メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職でも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード作りのよくある疑問を徹底解説!バナー

クレジットカードの作り方・申し込みの流れ

FP監修者 (株)Money&You代表取締役マネーコンサルタント頼藤 氏 初めてクレジットカードを作ろうとしている方は、どうやったら作れるのか、どこで申し込んだらいいのか、申し込みには何が必要なのか ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

セブンカード・プラスのゴールドカードを取得する方法!ゴールドにするメリットについても

投稿日:

セブンカードプラス ゴールド

セブンカード・プラスのゴールドカードである「セブンカード・プラス(ゴールド)」を作りたいと思っても、インビテーション(招待状)が必要なカードで一般募集をしていないため、自分で申し込むことはできません。

ここでは、セブンカード・プラスのゴールドカードを取得する方法(インビテーションが届く条件)を分かりやすく解説しながら、セブンカード・プラスとの違いを比較していきます。

インビテーション(招待状)が必要なクレカとは?

クレジットカードには、誰でも申し込めるカードと、一般募集がされておらずインビテーション(招待状)が必要なカードがあります。
誰でも申し込めるカードであればインターネットや店頭窓口などでカードを申し込むことができますが、一般募集されていないカードはインビテーションがなければ申し込むことができません。

誰でも申し込めるカードは年会費無料カードや一般カードに多く、インビテーションが必要なカードはゴールドカード以上のグレードが高いカードに多い傾向があります。

【誰でも申し込めるカード】

  • イオンカード
  • セブンカード・プラス
  • JCB一般カード

【インビテーション(招待状)が必要なカード】

  • イオンゴールドカード
  • セブンカード・プラス(ゴールド)
  • JCBゴールド ザ・プレミア

上記のカードは一例ですが、一般カード(下位カード)の利用状況に応じて上位カードのインビテーションが送られてくるのが一般的です。
招待状の発行にも条件があるため、カード会社が設定した条件をクリアしていない場合は一般カードを利用していてもインビテーションは届かないので注意しましょう。

直近1年間のカードショッピング利用が100万円以上であれば発行されるという「イオンゴールドカード」のように、インビテーションが届く条件を公表しているカード会社もありますが、公表されていない場合は実際にカードを発行した人の口コミなどを参考にするしかないのが現状です。
カード会社が設定する条件をクリアするとインビテーションが送られてくるので、案内に従って郵送などでカードの申し込み手続きを行います。

セブンカード・プラスのゴールドカードを取得する方法

セブンカード・プラスのゴールドカードである「セブンカード・プラス(ゴールド)」の入手条件は公表されていません。
しかし、インターネット上の情報からある程度は推測することができます。

  • セブンカード・プラスの年間利用額が100万円以上
  • セブン&アイグループの店舗で毎月5万円以上(年間60万円以上)の利用がある

ひとつ目の「年間利用額100万円」のクリアには、1か月あたり83,000円以上の利用が求められます。
公共料金やスマホ代、食費、被服費など様々な支払いをセブンカード・プラスに集約すれば達成は難しくないでしょう。

ふたつ目の「セブン&アイグループの店舗で毎月5万円以上(年間60万円以上)の利用」は、セブンイレブンだけで達成しようとすると1日あたり1,666円以上の利用が求められるのであまり現実的ではありません。
イトーヨーカドーやヨークマートなど、セブン&アイグループのスーパーで食料品や日用品などを購入するのが近道です。

nanacoのクレジットチャージは対象になる?

セブンカード・プラス(ゴールド)のインビテーションが届いたという口コミの中には、利用額の多くが電子マネーのnanacoへのクレジットチャージだったというケースもありました。
このため、nanacoへのクレジットチャージもインビテーションの条件となる年間利用額の集計対象となっていることが考えられます。

nanacoにチャージする際の注意点

セブンカード・プラスからnanacoへのクレジットチャージは5,000円以上1,000円単位で、30,000円までという制限があり、上限額は50,000円となっている点には注意してください(ケータイ版nanacoモバイルアプリの場合は29,000円まで)。
nanacoに初めてクレジットチャージを行う場合、事前登録と本人認証サービスへの登録が必要となります。

セブンカード・プラスはnanacoへのクレジットチャージで0.5%・支払いでも0.5%のポイントが貯まり、合計1.0%還元となりお得です。
nanacoは税金や公共料金の支払いにも使えますが、この場合に貯まるのはクレジットチャージ分の0.5%だけで、支払い時のポイントは貯まりません。

セブンカード・プラスの利用額の集計期間はいつ?

インターネット上には3月にセブンカード・プラスを発行して、その後100万円利用・セブン&アイグループの店舗で60万円以上利用という条件を満たして9か月でインビテーションが届いたという情報もありました。
利用額の集計期間は入会月を基準とした1年間ではなく、カード会社が集計期間を設定している可能性もありますが、集計期間は5月~翌年4月や10月~翌年9月が対象になっているなど複数の説があり、はっきりとはしていません。

なお、セブンカード・プラス(ゴールド)のインビテーションが送られてくる時期は年末のため、下半期にセブンカード・プラスを発行した場合は、翌年の年末にインビテーションが届くことも考えられるでしょう。

クレジットカードやローンで滞納を起こさないように注意

いくら年間100万円以上利用していても、滞納を起こしているようではインビテーションは届きません。
あくまでも、滞納や未払いなどのトラブルを起こさず「良いお客さん」でいた場合にインビテーションは送られてくるものです。

