メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職でも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード作りのよくある疑問を徹底解説!バナー

クレジットカードの作り方・申し込みの流れ

FP監修者 (株)Money&You代表取締役マネーコンサルタント頼藤 氏 初めてクレジットカードを作ろうとしている方は、どうやったら作れるのか、どこで申し込んだらいいのか、申し込みには何が必要なのか ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

セブンカード・プラスの審査基準や審査落ちの原因は?発行までにかかる期間についても

投稿日:

credit score checking

セブンカード・プラスは、セブン&アイ・ホールディングスグループのセブン・カードサービスが発行している流通系カードです。
セブンイレブンなどの対象店舗ではポイント還元率が2倍になり、イトーヨーカドーでは5%割引の特典もあります。
セブンカード・プラスは18歳以上の方が申し込み対象のカードですが、収入のない専業主婦や学生でも審査に通るのでしょうか。

ここでは、セブンカード・プラスの審査難易度や審査基準、審査落ちの原因について解説しながら、審査結果の連絡はいつくる?という疑問も解消していきます。

このページの目次

クレジットカードの審査で重視されるのは「返済能力」と「信用力」

クレジットカードを作りたくても、審査に通らないとカードは発行されません。
審査では申込者の「返済能力」と「信用力」をチェックして、どちらも問題がなければ可決となりカードが発行されます。

「返済能力」は採点方式で審査が行われる

クレジットカードの審査のうち、返済能力の審査は採点方式です。
カードを申し込む際には住所・氏名・電話番号といった個人情報の他にも職業・年収・勤続年数といった勤務先情報や居住形態、他社からの借り入れ額などを申告する必要がありますが、それぞれの項目に点数をつけて評価を行います。

例えば、職業であればフリーターなど収入が不安定な仕事よりも公務員や会社員の方が高く評価され、他社からの借り入れもない方が審査では有利です。
全ての採点を終え、カード会社が決めた基準をクリアしていた場合は審査通過に近付きます。

「信用力」は過去のカードやローンの利用履歴がカギを握る

信用力に関する審査のカギを握るのは、過去のカードやローンの利用履歴です。カードやローンを利用すると、信用情報機関という専門機関に「クレジットヒストリー(クレヒス)」という利用履歴が記録されます。
カード会社はクレヒスを照会して申込者が過去に滞納などのトラブルを起こしていないかを調査するため、審査の際に過去のトラブルが発覚すると審査落ちの恐れが出てくるのです。

クレヒスのうち、滞納や自己破産の記録は5年~10年残ってしまうため、その間はカードやローンの審査に通らない(通りづらい)「ブラックリスト入り(ブラック)」の状態が続いてしまいます。
過去にカードやローンを利用したことがなく、クレヒスが全くない「スーパーホワイト」状態の人も、参考にすべきデータがなく審査では不利になってしまうので注意してください。

20代や30代であればそれほど問題にはなりませんが、40代を過ぎてもクレヒスがない人は過去にトラブルを起こしてカードを利用できなかった人とクレヒス上では見分けがつかないためです。

カードのグレードによって審査難易度に違いがある

審査に落ちたという方は、申し込んだカードのグレードが高かった可能性があります。
クレジットカードはカード会社や申し込むカードによって審査難易度に違いがあり、比較的審査に通りやすいとされる「一般カード」から、ある程度の年収が求められる「ゴールドカード」、ハイクラスな「プラチナカード」まで様々です。
一般カードであれば主婦や学生でも申し込めるカードも多いですが、ゴールドカード以上のカードになると年齢や収入に条件が出てくるなど、カードのグレードが高くなるほど審査は厳しくなります。

ゴールドカードを作りたいという場合でも、まずは同じカード会社の一般カードを作って、良いクレヒスを作ってから改めてチャレンジすると審査に通りやすくなるでしょう。
セブンカード・プラスの場合は、カードの利用状況に応じてゴールドカードへの招待状(インビテーション)が送られてくるため、自分でゴールドカードを申し込むことはできません。

セブンカード・プラスの審査基準

審査するクレジットカード

申し込み資格(申し込み条件)

セブンカード・プラスの申し込み資格(申し込み条件)は以下のようになっています。

「原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方、18歳以上で学生の方(高校生除く)※未成年または学生の方は、お申込みの際親権者同意書が必要です」

