メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職でも作れるカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード作りのよくある疑問を徹底解説!バナー

クレジットカードの作り方・申し込みの流れ

FP監修者 (株)Money&You代表取締役マネーコンサルタント頼藤 氏 初めてクレジットカードを作ろうとしている方は、どうやったら作れるのか、どこで申し込んだらいいのか、申し込みには何が必要なのか ...

クレジットカード審査に通らないイメージ

クレジットカードが作れない人の条件と対策【審査落ちした人におすすめのカードも】

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

VIASOカードの海外旅行傷害保険の付帯内容と注意点

更新日:

海外旅行傷害保険が付帯するVIASOカードを持っていれば、旅行や出張などで海外を訪れた際の病気やケガなど様々なトラブルに備えることができるので安心です。

ここでは、VIASOカードに付帯する海外旅行傷害保険の付帯内容と注意点を分かりやすく解説していきます。

VIASOカード

カードの特徴

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを親会社に持つ三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカード。貯めたポイントは自動的にキャッシュバックされるシステム

発行会社 三菱UFJニコス ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー ポイント VIASOポイント

VIASOカードの海外旅行傷害保険の付帯内容

VIASOカードの海外旅行傷害保険の付帯内容は以下の通りです。

VIASOカードの海外旅行傷害保険
保険の種類 利用付帯
補償期間 90日間
家族カード会員に対する補償 あり(本会員と同内容の補償)
家族特約 なし
補償項目 補償金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
救援者費用等 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 100万円

それぞれの補償項目を詳しく見ていきましょう。

傷害死亡・後遺障害(最高2,000万円)

傷害死亡は、保険の対象となる旅行期間中に起きた事故などによるケガのために死亡した場合に保険金が支払われます。
後遺障害は、旅行期間中に起きた事故などによってケガをして後遺障害が生じた場合、障害の程度に応じて保険金が支払われます。

クレジットカードに付帯する旅行傷害保険は、傷害死亡・後遺障害の補償額=旅行傷害保険の最高補償額となっているのが一般的です。

傷害治療費用(100万円)

傷害治療費用とは、旅行期間中に起きた事故によるケガのため、医師の治療を受けた場合に診察費用・入院費用の実費が支払われる保険です。
利用頻度が高いので、補償額を重視した方が良い項目といえるでしょう。

疾病治療費用(100万円)

疾病治療費用とは、病気によって医師の治療を受けた場合に診察費用・入院費用の実費が支払われる保険です。
こちらも利用頻度が高いので、補償額を重視したい項目となります。歯科疾病や早産・流産などは補償の対象外となるのが一般的です。

救援者費用等(100万円)

救援者費用等とは、事故によって被保険者の安否が分からない場合に被保険者を捜索したり、救助・移送活動を行う際にかかった費用が支払われます。
また、被保険者が死亡して親族が現地に赴く場合などにも交通費や宿泊費等が支払われる保険です。

賠償責任(2,000万円)

賠償責任とは、旅行期間中に発生した偶然な事故によって他人の身体または財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われるのが特徴です。
例えば、ホテルのカーペットを汚してしまった場合にも補償されます。

携行品損害(100万円)

携行品損害とは、旅行中に携行する身の回り品が盗難・破損・火災などによって損害を受けた場合に補償される保険です。
例えば、旅先でデジカメが破損した場合にも補償されます。

ただし、1事故につき自己負担額3,000円が発生し、携行品1つにつき10万円限度・年間100万円限度となっている点には注意してください。

キャッシュレス診療にも対応

キャッシュレス診療とは、カード会社が医療費を支払ってくれるため、医療費の立て替え払いが不要となるサービスです。
キャッシュレス診療を受けるには、VIASOカードのキャッシュレス診療に対応した病院を受診する必要があるので、まず三菱UFJニコスの「海外総合サポートデスク」に電話で連絡を入れて、キャッシュレス診療の対応病院を紹介してもらってください。

海外総合サポートデスクの電話番号は発信元の国や地域によって異なり、三菱UFJニコスの公式サイトに電話番号が掲載されています。

〇サポートデスク一覧
http://www.cr.mufg.jp/nicos/service/other/insurance/injury_ab/supportdesk/index.html

VIASOカードの海外旅行傷害保険の注意点

VIASOカードの海外旅行傷害保険は「利用付帯」

VIASOカードの海外旅行傷害保険は「利用付帯」のため、保険適用の条件を満たしていない場合は補償を受けられない点には気を付けましょう。
利用付帯の海外旅行傷害保険とは、事前に旅費などをカードで支払う必要がある保険で、VIASOカードの場合は日本を出国する前に「公共交通乗用具」または「募集型企画旅行」(パッケージツアーやパック旅行)の料金をVIASOカードで支払っておく必要があります。

「自動付帯」の海外旅行傷害保険なら、クレジットカードを保有しているだけで保険が適用されることを考えると、利用付帯の保険は使い勝手の面でやや劣ってしまうでしょう。

公共交通乗用具とは?

