クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

クレジットカードの知恵袋

クレジットカードを作れない理由と対策|審査落ちした人でも作れるカード

更新日:

クレジットカードを作るためには、必ずカード会社が行う入会審査に通過する必要があります。
また、そもそも審査を受ける以前に、申し込み資格を満たしていなければクレジットカードを作ることはできません。

ここでは、クレジットカードの審査で落ちて作れない人の理由・条件について解説していきます。

審査落ちしてクレジットカードを作れない理由・条件

クレジットカードを作れる人の条件を説明してきましたが、逆にその条件を満たしていなければほとんどのカードで審査落ちしてしまいます。
ここではクレジットカードを作れない人の条件をまとめました。

年齢が18歳未満・高校生

クレジットカードは原則として高校生を除く18歳以上でないと申し込み資格を満たしていません。

家族カードであっても18歳未満の方は留学などの特別な理由がない限りカードを持てないようになっています。(留学などの理由があっても申し込めないカード会社もあります)

また、高校生のうちはカードを持つ事ができませんので、大学生や社会人になってから申し込みましょう。

高校生(18歳未満の未成年)でも作れるクレジットカードはある?おすすめのカードを紹介

ブラックリストに登録されている

ブラックリスト

クレジットカードの審査落ちの原因として多いのがブラックリストに登録されているケースです。

ブラックリストとはどういう状態かというと、クレジットカードやローンの支払いを一定以上の期間延滞し続けてしまうなどが理由で、信用情報機関という支払い履歴を管理する会社に「異動」というネガティブな情報が記録されている情報のことを言います。
クレジットカード会社は申し込みがあると、信用情報機関に申込者の信用情報を照会して審査をするので、ここで異動情報(ブラックリスト)が見つかると、審査落ちの原因になってしまいます。

また、国内にはCIC、JICC、KSC(全国銀行個人信用情報センター)という3つの信用情報機関があり、カード会社によって加盟している機関は異なるのですが、「FINE」や「CLIN」という仕組みでブラックの情報を共有しているので、何が原因でブラックになってもクレジットカード審査に影響してきます。

ブラックリストに追加される条件

信用情報機関に異動(ブラックリスト)として登録されてしまう条件は以下です。

  • クレカやローンの支払いを61日以上、もしくは3か月以上延滞した
  • 奨学金の支払いを延滞した
  • 携帯電話本体を分割で購入して支払いを延滞した
  • 自己破産・債務整理をおこなった

クレカ支払いの延滞や自己破産・債務整理をおこなった場合については、ブラックになっていることを自覚できるかと思いますが、奨学金の支払いや携帯電話本体代金の分割購入代金の支払いに関してはブラックになる原因として知らない方も多いのではないでしょうか?

各ブラックリストになる条件についての詳細は以下ページにまとめているので、身に覚えがある方は参考にしてみてください。

信用情報機関のブラックリストに載る条件は?異動情報(ブラック)かを調べる方法も

信用情報機関にブラックリストかを確認する方法

「自分がブラックかも知れない……」と思うなら、各信用情報機関に信用情報の開示請求を行うことで確認ができます。

信用情報開示請求は、CICとJICCの2社はインターネットや郵送でも可能で、KSC(全国銀行個人信用情報センター)は郵送での請求になります。
いずれも500円~1,000円ほどかかるのですが、ブラックの自覚がある方はすべての信用情報機関で信用情報開示請求をするのをおすすめします。

▼各信用情報機関のホームページは以下です。

■信用情報の見方

各信用情報機関に信用情報開示請求をしたら、「入金状況」と「お支払いの状況」の2つを確認するようにしましょう。

「入金状況」欄に記載されている内容は以下の表の通りで、AやPの表示がある場合はクレジットカードなどの審査に悪影響を与える可能性があります。

記号 内容
請求通りの入金があった
P 請求額の一部が入金された
R 本人以外からの支払いがあった
A 本人の事情で支払日までに入金がなかった(未入金)
B 本人の事情とは無関係の理由で入金がなかった
C 入金されていないがどの原因がわからない
請求もなく入金もなかった
空欄 クレジットカード会社等から情報の更新がなかった

