クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

新社会人におすすめのクレジットカードと作り方

投稿日:

新社会人の方は就職を機にクレジットカードを作るというケースも多いですが、自分に合ったカードを選べばよりお得に利用することができます。

そこで今回は、新社会人のためにポイント還元率や特典・保険などクレジットカードの選び方のコツを分かりやすくまとめました。
新社会人におすすめのクレジットカードの特徴やメリット・デメリット、カードの作り方もご紹介します。

新社会人のためのクレジットカードの選び方

新社会人がクレジットカードを作るメリットは様々です。
クレジットカードには現金払いにはないお得なサービスや特徴があるので、上手に使えば節約にもつながるでしょう。

ここでは、新社会人の方のためにクレジットカードの選び方のコツをまとめました。

ポイントが貯まりやすいカードを選ぶ

現金払いにはないクレジットカードの魅力のひとつが「ポイント還元」です。

ほとんどのクレジットカードはショッピング利用金額の0.5%~1.0%程度のポイントが貯まり、貯まったポイントはギフト券や商品・他社ポイントやマイルなどに交換することができます。
公共料金の支払いでもポイントを貯められるので、割引がきかない生活費も実質的に節約することが可能です。

カードによってはポイントサイト経由のネットショッピングで還元率がアップするものがあり、イオンカードなど特定の店舗やサービスで利用すると還元率がアップする場合もあります。
還元率0.5%と1.0%のカードではポイントの貯まり方が全く違うので、ポイント還元率重視で選ぶなら1.0%以上のカードがおすすめです。

打ち合わせの際の飲食代など、会社の経費もクレジットカードで支払えばポイントが貯まりますが、会社の規則により経費でポイントを貯めることを禁止している企業もあるので、念のためカードを利用する前に確認しておきましょう。

旅行や出張が多い方は旅行保険付きのカードがおすすめ

クレジットカードには、旅行や出張が多い方にぴったりな国内・海外旅行保険が付帯しているカードがあります。
「自動付帯」の保険付きカードなら、カードを持っているだけで補償が受けられますが「利用付帯」の保険付きカードは出発前にツアー代金などの旅費をカード決済しておかなければ補償が受けられないので注意が必要です。

特に海外ではちょっとした病気やケガで病院にかかっても高額な医療費がかかる恐れがあるので、海外を訪れる際には保険が必須となっています。
保険付きのカードを選ぶ時は、保険の最高額だけでなく疾病治療費や傷害治療費の項目もチェックしてください。

年会費無料カードと有料のカードの違い

クレジットカードには年会費無料のカードと有料のカードがありますが、主な違いはサービスと保険です。

例えば、年会費無料の「JCB CARD W」はカード利用が必要な「利用付帯」の保険が付き、最高額は2,000万円となっています。
一方で、JCBカードよりも上位のカードである「JCBゴールド」の場合は、保険の最高補償額が1億円にアップし、カード利用がなくても5,000万円の補償が受けられるのが特徴です。

JCB CARD Wの場合、空港ラウンジサービスは利用できませんが、JCBゴールドになると国内28か所とハワイの空港ラウンジが利用できるようになるなど、ワンランク上のサービスが提供されています。
年会費有料のクレジットカードはステータス性が高く人気がありますが、ゴールドカードなどの上位カードになると審査が厳しくなる傾向があるため注意が必要です。

新社会人におすすめのクレジットカード

新社会人や若い人には、従来のクレジットカードよりもポイント還元率やサービスが優遇されているカードがおすすめです。

ここでは保険やポイント還元率が充実した3枚のクレジットカードの特徴とメリット・デメリットをピックアップしました。

カード名 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード 三井住友VISAデビュープラスカード JCB CARD W
年会費 26歳になるまで無料・26歳以降は3,240円 初年度無料・翌年度以降もカード利用があれば無料 無料
国際ブランド American Express VISA JCB
通常ポイント還元率 0.5% 1.0%(入会後3か月は2.5%) 1.0%
海外旅行保険 最高3,000万円(自動付帯) なし 最高2,000万円(利用付帯)
特典・特徴 月2回西友・LIVIN5%割引・ロフト優待 満26歳以降はプライムゴールドカードに自動更新 Amazonやセブンイレブンなどで還元率アップ

3枚のカードを比較してみると、ポイント還元率や保険の項目に違いがあるのが分かります。
続いて、カードの詳細を解説していきます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

26歳まで年会費無料で持てるアメックス。海外旅行傷害保険が自動付帯で、永久不滅.comを経由してネットショッピングをすればポイントが最大25倍になるなど、お得なサービスも盛りだくさん

発行会社 株式会社クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険 最高3,000万円(自動付帯)
電子マネー iD、QuicPay ポイント 永久不滅ポイント

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)は、U25応援キャンペーンにより26歳になるまで無料で持てるクレジットカードです。
年会費無料で持てるカードながら「自動付帯」の海外旅行保険が付くのが最大のメリットで、最高補償額も3,000万円と手厚く、国内旅行保険も「利用付帯」で付くので安心です。

自宅から空港までの手荷物無料宅配サービスやリゾートホテルの優待など旅行に便利な特典が多く、西友・LIVINとロフトの優待も受けられるので毎日のお買い物もお得になります。

ポイント還元率は0.5%ですが、有効期限が無期限の永久不滅ポイントが貯まる上に、ポイントサイト経由のネットショッピングでは最大30倍のポイントが獲得できます。

受取が配送に限定される以下の2枚とは違って、セゾンブルーアメックスはETCカードを含めて申し込んだその日のうちにカードが受け取れる「即日発行」に対応しているので、急ぎでクレジットカードを作りたい時にもおすすめです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)の特徴

