クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

クレジットカード審査に落ちたら再申し込み(再審査)して通る可能性はあるのか

更新日:

クレジットカードの審査基準や審査難易度はカード会社によって異なり、どこの会社も明確な基準を公開していないため、欲しいクレジットカードに申し込んだものの、審査落ちして作れなかったという人もいるでしょう。

それでも、まだ同じクレジットカードを申し込もうと考えている方のために、再申し込みをして審査通過できるのかや、審査落ちの原因と審査対策をまとめました。

すぐに再申し込みしても審査に落ちてしまう

クレジットカードを申し込んで審査に落ちたとしても、すぐに再申し込みをするのは待った方が良いです。
クレジットカードを申し込んだ際の情報は、カード会社やカード会社などが加盟する機関に記録されています。一度カード会社の審査に落ちてしまった場合、すぐに再申し込みをしても状況が改善されていなければ再度審査落ちしてしまう可能性が高いでしょう。

そればかりか、審査落ちの情報が残っているというだけで自動的に弾かれて審査に落ちるケースもあります。

落ちたカードとは別のカードであれば審査通過可能


クレジットカードの審査はカードの種類によっても異なりますし、カード会社によっても異なります。例えば、ある会社のカード審査に落ちたとしても、同ランクの他社のカード審査には通る事もあるのです。

ただし、注意したいのは審査落ちの原因を解決しなければカードやカード会社を変更しても再度審査落ちしてしまう点でしょう。何度も審査落ちしていると、ますますカード審査に通らなくなる恐れもあるため要注意です。

審査落ちの原因を解決してから再申し込みする

カードの審査落ちの原因は様々です。原因として考えられる事とその解決策をまとめました。

クレジットヒストリー(クレヒス)を作る

クレジットカードはいわばツケ払いとなるため、いかに返済能力が高いか(=滞納せずに支払ってくれるか)が審査を通過する大きなカギを握っています。そこでおすすめなのが比較的審査難易度の低いカードを申し込んで滞納せずに使い続ける事です。これを一般的に「クレヒス修行」と言います。

カードの利用を行うと、クレジットヒストリーという利用履歴が個人信用情報機関に記録され、良い履歴を積み重ねていればカード会社からの信用度も高くなり、おのずと審査に通りやすくなるのです。
クレジットカード同様、携帯電話(スマートフォン)の分割払いもローン契約としてクレジットヒストリーに記録されるため、滞納せずきちんと支払いを行う事でカード審査にも良い影響を及ぼします。ただし、どちらの場合も滞納や貸倒を行うと事故情報として記録され、ブラックリスト入りするため注意が必要です。

審査で重要なクレジットヒストリー(クレヒス)とは?良いクレヒスと悪いクレヒス

申し込み内容の記載漏れ・ミスをしない

申込内容の記載漏れや入力ミスなどもカード審査落ちの原因として多くみられます。カードを申し込む時は細心の注意を払って申し込み前に今一度しっかりと確認を行いましょう。

カード会社からしてみれば誤字や入力ミスであっても虚偽記載と見分けが付かないため、審査落ちの対象となってしまうのです。特に電話番号やメールアドレスなどの連絡先や、勤め先の欄は間違えないように気を付けましょう。

過去に返済を滞納していないかを確認する

誰もが一度はブラックリストという言葉を耳にした事があるかと思いますが、ローンの返済履歴やクレジットカードの申し込み・利用履歴は実際に個人信用情報機関という機関に記録されているため、過去に返済の滞納や貸倒などを起こしていると事故情報が数年間残ってしまいます。これがいわゆる「ブラックリスト入り」している状態です。

この事故情報が残っている間は新たなカードの申し込みやローンの審査に通りづらくなります。個人信用情報機関ではカード会社のほか、個人でも情報開示の請求を行う事ができるので、ブラックリスト入りが心配な場合は一度確認してみるのも良いでしょう。

信用情報機関のブラックリストに載る条件は?異動情報(ブラック)かを調べる方法も

短期間に複数のカード申し込みをしない

早くカードを作りたいからといって短期間に複数のカードを申し込んでしまうと、お金に困って資金調達をしているとみなされてカード審査に通らなくなる恐れがあります。
これは「申し込みブラック」と呼ばれる状態で、一か月に申し込むカードは多くても2枚までにとどめておくのが無難です。

