クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

店頭・店舗でのクレジットカードの作り方【即日発行も】

更新日:

クレジットカードを今すぐ作りたいという方におすすめなのが最短即日発行に対応したカードです。
インターネットなどで事前に申し込みを済ませて店頭や店舗でカードを受け取ると、郵送の場合は一週間前後かかるカード発行までの日数を大幅に短縮する事ができます。

今回は店頭・店舗でのクレジットカードの作り方についてまとめました。

クレジットカードの申し込み方法は3種類

インターネット申し込み(オンライン申込)

現在主流になっているクレジットカードの申し込み方法がインターネット申し込み(オンライン申込)です。
記入ミスや入力漏れが原因による審査落ち対策にもなり、365日24時間パソコンやスマホで申し込めるため忙しい方にもおすすめです。

本人確認書類もオンラインで提出可能なので手軽に申し込む事ができます。

クレジットカードの申し込み方法は「インターネット申し込み(オンライン申込)」がおすすめの理由

店頭での申し込み

クレジットカードを今すぐに受け取りたい方や、疑問や不安があるので担当者と相談しながら申し込みたいという方には店頭申し込みがおすすめです。

カードによっては受け取り方法が郵送のみとなっていますが、郵送はカード到着まで1週間程度かかってしまうため、急ぎでカードを作りたい時は不向きです。

店頭で申し込むとその日のうちに受け取れる即日発行に対応したカードもあるので、今すぐにカードが欲しいという時でも店頭なら間に合う可能性があります。

即日発行は、申し込み自体はネットでやって、その後に店頭でカードを受け取る方法がスピーディで、カード会社も推奨しています。

郵送での申し込み

ひと昔前までは郵送での申し込みが一般的でしたが、申込書を記入する際に誤字脱字などの記載ミスが起きやすく、時間もかかる点がデメリットです。
記載ミスは審査落ちの原因となるため、郵送での申し込みはあまりおすすめできません。

イオンなどが発行する流通系のクレジットカードであれば、店頭に申込書が設置されているので記入して郵送することで申し込めます。ただし、ポスト投函を行う郵送では個人情報が漏えいしないとも限らないため、不安な方は別の申し込み方法を選びましょう。

店頭・店舗でのクレジットカード申し込みの流れ

店頭・店舗でクレジットカードを作る場合、申し込んだ当日にカードを受け取れる即日発行可能なカードと、仮カードを作ってから後日郵送されるカードがあります。

それぞれのカード発行方法を説明していきます。

即日発行可能なクレジットカードの場合

まずは即日発行可能なクレジットカードを店頭で作る方法を説明していきます。

即日発行可能なクレジットカードはこちらで紹介しています。

今日中に作れる!即日発行可能なクレジットカードまとめ!注意点も

申し込みに必要なものを集める

カードによって異なりますが、クレジットカードを申し込む際に必要なものは「本人確認書類(原本)・金融機関の届け印・口座番号」の3点です。

本人確認書類として認められるものは、運転免許証または運転経歴証明書、免許証を持っていない場合は保険証・パスポート・個人番号カードが必要となり、写真付きの身分証は1点の提出ですが、顔写真のない身分証の場合は併せて公共料金の領収証などの提出を求められる事があります。
口座番号はキャッシュカードや通帳があればOKです。18歳以上の未成年者が申し込む場合は親権者の同意が必要となります。

エポスカードエムアイカードは申し込み時に同意確認があり、セゾンカードは親権者への電話確認が行われます。

クレジットカードを作るときに必要なもの・必要書類

インターネットで申し込んでから店頭でカードを受け取るのがスムーズ

即日発行をスムーズに行いたい場合は、まずインターネットでの申し込みを済ませてから店頭にカードを受け取りに行くのがおすすめです。
カードカウンターで発行可能なクレジットカードの場合、申し込み画面に「カードカウンターでカードを受け取る」という選択肢が表示されるのでそちらを選択しましょう。

▼インターネット申し込みの方法はこちらで詳細に説明しています。

「インターネット申し込み」でのクレジットカードの作り方

受付(カードカウンター)で申し込み手続き

申し込みで不明点などを聞きながら申し込み手続きをしたい方は、店頭にあるクレジットカード申し込みカウンターへ行きます。

セゾンカードならセゾンカウンター、エポスカードならマルイにあるエポスカードセンターで申し込めます。
閉店間際に行くと当日発行ができない恐れがあるので店頭申し込みの場合は営業時間に注意し、時間に余裕を持ちましょう。

受付でクレジットカードを発行したいと伝え、申し込み手続きを行います。
スタッフからはカード発行や申し込みに関する簡単な説明があり、その後申込書に記入するか、タブレット端末で入力を行う店舗もあります。

必要事項として年収や勤続年数、持ち家の状況などを記入しますが、記載事項に誤りがあると審査落ちの原因ともなるので可能な限り正確な情報で埋めましょう。

▼審査対策についてはこちら

クレジットカードの審査に落ちる理由と対策を徹底解説!