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年3月29日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳~25歳の方限定で、ポイント還元率が通常カードの2倍に優遇されたお得なクレジットカードです。
カードショッピングの利用があれば2年目以降も無料で持てて、最短3営業日発行に対応しています。

ポイント還元率は1.0%・入会後3か月は2.5%にアップするので新生活のスタートにもぴったりです。
ポイントサイト経由のネットショッピングはポイント最大20倍、エントリーを行って対象のお店でカードを利用すると最大18倍のポイントが貯まる「ココイコ!」というサービスもあります。

旅行保険が付かない点はデメリットですが、世界シェアNo.1で加盟店数が多いVISAブランドでセキュリティもしっかりしていて、26歳以降の更新時にはプライムゴールドカードに自動更新となるので、将来的にゴールドカードなどの上位カードを持ちたい方にもおすすめです。

シルバーのカードデザインに加え、女性らしいピンク・シンプルなスクエアブラックデザインの2種も新たに登場しました。

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴【年会費・ポイント還元率・審査・電子マネーなど】

JCB CARD W

JCB CARD W(ジェーシービーカードダブル)

カードの特徴

最大11,000円分のポイントプレゼント中!(2019年3月31日(日)まで)国内唯一の国際ブランドであるジェーシービーが発行する、ポイント高還元率が魅力の39歳以下・WEB入会限定の年会費無料カード

発行会社 ジェーシービー ポイント還元率 1.0%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー - ポイント OkiDokiポイント

JCB CARD Wは、国内唯一の国際ブランドであるJCBが発行する39歳以下・WEB入会限定のクレジットカードです。

年会費は永年無料、ポイント還元率はJCB通常カードの2倍の1.0%で、Amazon・セブンイレブン・スターバックス・昭和シェル石油といったJCBオリジナルシリーズパートナーの優待店で利用すると還元率がアップします。
中でもスタバは最大5.5%の還元率となるため見逃せません。
他のカードと同様に、ポイントサイト経由のネットショッピングは20倍のポイントが貯まるので還元率を重視したい方にぴったりのカードです。

最高2,000万円補償の海外旅行保険が「利用付帯」となりますが、JCBは海外シェアの面ではVISAなどの国際ブランドにやや劣ります。

40歳までに申し込めば以降も使い続けることができ、JCB CARD W plus Lという女性向け疾病保険を割安な掛け金で付けられるカードもあるので、新社会人の女性にも向いているカードです。

JCB CARD W(ジェーシービーカードダブル)/JCB CARD W plus Lの特徴

クレジットカードの作り方(申し込み方法)

クレジットカードの申し込み方法には、以下のような3通りの方法があります。

  • インターネット申し込み
  • 店頭申し込み
  • 郵送

この3つの方法の中で最もカード発行までの時間が早いのが、24時間いつでも申し込める「インターネット申し込み」です。
店頭申し込みなら買い物のついでに申し込むことができますが、店頭申し込みに対応しているカードは限られます。

郵送の場合は、申込書がカード会社に届いてから審査が行われるため時間に余裕をもって申し込んでください。
申し込みやカードの受け取りを行う際には運転免許証などの本人確認書類と、引き落とし口座の設定を行う際にはキャッシュカード・銀行の届け印が必要となるので事前に用意しておきましょう。

申し込み時に記載する「年収」がまだ確定していない場合は見込みの額でOKです。

インターネット申し込み

ほとんどのクレジットカードはインターネット申し込みに対応していて、申し込みフォームに必要事項を入力後、必要に応じて運転免許証などの本人確認書類を提出するだけで申し込めるので手軽です。

インターネット申し込みなら、ポイントやキャッシュバックがもらえるキャンペーンも頻繁に実施されています。

店頭申し込み

店頭申し込みは、セゾンカードやエポスカードなど商業施設や百貨店などにカードセンター(カウンター)があるカードを申し込めます。

店頭に足を運ぶ手間はかかりますが、疑問点をスタッフに質問することができ、初めてのカードも安心して作れるのがメリットです。
店頭スタッフにカード申し込みの旨を伝えて、申込書に記入するか、タッチパネル式の端末に必要事項を入力して申し込みます。

郵送での申し込み

申込書を使った郵送は、審査落ちの原因となる記入ミスや書類の不備には十分注意をして申し込みましょう。
申込書は商業施設などの店頭に設置されているほか、インターネットや電話で取り寄せることができるカードもあります。

郵送申し込みは時間がかかり、審査落ちのリスクもあるのであまりおすすめはできません。

クレジットカードの受け取り方法

クレジットカードの受け取り方法は大きく分けて2通りの方法があります。

  • 店頭受取
  • 配送

このうち「即日発行」のクレジットカードを申し込み当日に受け取れるのは「店頭受取」の場合のみとなっています。

JCB一般カードのように、即日発行可能とされているカードの中には受け取りが配送のみで、当日に受け取れないカードもあるので気を付けてください。

店頭でのカードの受け取り方

上記のカードのうち、セゾンブルーアメックスのみ対応しているのが「店頭受取」です。
店頭受取はその名の通り、商業施設などにあるカード会社のカードセンター(カウンター)で直接カードを受け取ることができます。

受け取り時にはカード会社から送られてくるメールに記載されている番号や、運転免許証などの本人確認書類、キャッシュカード・届け印が必要となる場合があるので、店舗の営業時間とともに予め持ち物も確認しておくと安心です。

配送でのカードの受け取り方

配送受け取りは、郵便または宅配便で自宅にカードが送られてくる受け取り方法です。

郵便の「簡易書留」などで送られてくる場合は本人以外の家族でも受け取れますが、楽天カードのように受け取り時に本人確認を実施するカードの場合、本人が身分証明書を提示する必要があるため、受け取りは本人に限られるので注意しましょう。

-クレジットカード比較

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.