クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

即日融資が可能なおすすめカードローン・キャッシング

更新日:

急ぎでお金を借りたい時、頼りになるのが即日融資可能のカードローンやキャッシングです。カードローンの中には30分程度で審査が終わり、最短1時間で借り入れができるものもあるため、急な出費にも対応できます。

今回は即日融資を行う方法や、即日融資が可能なおすすめカードローンとキャッシングをご紹介していきます。

即日融資を行うには?

即日融資とは、その名の通り当日中に融資を受けられる事を指します。例えば、アイフルの場合はインターネットで申し込みを行った後に電話連絡を入れる事で優先して審査を進めてくれるサービスがあるので、即日融資を行いたい方にぴったりです。

以前は銀行系カードローンも即日融資ができましたが、2018年以降は申込者が反社会勢力と関りがないかを照合する審査が加わったため、現在は即日融資ができません。銀行系カードローンの審査回答は早くても翌営業日となっています。

カードローンの申し込み資格!学生やアルバイト・パートでも大丈夫?

一般的に、カードローンの申し込み条件は「満20歳~69歳までの安定収入と返済能力のある方」となっています。このため、学生でも20歳以上で収入があれば申し込みが可能です。

安定した収入があればOKなので、正社員ではなくアルバイトやパートでも申し込めます。主婦の場合は、収入のない専業主婦は申し込めませんが、パートなどで収入があれば大丈夫です。

土日祝日でも即日融資はできる?

アコム・プロミス・アイフルなど、多くのカードローンは土日祝日でも即日融資に対応しています。

何時までに申し込めばといいかというと、アコム・プロミス・アイフルの場合は3社とも平日・土日祝日のどちらも9時~21時の時間帯で審査を受け付けていて、自動契約機の営業時間も22時までとなっているため、審査時間内に審査を済ませて契約を行っていれば即日融資が可能です。
自動契約機の営業時間終了後もコンビニなどにある提携ATMならほぼ24時間借り入れができます。

振込で即日融資を受けたい場合のタイムリミットは14時

即日融資に対応しているカードローンの場合でも、振込で借り入れを行いたい場合のタイムリミットは14時です。これは金融機関の営業時間の関係なので、振込を希望する場合は14時までに契約を済ませて振込キャッシングの手続きも完了させておく必要があります。

即日融資を行うための必要書類

カードローンやキャッシングの申し込みには、主に2種類の書類の提出が求められます。

本人確認書類

まずひとつ目は、運転免許証などの「本人確認書類」です。
運転免許証のように顔写真が入った本人確認書類は1点の提出でOKですが、顔写真のない本人確認書類を提出する場合や、本人確認書類に記載された住所と現住所が異なる場合には併せてもう一点、公共料金の領収書など補助書類の提出が求められます。

収入証明書

ふたつ目の必要書類は、源泉徴収票や給与明細書などの「収入証明書」です。収入証明書の提出が求められるのは、カードローンの契約時に50万円以上の限度額を希望する場合と、他社と合わせた借り入れ総額が100万円を超える場合です。

このふたつの条件に当てはまらない場合は本人確認書類のみで大丈夫です。

即日融資を受けるコツ

即日融資を行うには即日融資に対応しているカードローンを選ぶ必要があり、インターネットで24時間申し込める場合でも、審査を行っている「審査可能時間」という時間帯に間に合うようにしなければいけません。

50万円以上の限度額を希望したり、他社から高額な借り入れがあると収入証明書の提出が必要になってくるので、限度額を低めにして申し込んだ方が即日融資が受けられる可能性は高くなります。

銀行系カードローンを利用する場合は口座開設に時間がかかるので、なるべく早く融資を受けたいのであれば先に口座を開設しておきしょう。

また、審査の際に行われる「在籍確認」の電話が繋がらなかったり、確認が取れなかった場合は審査が遅れる事があるので、勤務先の休業日には注意が必要です。

即日融資を受ける流れ(カードローン申し込みの流れ)

カードローンの即日融資を受ける流れは以下のようになります。

  • 申し込み
  • 審査
  • 必要書類提出
  • 契約
  • カード発行
  • 借入れ(即日融資)

申し込み

申し込み方法は、365日24時間対応のインターネット申し込みがおすすめです。深夜や早朝など、店舗や無人契約機が開いていない時間に申し込みを済ませておけば朝一で審査をしてもらえる可能性があります。

電話申し込みでも即日融資に対応している事があるのでチェックしてみましょう。

審査

消費者金融系カードローンの中には、審査時間が最短30分程度とスピード審査に対応している事があります。即日融資を受けたい場合はスピード審査に対応している消費者金融系カードローンを選びましょう。

必要書類提出

必要書類の提出はスマホのカメラを使って撮影を行い、インターネットで提出できるサービスを利用すると審査時間の短縮に繋がります。郵送を選ぶと即日融資ができないので要注意です。

契約

契約はインターネットまたは店頭で行います。インターネットで契約した場合は店頭または郵送でカードを受け取る必要がありますが、店頭で契約を行った場合はその場でカードを受け取れるのがメリットです。

カード発行

ATMで借り入れを行いたい場合、カードの受け取り方法は時間がかかる郵送ではなく、店頭や契約機で受け取るようにしましょう。最近ではカードレスのWEB完結サービスもあるので、カードの発行を待たずに借り入れを行う事もできます。

借入れ(即日融資)

ローンカードを発行すると、振込・ATM・店頭などで借り入れができるようになります。自社のATMなら手数料無料で利用できますが、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用した場合は入出金の際に108円(1万円以下の場合)または216円(1万円を超える場合)の手数料が発生するので注意しましょう。

銀行系カードローンは総量規制の対象外でも自主規制が行われている場合も

消費者金融系カードローンは総量規制の対象となるため年収の3分の1を超える融資は受けられませんが、銀行系カードローンは総量規制の対象外なので消費者金融でこれ以上融資が受けられない方の受け皿となってきました。

しかし、2016年に日弁連が「銀行系カードローンにも総量規制を設けるべき」という意見書を出したため、メガバンクの中には自主規制という形で総量規制を行っている場合があります。

即日融資が可能なおすすめカードローン・キャッシング

アイフル

アイフルの特徴

はじめての利用なら契約から30日間利息0円で利用できる消費者金融系カードローン。最短1時間融資可能と借り入れまでが早く、働いている人であれば申込OKのおすすめ消費者金融ローン。

キャッシングローンの金利 3.0%~18.0% かりかえMAX・おまとめMAXの金利 3.0%~17.5%
審査時間 最短30分 即日融資 可能
限度額 キャッシングローン / かりかえMAX / おまとめMAX
最大800万円まで
担保・保証人 不要

アイフルは、金利3.0%~18.0%で限度額は最高800万円の消費者金融系カードローンです。即日融資に対応していて、申し込み時に連絡を入れておけば電話での在籍確認なしにできます。

カードレスの「WEB完結サービス」を利用した場合もスマホアプリを使ってセブン銀行のATMで借り入れができるので不便を感じる事もありません。

初めての方限定で契約日から30日間無利息サービス期間があり、来店不要で誰にも会わず借り入れができる点もメリットです。

アイフルの特徴【審査、返済方法、デメリット】

-キャッシング・カードローン

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.