カード会社による審査

申し込み完了後、カード会社による審査が行われます。
混雑状況により30分程度待ち時間があり、急がない場合は後日郵送でカードを受け取る事も可能です。

カード受取

審査に通過したらカードが発行されます。即日発行ができるカードはその場でカード受取が可能です。

仮カードが発行されるクレジットカードの場合

即日発行できるカードの中には店頭での審査後に仮カードが発行され、後日正式なカードが郵送されるものもあります。
カードによって少々異なりますが、ここではビューカードを例に申し込みの流れを説明していきます。

申し込みに必要なものを集める

カードの申し込みには現住所が確認できる本人確認書類の原本が必要となり、運転免許証やパスポートは1点でOKですが、保険証や国民年金手帳などの場合は2点もしくは公共料金の領収書などの補助資料が必要です。

店頭にあるクレジットカード申し込みカウンターに行く

上記の店頭・店舗発行の場合と同様です。

受付で申し込み手続き

スタッフから説明があるので規約や申込内容に同意の上、申し込み手続きを行います。
この場合も可能な限り正確な情報を記入しましょう。

仮審査

申し込みが完了すると店頭で仮審査に入り、自宅や勤め先に確認の電話が入る事もあります。
仮審査の所要時間は30分程度ですが、状況によって異なります。

仮カードの受取

仮審査に通ると仮カードが発行されます。
キャッシュカードがあればその場で口座引き落とし手続きを行えます。

口座振替依頼書を返送

店頭にキャッシュカードを持って行かなかった場合は口座振替依頼書と返送用の封筒が渡されるので、自分で記入して返送する必要があります。

本審査

仮カードが発行された後に本審査が行われ、この際にも自宅や勤務先に在籍確認の電話が入る事があります。
審査にかかる時間は口座振替依頼書が到着してから約2週間となり、連休や年末年始は発行までの日数が延びます。

本カードの受取

本審査に通過すると本カードが発行されます。
多くのクレジットカードは本人限定受取郵便で届き、家族であっても本人以外が受け取る事はできません。
このため、受け取りの際には免許証などの身分証明書と印鑑(サイン可)が必要になります。

配達時間に不在だった場合は通知書が残されるので、通知書と身分証明書を持参して窓口で受け取ります。

店頭・店舗申し込みが可能なクレジットカード例

店頭や店舗で申し込み可能なクレジットカードの多くはイオンやマルイが発行している流通系カードです。

流通系カードはスーパーやデパート(百貨店)、家電量販店などの店頭で申し込めます。
三菱UFJ-VISAなど一部の銀行系カードも店頭で申し込みができますが、三井住友VISAカードは店頭申し込みができません。

ACマスターカード

アコムACマスターカード

カードの特徴

アコムが発行する年会費無料のクレジットカード。最短即日発行可能で、20歳を超えていればパート・アルバイトの人でも働いていれば審査OK。利用金額から0.25%キャッシュバック

発行会社 アコム株式会社 還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 審査速度 最短即日
利用限度額 300万円
※クレジットとカードローンのご利用合計の上限は800万円まで
申し込み資格 20歳以上の安定した収入(アルバイトOK)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

ACマスターカードは全国に600店舗以上ある、アコムの自動契約機(むじんくん)で発行できます。
審査回答が最短30分で、カード受け取り可能な店舗数も多いことから、すべてのクレジットカードの中で最も即日発行しやすいカードだといえます。

お近くの自動契約機(むじんくん)を検索する

年会費無料で、国際ブランドも世界シェアNo2のMasterCardブランドのため、海外旅行に行く際に急いでクレジットカードを作りたいという場合や、生活費がピンチなのでとりあえずカード払いにしたい!という場合にも申し込みの多いカードです。

券面に「アコム」という表記もないため、消費者金融のカードを持っている(借金をしている)という印象も持たれないよう配慮されています。

アコムACマスターカードを即日発行する流れと注意点

セゾンカード

セゾンカードインターナショナル

カードの特徴

クレディセゾンが発行するセゾンカードの中で、最もベーシックなカード。即日発行可能ということとポイント有効期限がない「永久不滅ポイント」が特徴

発行会社 クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 なし
電子マネー QUICPay、楽天Edy、iD ポイント 永久不滅ポイント

有効期限のない永久不滅ポイントが人気のセゾンカードインターナショナルは、クレディセゾンが発行するクレジットカードです。年会費無料で西友やLIVINでの優待サービスがあり、食料品も5%割引となります。セゾンポイントモールの利用でポイントが最大30倍、公共料金の支払いにもおすすめです。

セゾンカードはパルコやららぽーとなどにあるセゾンカウンターで発行できます。
セゾンカードを最短即日発行するには、インターネットで申し込み後、全国のセゾンカウンターで受け取る事で可能となります。
即日発行できるセゾンカードにはいくつか種類があるので、セゾンカードインターナショナル以外でも、お得になるクレジットカードを見つけて申し込みましょう。

