クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

クレジットカード審査の流れと審査期間について

更新日:

これまでクレジットカードを申し込んだことが無いという方のために、クレジットカード審査の流れと、審査にかかる期間について説明していきます。

とにかくすぐにクレジットカードが欲しい人は、即日発行も可能で、年会費無料の「ACマスターカード」がおすすめです。

個人信用情報機関で信用力を調査

クレジットカードを作成しようと思って申し込みを行うと、クレジットカード会社側は個人信用情報機関という場所に問い合わせて、申込者のクレジットカードやローンの利用履歴を確認します。
個人信用情報機関では、クレジットカードやローンなどの返済履歴や、現在借り入れがいくらあるかということなどもわかるため、クレジットカード会社側では過去5年以内に支払いが遅延していたり滞納していた履歴がないかや、10年以内に自己破産をしていないかどうかなどを確認し、クレジットカードを渡しても問題ないかという信用度を判断します。

もし、過去に支払いの延滞が複数回あったり、長い間滞納していたという履歴があった場合には、審査に落ちる大きな原因の1つとなりますが、反対にしっかりと返済している履歴が確認できた場合には、信用度が高くなり審査に通過する可能性が高まります。

申し込み内容の確認

個人信用情報機関で照会された情報に問題が無いと判断されると、次にクレジットカード会社側は申込者から申請を受けた内容に間違いがないかを照合するため、記載されている勤務先に本当に勤めているかどうか、直接会社へ連絡し、本当に申請者が在籍しているかの確認を行いますが、これを在籍確認といいます。
個人事業主や年金受給者等の場合には自宅へ連絡を行い、在宅確認になるという場合もあります。

カード会社によっては必須で在籍確認を行っている会社もありますが、キャッシング枠を大きく希望したりしない限りは在籍確認をあまり行わなくなっているようです。
大学生の場合は学校に電話がかかってくるのか?と思われるかも知れませんが、カード会社は学校には電話はかけていません。

社内審査

申請内容に間違いがないことが判断されると、次にこの人に本当にクレジットカードを発行してもよいかどうか、発行するのであれば限度額はいくらがよいか、ということを決めるために、クレジットカード会社側では社内審査が行われます。

限度額は審査を行った結果、信用力がどれほどになるかということを判断した上で決められますが、信用力が低いと判断される場合には、限度額は10万円になるということも考えられます。

審査結果の通知

クレジットカードの審査期間は、クレジットカード会社によって異なりますが、早いもので即日、平均的には1~2週間前後、遅いものでは1ヶ月かかるというカードも中にはあります。

審査に通過したか、落ちてしまったかどうかの審査結果は、最近ではメールで回答を得られるものが多く、それ以外は封書で結果が送られてくるものもあります。
1ヶ月経過しても、メールも郵送でも何も通知されないという場合には、申し込みの住所を誤って記入したために書類が届かないという場合や、郵便書留で届いていたが、不在であったため受け取れず、不在票に気づいていなかったということも考えられるので、一度クレジットカード会社に確認をとってみた方がいいででしょう。

なお、クレジットカード会社から審査結果の通知が来ないからといって、他社のクレジットカードに申し込みをしてしまうと、多重申込と判断されるようになり、他社のクレジットカードの審査に通りにくくなる原因となるため、避けるようにしましょう。

クレジットカードによって審査期間は異なる

クレジットカードの審査期間は、クレジットカード会社によって異なります。
平均では2週間程度となっていますが、早いものでは最短即日(30分)のものから、長ければ1ヶ月以上の時間がかかるというカードも中には存在します。
スピード発行と呼ばれているものは、審査期間が3日以内のものとなっています。

カード審査の期間例

審査にどれくらいの期間がかかるのか、申し込み件数の多いカードを例に説明していきます。

早ければ当日中に審査の結果を得ることができ、最短で数分で審査の結果が通知されたという例もあります。
web上での申し込み自体は24時間可能ですが、クレジットカード会社側の営業時間外に申し込みを行った場合は、翌営業日に結果が通知されるため、注意が必要です。

また、人によって審査に時間がかかってしまうこともあり、その場合は数日程度時間を要することになります。

審査に時間がかかる理由

クレジットカードの発行に必要な審査は、申し込みをした人の信用力によってかかる時間が異なり、信用力が低いほど審査には時間がかかってしまいます。

審査の流れとしては、申し込み者の信用力をスコアリング(点数付け)し、個人信用情報機関へ照会を行い金融事故や延滞情報が無いか、いわゆるクレジットヒストリーを確認し、勤務先へ在籍確認を行います。

クレジットヒストリーを確認した際、借りたお金をしっかりと返している履歴が確認できれば信用力が高いと判断され、信用力が高い場合は審議を重ねて検討する必もなく、機械的に基準を満たしているのかを判断すればいいだけとなるので、その分審査が早くなりますし、在籍確認が必要なく審査に通過することができるので、その分の時間を短縮することができるのです。
信用力が低いとみなされれば、信用力が高い方とは反対に、慎重に審査を行っていく必要があるため、審査にかかる時間はそれだけ長くなってしまいます。

審査難易度が高いものは審査期間が長い傾向がある

クレジットカードの審査の難易度は、銀行系カード>信販系カード>流通系カード>消費者金融系カードの順に審査が厳しくなっていて、審査の厳しさに比例して、審査期間が長くなる傾向にあります。
それぞれの代表的なカードと、審査期間は以下となります。

