クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

クレジットカードの利用は借金?持っているだけでも借金扱いになる?

投稿日:

普段のお買い物からインターネットショッピングまで、私達の生活に欠かす事ができないのがクレジットカードです。カード会社によっては様々なポイントや特典があり、何枚も所有しているという方も多いでしょう。

そんな便利なクレジットカードですが、新たにカードを申し込む際に「他社からの借り入れ」があった場合、借金扱いとなりローンの審査に落ちてしまうのでは?と不安に感じる方もいるようです。
こうした場合、カードを解約した方が良いのでしょうか。説明していきます。

クレジットカードの利用は借金?

クレジットカードを利用する際は、たとえ支払い方法を一括払いにしていても実際に銀行口座から現金が引き落とされるのは後日となるため、カードの利用は全て借金に当てはまるのではないかという考えも根強くありますが、一括払いであれば借金扱いにはなりません。

クレジットカードは、実際の店舗やインターネット上などで商品やサービスを購入した際にクレジットカードを利用すると、カード会社との契約や規約に基づいてカード会社が商品やサービスの代金を立て替えて支払います。クレジットカードの利用者はカード会社に対する支払いの義務こそ発生しますが、購入代金は債務とならないため借金にはあたらないのです。

一括払いは借金じゃない

クレジットカードの支払い方法において、一括払いであれば借金にはあたりません。一括払いはひと昔前で言うところの「ツケ払い」と同じようなものです。

クレジットカードの入会には審査がありますが、一定の収入や信用情報があると判断された方にのみカードは発行されるので、いわゆる「ツケ払い」が可能となるのです。
一か月という短期間で請求書が発行され、銀行口座から代金が引き落とされる一括払いは借金ではありません。

リボ払いは借金扱い

クレジットカードでも、支払い方法によっては借金扱いとなる場合があります。その支払い方法こそが「リボ払い」です。リボルビング払いとも呼ばれるリボ払いは、毎月の支払金額を一定に保つ事ができるというメリットがあり家計の管理が楽になりますが、一般的に手数料がかからない一括払いとは異なり手数料として15%程度の金利が発生してしまいます。

リボ払いでクレジットカードの利用者が支払い能力以上の商品を購入した場合、カード会社がその代金を立て替えて支払いますが、支払い期間が長期に渡る可能性があるため金利が発生するリボ払いは借金扱いとなってしまうのです。

クレジットカードのリボ払いの危険性とリボ払い手数料をなくす方法

クレジットカードを持っているだけでも借金?

普段何気なく使っているクレジットカードですが、商品代金の支払い以外にも使い道があるのをご存知でしょうか。それが「キャッシング」です。

クレジットカードには大きく分けてふたつの枠があります。商品を購入した際に使用するのはクレジットカードのショッピング枠ですが、もうひとつキャッシング枠と呼ばれる枠があり、クレジットカードでお金を借りる事ができます。
クレジットカードで借りると言ってもその行為は消費者金融と何ら変わりはなく、当然お金を借りるには金利手数料が発生しますので、総量規制の対象となってしまいます。

クレジットカードのキャッシングを一度も利用した事がないという場合であっても常にお金が借りられる状態となっているとみなされ、ローンの審査に通らない可能性があります。

キャッシング枠のメリット・デメリット

キャッシング枠のメリットとしては、何と言ってもいざという時に現金を借りられるという点です。普段キャッシュカードを持ち歩かないという方でもクレジットカードであれば財布に入っているのではないでしょうか。急に現金が必要になった時、銀行のATMなどで現金を手にできるという安心感は大きいでしょう。

また、大手カード会社のクレジットカードは海外でもキャッシングが利用でき、現地の通貨を引き出す事ができるため海外旅行などの際にも便利です。キャッシング枠のデメリットは、カードの盗難などで不正利用された際にキャッシング枠分の被害を受けるケースがある事です。ショッピング枠では不正利用の補償があるためダメージは最小限に抑えられますが、キャッシング枠の不正利用は補償されない場合がある事を頭に入れておかなければいけません。