高校を卒業した18歳以上の方なら、収入のない学生や専業主婦でも申し込めるのがセブンカード・プラスのメリットです。
学生のうちは審査で収入が重視されないので、社会人になる前に申し込んでおくと良いでしょう。
収入がゼロでも学生が審査に通るのは親族の収入も審査の対象となるためで、将来的にカードを使ってくれる顧客を獲得したいというカード会社の戦略でもあります。
未成年の方がカードを申し込む場合は、親権者の同意が必要となるので、予め承諾を得ておいてください。

専業主婦の場合も配偶者の収入が審査されるので、本人収入がなくても配偶者に安定継続収入があれば申し込みが可能です。
アルバイト・パート・派遣社員・契約社員でも、継続して働いていて安定した収入を得ていれば問題はありません。

主婦や学生の限度額は30万円以下になるのが一般的

収入がない(少ない)主婦や学生がクレジットカードを申し込んだ場合、限度額は30万円以下になるのが一般的です。
これは、限度額が30万円以下のカードであれば、限度額を決めるために必要となる支払可能見込額の調査が原則として免除されるためで、配偶者や親族の収入と合算して支払可能見込額の算定を行うことにより、本人収入のない方でもカードを発行できるようになっています。

セブンカード・プラスの審査基準(審査難易度)

カードの種類 審査難易度
消費者金融系カード 独自
流通系カード 甘い
信販系カード 普通
鉄道系・交通系カード 普通
銀行系カード 厳しい
外資系カード 超厳しい

セブンカード・プラスの審査基準(審査難易度)は、それほど厳しいものではありません。
クレジットカードの審査難易度は発行会社によっても違いがありますが、セブンカード・プラスの発行会社はセブン&アイ・ホールディングスグループのセブン・カードサービスで、「流通系カード」にあたります。

上記の表のうち、最も審査難易度が低いのは「消費者金融系カード」ですが、代表的なカードであるアコムの「ACマスターカード」の場合、ETCカードが作れなかったり、ポイントが貯まらないというデメリットがあるため、機能面で不足のないカードの中で最も審査難易度が低いのは流通系カードといえるでしょう。

流通系カードならターゲットが主婦や女性がメインとなっているので、セブンカード・プラスも本人または配偶者に収入があり、過去に滞納などのトラブルを起こしていない限り主婦でも審査通過は可能です。

JCBカードでトラブルを起こした場合は要注意

セブンカード・プラスの審査は国際ブランド(VISA・JCB)を問わずJCBが業務代行という形で請け負っているため、過去にJCBカードでトラブルを起こした場合は審査落ちの恐れがあるため要注意です。
クレヒスに問題があり、審査に通らない方でも5年~10年経てば情報の保有期間は過ぎるのでカードを作れるようになりますが、カード会社に記録された「社内ブラック」という情報は半永久的に残ってしまいます。

例えば、セブンカード・プラスであれば「JCB一般カード」や「JCB CARD W」などでトラブルを起こした方は特に気を付けてください。

クレジットカードで審査落ちする理由(原因)

申し込み内容に不備や記載ミスがあった

セブンカード・プラスはセブンイレブンなどの店頭に申込書が設置されていて郵送でも申し込めるカードですが、郵送の場合は記入ミスや書類の不備による審査落ちのリスクが高くなるため注意が必要です。
申込書に自筆で記入する場合は誤字脱字にも気を付けて、本人確認書類のコピーを同封する際も見づらい箇所がないかどうかチェックしましょう。

インターネット申し込みなら記入漏れを指摘してくれ、ミスがあると申し込み画面の先に進めないようになっているので、申し込み時のミスによる審査落ちを防ぐことができます。
記入ミスや記入漏れがなくても文字が汚いと判読できない恐れがあるため、申込書に自筆で記入する場合は丁寧な読みやすい文字を心がけましょう。

申し込み時に嘘をついた(虚偽記載)

親に内緒でクレジットカードを作りたいという場合も、未成年者は親権者の同意確認なしでカードを作ることはできません。
これは、未成年者単独では契約などの法律行為ができないためで、セブンカード・プラスの場合も書面と、カード会社からの連絡によって親権者への同意確認を行っています。
もし、同意確認の際に親権者になりすまして署名をしたり、電話に応対してカード会社を騙すことは犯罪となり、今後一切カードが作れなくなる恐れもあるので絶対にやめてください。

収入が低いため審査に通らないかもしれないという場合も、年収を上乗せして記載するのはやめましょう。
カード会社は膨大なデータを参考にして、会社の規模や勤続年数からある程度の年収を推測することができます。
申し込み時に記載した年収と、カード会社が推測した年収がかけ離れていた場合は怪しまれて審査落ちすることがあるため要注意です。

