クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

セブンカード・プラスの特徴【年会費・ポイントサービス・デメリットなど】

更新日:

セブンカード・プラス

カードの特徴

セブン&アイグループでのカード利用でポイント2~3倍、毎月8、18、28日(8のつく日)はイトーヨーカドーで5%OFFになるカード

発行会社 セブン・カードサービス ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料
2年目以降500円(税込)
付帯保険 ショッピング保険最高100万円(海外)
電子マネー nanaco、QUICPay(nanaco) ポイント nanacoポイント

セブンカード・プラスは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスのグループ企業である株式会社セブン・カードサービスが発行するクレジットカードです。クレジット機能と電子マネーnanacoが一体となった便利なカードで、セブン&アイグループの対象店での利用など、ポイントがたまる特典が複数そろっています。

今回はセブンカード・プラスについて詳しく解説していきます。

年会費は利用次第で実質無料に

セブンカード・プラスは初年度年会費無料です。2年目以降は年会費500円(税込)がかかります。家族会員の場合は年会費200円(税込)。しかし、使い方次第では実質年会費無料で利用することができるのです。

利用金額によって年会費無料になる特典が!

セブンカード・プラスの年会費が無料になるのは、前年度のクレジットショッピング支払合計金額が5万円(税込)以上である場合です。この場合の支払合計金額は、本人と家族会員の利用額を合算することができます。

5万円が1人では難しい金額だとしても、家族との合算で可能になると考えれば決して高いハードルではありません。利用金額によって年会費が無料になるとあれば、セブンカード・プラスを家族でうまく活用していくのもアリですね!

年会費がかかるかどうか?そのしくみとは

カードを利用したタイミングのほんのちょっとした違いによって、年会費が発生してしまうのはもったいないこと。まずは年会費が発生するしくみを理解しておくことが重要です。例えばカードの入会月(有効期限月)が1月の場合、年会費の計算対象となる支払期間は2月10日引落分~翌年1月10日 引落分までとなります。年会費が必要だと判断された場合、翌年4月10日が自動引き落とし日です。

注意しておきたいことは2つ。まず、実際にカードを利用した日付が支払機関に該当していても、加盟店の処理のタイミングによってカード会社へ売上票が到着するタイミングが遅れる可能性があります。この場合は翌々月の引き落としになりますので、計算対象期間に含まれない恐れもあるので要注意です。

次に、計算対象となるのがカードご利用代金明細書の「お支払金額」であること。現金支払分やnanaco支払分、ショッピングリボ払い・分割払いなど、計算対象となるものも複数あります。計算対象期間ギリギリに慌ててカードを利用すると、後日年会費が引き落としされていたというパターンもあります。

ETCカードは発行料・年会費無料

セブンカード・プラスでは、ETCスルーカードを発行することができますが、発行手数料・年会費は無料です。無料といってもカード発行会社が負担してくれるので、安心して利用できるカード会社ですね。

セブンカード・プラスの割引特典は?

セブンカード・プラスには、カードを利用することで5%割引になるお得な特典が2つ用意されています。

毎月8のつく日はイトーヨーカドーで5%割引!

毎月8・18・28日は「ハッピーデー」と銘打って、イトーヨーカドーが割引キャンペーンを行っています。全国のイトーヨーカドーで食品・衣料品・住まいの品を購入した際、カードを利用(クレジット払いまたはカード提示による現金払い)すると5%の割引になります。

一部商品やネットスーパー利用分など、5%割引の対象外となるものもありますが、普段イトーヨーカドーを利用している人にはとてもお得な特典です。

旅行代金も5%割引?セブン旅デスク優待とは

国内・海外旅行パッケージツアーを5%割引で利用できる大変お得な特典です。提携旅行サイトであるセブン旅デスクに電話で申し込みし、代金をクレジット1回払いにすることで優待を受けることができます。日本旅行・JTB・クラブツーリズムなど各種大手旅行会社の取り扱いがあるので、利用しやすいですね。

充実したポイントサービスの数々

セブンカード・プラスではnanacoポイントをためることができます。通常の2~3倍もポイントを貯めることができるなど、お得な特典についてご紹介します。

カードの利用店舗・方法によってポイント還元率もぐんとアップ!

セブンカード・プラスを利用するとポイントが付与されますが、利用店舗などによってポイント還元率が異なります。JCB・VISA加盟店やETC、公共料金でクレジット払いの利用では、200円で1ポイントの付与です。イトーヨーカドーやセブンイレブン・ヨークマート・デニーズでクレジット払いの場合、200円ごとに3ポイント付与されます。

イトーヨーカドー・ヨークマートでは、カード提示による現金支払でも100円で1ポイントの付与、イトーヨーカドーネットスーパーをクレジット払いで利用すると200円で1ポイントの付与です。利用次第でポイントをうまくためることができます。

通常ポイントに加えてプレゼント!nanacoボーナスポイントとは

セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートで対象期間に対象商品をクレジット払いで購入することで付与されるボーナスポイントです。ボーナスポイントは対象商品によって設定されており、1商品10ポイント~が通常の付与ポイントとは別に付与されます。商品によっては50・100ポイントも付与されるなど、お得で利用しやすいサービスでしょう。

年間の利用額に応じて加算される累計ボーナスポイントとは

イトーヨーカドー・ヨークマートでの利用が対象となります。4月から翌年3月末の間のカード利用(クレジット払い・カード提示での現金払い)の累計ポイント対象額(税抜)に応じて加算されるボーナスポイント制度です。

累計ポイント対象額(税抜)が100万円になると3,000ポイント、150万円だと10,000ポイント、それ以降は100万円達成ごとに10,000ポイントがボーナス加算されます。本会員と家族会員は別々に集計されるため、ハードルは高いかもしれません。

nanacoへのチャージでポイントゲット!