ステータス性の高いカードは審査期間がさらに長くなる

プラチナカードや、ゴールドカードなどの、一般カードよりもステータス性の高いカードは、しっかりと審査を行う必要があるために、審査期間は長くなる傾向にあります。
長ければ、2~4週間程度の時間を要することがあるため、時間には余裕を持って申し込みをする必要があります。

なお、既に一般カードを持っていてゴールドカードに切り替えを行うという場合には、現在の利用限度額やカードを利用している履歴などを確認することに時間を必要としないため、審査期間は1~2週間と、新規に申し込みを行うよりも約半分の時間で結果を得ることができます。

キャッシング枠をなくすと審査期間を短くできる

クレジットカードを申し込みする際の入力項目に、キャッシング枠を設定する欄がありますが、このキャッシング枠を可能な限り低く設定し、できることであれば0円で申し込みをすることで、審査時間を短くすることができます。

キャッシング枠がある場合、年収の3分の1までしか合計で借りることができないという貸金業法における総量規制の対象となり、信用力があるかどうかより詳しい審査が必要になるために、審査期間が長くなってしまうのです。

また、審査もその分厳しくなるため、キャッシング枠をできれば0円で申し込みすることにより、審査にも通りやすくなるというメリットがあります。

クレジットカード審査に時間がかかっても落ちるとは限らない

信用力が低い場合には審査に時間がかかるということを説明してきましたが、審査期間が長いからといって、必ずしも審査に落ちてしまったとは限りません。

毎月コンスタントにクレジットカードを利用していて、延滞や滞納などもなくクレジットヒストリーが良好であるという方でも、2週間以上審査の回答を得られなかったという例も中にはあります。
個人信用情報機関に登録されている住所と今回の申し込みの住所が異なっているなどで確認に時間がかかっていたり、たまたまクレジットカードの申し込み者が多いタイミングで申し込みをしてしまったたために審査に時間がかかっている、など様々な原因が考えられます。

不安になりますが審査の結果は必ずメールか郵送で通知されますので、結果が出るまで待っていてくださいね。

不安だからといって複数申し込むと「申し込みブラック」になる

審査の回答がなかなか来なくて不安になり、別のクレジットカードに申し込みをしてしまう、とついやってしまいがちなことですが、複数回申し込みをすることを多重申し込みといい、クレジットカードの審査に不利な影響を与えてしまうため、絶対にやめましょう。

クレジットカードに申し込みをした事実というのは、個人信用情報機関に記録されるので、審査を行うクレジットカード会社からは、何件申し込みをしているのかというのが把握できるようになっていて、複数回の申し込みが確認できる場合、カード会社側としてはお金に困っている人という判断してしまうので、審査に落ちる原因の1つとなります。
多重申し込みをしすぎると、どこのクレジットカード会社にも審査が通らなくなってしまうため、そういった状態のことをも申し込みブラックと呼びます。

個人信用情報機関に登録されている、クレジットカードの申し込み情報は6ヶ月経つと消えてしまうので、別のクレジットカード会社に申し込みを行う場合には、6ヶ月経過するのを待ってから申し込みをするようにしましょう。

審査落ちしてしまう理由

もしクレジットカード審査に落ちてしまった場合の理由を説明していきます。

信用情報に傷がついていた

他社のクレジットカードの支払いや、割賦販売で購入した携帯電話の料金を複数回遅延したことがある、というような場合には信用情報に傷がついている可能性があり、クレジットカード会社が審査のためにこれを参照し、信用情報に傷がついていることを確認すると、必ずといって良いほど審査に落ちてしまいます。

その場合、すぐにクレジットカードを作成することはできませんので、しばらく時間を置いて信用情報が回復するのを待ってから、改めて申し込みをするようにしましょう。

参考:クレジットカードの審査に通らない(審査落ち)理由と対策

支払い能力を超えていると判断された

クレジットカードを発行する際には、年収・生活費・他社の残債務から、本人の返済能力を元に審査をします。

年収から、生活維持費と残債務を引いたものを支払見込額と言いますが、その支払見込額の90%がショッピング枠の限度額となるため、他社クレジットカードの利用がリボ払いなどで多く残っている場合には、クレジットカードを発行することができなくなります。

多重申込を行っていた

審査に不安だと言う方は複数のカードに申し込んでしまいがちですが、複数のクレジットカードを同時に申込していた場合、お金に困っている人・ルーズな人と判断されるために、審査で落ちてしまう原因となります。
クレジットカードの申し込みを行う際には、必ず1社に絞って申し込みを行うようにしましょう。

クレジットヒストリーがない

現金主義でクレジットカードを作成せず、利用してこなかったという方などでクレジットカードの利用履歴、いわゆるクレジットヒストリーが無い場合、過去に自己破産などの金融事故を起こして、ある程度の時間が経った人も利用履歴はまっさらな状態になるため、金融事故を起こした人とクレジットカードを作成したことのない人の違いが判断できず、クレジットカード会社側も警戒しやすいです。

20代の若年層であればクレジットカードを持ったことがないということが安易に想定できるため問題はありませんが、30代以上の年齢の方はクレジットヒストリーが無いばかりに審査に落ちてしまうことが考えられます。

審査が甘いと言われているカードなどを慎重に選び、利用実績を積んでおくことが重要です。

審査が不安な方におすすめのカード

アコムACマスターカード

カードの特徴

アコムが発行する年会費無料のクレジットカード。最短即日発行可能で、20歳を超えていればパート・アルバイトの人でも働いていれば審査OK。利用金額から0.25%キャッシュバック

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 審査速度 最短即日
利用限度額 300万円
※クレジットとカードローンのご利用合計の上限は800万円まで
申し込み資格 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社(アコムの)基準を満たす方

-クレジットカード審査

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.