クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

クレジットカードを作るための条件

投稿日:

クレジットカードは申し込むカード会社やカードの種類によって審査基準が異なります。
若い人に向けて作られたカードは申し込みの年齢制限があったり、逆に富裕層に向けたカードは年齢が若いと申し込めず、年収や勤続年数、これまでのクレジットカードの利用履歴などが審査基準になったりします。

ここでは、最低限どういう条件を満たしていないとクレジットカードを作れないのかについて解説していきます。

クレジットカードを作るための条件

年齢が18歳以上の人

一般的なクレジットカードの多くは、申し込み条件(入会資格)に18歳以上の年齢制限を設けています。20歳未満の方がカードを申し込む場合は親権者の同意が必要となるため、予め親権者にカードを申し込む旨を伝えておきましょう。

中学生や高校生のうちはカードを作る事はできないため、この場合はクレジットカードではなく18歳未満でも持てるデビットカードやプリペイドカードを利用すると便利です。

クレジットカード審査に影響する年齢について

働いている人(アルバイトやパートでもOK)

働いていて本人に収入があれば、アルバイトやパートであってもクレジットカードを作る事ができます。

もちろん正社員や公務員の方が審査には通りやすく限度額の高いカードが持てる場合が多いですが、アルバイトやパートなど非正規雇用でも現在継続的に収入があればOKです。

職業がクレジットカードの審査に与える影響

働いていなくても学生は作れる

申し込む方が学生の場合、カード会社の入会審査は少し事情が異なります。

社会人と違って学生は収入面の審査よりも親権者の信用情報や学生ローンの有無が重視されるため、アルバイトをしていなくて収入がゼロでもカードを持つ事ができるのです。
ただし、学生の方がカードを持つ場合は限度額の低いカードになります。

学生や未成年者のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

世帯収入がある主婦

仕事をしていない専業主婦(主夫)であっても、配偶者である夫や妻に安定した収入があれば世帯収入があるのでクレジットカードを作る事ができます。

この場合もパートやアルバイトで収入があるとより審査に通りやすくなるでしょう。

専業主婦でもクレジットカード審査に通る?審査に通るためのコツと主婦におすすめのカード

借り入れ(借金)が少ない人

現在、消費者金融や銀行のカードローンなどの借り入れ(借金)が少ない、もしくはゼロだという方であればよりカード会社の審査に通りやすくなります。

カード会社にとってはきちんと支払いをしてくれる事が重要ですので当然といえます。

クレジットカード審査に影響する借金と影響しない借金

ブラックリスト入りしていない人

過去にクレジットカードやローンの支払いを滞りなく行い、入金の催促などをされた事がなければまず安心といえるでしょう。

自分がブラックリストに入っているかどうかを把握している方は少ないかと思いますが、個人信用情報機関に情報の開示を請求する事も可能です。

信用情報機関のブラックリストに載る条件は?異動情報(ブラック)かを調べる方法も

クレジットカード初心者におすすめのカード

これからクレジットカードを作るという人におすすめのクレジットカードを紹介します。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの特徴

もれなく最大10,000円キャッシュバックのキャンペーン中!【2018年3月29日まで】18歳~25歳まで限定の若い人専用「三井住友VISAカード」。一般カードの2倍ポイントが貯まる上、入会から3か月間はポイントが5倍など、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富。

発行会社 三井住友カード株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 初年度無料、二年目以降1,250円(税抜)、年に一度でも利用すれば年会費無料 付帯保険 ショッピング保険 最高100万円
電子マネー iD、PiTaPa、WAON(ApplePay利用可能) ポイント ワールドプレゼント

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAカードが発行するクレジットカードで、申し込み資格は18~25歳までの方を限定としているため、学生や新社会人にオススメのカードです。

年会費は年に1度でも利用があれば無料となるため、実質無料で利用していくことができ、三井住友VISAカードの一般カードと比較してポイントが2倍で貯めていくことができることも魅力の1つです。

若年層向けに作られたカードであるため、申し込み条件を満たしていて他社カードで延滞や滞納などの履歴がなければ、ほぼ審査には通過できるというほど、審査難易度が低く設定されていますが、銀行系カードなのでステータス性は高く、どこへ出しても恥ずかしくない1枚です。

楽天カード

楽天カード

カードの特徴

通常ポイント還元率が高いうえに、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスでポイントが貯まりやすい。

発行会社 楽天カード株式会社 ポイント還元率 通常1.0%
年会費 年会費永年無料 付帯保険 最高2,000万円(利用付帯)
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

楽天カードは、楽天カード株式会社が発行するクレジットカードで年会費は永年無料で利用でありながら、海外旅行傷害保険(利用付帯)が付帯されているため補償にも手厚いカードです。

一般的なクレジットカードのポイント還元率の平均は0.5%ですが、楽天カードの基本のポイント還元率は1.0%となっているため、かなり高めになっています。

貯まったポイントは楽天市場や楽天トラベルに利用できる他、楽天edyとしての利用や商品券・金券へも交換が可能であるなど利便性が非常に高いです。
学生専用のカードではありませんが、楽天市場での利用者を増やしたいという思惑があるため、利用頻度の高い層が主婦・学生・フリーターとなっていることから、審査難易度は低く設定されていて、比較的発行しやすいカードとなっています。

-クレジットカードの作り方

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.