メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ New

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職でも審査に通るカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード作りのよくある疑問を徹底解説!バナー

クレジットカードの作り方・申し込み方法|初めての1枚におすすめのカードも

初めてクレジットカードを作ろうとしている方は、どうやったら作れるのか、どこで申し込んだらいいのか、申し込みには何が必要なのかといったことがわからないものです。 クレジットカードの申し込み方法には3種類 ...

クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件と対策

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

2枚目以降(サブカード)におすすめのクレジットカード!複数持ちのメリット・デメリットも

投稿日:

複数枚クレジットカードを持つと、カードの弱点を補ったり、保険を手厚くできるなど様々なメリットがあります。
クレジットカードの申し込み時には審査がありますが、2枚目以降も審査に通るのでしょうか。

そこで今回は、クレジットカードを複数持ちするメリット・デメリットを解説しながら、審査やサブカードの選び方、おすすめのカードについてもまとめました。

2枚目以降もクレジットカードの審査に通る?

新しくカードを作りたい場合、2枚目以降も審査に通るのでしょうか。2枚目以降のカード審査のカギを握るのは、1枚目のカードの利用状況です。

1枚目のカードの利用状況に問題がなければ、2枚目のカード審査も容易に通過できる可能性があります。
これは、カード審査の際には個人信用情報機関のクレジットヒストリー(クレヒス)を照会して信用力を調査しているためで、もし1枚目のカードで延滞などの問題を起こしている場合は審査落ちの恐れが出てくるので注意が必要です。

延滞を起こした場合は5年間カード審査に通らなくなることがあるので気を付けましょう。
学生はカードの複数持ちができないのでは?と思われるかもしれませんが、収入がなくても学生のうちは審査で優遇されるので、学生でも2枚以上のカードを持つことはできます。

申し込みブラックに注意

複数枚クレジットカードを作りたい場合も、同時期の申し込みは控えた方が良いでしょう。
これは「申し込みブラック」といって、短期間に複数枚のカードを申し込むことによってキャンペーン目的での入会や、カードの現金化を疑われて審査落ちしてしまうケースがあるためです。

申し込みブラックとなる目安は1か月に3枚以上のカードを申し込むこととされていますが、念のため2枚までにとどめておいてください。
カードの申し込みに関する情報は個人信用情報機関に6か月間残るため、申し込みブラックとなってしまった場合は、6か月以上経ってから再申し込みしましょう。

2枚目のカードはいつ作るのがいいの?という時も、6か月以上経って1枚目のカードの申し込み情報が消えてからの方が安心です。

クレジットカードを複数持ちするメリット

2枚目のクレジットカードを作ろうか迷っている方も多いでしょう。
クレジットカードを複数持ちすると、以下のようなメリットがあります。

  • より多くの付帯サービスを受けられる
  • カードの限度額に余裕を持てる
  • 旅行保険の補償額を合算して手厚くできる
  • 紛失・盗難や磁気不良でカードが使えなくなった時も安心

それぞれを詳しく解説していきます。

より多くの付帯サービスを受けられる

クレジットカードを作るならお得なカードがいいですよね。付帯サービスが豊富なカードを複数枚持つと、その分受けられるサービスが増えます。
例えば、インターネットショッピングがお得になるカード、街の飲食店やスーパー・レジャー施設などが割引になるカード、空港ラウンジサービスが利用できるカードなど、特典はカードによって様々です。

日常的によく利用するお店がお得になるカードを作ると節約にもなるでしょう。

カードの限度額に余裕を持てる

クレジットカードの限度額に余裕を持ちたいという方はカードの複数持ちを検討してみるといいでしょう。
学生や専業主婦など、収入のない方は限度額が30万円以下のカードが発行されるケースが多いのですが、別のカード会社が発行するカードをもう1枚作ると限度額に余裕を持たせることができます。

ただし、同じ会社(発行会社)のカードを2枚持ちすると、最も高い限度額の範囲内での利用となるため注意してください。

旅行保険の補償額を合算して手厚くできる

海外旅行の際にカード付帯の旅行保険を利用したいという時にもカードの2枚持ちはメリットがあります。
同種の旅行保険が付帯するカードを複数枚持っている場合、死亡・後遺障害の最高補償額を除いた項目は複数枚のカードの補償額を合算できるためです。
例えば病気の際に補償がある「疾病治療費用」が200万円のAカードと300万円のBカードの2枚を持っている場合、Aカード+Bカードを合算した500万円まで補償されるようになります。

