メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

クレジットカードを持っている人たちのカード

人気クレジットカードランキング【2019年最新版】みんなのおすすめ最強カードは?

クレジットカードを作りたい時、選び方の参考になるのがインターネットの情報ですが、「クレジットカード人気ランキング」は広告が絡んでいて実態を反映していない場合があるため要注意です。 ここでは、当サイトが ...

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職やブラックでも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生が審査に通りやすい理由とは?

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

借金があるとクレジットカード審査に影響する!借金を減らす方法まとめ

投稿日:

借金を抱えているとクレジットカードやカードローンの審査に通りづらくなります。具体的に、いくら程度の借金があった場合に審査に影響してくるのでしょうか。

ここでは、借金(借り入れ)がクレジットカードやカードローンの審査に及ぼす影響や、総量規制について解説しながら、借金を減らす方法を分かりやすくまとめました。

クレジットカードやカードローンの審査では他社からの借り入れがチェックされる

クレジットカードやカードローンを申し込む際に避けて通れない入会審査ですが、審査では他社からの借り入れが必ずチェックされます。
これは、クレジットカードやカードローンを利用した際に、申込者がきちんと返済してくれる人物かどうかを見極めるための重要な項目です。

例えば、楽天カードの申し込みフォームでも「他社からのお借入金額」という入力欄があり、借り入れの有無・借り入れがある場合は件数と金額、月々の返済額を入力する必要があります。
この場合「他社からの借り入れ」とされるのは、以下に該当するローンやキャッシングです。

  • 無担保ローン
  • 他社からのキャッシング

「他社からのキャッシング」となるのは、カードローンやクレジットカードのキャッシングで、住宅ローンや自動車ローンのような有担保ローン、銀行からの借り入れは「他社からの借り入れ」に含まれません。

クレジットカードの場合、1回払いのショッピングは借り入れに該当しませんが、リボ払いの残高やキャッシングの利用があると審査に影響してきます。

カードやローンの審査に影響を与える「総量規制」とは?

総量規制とは、年収の3分の1を超える借り入れを規制する貸金業法の法律です。
これは、多重債務に陥る利用者を減らす目的で2010年に施行された制度で、個人向けの貸し付けに対して制限が設けられています。

クレジットカードの場合は、買い物や料金の支払いに利用する「ショッピング枠」は総量規制の対象外となっていますが、お金を借りることができる「キャッシング枠」は総量規制の対象となっているため、キャッシング枠を希望した場合は貸金業法に基づいた審査が行われるのです。

  • ショッピング枠…総量規制の対象外
  • キャッシング枠…総量規制の対象

例えば、楽天カードでもキャッシング枠を希望した方のうち、以下に該当する場合は源泉徴収票や給与明細書といった収入証明書の提出が求められています。

  • 楽天カードで50万円以上のキャッシングを希望した場合
  • 楽天カードのキャッシング枠と他社借り入れの合計が100万円を超える場合
  • 提出済みの収入証明書が発行日から3年以上経過している場合

仮に、100万円のキャッシング枠を希望する場合は300万円以上の年収が必要となり、収入証明書の提出を求められることになります。
このため、クレジットカードの審査落ち対策として「キャッシング枠をなしで申し込む」とされているのは、ショッピング枠だけなら貸金業法の審査がないため、その分審査のハードルが下がるからです。

クレジットカードやカードローンの情報は信用情報機関に記録されている

クレジットカードやカードローンの申し込みや利用に関する情報は「信用情報機関」という専門の機関によって記録されています。
カード会社や貸金業者が必要に応じて照会できるようになっているため、借り入れ状況を誤魔化して申し込むことはできません。

国内にはCIC・JICC・KSCという3つの信用情報機関があり、3社の情報はネットワークで共有されているので、カードローンを利用した際の情報がクレジットカードの申し込みの際に照会されることもあるのです。
このため、過去に延滞などのトラブルを起こしている場合は、新たに申し込んだクレジットカードやローンの審査に通りづらくなってしまいます。

借り入れがある場合は何件以上・何万円以上が審査落ちの対象となる?

