クレカの審査・還元率・旅行保険・作り方などを徹底解説!

おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト

アプリでチャージできるVISAプリペイドカード「バンドルカード」の特徴・デメリット

更新日:

VANDLE CARD(バンドルカード)

カードの特徴

クレジットカードを作れない中学生や高校生でも審査なしで発行可能なVISAカード。アプリだけでも決済可能で、リアルカードを発行することも可能

発行会社 株式会社カンム ポイント還元率 なし
年会費・発行費用 アプリのみ → 無料
プラスチックカード発行 → 300円
口座維持費 月100円(4か月利用がない場合のみ請求)
チャージ方法 コンビニ、クレジットカード
ドコモ、ソフトバンクのケータイ支払いなど8種類
年齢制限 制限なし(未成年は保護者の同意が必要) 利用開始 即時利用可能

インターネットショッピングや街でのお買い物の支払いにプリペイドカードを使う方は年々増えてきています。
VISAなど国際ブランドのプリペイドカードなら多くの加盟店で利用でき、毎日のお買い物にも便利です。

今回は、プリペイドカードとクレジットカード、デビットカードの違いや、アプリでチャージできるVISAの「バンドルカード」の特徴やメリットとデメリットをまとめました。

プリペイドカードとは?

プリペイドカードとは、予めカードにお金をチャージして利用する「前払い式」のカードの事です。
SuicaやWAONなど、電子マネーもこのプリペイドカードのひとつで、iTunesカードのように最初から一定の金額がチャージされた状態で販売されている使い切り型のプリペイドカードもあります。

プリペイドカードはチャージしてある金額までであれば自由に買い物や支払いに利用する事ができ、カードの残額が足りなくなったらチャージをして繰り返し使う事ができます。
VISAやMasterCardなど、国際ブランドと提携したプリペイドカードなら、ステッカーやマークのあるお店でクレジットカードと同様に利用可能です。

Amazonなどのインターネットショッピングでもクレジットカードと同じようにカード番号などを入力して買い物ができるので、近年急速に利用者が増加している今注目のカードです。

プリペイドカードのメリット

プリペイドカードなら、クレジットカードが申し込めない18歳以下の未成年の方や中学生や高校生など学生の方、主婦や年金受給をされている方、以前にカードやローンで延滞を起こした事があるなど、クレジットカードの入会審査に通らない方でも審査なしで持つ事ができるのがメリットです。

銀行口座なしで申し込めるので、口座を持っていない学生でもプリペイドカードなら申し込めます。
カードを利用するには、予め決められた方法でお金をチャージをしておく必要があるため、クレジットカードのように使い過ぎてしまう心配がない点もプリペイドカードのメリットといえるでしょう。

また、レジの前で小銭を取り出す必要もなく、スマートにお会計ができるのもプリペイドカードの嬉しい点です。

プリペイドカードのデメリット

一見メリットの方が多いように感じるプリペイドカードにも当然デメリットはあります。
プリペイドカードは使い切る度にチャージが必要となるため、その都度チャージするのが手間だと感じる方も多いでしょう。

プリペイドカードを使う際に残高が不足していていると支払いができず、足りない分を現金で支払う事もできないため要注意です。
また、プリペイドカードのチャージ金額には上限が設けられているのでパソコンなど大きな買い物をする際は使える金額が少ないと感じる可能性もあります。

クレジットカードやデビットカードとの違い

クレジットカードやデビットカードとプリペイドカードの大きな違いは「代金を支払うタイミング」と「支払い方法」「審査の有無」です。
クレジットカードの申し込みには入会審査があり、クレジットカードで買い物をすると、多くの場合は翌月に銀行口座から代金が引き落とされる後払い方式となります。

デビットカードはお金を借りる事ができるキャッシング機能や後払い機能がなければ審査なしで作る事ができ、買い物をした場合はリアルタイムで銀行口座から引き落としの即時決済となるためクレジットカードやデビットカードを作る場合は銀行口座が必要となります。

これに対して、プリペイドカードは審査なしの前払い式で支払い方法(チャージ方法)はコンビニやネットバンキング、クレジットカードなど様々な方法が利用できるのが特徴です。

バンドルカードの特徴

バンドルカードとは?

