メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職でも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード作りのよくある疑問を徹底解説!バナー

クレジットカードの作り方・申し込みの流れ

FP監修者 (株)Money&You代表取締役マネーコンサルタント頼藤 氏 初めてクレジットカードを作ろうとしている方は、どうやったら作れるのか、どこで申し込んだらいいのか、申し込みには何が必要なのか ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

VIASOカードのデメリット

更新日:

三菱UFJニコスの「VIASOカード」は、年会費無料で学生や主婦でも作れる人気のカードです。
しかし、VIASOカードにはデメリットもあるため、申し込み前に知っておく必要があるでしょう。ここでは、VIASOカードの特徴やデメリットについて分かりやすく解説していきます。

VIASOカード

カードの特徴

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを親会社に持つ三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカード。貯めたポイントは自動的にキャッシュバックされるシステム

発行会社 三菱UFJニコス ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー ポイント VIASOポイント

VIASOカードの特徴

まずは、VIASOカードの特徴(基本情報)を一覧表形式でまとめました。

年会費 無料
国際ブランド MasterCard
追加発行できるカード ETCカード・家族カード
通常ポイント還元率 0.5%(ETC・携帯電話・プロバイダーは2倍)
ネット通販の還元率 最大10%
ポイント有効期限 1年間
付帯保険 海外旅行傷害保険・オンライン不正利用補償・
ショッピング保険(分割・リボ払いまたは楽Pay登録時のみ)

VIASOカードは、学生や主婦でも作れる年会費無料のカードとして人気があります。
「VIASO eショップ」というポイントサイト(インターネット上のショッピングモール)を経由すると、ネット通販の還元率が最大10%にアップするのも特徴です。

VIASOカードのデメリット

ここからは、VIASOカードのデメリットを解説していきます。
VIASOカードは使い方によってはポイントが貯まらないというケースや、損をしてしまうケースもあるため、申し込みの際はよく検討しましょう。

通常ポイント還元率は0.5%と平均的

VIASOカードの通常ポイント還元率は0.5%と平均的です。
これは、セゾンカードやエポスカードなどと同じ還元率となります。

最近では通常ポイント還元率が1.0%を超える高還元カードも続々と登場しているので、これらのカードと比較すると見劣りしてしまうでしょう。

【通常ポイント還元率1.0%のカード】

  • オリコカードザポイント
  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!カード
  • JCB CARD W(※39歳以下限定)
  • 三井住友VISA デビュープラスカード(※18歳~25歳限定)

一部年齢制限が設けられているカードもありますが、ざっと挙げただけでも多くの高還元カードが存在するのが分かるでしょう。
この他にも、1.0%を超える超高還元カードも存在します。

【通常ポイント還元率1.0%以上のカード】

  • リクルートカード(1.2%)
  • REXカード(1.25%)

なお、上記はリボ払い専用カードなど特殊なカードは除いています。
例えばリクルートカードの場合は、1万円の利用で120円分のポイントが貯まる計算です。
VIASOカードの場合は、1万円の利用で50円分のポイントしか貯まりません。

ただし、高還元カードになるほどいつの間にか還元率が下がったり、カードの新規発行が停止されるなどの改悪も起きやすいので注意しましょう。

1年間の累計が1,000ポイントに満たない場合はポイントが消滅する

「VIASOカードは思ったよりポイントが貯まらない」という評判(クチコミ)もありますが、これはVIASOカード特有のポイントプログラムが原因です。

VIASOカードは入会月を基準とした1年間の累計ポイント数に応じて自動的にキャッシュバックが行われるカードですが、1年間の累計ポイント数が1,000ポイントに満たない場合、ポイントは消滅してしまいます。

  • 1年間の累計ポイントが1,000以上:1ポイント=1円として自動キャッシュバック
  • 1年間の累計ポイントが1,000に満たない場合:ポイントが消滅

このため、1年間の累計ポイントが1,000ポイントに満たない場合、ポイント還元は全く受けられません。
通常ポイント還元率の0.5%換算で1,000ポイントを貯めるには、年間20万円分(1か月あたりおよそ1万7千円)の利用が求められます。