具体的に何件以上・何万円以上になると審査落ちするかは、審査基準が公表されていないため一概にはいえません。
ただし、総量規制の関係で、すでに年収の3分の1近くの借り入れがある場合は審査通過が厳しいでしょう。

借り入れ件数は3件以上となると審査落ちのリスクが高くなってくるので、1~2件までに抑えておくのが賢明です。
もし、すでに3社以上の借り入れがある場合は銀行の「おまとめローン」を利用するか、借金を完済して、借り入れ件数を減らしてからクレジットカードやカードローンを申し込む方が審査通過率はアップします。

借金を減らす方法

ここでは、借金を減らす方法を解説していきます。借り入れがある場合は全ての借り入れ先や金額、返済状況などをリストアップしてまずは全体を把握して返済計画を立てるところから始めましょう。
副業で収入を増やす方法もありますが、企業によっては副業が禁止されている場合もあるので、必ず確認を取ってからにしてください。

繰り上げ返済を行う

カードローンや、キャッシングの利息(金利手数料)は早く返済すればするほど安く抑えることができますが、この仕組みを利用したのが「繰り上げ返済」です。
カードローンやキャッシングは、最低返済額以上の金額であれば多く返済することができます。

余裕のある月は繰り上げ返済を行うと、借り入れ期間を短くできるのでその分利息も安くなりお得です。
もちろん、借り入れ期間中に全額返済を行うこともできますが、全額返済は予め電話で金額などを確認してから行う必要が出てくる場合もあるので注意しましょう。

節約をする

収入を増やす以外に借金を減らす方法として、手軽に始められて効果が見込めるのが地道な「節約」です。

  • 大手通信会社のスマホから格安スマホに乗り換える
  • マイカーを手放してカーシェアリングやレンタカーを利用する
  • 外食やコンビニの利用など生活習慣を見直す
  • 家賃負担が大きい場合は引越しを検討する

例えば、大手通信会社のスマートフォンを利用している場合は格安スマホに乗り換えるだけでも年間にすると数万円程度の差が出るでしょう。
また、車を所有していても休日にしか乗らないのであれば、保険料・税金・駐車場代などの維持費を考えると、必要な時だけカーシェアリングを利用したり、レンタカーを借りる方が安上がりになるケースもあります。

食費などよりも通信費のような固定費を削る方がストレスも少なく長続きしますが、外食が多い方は自炊をしたり、生活習慣を見直すだけで簡単にできるのも節約の魅力です。
駅に近い物件は家賃が高くなる傾向があるので、思い切って引っ越すのもひとつの方法でしょう。

クレジットカードのリボ払いは利用しない

クレジットカードのリボ払いは、月々の返済額を抑えられる一方で、15.0%を超える手数料が発生する支払い方法です。
返済が長期化しやすく、リボ地獄という言葉が生まれるほど社会問題化しています。
クレジットカードを使う際にはリボ払いを利用せず、一括払いで支払う習慣をつけましょう。

クレジットカードの中にはリボ払い専用カードも存在するので注意が必要です。
もし、アコムACマスターカードのようなリボ払い専用カードを使う場合は、月々の最低支払額をカードの利用限度額と同じにしておくと実質的に一回払いとなり、手数料が発生しません。

複数社から借り入れがある場合は金利が高い順に返済する

複数社からの借り入れがある場合は、金利が高い借り入れや、借り入れ残高が少ないものを優先して返済しましょう。
借り入れ残高が少ないローンを完済すると、借り入れ件数も減るという点もこの方法のメリットです。

おまとめローンを利用する

おまとめローンとは、複数の借り入れをまとめて一本化して返済を行うローンを指します。
現在借り入れを行っている業者よりも利息の安いおまとめローンを選べば利息の節約にもなり、返済日もまとめられるのがメリットです。

カードローンやキャッシングの利息は、元本の額によって以下のように上限金利が設定されています。

  • 10万円未満…年20.0%
  • 10万円~100万円未満…年18.0%
  • 100万円以上…15.0%

カードローンやキャッシングの利息は、上限金利の範囲内で利用限度額に応じて決まります。
例えば、50万円の借り入れを3社から行っている場合の上限金利は年18.0%となりますが、おまとめローンを利用して一本化した場合の上限金利は年15.0%となるのです。
複数社から借り入れを行っている場合はおまとめローンの利用を検討してみましょう。

債務整理を行う

自己破産や任意整理といった債務整理を行うのは最後の手段となります。
というのも、債務整理を行うと信用情報に傷が付き俗にいう「ブラックリスト入り」の状態となり、最長10年間クレジットカードやカードローンの審査に通らなくなってしまうためです。

どうしても債務整理を行いたいという場合は、信頼のおける弁護士や司法書士に相談した上で慎重に行いましょう。

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-クレジットカード審査

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.