「お支払いの状況」に以下の表示がある場合は、いわゆるブラックリストとして登録されている方です。

■返済状況の欄に「異動」と表示されている場合

返済状況欄に「異動」とある場合、延滞や債務整理があったということを意味しています。

■終了状況の欄に「完了」と「(空欄)」以外が表示されている場合

終了状況欄に「完了」と「(空欄)」以外の表示がある場合、ブラックであると判断されます。終了状況欄の表示の意味は以下の通りです。

表示 内容
完了 支払いが完了し、契約が終了したもの(クレジットカードの解約など)
本人以外弁済 本人以外の保証会社などから支払いがされたもの
貸倒 カード会社が貸倒(※)として処理したもの
移管終了 ① 複数の契約を一本化するために契約が終了扱いとなったもの
② カード会社等が債権を第三者に譲渡したもの
法定免責 支払いの免除が公的に認められたもの(破産)
(空欄) 契約が継続中のもの

※貸倒とは、貸したお金を回収できずに損失となることです。
終了状況の欄に「完了」と「(空欄)」以外の表示がされている場合、契約者本人がきちんと返済できなかった状況になったということを示すため、いわゆる「ブラック」状態となり、クレジットカードやローンの審査に通ることは難しくなります。

終了状況欄に「本人以外弁済」「貸倒」「移管終了」「法廷免責」のいずれかの表示がある場合、正常に支払いを終えて契約が完了しなかったことを意味しています。

ブラックリストに登録されている期間は何年?

延滞や自己破産などでブラックリスト入りすると信用回復までに数年間を要し、その期間はクレジットカードが作れない(作りづらい)状態となります。
例えば、クレジットカードの支払いを延滞してしまった場合、CICの信用情報に「異動」というネガティブ情報が延滞解消後(完済してから)5年間記録されます。

▼完済後、各信用情報機関に異動情報が残る期間

異動になる条件 CIC JICC KSC(全国銀行個人信用情報センター)
61日以上の延滞 5年 1年 5年
3ヵ月連続の延滞 5年 5年 5年
任意整理・特定調停・個人再生 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年

61日以上の延滞と3か月連続の延滞、どちらの延滞で「異動情報」がつくのかは、借入総額や支払いが遅れることを電話で連絡したかどうか、電話の態度はどうだったかという点でかわってきます。

債務整理で自己破産を行った場合は信用回復までの期間が長く、トラブル解消後10年間はブラックリスト入りの状態が続くためカードやローンの新規契約が難しくなります。
ブラックリストから消えた後も、信用情報が残っていない「ホワイト」の状態になるためクレジットカードやローンの申し込み時に審査の面で厳しくなります。

短期間で多重申し込みをした

短期間で複数(1か月間で3枚以上が目安)のクレジットカードを申し込む事も「申し込みブラック」と呼ばれ、審査落ちの対象となります。

その理由としては、入会キャンペーンやキャッシュバックなどを目当てに入会や解約を繰り返したり、クレジットカードを現金化する恐れがあるとみなされるためで、カードを早く欲しいからといって審査結果が出ないうちに他のカードを申し込むのは禁物です。

申し込みブラックの情報は信用情報機関に6か月間保有されるため、新たにカードを申し込む場合は6か月以上経ってからにしましょう。

クレジットカードを多重申し込みすると審査落ち?申し込みブラックとは

無職

カード会社は無職で収入がない人に対して簡単にクレジットカードを発行してくれるほど甘くはありません。
本人収入が無い専業主婦でも世帯収入があるとみなされて審査に通るケースはありますが、世帯収入がゼロの状態だと自分名義のカードを持つ事は難しいでしょう。

以前は働いていて預貯金はあるけど現時点では無職だというケースでも、預金残高よりも現在の収入が重視されるため審査落ちの可能性があります。

カード会社は「公務員を5年以上続けています」みたいな、安定した収入がある人ほど審査において良い評価をする傾向にあるのですが、流通系カードのように審査基準が甘い傾向にあるカードなら、フリーターでも審査通過できる可能性があるので、クレジットカードを作りたいという方はとりあえずでも働ける場所を見つけてから申し込むようにしましょう。

また、現在転職を考えていて無職期間ができそうな人は、退職前にクレジットカードを作っておくのがおすすめです。

無職・収入0円でも審査に通るクレジットカードはある?