カード会社では入会審査の他にも「途上与信」といって、カードやローンなどの利用状況のチェックを行うケースがあるため、他社のカードやローンで滞納を起こした場合も信用情報(クレジットヒストリー)に傷が付き、セブンカード・プラス(ゴールド)のインビテーションに影響が出る恐れがあるので注意してください。

セブンカード・プラス(ゴールド)のインビテーションが届く流れ

セブンカード・プラス(ゴールド)のインビテーションはいつ届くかというと、12月中旬です。Twitter上には12月13日や12月14日にゴールドカードのインビテーションが届いたというツイートが複数見られたので、個々にではなく一斉に発送されていることが考えられます。

ゴールドカード申し込みの締め切りは12月31日となっていて半月程度しかないので、インビテーションが届いたらすぐに開封して案内を確認しましょう。
申し込み手続きは郵送で行い、申し込み後約1か月でゴールドカードが届きます。

ゴールドカードに切り替えるメリット

■セブンカード・プラスとセブンカード・プラス(ゴールド)の違い

セブンカード・プラス
(一般カード)
セブンカード・プラス
(ゴールドカード)
年会費 2019年7月1日以降の新規入会は無料
(2020年1月10日支払い分から年会費無料・通常2年目以降500円)
永年無料
家族カード年会費 無料(2020年1月10日支払い分より) 無料
限度額 10万円~80万円 10万円~150万円
ショッピング保険 海外のみ
(90日・最高100万円)
※自己負担10,000円/1事故
海外・国内
(90日・最高100万円)
※自己負担5,000円/1事故

一般カードの「セブンカード・プラス」と、ゴールドカードの「セブンカード・プラス(ゴールド)」の違いを一覧表形式で比較してみました。
どちらのカードも国際ブランド(VISAまたはJCB)やカードタイプ(nanaco一体型・nanaco紐付型)、ポイント還元率(0.5%)は同じですが、年会費・限度額・ショッピング保険に違いがあります。

年会費が永年無料

一般カードの「セブンカード・プラス」は、2019年7月1日以降に新規入会した方なら年会費無料で持てるようになりましたが、すでにカードを持っている方は2020年1月10日支払い分から年会費無料となります。
セブンカード・プラスは初年度年会費無料・2年目以降も1年間に5万円以上のショッピング利用があれば無料で持つことが可能です。

これらに該当せず、2020年1月9日までに年会費が請求される場合は、税込500円(※税率8%時)の年会費が発生します。
家族カードを発行している場合も同様に、税込200円(※税率8%時)がかかります。
対して、ゴールドカードの「セブンカード・プラス(ゴールド)」は、年会費永年無料となっていて、家族カードも無料で持つことが可能です。

年会費無料で持てるゴールドカードはセブンカード以外にはエポスカードやイオンカードぐらいしかないので、ゴールドカードを無料で持ちたいという方はインビテーションが届いたら申し込みを行いましょう。

限度額がアップする

ゴールドカードに切り替えると、カードの限度額もアップするのが特徴です。
一般カードの「セブンカード・プラス」の場合、カードショッピングの限度額は10万円~80万円の範囲内となりますが、ゴールドカードの「セブンカード・プラス(ゴールド)」の場合、10万円~150万円の範囲内となるので、高額な買い物をする際や旅行の際にも限度額を気にせずカードを使うことができます。

ショッピング保険(ショッピングガード保険)が国内利用分も対象に

一般カードの「セブンカード・プラス」に付帯するショッピング保険は海外利用分のみが対象で、国内で購入した商品については補償されません。
補償期間は90日・最高100万円まで補償されますが、1事故につき自己負担額は10,000円となっています。

対して、ゴールドカードの「セブンカード・プラス(ゴールド)」の場合は、海外と国内の両方が対象となり、補償期間は90日・最高100万円まで補償され、1事故につき自己負担額は5,000円と一般カードの半分の負担で補償を受けることが可能です。

セブンカード・プラス(ゴールド)への切り替え時の注意点

国際ブランドやカードタイプの変更はできない

ゴールドカードに切り替わる際に、国際ブランドやカードタイプ(nanaco一体型・nanaco紐付型)の変更はできないため注意してください。
あくまでも一般カードからゴールドカードへの切り替えであって、nanaco紐付型から一体型へ、VISAからJCBといったように、カードタイプや国際ブランドの変更はできません。

カード番号は変更になる

セブンカード・プラスからゴールドカードに切り替わる際にはカード番号が変更になりますが、持っているカードの国際ブランドによってカード番号変更の手続きの有無が異なります。
国際ブランドが「JCB」のカードを利用している場合は、自動的にカード情報が引き継がれるため手続きの必要はありません。

国際ブランドが「VISA」のカードの場合は、一部の電力会社や携帯電話会社などを除き、カード番号の変更手続きが必要となるので気を付けてください。

nanaco一体型カードは残高やポイントを使いきってから処分する

ゴールドカードへの切り替えに伴いnanaco番号が変更となるため、nanaco一体型カードの場合はクレジットチャージやオートチャージの解約を行い、新しいカードで改めて設定する必要があります。

紐付型の場合は手続き不要で新しいカードになってもそのまま利用可能です。
nanaco一体型カードを利用している場合、新しいカードが発行されたら、旧カードはnanacoポイントと電子マネーの残高を使いきってから処分してください。

家族カードもゴールドカードに切り替わる

家族カードを発行している場合、本カードと同様に家族カードもゴールドカードへの切り替えとなります。
本カードはゴールドカードに切り替えて、家族カードだけ一般カードのまま使い続けることはできないので注意しましょう。

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-セブンカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.