以下ページで、セゾンカードの即日発行の方法やセゾンカードの種類について説明しています。

セゾンカードを即日発行・即日店頭受取をする方法

エポスカード

エポスカード

カードの特徴

年に4回ある「マルコとマルオの7日間」というキャンペーンでマルイでのショッピングが10%OFFで利用できたり、SHIDAXやBIGECHOなどのカラオケ店で30%OFFになったりと、日常生活でお得に利用できるカード

発行会社 株式会社エポスカード ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
電子マネー - ポイント エポスポイント

エポスカードは年会費無料で海外保険の内容、その上、カラオケや居酒屋、レストランなどで割引・ポイント高還元という幅広くお得に使えるクレジットカードです。
その中でも目玉は、年に4回ある「マルコとマルオの7日間」という、マルイ各店でカード利用をすると10%OFFになるキャンペーンで、毎回キャンペーン中はレジに行列ができるほど賑わいます。

エポスカードを即日発行するには、マルイなどにあるエポスカードセンターで直接申し込むか、インターネットやスマホアプリで申し込み後にエポスカードセンターで受け取るかの方法となり、どちらの場合も運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。

エポスカードを即日発行して店頭で受け取るまでの手順

MIカード

MICARD+(エムアイカードプラス)

カードの特徴

エムアイカードプラスは、(株)エムアイカードが発行するカード。三越伊勢丹グループ百貨店で利用するとポイント還元率が最大10%になるため、三越や伊勢丹をよく利用する方におすすめ

発行会社 エムアイカード ポイント還元率 0.5%
年会費 初年度無料、次年度以降2,000円(税別) 付帯保険 なし
電子マネー - ポイント エムアイポイント

エムアイカードプラスは、三越伊勢丹グループの百貨店でカード利用をすることでポイントが最大10%還元になるというカードです。
百貨店での買い物は高額になりがちなので、三越伊勢丹グループのお店が近くにある方にはおすすめのカードです。

MIカード(エムアイカード)を即日発行するには、インターネットで申し込み後、申し込み時に指定した三越伊勢丹グループ百貨店内のカードカウンターで受け取ります。
来店の際は審査結果メールと本人確認書類、金融機関の届け印、キャッシュカードや通帳など口座番号が明記されている物が必要となります。

MIカード(エムアイカード)を即日発行・即日店頭受取をする方法

イオンカード

イオンカードセレクト

カードの特徴

イオングループでのカード利用で20日、30日は5%OFF、毎月5日・15日・25日はポイント2倍、毎月10日はポイント5倍とお得に利用できるカード

発行会社 イオンクレジットサービス株式会社 ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 付帯保険 カード盗難保障無料付帯
電子マネー WAON ポイント WAONポイント、ときめきポイント

イオンカードは全国のイオン系列のスーパーマーケットなどでお得にポイントが貯められるクレジットカードです。
年会費も無料で、イオン系列で普段の買い物をしている主婦の方なら何度も見かけたことがあるかと思います。

イオンカードはインターネット申し込み後、店頭受取で仮カードを即日発行できます。
受け取り場所はイオン銀行またはイオンクレジットサービスカウンターです。
※仮カードとは、発行した店舗のみで使用可能なクレジットカードのことです。どこでも使えるクレジットカードが届くのは郵送で2週間から3週間程度かかります。

店頭・店舗申し込みのメリット

即日発行可能なカードなら、当日中にカードを受け取れる

店頭・店舗申し込みの最大のメリットが即日発行です。
即日発行可能のカードを対応する店舗で受け取る場合、最短30分程度でカード発行ができます。

不明点があればその場で質問ができる

クレジットカード発行について分からない事があれば直接スタッフに質問できるのが店頭申し込みのメリットです。

店頭・店舗申し込みのデメリット

店頭まで出向く必要がある

営業時間内に出向く必要があり、行くのが面倒というのは店頭・店舗申し込みのデメリットでしょう。
申し込み時に身分証を忘れると出直さなければいけない点も要注意です。

他のカードと比較して検討できない

店頭申し込みは作りたいカードが決まっている方にはおすすめですが、他のカードと比較して検討したい方はインターネット申し込みの方が良いでしょう。

入会キャンペーンでもらえるポイントが少ない傾向

インターネット申し込みはポイント付与やキャッシュバックなど様々な入会キャンペーンが実施されている事も多いですが、店頭の場合はやや特典が少なめの傾向があります。

基本的にはネット申し込みがおすすめ

ネット申し込みのメリット

営業時間を気にせず、24時間いつでも申し込めるのがネット申し込みの便利なところです。
入会キャンペーンも店頭と比較すると豪華で、ポイントが多くもらえる事も。カードによってはネット申し込み限定の場合もあります。

クレジットカードの申し込み方法は「インターネット申し込み(オンライン申込)」がおすすめの理由

-クレジットカードの作り方
-

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.