生活保護受給者

生活保護受給者は一定数の収入はありますが、カード会社からは基本的に「無職」として扱われるため、クレジットカード審査では落とされてしまいます。
また、生活保護を受けている時にクレジットカードを使用すると、信用情報機関から情報が伝わり、支給を打ち切りにされてしまう原因にもなってしまいます。

生活保護受給中にカード払いをしたい際は、デビットカードやプリペイドカードであれば作れるので、どうしても必要な場合はこれらのカードを作るといいでしょう。

クレジットカードとデビットカードの違い!メリット・デメリットを比較して選ぼう

借り入れ(借金)の件数や金額が多い

年収や年齢など、カード会社の審査では様々な項目をチェックしますが、ローンやキャッシング、消費者金融などからの借入れ(借金)の件数や金額が多い事もカードの審査に通りづらくなる原因です。

また、クレジットカードの申し込み時にキャッシング枠を希望した場合、借入総額は年収の3分の1以下でなければいけないという総量規制の対象となるため、キャッシングを使わない場合は「なし(0円)」にして申し込んだ方が審査には通りやすくなります。

キャッシング枠を0円にするとクレジットカードの審査に通りやすい理由

申し込み内容に嘘の情報(虚偽情報)がある

申込内容に誤りがあると審査落ちの原因となります。
住所や氏名など個人を特定するための情報に誤りがあると本人確認ができないため、その時点で審査終了となってしまいます。

また、明らかに故意に嘘の情報で申し込んだ場合は虚偽申告や虚偽記載となり、詐欺として罰せられる可能性もあります。
申し込み時には入力ミスなどがないよう入念に確認を行いましょう。

クレジットカードの申し込みで嘘を書いたら審査に落ちる?記入ミスでも虚偽になる?

こんな人は審査に落ちてしまうかも!?審査落ちしやすい人

審査に必ず落ちてしまうというわけではないけど、カード会社の審査基準に満たない原因になっているであろう内容を以下にピックアップしました。

何度か支払いの延滞をした経験がある

3か月以上の延滞か、何度も延滞を繰り返した場合、信用情報機関に「異動」という記録をつけられ、俗にいう「ブラックリスト」の状態になってしまいますが、多少の支払いの遅れくらいでは「異動」にはなりません。

しかし、支払いが遅れたという記録は残ってしまうので、ブラックリスト状態でなくてもカード会社が定める審査基準に引っ掛かり、落とされてしまう原因になり得ます。

クレジットカードの支払いを延滞すると審査に影響がでる?何日延滞したら信用情報に傷がつく?

30歳を超えてもクレジットカードを作ってこなかった人

クレジットカードの審査基準で重要度が高いのが、過去のカードやローンの履歴「クレジットヒストリー」です。
30歳を超えてもクレジットカードやローンを利用してこなかった人は、信用情報機関にこのクレジットヒストリーがまったく無い状態で、これを「ホワイト」(スーパーホワイト)と言います。

なぜホワイト状態がクレジットカード審査において良くないかと言いますと、過去に金融事故を起こし「ブラック」状態になった人が5年~10年の期間をかけて信用情報がクリアになった状態が、まさにホワイトと同じ状態なのです。つまり、過去にブラックだった人なのではないかと疑われてしまうわけです。

この場合の解決法としては、ホワイト状態でも審査に通るカードを作って、毎月カード利用をしてはきちんと返済をしてクレジットヒストリーを半年間ほど積み重ねてから、目的のカードに申し込む「クレヒス修行」を行うのがおすすめです。

スーパーホワイトだとクレジットカードの審査に通らない?ホワイトでも作れるカードも

収入が安定しない職業・雇用形態の人

クレジットカード会社の審査基準は、収入の多い人よりも「これから先も安定した収入を得続ける人」の方が重要視する傾向にあります。

例えば、教師や消防士といった公務員は給料も安定しているしリストラされるということもないので、あらゆる職業の中でも高評価です。
一方、自営業者やクリエイターといった職業は、一時的には大金を稼ぎ出す可能性はあるけれど、収入の安定性では不安が残るので審査時には低い評価になってしまいます。
長い間テレビに出ている売れっ子芸能人でも、クレジットカード審査に落ちたというのはよくある話です。