バンドルカードとはスマホアプリでチャージができるVISAプリペイドカードで、多くのVISA加盟店でカードを使う事ができます。
発行や利用は無料ですが、プラスチックカードの発行には300円が必要です。チャージ方法が多く用意されているので使いやすく、インターネット専用のバーチャルカードなら即時発行に対応しているのであっという間に作る事ができます。

2017年11月にはスマホアプリの累計ダウンロード数が25万件を突破し、チャージ回数も15万回を突破している人気のプリペイドカードです。
プラスチックカードの発行がなくカード番号だけが提供されるインターネット専用のバーチャルカードも発行できるので、すでにクレジットカードを使っている方のネットショッピング用サブカードとしてもおすすめです。

バンドルカードの種類

バンドルカードには、インターネット専用の「バーチャルカード」と、インターネットでも街のお店(リアル店舗)でも使える「リアルカード」の二種類があります。
「バーチャルカード」の場合は、カード番号やセキュリティコードなどのカード情報のみが提供され、実際のプラスチックカードは発行されません。
これに対して「リアルカード」は、プラスチックカードが発行されるため、実際に街のお店でもクレジットカードと同じように使う事ができます。

リアルカードには、本人確認が必要なバンドルカードリアル+(プラス)という発行手数料600円の上位カードがありますが、こちらは残高の上限が100万円にアップして海外の実店舗でも利用できるようになるのが特徴です。
カード発行のないバーチャルカードは、セキュリティが不安な海外サイトでのネットショッピング用カードという使い方もできます。

バンドルカードの作り方・手順

①アプリをダウンロード

バンドルカードを作るには、まずスマホアプリをダウンロードする必要があります。
iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playから無料のアプリをダウンロードしてください。

公式サイトにアクセスしてアプリをダウンロードする

②アカウントを登録

ダウンロードしたアプリを開いて「アカウントを登録する」を選びます。
すると、ユーザーIDとパスワードを入力する画面になるので好きなIDとパスワードを入力して「次へ」をタップします。

登録する方が未成年の場合は保護者の同意欄にチェックを入れ、生年月日と性別を登録します。
次に進むと電話番号の入力が求められるので、電話番号を入れてSMS認証へと進みます。

するとスマホにSMSで認証番号が記載されたメッセージが届くので、2分以内に登録画面から届いた認証番号を入力します。
「認証する」をタップして次に進み、間違いがないか確認したら利用規約に同意をします。

③バンドルカードを発行

次に、カードの発行・有効化という画面に移るので「バンドルカードを発行する」をタップします。
スマホの画面にカードの画像と「ようこそ」という文字が表示されたら登録とカード発行の完了です。

リアルカードの作り方

街のお店でカードを使いたい場合はリアルカードを発行する必要があります。
リアルカードを発行するには、バンドルカードアプリの左上にあるメニューから「リアルカードの発行」に進み、カードの発送先を登録の上、1,000円以上をチャージして「発行する」をタップします。

発行手数料として300円がかかり、約2週間以内に転送不要郵便でカードが送られてきます。
カードを受け取ったらアプリから「新しいカードを有効化する」をタップし、セキュリティコードを入力後、有効化すればカードが使えるようになります。
なお、転送不要郵便は転居先に転送されないため、引越しの予定がある方は注意しましょう。

バンドルカードの使い方

スマホアプリでのチャージ方法

バンドルカードの人気の秘密はスマホアプリで簡単にチャージできる点です。

スマホアプリの画面から「チャージ」をタップすると、コンビニ・クレジットカード・ドコモのケータイ支払い・ソフトバンクまとめて支払い・ビットコイン(コインチェック)・ビットコイン(ウォレットアプリ)・ネット銀行・銀行ATM(ペイジー)という8通りのチャージ方法から選ぶ事ができます。

