クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件と対策

更新日:

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。

今回はクレジットカードが作れない方のために、審査に通らない条件(理由)と対策を詳しく解説していきます。

クレジットヒストリー(利用実績)が悪い・無い

クレジットカードの審査では属性と呼ばれる職業や収入の安定性、住居形態などもみられますが、最も重視されるのが「クレジットヒストリー(クレヒス)」という項目です。

クレジットヒストリーとは?

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、簡単に説明すると過去のカードやローンの利用履歴です。個人情報やカードやローンの申し込み情報・支払い状況・利用記録などはカード会社の共同出資によって設立された「個人信用情報機関」という信用情報機関に登録されていて、一定期間保管されています。

信用情報機関には様々なカード会社が加盟していて、カードの申し込みがあると過去のクレヒスを照会して申込者がきちんと支払いをしてくれる人物かを調査しているのです。このため、過去に延滞や破産などを起こしているとクレヒスに事故情報が残っていてカードが作れない事があります。

個人信用情報機関によるクレヒスの他にも、カード会社が独自に保管している過去のデータである「社内クレヒス」も存在しているので、支払いが遅れたのは1回だけなら大丈夫とは言い切れません。個人信用情報機関の事故情報が消えても、過去にトラブルを起こした事があるカード会社では社内ブラックにより半永久的にカードが作れない恐れがあるため注意しましょう。

ブラックリストに登録されている

過去にトラブルを起こしているといわゆる「ブラックリスト」に登録されている恐れがあります。ブラックリスト入りした場合の対策は、問題を解消した上でクレヒスが消えるのを待つのが一番ですが、ブラックでも作れるカードはあります。

カードの審査落ちになり得る、ブラックになる条件は主に以下の項目です。

  • 長期間(約2~3か月)の延滞
  • 多重債務
  • 自己破産
  • 多重申し込み(申し込みブラック)

カード会社が数多く加盟している「CIC」という個人信用情報機関の場合、延滞や破産などの「異動」に関する記録が抹消されるのは問題が解消してから5年後となるため、一度延滞を起こすと延滞解消後5年間はカード審査に通りづらい状況が続いてしまいます。
日本国内にはCIC・JICC・KSCという3つの個人信用情報機関があり、CICとJICCというように複数の個人信用情報機関に加盟しているカード会社もある点には要注意です。

また、銀行やアメックスなど一部のカード会社が加盟しているKSCの場合、自己破産後は10年間カードやローンの審査に通りづらくなります。自分がブラックリスト入りしている可能性があり、不安な場合は個人信用情報機関の「情報開示」というサービスを利用しましょう。

CICの場合、パソコン・スマホ・郵送・窓口の4通りの方法で自分の信用情報を確認する事ができます。ブラックの状態でカードが作れる可能性としては、過去のクレヒスよりも現在の返済能力をみてくれるカードを申し込む事です。

こうしたカードなら審査基準が異なるため、一般的なカードと比較すると審査に通りやすくなっています。

カード利用実績がない(スーパーホワイト)

クレヒスが重視されるカード審査では、参照できるクレヒスがない「スーパーホワイト」の方は不利になる傾向があります。これは、元からクレヒスがない「スーパーホワイト」と、自己破産などブラック解消後の喪明けの状態である「ホワイト」がクレヒス上は見分けがつかないためです。

スーパーホワイトとは主に30歳を超える方が今までにカードやローンを利用した事がなくクレヒスがない状態で、対してホワイトとは破産などの金融事故を起こしてクレジットカードが使えなくなった後、一定期間が経過してブラックが明けた状態の事で、その間はクレヒスが残っていない状態になるため、どちらもクレヒスは真っ白の状態となるのです。

スーパーホワイトの対策は、現金主義の方でもできれば30歳までにカードを作って良いクレヒスを残しておく事で、ホワイトの対策は審査難易度の低いカードを申し込む事です。

申し込み条件を満たせていない

クレジットカードの申し込み条件(入会資格)はカードによっても異なりますが、どのカード会社でも申し込む事ができないのは以下のような方です。

年齢が18歳未満

ほとんどの一般向けクレジットカードの申し込み条件は「高校生を除く満18歳以上の方」となっています。このため、18歳未満の方はカードを作る事ができません。

本会員の家族に対して発行される「家族カード」の申し込み条件も、海外留学など特別な理由がない限りは同様なので申し込みは不可能です。

高校生(18歳未満の未成年)でも作れるクレジットカードはある?おすすめのカードを紹介

職業に就いてない(無職)

クレジットカードは信用販売に基づく後払い方式のカードなので、返済能力に欠ける無職の方は作る事ができません。アルバイトでも申し込めるカードはあるので、カードを持つには職業に就いて定期的な収入を確保するのが一番の対策ですが、家族カードなら本会員について審査が行われるだけで申込者の職業や年収はみられないので作る事はできます。
(学生や専業主婦は「無職」扱いにならないので作ることは可能です)

ただし、家族カードの場合はクレヒスが残らず、本会員と支払い口座や明細書がまとめられるというデメリットもあるので注意しましょう。

無職・収入0円でも審査に通るクレジットカードはある?

