メニュー
先頭に戻る

カテゴリーから探す

イチ押しカード情報

審査なしで作れるクレジットカードアイキャッチ New

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職でも審査に通るカードも】

「クレジットカードの審査になかなか通らない」または「今すぐにでもクレジットカードが欲しい」ということで、審査なし(無審査)で作れるクレジットカードを探しているかと思います。 そこで、即日で作れるクレジ ...

即日発行可能なクレジットカードまとめ!作り方や注意点も

一般的なクレジットカードは、審査→発行→カード郵送 という手順をたどる必要があるため、実際にカードを使えるまでに少なくても2週間、長ければ1か月ほどかかってしまいます。 しかし「急いで購入したいものが ...

クレジットカード作りのよくある疑問を徹底解説!バナー

クレジットカードの作り方・申し込み方法|初めての1枚におすすめのカードも

初めてクレジットカードを作ろうとしている方は、どうやったら作れるのか、どこで申し込んだらいいのか、申し込みには何が必要なのかといったことがわからないものです。 クレジットカードの申し込み方法には3種類 ...

クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件と対策

クレジットカードは入会時にカード会社による審査があるため誰でも作れる訳ではありません。ですが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)条件が分かれば対策を立てる事ができるでしょう。 ここではクレジ ...

学生や未成年者(18歳以上)のクレジットカード審査が甘い理由と審査落ちの原因

ネットショップの利用やポイント獲得、海外旅行での利用などが目的で、クレジットカードを作りたい学生(大学生・短大生・専門学校生)や未成年(18歳以上)の方も多いと思いますが、そのような方の中には、収入の ...

三菱UFJニコス「VIASOカード(ビアソカード)」

更新日:

VIASOカード

カードの特徴

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを親会社に持つ三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカード。貯めたポイントは自動的にキャッシュバックされるシステム

発行会社 三菱UFJニコス ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー ポイント VIASOポイント

VIASOカード(ビアソカード)は、三菱UFJニコスが発行する年会費無料のクレジットカードです。
ネットショッピングでは最大10%のポイントが貯まり、ETCや携帯電話・プロバイダ料金でもポイント還元率が2倍になるのが特徴で、貯めたポイントは自動的にキャッシュバックされるためポイント交換の手間が省けます。

そこで今回は、主婦や学生でも作れるカードとして人気のVIASOカードの特徴やメリット・デメリット、審査や保険について分かりやすくまとめました。

年会費について

本会員年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料
ETCカード発行手数料 税別1,000円

クレジットカードは年会費をかけずに持ちたいというニーズも多いでしょう。
VIASOカードは年会費無料、発行手数料も無料で作ることが可能です。
初年度はもちろん、2年目以降も年会費は発生しません。

ETCカード年会費は無料だけど発行手数料がかかる

カードの種類によってはETCカードにも年会費がかかることがありますが、VIASOカードは年会費無料でETCカードを持てます。
ただし、新規発行手数料として税抜1,000円がかかってしまうので注意が必要です。(一度発行してしまえばその後は費用がかかることはありません)

余分な費用を一切かけたくないという方は、発行手数料も年会費も無料のカードでETCカードを作るのがおすすめです。

家族カード年会費無料

VIASOカードを所有している家族に対して、VIASOカードと同様の機能を持つカード「家族カード」も年会費無料で持つことが可能です。
家族と一緒にポイントを貯めたい方や、家族が(ブラックリストなどの関係で)クレジットカード審査に通らないという方に家族カードはおすすめです。

貯まるポイントについて

貯まるポイント VIASOポイント
ポイント付与率 利用合計1,000円ごとに5ポイント
(個別明細100円ごとに0.5ポイント)
通常ポイント還元率 0.5%
ポイントの交換先 オートキャッシュバック
ポイントUPサイト VIASO eショップ(最大10%)
ステージ制度 なし
ポイントUP条件 なし
ポイント有効期限 入会月を基準に1年間

通常ポイント還元率は0.5%

VIASOカードの通常ポイント還元率は0.5%とクレジットカードとして一般的な水準です。
1,000円ごとに5ポイントの付与ですが、厳密にいうと個別明細100円につき0.5ポイント付与されます。
1ポイントは1円相当の価値があり、ポイントの有効期限(ポイント累積期間)は、入会月を基準に1年間です。

家族カード利用分のポイントは本会員とまとめられるので、家族カードを発行するとポイントが貯まりやすくなります。

ポイントは自動的にキャッシュバックされる

VIASOカードの大きな特徴は、ポイントが自動的にキャッシュバックされる点です。
カード利用で貯まったポイントが1,000ポイント以上に達すると、1ポイント=1円としてカードの支払い口座へ自動的に現金でキャッシュバック(オートキャッシュバック)されるので、交換の手間がかからず、交換忘れによる失効も防げます。