その他にも、カード付帯の旅行保険には利用条件がない「自動付帯」の保険と、カードで旅費などを支払う必要がある「利用付帯」の保険がありますが、旅行中に現地で交通費を支払った場合にも保険が適用されるタイプの「利用付帯」の保険付きカードなら、自動付帯の保険の補償期間が切れる頃に利用付帯の補償を適用させて、旅行保険の補償期間を延長できるのもメリットです。

紛失・盗難や磁気不良でカードが使えなくなった時も安心

クレジットカードを紛失したり盗難に遭った場合や、磁気不良でカードが使えないと困りますよね。
そんな時にもカードを2枚持ちしていれば支払いができないという事態を避けることができます。

海外旅行で多くの現金を持ち歩きたくない時や、支払い期限が近付いている場合でも予備のカードがあると安心です。

クレジットカードを複数持ちするデメリット

ポイントが分散して貯まりづらくなる

クレジットカードでポイントを貯めたいという方は、複数枚のカードを持つとポイントが分散して貯まりづらくなる点はデメリットです。

このような場合、支払いはポイントの貯まりやすいカードを利用して、2枚目は持っているだけでお得な特典付きカードを選んだり、貯めたポイントを楽天スーパーポイントやdポイントなどの他社ポイントに交換(移行)できるカードを選ぶと使い勝手が良いでしょう。

支出やカードの管理が難しくなる

何枚もクレジットカードを持っていると支出やカードの管理が難しくなってしまいます。
こんな時はカード会社が提供しているスマホアプリで最新の利用状況(明細)をこまめにチェックしたり、家計簿アプリを利用して無駄遣いを減らす工夫をしましょう。

もし作っただけで使っていないカードがあれば解約してしまうのもひとつの方法です。

カードによっては年会費が負担になる

クレジットカードにお金をかけたくないという方にとって、カードの年会費は大きな負担です。クレジットカードの年会費はカードによって無料から数万円、プラチナカードなど高いものになると10万円を超えるステータスカードも存在しています。

年会費が有料のカードを作る場合は、年会費に見合った特典が受けられるかを考えてからにした方が良いでしょう。

2枚目以降のサブカードの選び方

2枚目以降のサブカードの選び方が分からないという方のために、ここでは複数枚カードを作る場合のカード選びのコツをまとめました。

異なる国際ブランドのカードを持つと使える場所が増える

より多くのお店や国でカードを使えると便利ですよね。
そんな時は、1枚目と2枚目で異なる国際ブランドのカードを選びましょう。
例えば、1枚目のカードがVISAなら2枚目はMasterCard、すでにVISAとMasterCardを持っているのであればJCBやAmerican Expressという選択肢もあります。

選ぶ国際ブランドによって使える国や加盟店に違いがあるため、JCBが使えないお店でもVISAが使えるケースもあるのです。
海外旅行の際も、異なる国際ブランドのカードを2枚持って行くと安心ですよ。

1枚目とは特徴やサービスが異なるカードを選ぶ

クレジットカードを複数持ちする際は、1枚目とは特徴やサービスが異なるカードを選ぶのがコツです。
例えば、1枚目のメインカードがポイントの貯まりやすいカードであれば充実した旅行保険が付帯しているカードを選んだり、スーパーやコンビニで割引が受けられるカードを選ぶのも良いでしょう。

1枚目のカードで不満な点があれば、2枚目は足りない点を補えるカードを選ぶのが理想です。

サブカードにおすすめのクレジットカード

サブカードはどんなカードがおすすめ?という時の参考に、おすすめのクレジットカードを4枚ピックアップしました。
まずは基本的なスペックを比較してみましょう。

カード名 エポスカード
エポスカード
REXカード
REXカード
dカード
dカード
VIASOカード
VIASOカード
年会費 無料 無料 初年度無料・2年目以降も前年度に利用があれば無料(通常税抜1,250円) 無料
ポイント還元率 0.5% 1.25% 1.0% 0.5%
国際ブランド VISA VISA
MasterCard
VISA
MasterCard
MasterCard
旅行保険 〇(海外/自動付帯) 〇(海外/自動付帯・国内/利用付帯) × 〇(海外/利用付帯)
特典・特徴 マルイで年に4回10%割引・全国約1万店で優待・最短即日発行可能 「価格.com安心支払いサービス」利用で還元率1.5%・ネットショッピングは1.75% ローソンで5%お得・ ポイントは自動キャッシュバック・ネットショッピングは最大10%・ETC/携帯電話/プロバイダーは還元率1.0%

