審査なしで作れるクレジットカード

クレジットカードの審査になかなか通らないために、審査なしで作ることができるクレジットカードを探している方も多いのではないでしょうか。

残念ながら審査が全くないクレジットカードは存在しませんが、審査なしも同然で作れるクレジットカードや、クレジットカードと同様の機能を持った審査なしで作れるカードなら存在します。

クレジットカードの審査が必要な理由

クレジットカードを作るために審査が必要なのはなぜでしょうか。
クレジットカードとは、商品を購入する際に提示することで、カード会社に商品代金を立て替えてもらい、後払いでカード会社に対して代金を返す仕組みです。
カード会社にしてみれば、お金を一時的に立て替えているので、きちんと返済してくれる人でなければカードを使わせるわけにはいきません。

そのため、事前に申込者の返済能力を調査し、立て替えたお金を返してくれる人かどうかを審査して、カードの発行可否を判断する必要があるのです。

審査では申込者の信用情報を調査している

では、カード会社が行う審査では、どのような基準でカードの発行可否を判断しているのでしょうか。

申込者の信用情報に問題がないか

カード会社の審査では、「個人信用情報機関」の情報を参照し、申込者のクレジットやローンの利用履歴である信用情報に延滞情報や債務整理情報などの金融事故情報がないか調べます。過去に金融事故情報を起こしている場合、基本的には審査には通りません。

個人信用情報機関とは、カード会社や消費者金融などの金融機関から信用情報を集めて管理している機関です。
申し込みを受けたカード会社では、申込者の返済能力を調べるために個人信用情報機関の情報を必ず参照しています。

そのため、一度ある業者で延滞をして登録されてしまった延滞情報は、その後申し込みをする全てのカード会社に知られることになります。
カード会社では一度金融事故情報を起こした申込者を返済能力がないと判断するため、審査に通ることが難しくなります。

申込者の申告内容がカード発行の基準に達しているか

カード会社では、職業や勤続年数など、申し込みの際に申告した項目を点数化する「スコアリング」という手法で審査を行っています。
スコアリングでは、「属性」と呼ばれる職業や勤続年数、年収などの項目を、返済能力が高いと推測される順に点数化をしていきます。

例えば勤続年数であれば、長く勤めるにつれて収入が上がり返済能力が高くなると推測できるため、長ければ長いほど点数が高くなります。
スコアリングの結果、各カード会社が独自に設定する基準点数を満たせていなければ、審査に落ちてしまいます。
点数化する属性はカード会社によって異なりますが、年収・職業・勤続年数・勤務先の従業員数・居住形態・居住年数などの項目は、どの会社でも共通して点数化されています。

アコムACマスターカードに申し込む

アコムACマスターカード

カードの特徴

唯一の消費者金融系クレジットカード。審査基準が他のカード会社とは異なるため、「審査が甘い」と言われるクレジットカードで審査落ちした人でも審査に通る可能性がある。

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 ポイントプログラムなし
年会費 永年無料 審査速度 最短即日
利用限度額 300万円
※クレジットとカードローンのご利用合計の上限は800万円まで
申し込み資格 20歳以上で収入がある方(アルバイトやパート可)

クレジットカード審査で落ちてしまって、審査なしのクレジットカードを探しているという人は、クレジットカードをあきらめる前にどことも違う審査基準をとっているため、審査が甘い楽天カードで審査落ちしたという人でも審査に通る可能性のある「ACマスターカード」に申し込んでみることをおすすめします。

クレジットカードの審査難易度は、外資系カード > 銀行系カード > 交通系カード > 信販系カード > 流通系カード > 消費者金融系カードと、左に行くほど審査難易度が厳しくなっており、最も審査難易度が甘いと言われているのが消費者金融系カードで、現在のところ消費者金融系カードは「ACマスターカード」のみが該当します。

また、ACマスターカードは、最短即日発行が可能なクレジットカードのため、「審査の時間を待ってられない」という理由で審査なしのクレジットカードを探している人にもおすすめのカードです。ACマスターカードの即日発行の方法が気になる方は「アコムACマスターカードを即日発行する流れと注意点」をご確認ください。

クレジットカードの審査なしで発行できるETCカード

ETCカードを持つには、まずクレジットカードを作ってから追加カードとしてETCカードを発行するしか方法がないと思っている人も多いのではないでしょうか。
もちろん、クレジットカードの追加カードとしてETCカードを持つ人は確かに多いのですが、クレジットカードを発行するまでには審査に通るというハードルがあるので、何かしらの理由でクレジットカード審査に通れないという人にとっては、ほかの方法でETCカードを発行できれば嬉しいですよね。

ETCパーソナルカード」というETCカードであれば、クレジットカードの審査なしで発行できます。

<注意点>利用にはデポジット額が必要

ETCパーソナルカードとは、クレジットカードを持っていない人でも、有料道路(高速道路)のETC専用ゲートを通ることが出来るカードです。
ただし、ETCパーソナルカードの利用には、預金口座から引き落としの有料道路の利用料金とは別に、デポジットという保証金を支払う必要があります。