また、キャッシング枠が付帯したクレジットカードを持っていると新たなクレジットカードの審査が通りにくくなるというデメリットもあります。

キャッシング枠をなくす方法

クレジットカードのキャッシング枠はなくす事も可能です。カード会社の公式サイトには多くの場合マイページがありますので、会員登録を済ませてログインするとキャッシング枠をなくす(取り消す)申請ができるようになります。

JCBカードやイオンカードなどはインターネットでの手続きに対応していないため、インフォメーションセンターに電話で連絡する必要があります。
もし、あまり利用していないクレジットカードがあるというなら、クレジットカードそのものを解約してしまうのもひとつの方法です。年会費がかかるカードであれば節約にもなり一石二鳥でしょう。

借金総額を調べる方法

クレジットカードを何枚も持っていたりキャッシングを利用していると借金の総額が分からないというケースもみられますが、信用情報機関への開示請求によって借金の総額を確認する事ができます。信用情報機関には借金元の金融機関名や契約日と金額、現在の借金残高や返済状況、利用者の住所や氏名、電話番号や勤務先などといった個人情報が登録されています。
自分の信用情報に関しては開示請求を行えるため、借金の総額を調べる事ができます。

日本国内の信用情報機関は3つあり、銀行からの借金であればKSC、消費者金融からの借金であればJICC、クレジットカード会社からの借金であればCICの場合が多いと言われていますが、異なるケースもあるため全ての信用情報機関に開示請求を行うと取りこぼしがないでしょう。

KSCは郵送で、JICCは窓口・郵送・スマートフォンで、CICは窓口・郵送・インターネットで開示請求ができます。いずれの場合も身分証や手数料などが必要となり、郵送などの場合は一週間から10日程度の日数がかかります。

個人信用情報機関の「CIC」にブラックリスト(金融事故)か確認する方法

借金があっても審査OK!ACマスターカード

アコムACマスターカード

カードの特徴

アコムが発行する年会費無料のクレジットカード。最短即日発行可能で、20歳を超えていればパート・アルバイトの人でも働いていれば審査OK。利用金額から0.25%キャッシュバック

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 付帯保険 なし
電子マネー なし ポイント なし

消費者金融のアコムが発行する「ACマスターカード」は、借金があっても申し込み可能なクレジットカードです。

通常のクレジットカード審査に通るためには、クレジットカードを利用して個人信用情報機関にクレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれる「この人はカード利用してもちゃんと返済してくれる人だ」という信用情報が必要になってくるのですが、ACマスターカードはクレジットヒストリーを重視しない審査基準なので、クレジットヒストリーが原因で審査落ちした人でも作れる可能性のあるカードです。

そのため、他社のカードで審査落ちした人が、毎月カード利用をしては返済日にきちんと返済する「良いクレジットヒストリー」を個人信用情報機関に築いていくのに利用される「クレヒス修行用カード」として有名です。

年会費無料、発行手数料なども無料なのでカード利用しなければ余計な費用もかかりません。

クレジットカードの所有者が死亡した場合はだれの借金扱い?

遺産相続をした場合、遺産だけでなく、クレジットカードのキャッシングや消費者金融や銀行からのローンといった借金を相続してしまうため、クレジットカードの所有者が死亡した場合は、基本的に相続人が未払い分を支払う必要があります。

相続から3か月以内に相続放棄申述受理証明書を用意し、家庭裁判所で相続放棄の申請を行うことで借金の支払いを放棄することは可能ではあります。
しかし、条件によっては裁判所から受理してもらえない可能性もあります。

■謄本申請書 - 裁判所
http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/syosiki03/index.html

クレジットカードと借金関連記事

クレジットカードの借金踏み倒しに時効はある?


クレジットカード審査に影響する借金と影響しない借金

-注意点・トラブル
-

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.