端数の切り上げ程度であれば問題はありませんが、明らかなサバ読みは避けてください。

キャッシング枠を希望した

審査通過率をアップさせたい場合は、キャッシング枠を希望せずに申し込みましょう。
カードでお金を借りられるキャッシング枠の設定には貸金業法に基づく審査が必要となり、すでに他社から借り入れがある場合や、住宅ローンが残っている場合などは特に審査に影響が出てきます。

カードローンやキャッシングなどの無担保ローンは年収の3分の1以下に借り入れが制限される「総量規制」という制度の関係で、高額なキャッシング枠を希望した場合や、他社からの借り入れがある場合は収入証明書の提出が求められるケースもあるので気を付けてください。

セブンカード・プラスの場合はキャッシングを希望すると収入証明書の提出が求められますが、キャッシングは本人収入がある方向けのサービスのため、配偶者の収入証明書は使えない点にも注意が必要です。
キャッシング枠はカードを発行した後に改めて審査を受けて設定することもできるので、カードの発行が先決という場合はキャッシング枠を「希望しない(または「0円」「なし」)」にしましょう。

短期間に複数のカードを申し込んだ(申し込みブラック)

今すぐカードを作りたいからといって、短期間に複数のカードを申し込むのは避けてください。
これは、短期間に複数のカードを申し込むと、キャンペーン目的での入会を疑われたり、お金に困っていると思われて「申し込みブラック」となり、審査に通らなくなるためです。

クレヒスにはカードの申し込みに関する情報も残るため、他社のカードを申し込んだことも筒抜けになってしまいます。
カード会社の立場になってみると、複数のカードを作って返済が滞る恐れがある人にはカードを発行したくないと考えるのは自然なことでしょう。

申し込みブラックになる枚数の目安は1か月に3枚以上のカードを申し込むことなので、できれば多くても1か月に2枚までの申し込みに留めた方が無難です。
申し込みブラックが消えるのは6か月後なので、申し込みブラックが原因で審査落ちする場合は6か月経ってから改めて申し込みを行ってください。

クレヒスに傷がある(ブラックリスト)

前述のとおりクレヒスとは過去のカードやローンの利用履歴ですが、クレヒスに傷がありブラック状態だと審査に通りません。
クレヒスがブラックになる条件は、滞納(延滞)や金融トラブルなどを起こして「異動」という記録が残ってしまった時です。

ブラックになると何年間審査に通らないかというと、例えば滞納の場合は「61日以上または3か月以上」の滞納でブラックとなり「5年間」ブラック状態が続きます。
「61日以上または3か月以上」に当てはまらない滞納の場合でも、2年間はカードやローンの審査に影響が出る恐れがあるため注意してください。

自己破産などの債務整理の場合は10年間ブラックとなってしまいます。
クレヒスのブラックを回復させる方法はないので、情報の保有期間が過ぎるのを待つしかありません。
ブラックが解消されても、カード会社には「社内ブラック」の情報が残っている恐れがあるため、トラブルを起こしたカード会社や、その系列会社は避けた方が良いでしょう。

スマホ代の滞納に注意

スマホ代の滞納でブラックになるケースがあることをご存知ですか?スマホ(携帯電話)の本体代金を分割払いにした場合、割賦契約となるためカードやローンと同様にクレヒスに支払い状況が記録されます。
月々の料金を滞納した場合はクレヒスがブラックになり、今後の審査に影響が出る恐れがあるため要注意です。

未成年や学生であれば親がスマホ代を支払っているという家庭も多いですが、滞納を起こした場合、契約者の名義が子供の名前なら親が滞納しても子供がブラックになるため気を付けてください。
実際にスマホ代の延滞により子供がブラックになり、カードが作れなくなったりローンが組めなくなるというケースが相次いでいるため、たかがスマホ代と考えずにきちんと支払いは行いましょう。

セブンカード・プラスの審査時間(審査期間)

早く審査結果を知りたいという場合もセブンカード・プラスなら、審査結果は早ければ約10分~申し込み当日中に分かるため、やきもきしながら待つ必要はありません。
ただし、全ての方の審査結果が当日中に分かるではなく、個人差があるため状況によっては審査結果が出るまでに数日程度かかる場合もあります。

申し込み内容や書類に不備があると審査やカード発行が遅れる原因となるので注意しましょう。
セブンカード・プラスは在籍確認で勤務先に電話がかかってくる可能性があるカードですが、電話に応対しないと審査が遅れるため、カード会社から電話がかかってきたら速やかに応対してください。