短期間に複数のカード申し込みをした


申し込みブラックとは、短期間に複数のカードを申し込む事により陥るブラック状態の事です。これはキャンペーン目的の入会や金策を疑われてカード会社が申し込みの制限をかけているためで、申し込みブラックになると半年間はカード審査に通らなくなる恐れがあります。

対策は、1か月間に申し込むカードの枚数は3枚までにとどめ、申し込みブラックになってしまった場合は半年以上の期間を開けてから再申し込みをする事です。

借り入れ(借金)が多い


借り入れ(借金)が多い場合は返済能力に難があると判断されるため、カード審査に通りづらくなります。カードの申し込み時には住宅ローンや他社からの借り入れ金額や件数、返済額を記載する必要があり、カードのキャッシング枠を希望した場合はより審査が厳しくなるので要注意です。

この場合の対策は、キャッシング枠を希望しないで「0円」で申し込む事や、借り入れ件数や返済額を減らしてから申し込むという事になります。

クレジットカード審査に影響する借金と影響しない借金

申し込み内容に誤った(虚偽情報)情報がある


申込内容の不備や誤りも虚偽情報とされて審査落ちの原因となります。申し込み時に名前や住所、勤務先などの情報を誤って記載した場合、カード会社にとっては単なる入力ミスなのか、故意によるものなのか見分けがつかないため審査落ちの対象となってしまいます。

中には勤務先を偽って実際には働いていないのに勤務しているように見せかけてカードを作ろうとするケースもあるため、カード会社は神経を尖らせてチェックしています。

対策は、申し込みを行う前にもう一度隅々まで記載内容を確認する事、インターネットで申し込む場合は変換ミスなどにも気を付ける事です。年収を水増しして記載しても属性である程度は推測できる上、嘘がばれると虚偽情報として審査に通らなくなるのでやめましょう。

審査対策は「クレヒス修行」が効果的


クレヒス修行とは、審査難易度が低いカードを作ったり、携帯電話の分割払いでクレヒスを作る、審査落ちに有効な対策です。

カードの中には年収や年齢に制限を設けていないなど、比較的審査難易度が低いものがありますが、まずは作りやすいカードを申し込んで延滞なく使い続けると良好なクレヒスが記録されるので、上位カードに申し込む際にも審査で有利になるでしょう。

携帯電話(スマホ)本体の分割払いも割賦契約となり個人信用情報機関にクレヒスが記録されるので、月々の料金をきちんと支払っていれば良いクレヒスが記録されます。

審査が通らなかった人でも審査通過できる可能性があるカード

銀行系や信販系で審査難易度に違いはありますが、一般的なカード会社の審査で重視されるのは属性とクレヒスです。しかし、現在の返済能力を重視してくれるカードなら審査落ちした方でも審査通過の可能性があります。

アコムACマスターカード

カードの特徴

アコムが発行する年会費無料のクレジットカード。最短即日発行可能で、20歳を超えていればパート・アルバイトの人でも働いていれば審査OK。利用金額から0.25%キャッシュバック

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 審査速度 最短即日
利用限度額 300万円
※クレジットとカードローンのご利用合計の上限は800万円まで
申し込み資格 20歳以上の安定した収入(アルバイトOK)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

カードローンで有名なアコムが発行している「ACマスターカード」の審査基準は、クレヒスではなく現在の収入なので、ホワイトやスーパーホワイトの方でも現在収入があれば申し込み可能です。

まずはACマスターカードを作ってクレヒスを積むというのも今後別のカードを申し込む際のひとつの方法でしょう。

ACマスターカードは年会費無料で最短即日発行に対応していて、国際ブランドはMasterCardなので加盟店が多く使いやすい点もメリットです。


「お借入できる可能性が高いです。」と表示が出て、「今すぐ申し込み」を押せばACマスターカードのお申し込み画面に進みます。

アコムACマスターカード(アコマス)の審査基準やメリット・デメリット

クレカよりも審査に通りやすいカードローンの利用でクレヒス修行

クレヒス修行として、審査に通りやすいカードローンを利用するという方法もあります。クレジットカードの場合はクレヒスが重視されますが、消費者金融系のカードローンはクレヒスを重視しないため審査に通りやすいのです。

カードローンもクレヒスが記録されるので、延滞なく返済を行っていれば良いクレヒス修行になります。

アイフル

アイフルの特徴

はじめての利用なら契約から30日間利息0円で利用できる消費者金融系カードローン。最短1時間融資可能と借り入れまでが早く、働いている人であれば申込OKのおすすめ消費者金融ローン。

キャッシングローンの金利 3.0%~18.0% かりかえMAX・おまとめMAXの金利 3.0%~17.5%
審査時間 最短30分 即日融資 可能
限度額 キャッシングローン / かりかえMAX / おまとめMAX
最大800万円まで
担保・保証人 不要

例えばアイフルなら初めての方限定で、30日間利息0円で借り入れを行う事ができて、WEB完結の申し込みなら自宅に郵便物が届きません。申し込み前に融資可能かを判断してくれる「1秒診断」も審査が不安な方に人気のサービスです。

事前に審査通過可能か1秒診断

アイフルの特徴【審査、返済方法、デメリット】


アイフルの申し込み方法と借り方

-クレジットカード審査
-

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.