備があった際などにカード会社から電話がかかってくることがありますが、電話番号を間違えて記入していた場合、連絡が取れないため審査に影響が出てくるのです。

実際には無職で収入がないのに働いていると嘘をつくなど、虚偽記載(虚偽報告)を行ってカード会社を騙す行為もペナルティとして永久的に審査に通らなくなる恐れがあるため、カードを作りたいからといって嘘をつくのはやめてください。

一人暮らしの場合は申し込み時の住所に注意する

カードを申し込む際に迷うのが住所の書き方です。
親元を離れて一人暮らしをしている場合、本人確認書類の住所は実家のままで、現住所は別というケースも多いですが、本人確認書類に記載されている住所と申し込み時に記入する現住所が異なる場合は、現住所が記載された以下の書類のコピーを郵送することで対応できます。

  • 国税または地方税の領収書または納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書

公共料金の領収書として使えるのは、電気・水道・都市ガス・NHK・固定電話で、携帯電話の領収書や水道の検針票などは使えません。
上記の書類はいずれも発行日付から6か月以内で本人名義のものに限ります。

キャッシング枠を希望しないで申し込む

キャッシング枠を希望すると審査が厳しくなるため注意してください。
キャッシング枠とは、クレジットカードを使ってお金を借りられる機能のことで、キャッシング枠を希望すると貸金業法に基づいた審査が加わるので審査が厳しくなるのです。

貸金業法には「総量規制」といって収入の3分の1以下に借り入れを制限する制度もあるため、収入が少ない方や収入がない方はキャッシング枠を付けられない場合もあります。
キャッシング枠を希望しない(「なし」または「0円」で申し込む)と、割賦販売法に基づく審査だけで済むので、審査通過率をアップさせたい場合はキャッシング枠を希望しないで申し込んだ方が良いでしょう。

キャッシングを利用したい場合は、カードを発行した後に改めて審査を受けてキャッシング枠を設定することもできます。

学生がセブンカード・プラスを持った場合の限度額

収入がない(少ない)学生がセブンカード・プラスを持った場合、限度額は10万円~30万円になることが予想されます。
これは、限度額(利用可能枠)が30万円以下のカードであれば、申込者の年収から生活維持費などを除き、無理のない範囲で返済が行える金額とされる「支払可能見込額」の調査義務が免除されるためです。

学生や専業主婦で収入がない(少ない)場合は、親族や配偶者の収入と合算して支払可能見込額を算定できるため、収入がゼロでもクレジットカードを作ることはできます。
学生でもアルバイトなどで多くの収入を得ている場合は30万円以上の限度額が持てる可能性はありますが、限度額はカード会社が設定するもので個人差があるためケースバイケースです。

セブンカード・プラスの特徴

セブンカード・プラス

カードの特徴

セブン&アイ・ホールディングスグループのセブン・カードサービスが発行する流通系カード。nanaco一体型カードと紐付型カードの2種類があり、クレジットカードからのオートチャージにも対応。通常ポイント還元率0.5%、セブンイレブンやイトーヨーカドーで還元率がアップする特典も。2019年7月1日以降の新規入会分から年会費無料に。

発行会社 セブン・カードサービス ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 ショッピング保険最高100万円(海外)
電子マネー nanaco、QUICPay(nanaco) ポイント nanacoポイント

おすすめポイント

  • 電子マネーのnanacoが使える!チャージでポイントも貯まる
  • セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで還元率アップ!
  • 8のつく日はイトーヨーカドーが5%OFF!

電子マネーのnanacoが使える!チャージでポイントも貯まる

キャッシュレス決済を使いたいという時にもセブンカード・プラスは向いています。

セブンカード・プラスの特徴は、電子マネーの「nanaco」が使えるという点です。
「nanaco一体型」と「nanaco紐付型」という2種類のカードがあり、一体型ならクレカとnanacoが1枚になっているため財布の中でかさばらず、紐付型なら手持ちのnanacoカードやnanacoモバイルを利用できるというメリットがあります。
セブンカード・プラスからnanacoにクレジットチャージすると0.5%、支払い時にも0.5%のnanacoポイントが貯まるため、合計1.0%還元となりお得です。

また、セブンカード・プラスならnanacoへのオートチャージにも対応しているので残高不足になる心配もありません。

セブンイレブンやイトーヨーカドー・ビックカメラなどで還元率アップ!

セブンカード・プラスの通常ポイント還元率は0.5%とクレジットカードとしては平均的ですが、セブン&アイグループのコンビニやスーパー、ファミリーレストランで還元率がアップするのがメリットです。

セブンイレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズ・西武百貨店・そごう・アリオ・セブンネットショッピング・ビックカメラ・ENEOSでは還元率が1.0%にアップするため、コンビニでお菓子や弁当を買う時や、友達同士で食事をする時もお得になります。
セブンイレブンなら全国に多くの店舗があるため利用しやすい点も魅力です。

8のつく日はイトーヨーカドーが5%OFF!

8日・18日・28日の8のつく日はイトーヨーカドーの「ハッピーデー」で、ほとんど全ての商品が5%OFFの割引価格で購入できます。
例えば、食材や日用品のまとめ買いや、衣料品や暮らしの品も5%OFFになるので節約にもなるでしょう。
近くにイトーヨーカドーがあり、頻繁に買い物をするという方ならセブンカード・プラスを作って損はないでしょう。

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-セブンカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.