また、収入の安定性という面では雇用形態も当然関わってきます。
アルバイトやパートという雇用形態はシフト制であることも多く、ボーナスなども無く、急に辞めさせられる可能性もあるのでカード会社も低い評価にせざるを得ません。
契約社員や派遣社員の場合は、アルバイトよりは良い評価にはなりますが正社員ほどの評価はもらえないため、審査難易度の高いクレジットカードに申し込むと落ちる可能性が高いです。

職業がクレジットカードの審査に与える影響

勤続年数が短い人

クレジットカードの審査では、所属している会社の規模や年収といった勤務先に関することも見られるのですが、勤続年数が短い人も低い評価をされてしまいます。
理由としては、同じ会社で働き続けている人の方が収入は安定する、というカード会社の考えがあるためです。
また、カード会社が審査時に信用情報を照会する「信用情報機関」には過去の申し込み時に記載した勤務先の情報も残っているので、カード申し込み時に毎度のように会社名が変わっているような人は収入も安定していないとみなされてしまいます。

ちなみに、新卒・新社会人の場合は勤続年数が少なくても転職を繰り返しているとは思われない上に若いということで審査に通る可能性は高いです。

クレジットカード審査で勤務先・勤続年数・年収はどう影響するか

クレジットカード審査に通過するためのコツ・対策

一度審査に落ちてしまったクレジットカードに再度申し込んだ場合、上述した審査落ちの原因が全く解消されていなければ、同じ理由で審査に落ちてしまいます。
そのため、再申し込みをする場合は、以下のような対策をしなければ審査結果は変わりません。

  • 勤務先などの属性を変える
  • ブラックリストに登録されている場合はブラック情報が削除される5年間待つ
  • 申し込みブラックになっている場合は申込情報が削除される6カ月間待つ
  • 他社からの借り入れを減らす
  • 記入ミスをした箇所をなくす

また、個人信用情報機関にはカード申込者の信用情報だけでなく、申し込み履歴も6か月間記録されているので、直近6か月以内に自社のカードを申し込んで審査に通らなかった人は無条件に審査落ちとして処理している可能性があります。

一度審査に落ちてしまった場合は、落ちた原因を特定し、以下ページで説明している対策をしてから6か月の期間をあけて再度申し込んでみましょう。

クレジットカード審査に落ちたら再申し込み(再審査)して通る可能性はあるのか

審査難易度の低いカードを選ぶ

クレジットカードを再申し込みする際は、カード会社ごとの審査難易度を把握してから申し込むと良いでしょう。

■クレジットカードの審査難易度

発行会社の種類 審査難易度 特徴
消費者金融系カード 甘め 消費者金融系カード会社が発行するクレジットカード。
流通系カード 甘い スーパーやコンビニの運営を行う会社が発行するクレジットカード。ローソンpontaカードやファミマTカードなどがある。(楽天カードは信販系だけど審査は流通系カード並)
信販系カード ふつう 古くからクレジットカードやローンに関する事業を行う信販会社が発行するカード。代表カードはオリコカードやセゾンカード
鉄道系・交通系カード やや厳しい 飛行機系と言われるJALカードやANAカード、鉄道系と言われるビューカードや東京メトロTo Me CARDが代表的
銀行系カード 厳しい 銀行が発行するクレジットカード。三井住友VISAカード、MUFGカードなどが代表カード
外資系カード すごく厳しい アメックスやダイナースクラブカードなど外資系企業が発行するクレジットカード。返済力が審査基準として強く要求される。

審査難易度の高いカードに申し込む場合は、審査難易度の甘いクレジットカードでも良いので作って、カード利用をしてクレジットヒストリーを2年分ほどしっかり作ってから申し込むようにすることで審査通過できる可能性が高くなります。

クレジットカードの審査難易度ランキング!