オートキャッシュバックに必要な1,000ポイントを貯めるには、還元率0.5%換算なら1か月あたり約16,600円の利用でクリアできるので、普段からショッピングでVIASOカードを使っていれば難しくはないでしょう。

還元率がアップするスマホ代の支払いや、「VIASO eショップ」経由のネットショッピングなら更に多くのポイントが貯まります。
保有ポイント数は、インターネットの会員向けサイト「Net Branch」にログインすると確認が可能です。

ETC・携帯電話・プロバイダは還元率2倍

還元率0.5%だとポイントが貯まらないのでは?と感じる方も多いでしょう。
しかし、VIASOカードはETC・携帯電話・プロバイダ料金は還元率が2倍(1.0%)になるカードです。

例えば、毎日マイカー通勤でETCを利用している方や、家族分の携帯電話料金(スマホ代)をまとめて支払っている方、インターネットのヘビーユーザーという方は特にポイントが貯まりやすいカードといえます。

【携帯電話料金でポイントが2倍になる対象キャリア】

  • NTTドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • ワイモバイル

【プロバイダ料金でポイントが2倍になる対象通信事業者】

  • Yahoo! BB
  • OCN
  • au one net
  • BIGLOBE
  • ODN

このように、現在利用中の携帯電話やプロバイダが対象に含まれている場合は、月々の利用料が1.0%還元となりお得です。

「VIASO eショップ」経由のネットショッピングならポイント最大10%

VIASOカードでより多くのポイントを貯める方法は、最大10%還元となる「VIASO eショップ」を経由したインターネットショッピングです。
VIASOカード会員向けサービスの「Net Branch」内には、サイトを経由していつも通りにネットショッピングを利用するだけで、通常ポイントに加えてボーナスポイントがもらえる「VIASO eショップ」があります。

パソコンから無料で利用でき、楽天市場やAmazonなどの人気ショップが出店しているのもメリットです。

VIASO eショップを利用した場合の還元率(通常ポイント+ボーナスポイントの合計)
Amazon 1.0%
楽天市場 1.5%
Yahoo!ショッピング 1.5%
LOHACO 2.5%
高島屋オンラインストア 3.5%
東急ハンズ ネットストア 3.5%
ビックカメラ.com 2.5%
タワーレコード 4.0%
楽天ブックス 1.5%
ふるさと納税【さとふる】 2.5%
洋服の青山オンラインストア 5.5%
JINS(ジンズ) 5.5%
Expedia(エクスペディア) 5.5%
好日山荘Webショップ 10.5%

上記のショップはほんの一例で、他にも数多くのショップが出店しています。
5.0%~10%と高還元になっているショップもあり、期間限定で更にポイントアップすることも多いので、目当ての商品がある場合はこまめにチェックしておくのがおすすめです。

楽天市場などではポイント三重取りが可能

楽天市場などショップ側でもポイントサービスを実施している場合は、VIASOカードの通常ポイント・ボーナスポイント・ショップのポイントというポイントの三重取りが可能です。

楽天市場:通常ポイント0.5%+ボーナスポイント1.0%+ショップポイント1.0%=合計2.5%還元

例えば、楽天市場ならショップ側でも1.0%のポイントが貯まり、ポイント三重取りで合計2.5%還元となりお得です。

付帯保険について

海外旅行傷害保険 最高2,000万円補償(利用付帯)
国内旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 年間限度額100万円
(補償期間90日・楽Pay登録期間中のみ自動付帯)
インターネット不正利用補償 あり

VIASOカードは利用付帯の海外旅行傷害保険に加えて、楽Payというリボサービスの登録期間中に限りショッピング保険も付帯します。
海外旅行傷害保険の適用には利用条件があり、ショッピング保険も楽Payを利用していない場合は補償が受けられない点には注意しましょう。

その他には、インターネットショッピングの不正利用補償である「NICOSネットセーフティサービス」も付帯しています。
オンライン取引で第三者によって不正利用された場合、補償が受けられるのでネット通販でカードを利用する際も安心です。

最高2,000万円補償の海外旅行保険が「利用付帯」

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
救援者費用等 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 100万円

VIASOカードで事前に旅費などを支払うと、最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が付きます。
これは「利用付帯」と呼ばれるタイプの旅行保険で、VIASOカードで事前に旅費などを支払っていない場合には補償が受けられないので注意が必要です。

ケガや病気に対しては各100万円まで補償があり、ホテルで物を壊した際に保険金がおりる「賠償責任」は2,000万円、旅先でデジカメなどの携行品を破損した場合には「携行品損害」という保険で100万円までカバーできます。

複数のカードで補償額の合算ができる

VIASOカードと同じように、旅行保険の付いた他社発行のクレジットカードを持っている場合は「死亡・後遺障害」以外の項目(疾病治療費・傷害治療費など)で補償額を合算することが可能です。