セブンカード・プラス発行までの日数

セブンカード・プラスは即日発行できないカードですが、最短約1週間でカード発行が可能です。
最も早くカードを発行できるのはインターネット申し込みでオンライン口座振替設定を行った場合で、みずほ銀行や三菱UFJ銀行といったメガバンクや地方銀行など、多くの銀行がオンライン口座振替設定に対応しています。

インターネット申し込み後に郵送で口座振替設定を行う場合や、店頭や郵送で申し込む場合のカード発行までの日数は2~3週間、遅ければ3~4週間程度です。
早くカードを発行したい場合は、速やかに必要書類をカード会社に返送してください。

セブンカード・プラスの審査状況の確認方法

セブンカード・プラスの審査状況を知りたい時は、申し込み方法に応じてインターネットまたは電話で確認することができます。
インターネット申し込み(オンライン入会)を行った場合は、以下の判定状況確認ページから審査状況の確認が可能です。

上記のページにアクセスして、申し込み後に届く「カード入会受付完了のご案内」というメールに記載されている「入会受付番号」と、自分で設定した「判定状況確認用キーワード」を入力してください。

店頭または郵送で申し込みを行った場合は、セブンカードのコールセンターに電話をして審査状況を確認することができます。

  • 東京:0422-41-7110
  • 大阪:06-6949-0763
  • 札幌:011-222-5465

セブンカード・プラスのコールセンターの受付時間は9時から20時となっています。
電話が繋がったら、自動音声のガイダンスに沿って「9」をプッシュしてオペレーターに繋げて問い合わせてください。

セブンカード・プラスの審査結果の連絡方法

セブンカード・プラスの審査結果はメールで連絡があります。
カード会社からのメールは確実に受信できるように、メールの受信設定を確認しておきましょう。
審査結果のメールが届かない場合、知らないうちに迷惑メールフォルダに振り分けられていたり、削除されているケースがあるため注意してください。

セブンカード・プラスの特徴

セブンカード・プラス

カードの特徴

nanacoが使えてポイントも貯まる人気の流通系カード。セブンイレブンなどセブン&アイ系列の対象店舗でポイントが2倍になり、イトーヨーカドーでは5%割引の特典も。国際ブランドはVISAかJCBの2種類から選べる。

発行会社 セブン・カードサービス ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 ショッピング保険最高100万円(海外)
電子マネー nanaco、QUICPay(nanaco) ポイント nanacoポイント

おすすめポイント

  • 電子マネーのnanacoが使えてポイントが貯まる!
  • セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでポイント2倍
  • イトーヨーカドーの「ハッピーデー」は5%割引

電子マネーのnanacoが使えてポイントが貯まる!

セブンカード・プラスの特徴は、電子マネーのnanacoが使えてnanacoポイントが貯まる点です。
クレカとnanacoが1枚になった「一体型カード」と、手持ちのnanacoやnanacoモバイルを紐づけて利用する「紐付型カード」の2種類があり、一体型カードなら財布の中でかさばらず、紐付型カードなら手持ちのnanacoを活用できます。

カード利用で貯まるポイントはnanacoポイントなので、1ポイント=1円としてnanacoの電子マネーに交換してセブン&アイグループの店舗や、全国にあるnanaco加盟店で使えるため便利です。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでポイント2倍

コンビニやスーパーでポイントが貯まりやすいカードがあると嬉しいですよね。
セブンカード・プラスの通常ポイント還元率は0.5%ですが、セブンイレブン・イトーヨーカドー・ヨークマート・デニーズでカード払いにすると2倍で1.0%還元となります。

電子マネーnanacoへのクレジットチャージなら税金など一部の支払いを除き、チャージと支払いの両方でポイントが貯まり、ポイントの二重取りができるため合計1.0%還元となりお得です。
セブンカード・プラスはnanacoへのオートチャージにも対応しているので、nanacoをよく利用するという方にも向いています。

イトーヨーカドーの「ハッピーデー」は5%割引

スーパーで割引になるカードが欲しいという方にもセブンカード・プラスはぴったりです。
イトーヨーカドーでは、8のつく日(8日・18日・28日)は「ハッピーデー」のため食料品や衣料品、日用品などが5%割引になります。

食材のまとめ買いやキッチン用品の買い替えなども5%割引になるので、割引特典がない1.0%還元のクレジットカードを作るよりも使い方によってはお得になるケースもあるでしょう。

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-クレジットカードの作り方

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.