中でもビットコインでチャージができるのは国内初で、ビットコインの有効利用にも役立ちます。
1,000円から12万円までチャージ可能で、カードで保有できる残高の上限は10万円となっています。

コンビニでチャージを行う方法

バンドルカードのコンビニチャージなら店頭に設置されているマルチメディア端末を使ってレジでチャージができて便利です。

ローソンに設置されているLoppiや、ファミリーマートにあるFamiポートなどが利用でき、チャージに対応しているコンビニもファミリーマート・ローソン・サークルKサンクス・ミニストップ・セイコーマートと数多くあるのでいつでもチャージできます。
コンビニでチャージをするには、アプリからチャージリクエストを作成しておく必要があり、チャージ金額は予めアプリ上で入力しておきます。

次に進むとコンビニの選択画面になるので、チャージするコンビニを選んでお店に足を運びます。
コンビニを選択するとマルチメディア端末の操作方法が案内されるので、アプリに従って操作を行います。
ファミリーマートならアプリで表示されるバーコードを使って直接レジでチャージができるので簡単です。

申し込み券が発行されるタイプのマルチメディア端末なら、発券後30分以内に申し込み券をレジに持って行って支払いを行います。
チャージが完了したらバンドルカードのアプリに通知が届くので、アプリを開いてホーム画面からきちんとチャージできているか確認しましょう。

バンドルカードで買い物をする方法(ネットショッピング)

バンドルカードアプリのホーム画面にはカードの画像と明細・カード・チャージというメニュー、カードの残高が表示されます。

このうち「カード」をタップすると、カード番号や有効期限・セキュリティコード・名義人が表示されるのでインターネットショッピングでバンドルカードを使って支払いを行う際はここを確認します。
カード番号はタップひとつでコピーできるのでネットショッピングの際も長いカード番号の面倒な入力は不要です。

バンドルカードで買い物をする方法(リアル店舗)

リアルカードを使って街のお店(リアル店舗)で買い物をする場合は、クレジットカードで支払う時と同じように、レジでカードを使って支払うという事を申し出て、店員にバンドルカードを渡してサインをすると支払いができます。

ネットショッピングで買い物をする場合は、支払い方法の選択画面でカード払い(クレジットカード)を選び、スマホアプリのカード情報を参照してカード番号などを入力すると支払いができます。

バンドルカードのメリット

「ポチっと」で後払いができる

一般的なプリペイドカードは前払い方式ですが、バンドルカードの「ポチっと」なら後払いで欲しい物を手に入れる事ができるのが特徴です。
スマホアプリから希望の金額を選び、翌月末までに手数料との合計金額を好きなタイミングでコンビニなどから返済可能です。

一回につき3,000円~20,000円の間で1,000円単位の金額がチャージ可能となり、使った分を返済すれば同月内に何回でもチャージする事ができます。
手数料は10,000円までが500円、11,000円~20,000円までが800円となっています。

「ポチっと」の利用方法は、アプリから「ポチっとの申し込み」をタップし、氏名・生年月日・電話番号・メールアドレスを入力後、電話番号を使ってSMS認証を行います。
するとスマホに認証番号が記載されたメッセージが届くので、アプリに認証番号を入れて、チャージしたい金額を入力し、申し込みボタンをタップすると完了です。

すぐに発行できる

バンドルカード(バーチャルカード)の登録に必要なのは、電話番号・生年月日・性別の3つのみです。スマホを使って5分もあればプリペイドカードが作れてその日のうちからすぐに使う事ができるため、今すぐにネットショッピングで買い物ができるので、メルカリやヤフオクでも買いたい物のタイミングを逃さず手に入れる事ができます。

年齢制限なし

バンドルカードには年齢制限がありません。
カードを申し込む方が未成年の場合は親権者の同意が必要となりますが、クレジットカードの審査のように署名や電話で親権者への同意確認はないため、基本的に同意欄にチェックさえすれば中学生や高校生でもバンドルカードを持つ事ができます。