こうして比較してみると、年会費や国際ブランド、ポイント還元率、旅行保険など様々な項目で違いがあるのが分かります。
ポイントや旅行保険など、1枚目のメインカードで足りない点をカバーできるカードを選ぶのがおすすめです。

優待や海外旅行保険が充実した年会費無料の「エポスカード」

エポスカード

カードの特徴

マルイで申し込める流通系カード。年会費永年無料ながら旅行保険は「自動付帯」となり、レジャー施設など様々な店舗で優待が受けられる。

発行会社 株式会社エポスカード ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー - ポイント エポスポイント

  • 海外旅行保険が「自動付帯」
  • 全国約10,000店の飲食店やレジャー施設などで優待
  • 最短即日発行が可能

おすすめポイント

海外旅行保険が「自動付帯」

海外旅行保険の補償を合算して手厚くしたいという時にもエポスカードは活躍してくれます。
エポスカードは年会費永年無料のカードながら、海外旅行保険が利用条件のない「自動付帯」となっているのがメリットです。

例えば、利用頻度が高い疾病治療費は270万円、傷害治療費は200万円で、旅先でデジカメを破損した際などに補償がある携行品損害も20万円まで付帯しています。

手持ちのメインカードの旅行保険と合算して、より補償を手厚くするためにもおすすめのカードです。

全国約10,000店の飲食店やレジャー施設などで優待

割引や優待サービスが多いカードを探している方にもエポスカードはぴったりです。
エポスカードは、マルイで年に4回「マルコとマルオの7日間」という10%割引セールが実施されるほか、全国にある10,000店舗以上の飲食店やレジャー施設などで優待が受けられます。

例えば、美容院やネイルサロンのメニューが割引になったり、遊園地やカラオケ、温泉などでも割引になるのが特徴です。
持っているだけでお得なエポスカードなら作っておいて損はないでしょう。

最短即日発行が可能

今すぐにカードを作りたいという時も、エポスカードなら最短即日発行が可能なので、申し込んだその日のうちにカードが受け取れます。
マルイの店頭で直接カードを申し込むこともでき、インターネットで予め申し込んでおいてマルイの店頭で受け取ることも可能です。

インターネットなら5分程度の手続きで申し込みが完了するので手軽に申し込むことができます。

年会費無料でいつでもポイント還元率が1.25%の「REXカード」

REXカード(レックスカード)

カードの特徴

カカクコムとジャックスカードの提携カード。通常時も1.25%とポイント還元率が高く、ネットショッピングなら1.75%の高還元率を実現しているのがメリット。

発行会社 ジャックス(提携:株式会社カカクコム) ポイント還元率 1.25%~1.75%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高1,000万円(利用付帯)
電子マネー - ポイント REX POINT

  • ポイント還元率1.25%・ネットショッピングなら1.75%
  • 自動付帯の海外旅行保険・利用付帯の国内旅行保険付き
  • 国際ブランドがVISAとMasterCardの2種類から選べる

おすすめポイント

ポイント還元率1.25%・ネットショッピングなら1.75%

ポイントが貯まりやすいクレジットカードを探している方にもREXカードはぴったりです。
ショッピングや公共料金の支払い、ETCカードの利用など、いつでもポイント還元率1.25%と楽天カードやオリコカードザポイントを凌ぐ還元率で、JACCSモール経由のネットショッピングなら1.75%~13.25%の還元率を実現しています。

JACCSモールにはAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングといった定番ショップをはじめ、500店以上の人気ショップが出店してるのも魅力です。

自動付帯の海外旅行保険・利用付帯の国内旅行保険付き

旅行保険が付いたカードが欲しいという時も、REXカードなら自動付帯の海外旅行保険・利用付帯の国内旅行保険が付いているので安心です。

海外旅行保険は最高2,000万円補償、疾病・傷害治療費は200万円で最高20万円の携行品損害も付いています。
国内旅行保険は事前に交通費や宿泊費、ツアー代金を支払うとそれぞれの項目で補償を受けることが可能です。