公共交通乗用具とは、航空法・鉄道事業法・海上運送法・道路運送法に基づいて運行されている乗り物で、主な対象は以下の通りです。

  • 航空機(飛行機)
  • 電車
  • 船舶
  • バス
  • タクシー

例えば、自宅から空港までのタクシー代や、航空機のチケットをVIASOカードで決済した場合は保険が適用されます。
ただし、運賃に該当しない空港利用税のみの決済や、乗り放題切符など搭乗する乗用具や利用区間が特定できない支払いは対象外となっているので注意してください。

公共交通乗用具の料金も「日本を出国する前に」VIASOカードで支払っておく必要があるので、海外の旅行先で乗る電車やバスなどは対象外となる点にも気を付けましょう。

利用頻度が高い傷害治療費用・疾病治療費用の補償金額が少ない

海外旅行傷害保険の補償項目の中で、最も利用頻度が高いのは「傷害治療費用」と「疾病治療費用」のふたつですが、VIASOカードはいずれの補償項目も100万円と補償金額が少ない点がデメリットです。

海外は日本と比較して医療費が高額で、軽い病気やケガで病院にかかった場合でも数十万円~数百万円の費用が発生することも珍しくはありません。
日本とは違って、海外では救急車を呼ぶのも有料の場合があります。
例えば、ニューヨークで救急車を呼んだ場合は約300ドルの料金が発生するため要注意です。

また、観光地として人気のハワイはアメリカの中でも特に医療費が高額で、初診料だけでも1万円~3万円程度かかるとされているので、VIASOカードの保険だけではカバーしきれない恐れがあります。

オプションで有料保険を追加することも可能

VIASOカードの海外旅行傷害保険に補償を上乗せしたいという場合は、オプションで有料保険を追加することもできます。
VIASOカードには、損保ジャパン日本興亜の「新・海外旅行保険off!」という有料保険があり、行き先別リスク細分型のオンライン契約保険なので手頃な保険料で補償を充実させることが可能です。

おすすめの補償がセットになった「パッケージプラン」の場合、治療費用は保険料に応じて1,000万円または2,000万円まで補償があり、必要な補償を選べる「オーダーメイドプラン」もあります。
例えば、ヨーロッパに5日間の旅行をする場合、パッケージプランなら2,100円の保険料で治療費用が1,000万円となるので、万が一の際も安心でしょう。

「新・海外旅行保険off!」は出発日の当日まで加入できるので、VIASOカードの補償を充実させたいという方にぴったりです。

他社の海外旅行傷害保険付きカードと保険金を合算できる

VIASOカード以外に、他社(NICOSカード以外)の海外旅行傷害保険付きクレジットカードを持っている場合は「死亡・後遺障害」を除く補償項目で保険金を合算することができます。
例えば、疾病治療費用が270万円のエポスカードを持っている場合は、VIASOカードと合わせて最大370万円の補償を受けることが可能です。
ただし、受け取れる保険金は実際の損害額が上限となっているので注意しましょう。

死亡・後遺障害の補償項目については、複数の海外旅行傷害保険付きクレジットカードを持っている場合、その中で最も高い保険金額を限度に按分して支払われるので、最高2,000万円補償のVIASOカードと、最高500万円のエポスカードを持っている場合は、VIASOカードの2,000万円が適用されます。

複数の海外旅行傷害保険付きカードで補償期間の延長も可能

VIASOカード以外に利用付帯の海外旅行傷害保険付きカードを持っている場合は、補償期間の延長も可能です。
VIASOカードをはじめとするクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の補償期間は「90日間」となっているのが一般的ですが、海外留学や出張などで長期間滞在する時には2枚のカードを使って、保険の適用開始時期をずらすことにより補償期間を延長させることができます。

例えば、最初にVIASOカードで日本を出国する前に交通費の支払いを行い、VIASOカードの補償期間が切れる頃に三井住友VISAクラシックカードなど、現地で交通費の支払いを行うと補償が適用されるタイプの「利用付帯」のカードを使えば、補償期間を最大180日間に延ばすことが可能です。

  1. 日本を出国する前にVIASOカードで交通費の支払いを行う
  2. 補償期間が切れる頃に別のカードを使って現地で交通費の支払いを行う
  3. 補償期間が最大180日に延長される

ただし、この方法が使えるのはあくまでもVIASOカード以外に現地で交通費の支払いを行うと補償が適用される(補償開始となる)タイプの利用付帯のカードを持っていた場合です。

楽天カードのように、VIASOカードと同様に日本を出国する前に交通費や旅費を支払うタイプの利用付帯のカードでこの方法は使えません。

お読み頂き有難うございます!参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-VIASOカード

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.