デポジット額には、有料道路の平均利用月額の4倍の金額(最低20,000円)を預ける必要があります。
具体的には、有料道路を毎月平均5,000円利用の方だと20,000円を保証金として預託し、平均10,000円利用の方だと40,000円を預託することになります。
デポジット額について、suicaやPASMOのチャージ金額にあたると考える方もたまにいますが、どれだけ高額の保証金を払っても有料道路の通行料金としては支払われません。

デポジット額が返金されるのは、ETCパーソナルカードの解約時です。
参考サイト≫ETCパーソナルカード/利用についての注意事項:ETCカードについて | ETC総合情報ポータルサイト

面倒でもクレジットカードを作った方がお得

ETCパーソナルカードは、高額なデポジット額が必要なのに対し、クレジットカードはクレカ自体の年会費とETCカードの年会費を支払うだけで発行できるので、基本的にはクレジットカードを作ってからETCカードを作る方がおすすめです。

中には、クレカ自体の年会費も、ETCカードの年会費も無料という「オリコカードザポイント」のようなカードもあります。
しかし、このページを読んでいる方は基本的には審査に不安を抱えている方が多いと思いますので、そういう方は審査が甘い「楽天カード」をおすすめしますよ。
楽天カードはETCカードの年会費が540円(税込み)かかるものの、クレカ自体の年会費は永年無料で、何より通常のクレジットカード審査では通れない「ブラック」と呼ばれている人でも審査が通った実績のあるカードなので、まだ申し込んだことがない人は申し込んでみてはいかがでしょうか。

家族カードなら審査なし同然でクレジットカードが作れる

クレジットカードの審査に通らない人がカードを作る手段に、審査なしも同然の「家族カード」を作るという方法があります。
家族カードとは、契約者である本会員の家族に発行されるカードで、家族カードの利用代金も本会員が支払うため、家族会員に返済能力がなくても、本会員に安定した収入と返済能力があれば作ることができます。

家族カードの契約者は本会員なので、家族会員に対する審査はほとんどありません。すでに本会員がカードを持っている場合は、本会員に滞納などがなければ家族カードは発行されます。

デビットカードなら審査なしで作れる

クレジットカードの審査に通らない人でも、デビットカードであれば審査なしで作ることができます。

デビットカードとは

デビットカードとは、クレジットカードと同様に店頭やネットでの買い物で利用することができる、銀行が発行しているカードです。

クレジットカードは商品代金を後払いでカード会社に返しますが、デビットカードは自分の銀行口座から即時に利用代金が引き落とされます。
銀行が商品代金を立て替えるわけではないため、銀行にとっては貸したお金を返してもらえないリスクがありません。そのため、デビットカードはクレジットカードと同じように利用できるにもかかわらず、審査なしで発行されます。

おすすめデビットカード「三菱UFJ-VISAデビット」

デビットカードを作りたい人におすすめなのが、三菱UFJ-VISAデビットです。大手銀行の三菱東京UFJ銀行が発行しており、安心して利用できます。

発行銀行 三菱東京UFJ銀行
国際ブランド VISA
年会費 初年度無料
2年目以降1,080円(税込)
※23歳以下は無料
※年間10万円以上の利用で翌年無料
ポイント還元率 0.2%
ポイントの種類 キャッシュバック
申し込み条件 15歳以上(中学生不可)
保険 ・ショッピング保険(商品破損・盗難時)
・不正利用補償
カード発行期間 1~2週間

三菱UFJ-VISAデビットは、VISAカードが使える店であればどこででも利用することができます。年会費は初年度無料、2年目以降1,080円かかりますが、23歳以下の場合は無料になるため、若い方におすすめです。
24歳以上でも、1年で10万円以上利用すると翌年の年会費が無料になります。
年間10万円ということは1カ月で平均8,400円程度利用すれば達成できるため、ハードルが低いですね。

また、利用金額の0.2%が毎月利用口座に自動的にキャッシュバックされます。クレジットカードのようなポイント制度の場合は商品と交換するのに手間がかかりますが、三菱UFJ-VISAデビットの場合は自動キャッシュバックのため手間がかからず、ポイントの有効期限切れの心配がない点も魅力です。

家族カードとデビットカードはクレヒスが作れないのがデメリット

家族カードとデビットカードに共通するデメリットとして、クレジットカード審査に通るためにもっとも重要視される、クレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー/クレヒス)が作れないことが言えます。
カード会社は審査の際、過去の利用履歴を見て「この人はカードを使ったらちゃんと返済してくれる人だ」と判断するため、ほとんどのクレジットカードの場合、クレヒスがないと審査で厳しく見られてしまいます。

そのため、クレヒスを審査基準にしていないアコムが発行する「ACマスターカード」をまず作って、クレヒス修行と言って、毎月少額でもクレジットカードを利用してクレヒスを作っていく人も多いです。

-クレジットカード審査

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.