年会費無料のカードで国内旅行保険が付いたカードは少ないので、その点REXカードはお得感があります。

国際ブランドがVISAとMasterCardの2種類から選べる

サブカードは1枚目のカードと違う国際ブランドを選びたいという場合も、REXカードはVISAとMasterCardの2種類から国際ブランドを選べるのがメリットです。

まだVISAカードを持っていない場合は世界シェアNo.1のVISAを選び、すでにVISAを持っている場合はMasterCardを選ぶと良いでしょう。

使い勝手の良いdポイントが貯まる「dカード」

dカード

カードの特徴

ドコモが手がけるクレジットカード。カード利用があれば年会費無料で持つことができ、ローソンで5%お得になるのがメリット。ドコモ携帯で10%還元となり旅行保険が付く「dカード GOLD」も人気。

発行会社 NTTドコモ ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、次年度以降1,250円(税抜)
年に1度でもカード利用すれば年会費無料
付帯保険 なし
電子マネー iD ポイント dポイント

  • ローソンで5%お得に買い物できる
  • 使い勝手の良いdポイントが貯まる
  • かわいいポインコ兄弟のデザインカードが選べる

おすすめポイント

ローソンで5%お得に買い物できる

コンビニのローソンでお得に買い物をしたい時にはdカードがぴったりです。
dカードなら、2%ポイント還元+3%割引で合計5%お得に買い物ができます。

スーパーと違ってコンビニは割引になる機会が少ないので、dカードを使って上手に節約しましょう。

使い勝手の良いdポイントが貯まる

ポイントが貯まりやすいカードを選ぶ時は、ポイントの使いやすさも重視したい点です。
dカードを利用した際に貯まるdポイントは、ローソンなどdポイント加盟店で1ポイント=1円として使えるので、面倒なポイント交換の手続きをする必要はありません。

2019年11月からはファミリーマートでもdポイントが導入予定となっていて、使いたい時にすぐポイントを使えるのは嬉しいですよね。

かわいいポインコ兄弟のデザインカードが選べる

かわいいクレジットカードが欲しいという方には、テレビCMでお馴染みの人気キャラクター・ポインコ兄弟のデザインカードがおすすめです。
カードデザイン以外にも、国際ブランドもVISAとMasterCardの2種類から選べるのでサブカードにも向いています。

ETC・携帯電話・プロバイダーはポイント2倍の「VIASOカード」

VIASOカード

カードの特徴

三菱UFJニコスの年会費無料カード。ネットショッピングやETC・携帯電話・プロバイダー料金の還元率がアップするのがメリット。

発行会社 三菱UFJニコス ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー ポイント VIASOポイント

  • ETC・携帯電話・プロバイダー・ネットショッピングで還元率アップ
  • 最高2,000万円補償の海外旅行保険付き
  • オンライン取引も不正利用補償で安心

おすすめポイント

ETC・携帯電話・プロバイダー・ネットショッピングで還元率アップ

ETCや毎月の携帯電話料金などでポイントが貯まりやすいと嬉しいですよね。
VIASOカードは、ETC・携帯電話・プロバイダーの支払いはポイント2倍(1.0%)となり、VIASO eショップ経由のネットショッピングなら通常ポイントに加えてボーナスポイントが付与されるので、最大10.5%の還元率となります。

例えば、楽天市場でのみ還元率がアップする楽天カードよりもVIASOカードの方が場合によっては多くのポイントが貯まるのがメリットです。

最高2,000万円補償の海外旅行保険付き

海外旅行の際に旅行保険を利用したいという方は多いでしょう。
VIASOカードには、事前に旅行代金などをカードで支払うと「利用付帯」の海外旅行保険が付きます。

最高補償額は2,000万円ですが、疾病治療費と傷害治療費は100万円とやや少な目なので、カードの複数持ちで合算できるようにしておくと安心です。

オンライン取引も不正利用補償で安心

インターネットショッピングは不正利用が心配という方も、VIASOカードには「NICOSネットセーフティサービス」という不正利用補償が付いているので大丈夫です。
オンライン取引での不正利用による損害を補償してくれるサービスで、ネットショッピングも思う存分楽しめます。

参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-クレジットカード比較

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.