キャッシング枠を少な目に設定して申し込む

キャッシング枠とは、クレジットカードでお買い物をする際に利用する金額の上限である「ショッピング枠」とは別の、お金を借りるための上限金額のことです。

多くのクレジットカードは、申し込み画面で「キャッシング枠」の金額を設定できるのですが、ここでなるべく低めの設定金額で申し込むことで審査通過率が上がり、審査も早く完了します。(カードにもよりますが大体0円で申し込み可能です。)

なぜなら、ショッピング枠を得るための「割賦販売法」に基づく審査より、キャッシング枠を得るための「貸金業法」に基づく審査は、年収の3分の1以上借り入れをできない「総量規制」という法律に引っかかる可能性もあり、2種類の審査に通過する必要があるからです。

クレジットカードが手元に届いてからでも、キャッシング枠の増枠はインターネットや電話で可能なので、とりあえずクレジットカードの審査に通りたいという方は、まずキャッシング枠無しで申し込むことをおすすめします。

誤字や脱字に注意して正しい情報で申し込む

クレジットカードの申し込みでは、誤字や脱字があると審査の際に評価が落とされてしまいます。
特に、自分の電話番号や、勤務先の電話番号等を間違えてしまうと、本人確認や在籍確認の電話ができないので注意しましょう。

また、勤続年数や居住年数、年収や他社からの借り入れ額など、すぐに思い出せないからと言って適当な数字を記入しないようにしましょう。
カード会社は、個人信用情報機関という個人情報やカードやローンの利用履歴を保存する機関から、あらゆる情報を照会して申込者を審査しているので、申込情報と登録されている個人情報や信用情報に差異があった場合は、嘘をついたわけじゃなくても嘘とみなされ、審査の評価を落とされてしまいます。

記入する項目は、正確な情報をきちんと調べてから申し込むようにしましょう。
なお、必須項目じゃなくても、基本的にはカード会社が知りたいと思っている情報なので、空欄がないよう記入するようにしましょう。

クレジットカードの審査通過率と審査落ちの割合


自分は審査落ちしてしまったけど、実際どのくらいの割合で審査に落ちてしまうの?と疑問に思う人も多いでしょう。
クレジットカードの審査落ちの割合は、指定信用情報機関の「CIC(シー・アイ・シー)」に記録されている情報をもとに一般社団法人日本クレジット協会がまとめた統計データの「1年間の申込・契約・解約状況」から割り出すことが可能です。

以下は、2013年~2017年までのクレジットカード申込件数と契約にまで至った件数をもとに審査通過率と審査落ちの割合を出した表です。

  申し込み件数 契約件数 審査通過率 審査落ち率
2017年 3,066 2,328 75.9% 24.1%
2016年 3,023 2,317 76.6% 23.4%
2015年 2,923 2,250 76.9% 23.1%
2014年 2,635 1,996 75.7% 24.3%
2013年 2,675 2,025 77.5% 22.5%

この統計データから75%以上が審査通過し、審査落ちが23%いることが分かります。
意外と多くの人が審査に通過できているなーという印象を受けますが、あくまで「申し込み件数」から出している割合なので、すでに1枚クレジットカードを持っている人が2枚目、3枚目と作っている数値も含まれてしまっています。

クレジットカード審査に落ちてしまった人は「また落ちてしまうんじゃないか」と不安になり、そう何度も申し込まないはずなので「クレジットカードを作れない人」の割合はこの表よりももう少し多くなるでしょう。(35%~40%くらいかと思います)

クレジットカード審査に落ちた!という方でも作れる可能性のあるカード

ACマスターカード

アコムACマスターカード

カードの特徴

アコムが発行する年会費無料のクレジットカード。最短即日発行可能で、20歳を超えていればパート・アルバイトの人でも働いていれば審査OK。利用金額から0.25%キャッシュバック

発行会社 アコム株式会社 ポイント還元率 0.25%キャッシュバック
年会費 永年無料 審査速度 最短即日
利用限度額 300万円
※クレジットとカードローンのご利用合計の上限は800万円まで
申し込み資格 20歳以上の安定した収入(アルバイトOK)と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

ACマスターカードは、カードローンで有名なアコムが発行している年会費無料のクレジットカードです。
一般的なカードとは審査基準が違い、現在の収入を重視しているため他社で審査落ちした方でも作れる可能性があります。