クレジットカードを多重申し込みすると審査落ち?申し込みブラックとは

キャッシング枠をなしで申し込む

一般的なクレジットカードには、買い物や料金の支払いに使う「ショッピング枠」の他に、お金を借りる事ができる「キャッシング枠」があります。キャッシング枠の有無でも審査難易度は変わってくるため、キャッシングを使わないのであればキャッシング枠をなし(ゼロ円)に申し込んだ方がカード審査は通りやすくなります。

キャンペーン時期を狙う

キャンペーンが実施されている時期はカード会社も顧客を一人でも多く獲得したいと考えているため、カード審査が若干甘くなる傾向があります。
そのため、カード会社の新規入会キャンペーンは狙い目です。

同じ会社の審査難易度の低いカードに申し込む

同じカード会社でも年会費無料のスタンダードなカードとゴールドカードやプラチナカードとでは当然審査の基準が変わってきます。

例えば、ゴールドカードの審査に落ちた場合はワンランク下の一般カードや他社のカードであれば審査通過が可能となる場合があります。もし申し込みたいカード会社にリボ払い専用カードがあれば、そのカードが良いでしょう。

さらに詳しい審査対策についてはこちらでも解説

絶対にクレジットカードを作りたい!審査に通るためのコツ(対策)と注意点を解説

他社とは違う審査基準のカードに申し込む

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

カードの特徴

アコムが発行する年会費無料のクレジットカード。最短即日発行可能で、20歳を超えていればパート・アルバイトの人でも働いていれば申込OK。利用金額から0.25%キャッシュバック

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 審査速度 最短即日
利用限度額 300万円
※クレジットとカードローンのご利用合計の上限は800万円まで
申し込み資格 20歳以上の安定した収入(アルバイトOK)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

クレジットカード審査に通らなかった方におすすめなのがこのACマスターカードです。
こちらは消費者金融大手のアコムが発行する年会費永年無料のクレジットカードで、消費者金融独自の審査基準を採用しているため、他社のカード審査で落ちた人でも審査通過できる可能性があります。

クレジットヒストリーよりも支払い能力を重視しているので、カード会社では審査に通らなくてもACマスターカードなら作れる場合があります。

ACマスターカードは即日発行可能で年会費無料のカードです。
審査時にアコムから職場に在籍確認の電話がかかってきますが、アコムの会社名は出さずに個人名でかけてくれるので職場にバレてしまう事はありませんし、カード券面に「アコム」という記載はないので消費者金融のカードだとは気づきにくくなっています。

アコムACマスターカード(アコマス)の特徴【審査基準・年会費・限度額など】

Tカード プラス(SMBCモビットnext)

Tカード プラス(SMBCモビットnext)

カードの特徴

SMBCモビットと三井住友カードが提携してできた消費者金融系カード。年会費無料で、Tポイントも貯まり、ETCカードの発行も可能。

発行会社 株式会社SMBCモビット ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 申し込み条件 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方
電子マネー Tマネー ポイント Tポイント

Tカード プラス(SMBCモビットnext)は、SMBCモビットと三井住友カードが提携した年会費無料のカードです。

このカードは通常のクレジットカードとは異なる審査基準の「消費者金融系カード」に含まれます。
一般的なクレジットカードは過去の支払い実績や現在の職業などから「お金に困っていない人」を評価しているのに対し、消費者金融系カードは「お金に困っている人」を対象にして発行しているカードなので、他社で審査落ちした人でも作れる可能性があります。

同じ消費者金融系カードのアコムACマスターカードと違い、ETCカードも発行可能なので「クレジットカードが作れないのでETCカードが作れない」という方にもおすすめです。

Tカード プラス(SMBCモビットnext)の特徴【年会費・ポイント還元率・審査など】

クレヒス修行用カードとしても人気

本命のカードを作るためには、審査基準として重視される「クレジットヒストリー」を積み重ねていく「クレヒス修行」が必要になってくるでしょう。
そこで、クレヒス修行用カードとして人気の「ACマスターカード」や「Tカード プラス(SMBCモビットnext)」を作って支払いの遅延のないクリーンなクレジットヒストリー(クレヒス)を積み重ねておくと信用度が高まり、お目当てのカードの審査にも通りやすくなります。

-クレジットカード審査

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.