リアルタイムで履歴が確認できる

バンドルカードなら、使ってすぐスマホアプリの利用履歴が更新され、通知を受け取る設定にもできるので、残高不足を防いだり不正利用の防止にもひと役買っています。
履歴は保存されて検索する事もできるので、支出の把握もしやすく家計簿をつける場合も楽々です。

使い過ぎを防げる

クレジットカードやデビットカードと違って、チャージした分しか使えないプリペイドカードは使い過ぎを防ぐにも有効なカードです。
月の利用額が指定した金額に達すると通知してくれる機能もあるので、うっかり使い過ぎてしまう心配もありません。

バンドルカードのデメリット

使えないお店やサイトがある

バンドルカードはVISAマークのある加盟店やネットショップで使えますが、一部利用できない場合があるので注意が必要です。

オンラインを除き海外のVISA加盟店では使えないため、海外旅行や留学に使いたいという場合は不向きです。
バンドルカードが使えないのは、セルフ式を含むガソリンスタンド・宿泊施設・公共料金・定期支払や定期購買・高速道路料金・保険料などで、上位カードのバンドルカードリアル+(プラス)であれば海外でも利用でき、宿泊施設やガソリンスタンドでも利用できるようになります。

バンドルカードが使えないお店一覧

キャッシングはできない

海外旅行や留学の際に、海外ATMでお金を借りる事ができるキャッシング機能を使って現地通貨を使いたいという方も多いかと思いますが、バンドルカードではカードの現金化を防ぐため、海外・国内を問わずキャッシング機能は利用できない仕様となっています。

分割払いができない

基本的にプリペイドカードは分割払いには対応していないカードです。分割払いやリボ払い、ボーナス払いなどのその他の支払い方法を利用したいのであればクレジットカードを作るしかありません。

ポイントが貯まらない

クレジットカードや、dカードプリペイドなど一部のプリペイドカードではカード利用に応じたポイントが貯まりますが、バンドルカードはポイントが貯まりません。

クレジットカードの中には1%を超えるポイント還元率のカードもあるので、カードの利用額が大きい場合はポイントの貯まるクレジットカードを作る方がお得です。

有効期限に注意

バンドルカードにはカードの有効期限があり、5年間の有効期限が過ぎると支払いができなくなるので注意が必要です。
バンドルカードの有効期限は、カード券面に表示されています。

使わないと維持費がかかる

バンドルカードは、120日間利用がない場合、口座維持費として100円がカードの残高から差し引かれます。
ただし、残高が0円の場合や支払いやチャージ利用のない未利用の場合は請求されません。

一度チャージすると返金できない

バンドルカードに一度チャージしたお金は返金不可能となっています。バンドルカードを作ったものの、いらなくなったという場合にも返金ができないのでチャージをする際は使い切れる額だけをチャージした方が無難です。

解約の際に残額が返金されない

バンドルカードは前払い式のプリペイドカードのため、解約をするとカードの残額は使えなくなってしまいます。
カードを解約する場合は、先に全ての残額を使い切ってからにしましょう。カードを使い切る際も、端数があると残額ぴったりに使い切るのが難しい点もデメリットといえるでしょう。

また、一度退会すると90日間は同じ電話番号で登録できなくなるため注意が必要です。

VANDLE CARD(バンドルカード)

カードの特徴

クレジットカードを作れない中学生や高校生でも審査なしで発行可能なVISAカード。アプリだけでも決済可能で、リアルカードを発行することも可能

発行会社 株式会社カンム ポイント還元率 なし
年会費・発行費用 アプリのみ → 無料
プラスチックカード発行 → 300円
口座維持費 月100円(4か月利用がない場合のみ請求)
チャージ方法 コンビニ、クレジットカード
ドコモ、ソフトバンクのケータイ支払いなど8種類
年齢制限 制限なし(未成年は保護者の同意が必要) 利用開始 即時利用可能

-おすすめクレジットカード

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© おすすめクレジットカードを比較!ナンバーエイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.