セブンカード・プラスを使って電子マネーnanacoをチャージすることでも、ポイントが付与されます。1回のチャージは5,000円以上29,000円まで、上限は50,000円です。チャージ方法は事前登録が必要なオートチャージ、nanaco会員メニューまたはnanacoモバイルを使ったクレジットチャージがあります。

チャージでは200円で1ポイントの付与、チャージしたnanacoを使うことで100円につき1ポイント付与されます。

セブンカード・プラスの審査について

セブンカード・プラスの申し込み資格

セブンカード・プラスに申し込む条件としては、18歳以上で本人または配偶者に継続して安定した収入がある人・18歳以上で高校生を除く学生の人です。未成年・学生の場合、「親権者同意書」の提出が必要になります・家族会員については生計を一にする配偶者・親・高校生を除く18歳以上の子供が申し込み条件となります。

カード発行までの期間

セブンカード・プラスに申し込むには、インターネット・イトーヨーカドー店頭・郵送の3つの方法があります。イトーヨーカドー店頭・郵送の場合、おおむね2~3週間がかかります。イトーヨーカドー店頭であっても即日発行の対応はしておらず、最短でのカード発行を望むのであればインターネットで申し込むことをおすすめします。

インターネットで申し込み場合、希望のカードを選択・規約同意・必要事項を入力します。必要書類を送付する場合、カード会社へ郵送到着後に入会審査が行われ、カードが送付されます。この場合、約2~3週間がかかります。最短でカード発行する場合は支払口座をオンライン口座設定することです。必要書類の送付が省略できるため、審査に入るまでの時間が短縮され、最短1週間でカードが届きます。

ただし、営業時間外の申し込みや必要事項の不備不足があれば、審査がスムーズにいかない場合もあります。

電子マネー「nanaco」が使用可能


セブンカード・プラスでは電子マネー「nanaco」が利用できます。Apple Payも利用できるようになりました。利用する場合は「Quickpay」での支払いとなります。

ただし、注意したいことはnanaco非対応の店舗でセゾンカード・プラスを使用する時のみ、Apple Payを利用すること。Apple Payではセブンカード・プラスに付帯されている特典が使えないためです。nanaco対応店舗ではカード支払いにするか、nanacoを使うとポイントも付与されるので、Apple Payの利用する場合にはお得かどうかを考えて利用するといいでしょう。

海外旅行傷害保険は付帯していないけど…「ショッピングガード保険(海外)」とは?

セブンカード・プラスには海外旅行傷害保険は付帯していません。ただし、ショッピングガード保険(海外)が付帯しています。海外旅行でセブンカード・プラスを使って購入した品物が、偶発の破損・盗難などによって損害が発生した場合に補償してくれる保険です。保証限度額は100万円で1事故あたりの自己負担は1万円、保証期間はカード購入日から90日間です。旅行に行く前の手続きも不要ですし、本会員・家族会員も対象です。

ただし、一部の品物や配送中の事故は保障対象外であり、保険金受取にはクレジットカード売上票が必要になります。

セブンカード・プラスのデメリットについて


セブンカード・プラスには多くのメリットがあるものの、デメリットに感じる部分もあります。

確実に年会費が無料なのは初年度だけ

年会費が無料のクレジットカードは他社でも見受けられますが、セブンカード・プラスは初年度のみ無料。2年目以降も無料にするには、年間で支払合計金額が5万円(税込)以上であり、家族会員がいない場合1か月で1人約4,167円以上のカード利用をする必要があります。年会費500円といえども、無料でないと何となく気になってしまう人にはわずらわしさを感じてしまうかもしれません。

旅行傷害保険の付帯がない

国内・海外ともに旅行傷害保険の付帯がない点は物足りなく感じる人も多いでしょう。ショッピングに関して利用するのであれば問題ないのですが、海外旅行によく出かける人は、旅行傷害保険がしっかりした他のクレジットカードを合わせて活用することをおすすめします。

セブンカード・プラス

カードの特徴

世界No.1のステータス性と言われるカードで、一般カードでもゴールドカード並の海外旅行サービスが特徴。

発行会社 セブン・カードサービス ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料
2年目以降500円(税込)
付帯保険 ショッピング保険最高100万円(海外)
電子マネー nanaco、QUICPay(nanaco) ポイント nanacoポイント

-おすすめクレジットカード
-, ,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.