申し込み資格は20歳から69歳までの方で、働いていて収入があれば学生や主婦でも申し込み可能です。
審査時間も短いため最短30分で審査結果が出て、アコムの自動契約機(むじんくん)を使えば即日発行も可能。
MasterCardブランドなので使いやすく、ポイント還元はありませんが、利用額の0.25%が自動キャッシュバックとなります。

アコムの公式サイトには、審査が不安な方に向けた「3秒診断」というサービスがあり、年齢・年収・他社からの借り入れ状況という3つの項目を入力するだけで申し込みの可否が簡単に診断できるので、申し込み前にチェックしてみると良いでしょう。

▼カードの詳細はこちら

アコムACマスターカード(アコマス)の特徴【審査基準・年会費・限度額など】

Tカード プラス(SMBCモビットnext)

Tカード プラス(SMBCモビットnext)

カードの特徴

SMBCモビットと三井住友カードが提携してできた消費者金融系カード。年会費無料で、Tポイントも貯まり、ETCカードの発行も可能。

発行会社 株式会社SMBCモビット ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料 申し込み条件 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方
電子マネー Tマネー ポイント Tポイント

Tカード プラス(SMBCモビットnext)は、SMBCモビットと三井住友カードが提携した年会費無料のカードです。

このカードは通常のクレジットカードとは異なる審査基準の「消費者金融系カード」に含まれます。
一般的なクレジットカードは過去の支払い実績や現在の職業などから「お金に困っていない人」を評価しているのに対し、消費者金融系カードは「お金に困っている人」を対象にして発行しているカードなので、他社で審査落ちした人でも作れる可能性があります。

Tカード プラス(SMBCモビットnext)の特徴【年会費・ポイント還元率・審査など】

家族カード

生計を共にする家族(夫婦や親、子供など)がクレジットカードを所有している場合、「家族カード」であれば自分がブラックリストに登録されていても作ることが可能です。
家族カードとは、生計を共にする家族と同じ機能のカードを追加カードとして作ることができるサービスで、すでにクレジットカードを持っている人の信用度で審査するので、基本的に審査で落ちることはありません。

家族カードのデメリットとしては、クレジットカードの支払い履歴がまとめられるため、カードを何に使ったのかについて家族喧嘩の原因になる可能性があることと、自分自身のクレジットヒストリーが作れないので、家族カードをいくら使っても自分用のカードを持つための信用度が上がらないということです。

デビットカード

デビットカードとは、クレジットカードが基本的に翌月払いなのに対し、カード利用をすると即時銀行口座から利用金額が引き落とされる仕組みのカードです。
クレジットカードとは違い、お金を返済するという必要がないため、信用度が低い人でも審査なしで発行できます。(18歳未満でも作れるのも魅力!)

ただし、デビットカードを利用してもクレジットヒストリーが作れないので、将来クレジットカードを作りたい、ローンを利用したいという人にとっては使い続けるのがもったいないカードですね。
申し込み資格に問題がないのであれば、ACマスターカードなどの審査に通る可能性のあるカードで、クレヒス修行をするのがおすすめです。

クレジットカードとデビットカードの違い!メリット・デメリットを比較して選ぼう

おすすめデビットカード「楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)」

楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)

カードの特徴

16歳以上から作れる年会費永年無料のデビットカード。ブラックや無職の人でも「審査なし」で作れる、クレジットカードと同様にポイントも貯まるカード

発行会社 楽天銀行株式会社 ポイント還元率 1.0%
年会費 2,160円(税込) 付帯保険 ショッピング保険
電子マネー 楽天Edy ポイント 楽天スーパーポイント

審査なしのデビットカードを作りたい人におすすめなのが、楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)です。

楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)は、楽天カードと同じ楽天銀行株式会社が発行するデビットカードで、楽天市場や楽天トラベルといった楽天系のサービスで利用することでポイントがお得に貯まるカードです。

デビットカードでも審査に落ちる可能性があるカードもありますが、楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)は公式サイトで「入会審査不要!」「審査なし」と明確に記載してあるので審査に落ちる心配のない、誰でも作れるカードです。

▼さらに楽天銀行デビットカードの特徴について知りたい方はこちら

16歳から審査なしで作れる「楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)」の特徴

-クレジットカード審査
-

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.