公共料金の支払いや生活費をVIASOカードで支払えば達成は難しくありませんが、より多くのポイントを貯めるには還元率が2倍となる「ETC・携帯電話料金・プロバイダー」の支払いをVIASOカードで行うか、ポイントが最大10%(20倍)となる「VIASO eショップ」を利用するなど、工夫が必要になってくるでしょう。

ポイントの有効期限はカードによって異なり、オリコカードザポイントのように1年間というカードや、dカードのように4年間というカードもあり、中にはセゾンカードのように有効期限が無期限というカードも存在します。
ポイントの有効期限が短いほど失効のリスクが高くなる点には注意してください。

国際ブランドがMasterCardのみ

VIASOカードの国際ブランドはMasterCardのみとなっていて、VISAやJCBなど他の国際ブランドのカードは選べません。

MasterCardは世界シェアNo.2で加盟店数も多いカードですが、すでに持っているカードがMasterCardの場合や、初めて作るクレジットカードの場合はVISAなど他の国際ブランドを選んだ方が無難です。

ETCカードの発行時に手数料がかかる

VIASOカードのETCカードは年会費無料ですが、発行時手数料として税別1,000円の料金が発生します。
JCB CARD Wやオリコカードザポイントなど、年会費・発行手数料無料でなおかつ1.0%のポイントが貯まるカードもあるため、VIASOカードと比較すると魅力的に見えるでしょう。

ただし、VIASOカードはETCの利用料金は通常ポイント還元率が2倍となり1.0%のポイントが貯まるため、10万円分のETC利用で手数料を回収できます。
年会費とは違い、手数料は発行時や再発行時にしか発生しないので、VIASOカードでもETCの利用状況によっては長い目で見るとお得になる場合もあるでしょう。

電子マネーが搭載されていない

VIASOカードには電子マネーが搭載されていません。
電子マネーがあれば少額の支払いが多いコンビニなどカード払いをためらう場面でも無駄なくポイントを貯めることができますが、VIASOカードで電子マネーを使いたい場合は、nanacoカードなど電子マネーの専用カードを作ってチャージするか、モバイルSuicaなどのモバイル端末を利用する必要があります。

その上、nanacoや楽天Edyなど電子マネーのチャージ分(利用分)はポイント付与の対象外となる点にも要注意です。
例えば、オリコカードザポイントであればQUICPayとiDがダブルで搭載されていてポイントも貯まり、イオンカードではWAONが利用できるなど、最近のクレジットカードは電子マネーにも力を入れているので、電子マネーを使いたい場合はカードの選び方にも気をつけてください。

海外旅行傷害保険は「利用付帯」で補償金額も低い

VIASOカードには海外旅行傷害保険が付いていますが、カードで旅費を支払う必要がある「利用付帯」の保険で、補償金額も低い点がデメリットです。
なお、旅費として有効なのは、「公共交通乗用具」または「募集型企画旅行」の料金となっています。

傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
疾病治療費・傷害治療費 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 1旅行につき20万円
(自己負担額1事故3,000円・年間100万円限度)
救援者費用 100万円

疾病治療費や傷害治療費はどちらも100万円となっていますが、海外では医療費が高額なので病気やケガの際に保険ではカバーしきれない恐れがあります。

ただし、VIASOカード以外に同様の保険が付帯した他社のクレジットカードを持っている場合は、「死亡・後遺障害」を除く保険金を合算することが可能です。
例えば、エポスカードの場合は傷害治療費が200万円・疾病治療費が270万円まで補償されるので、VIASOカードと2枚持ちをした場合、傷害治療費用は最高300万円に、疾病治療費用は最高370万円までアップさせることができます。

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-VIASOカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.