例えば、VIASOカードの他に疾病治療費が200万円まで補償されるカードを持っている場合、合算により最高300万円まで補償を手厚くできます。
海外では救急車を呼ぶのも有料で、ちょっとした病気やケガでも国内と比較すると医療費が高額になりやすいので旅行保険への加入は必須です。

審査について

クレジットカードは申し込んだ人が必ず作れるというものではなく、カード会社による審査を通過する必要があります。
ここからはVIASOカードの審査について解説していきます。

最短翌営業日発行が可能

VIASOカードの審査回答(審査期間)は最短即日、カード発行は最短翌営業日となっています。
最短でVIASOカードを発行する方法は、インターネットで当日の午前9時までにオンライン口座設定を含む申し込みを行うことです。
オンライン口座設定に対応していない金融機関の口座を支払い口座に設定する場合は、郵送で手続きを行う必要があり、書類の返送後カード発行までに1~2週間程度かかります。

また、運転免許証(もしくは運転経歴証明書)以外の本人確認書類を使って本人確認を行う場合も郵送で手続きを行う必要が出てくるため、最短翌営業日発行に対応していない点には要注意です。

  • 午前9時までにインターネットで口座設定を含む申し込みを完了させる
  • 運転免許証(運転経歴証明書)で本人確認を行う

三菱UFJニコスの「営業日」とは月曜~金曜日で、土日祝日や年末年始(12月30日~1月3日)は休業日です。
ETCカードは最短翌営業日発行ではないため、クレジットカードとは別々に送られてくる点にも注意しましょう。

VIASOカードの申し込み資格

申し込み資格 18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
学生の申し込み 可能
専業主婦の申し込み 可能
カード会社の分類 銀行系
審査回答(審査時間) 最短即日回答
カード発行までの日数 最短翌営業日発行可能
※土日祝日や年末年始(12月30日~1月3日)を除く

VIASOカードの申し込み資格は「18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)」となっています。
18歳未満の方や高校生は申し込めません。また、未成年者が申し込む場合は親権者の同意が必要です。

これは、未成年者単独では契約などの法律行為ができないためで、未成年の方がカードを申し込む場合は、必ず申し込み前に親権者の了承を得ておいてください。

家族カードの申し込み資格

家族カードの申し込み資格は「本人会員の配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方」となっていて、本人会員が学生や未成年の場合は家族カードが発行できません。

基本的に家族カードの審査は本人会員の利用状況を確認する程度なので、家族カードを申し込む方自身には収入がなくても発行できます。

審査難易度

クレジットカードの発行会社別に審査難易度をまとめました。

カードの種類 審査難易度
消費者金融系カード 独自
流通系カード 甘い
信販系カード 普通
鉄道系・交通系カード 普通
銀行系カード 厳しい
外資系カード 超厳しい

最も審査が厳しいとされるのがアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブのような「外資系カード」で、銀行系カードがその後に続き、最も審査が柔軟といわれているのが独自の審査基準を設けている消費者金融系カードです。

発行会社が同じでも、一般カードとゴールドカードでは審査難易度に違いがあり、カードのグレードが上がるにつれて審査も厳しくなります。
VIASOカードは系統としては銀行系・信販系にあたり、審査難易度は厳しい方ということになりますが、過去にクレジットカードやローンで支払いの滞納をしてブラックリストに載ったという人でなければ、一般的な会社のサラリーマンやその配偶者の方は難なく審査に通過できるはずです。

VIASOカードは主婦や学生でも審査通過が可能

VIASOカードを発行する「三菱UFJニコス」は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)を母体とする総合金融グループです。
三菱UFJニコス自体は信販会社(カード会社)ですが、金融グループに属しているため銀行系カードとも呼ばれています。
銀行系カードは審査が厳しいとされていますが、VIASOカードの場合は学生や専業主婦・パートでも審査通過が可能です。

銀行系カードはブランドに安心感があり、どこに出しても恥ずかしくない「ステータスカード」としても人気で、年会費無料のカードながら、ホテルや飲食店の支払いにも堂々と利用できるでしょう。

審査状況の確認方法

VIASOカードの審査状況を確認したい時は、三菱UFJニコスの公式サイトにある「審査結果照会」のページから審査状況の確認ができます。
申し込み完了時に案内された照会番号と生年月日を入力して、審査状況を確認してください。
通常、VIASOカードの審査結果はメールで送られてきます。

審査通過のポイント

クレジットカードの審査通過にはいくつかのコツがあります。以下に審査通過率をアップさせるためのポイントをまとめました。

  • キャッシング枠は希望しない
  • 同時期に複数のカードを申し込まない(申し込みブラック対策)
  • 過去にカードやローンで延滞などのトラブルを起こした場合は注意

それぞれを詳しく見ていきましょう。

キャッシング枠は希望しない(0円にして申し込む)

クレジットカードは買い物や支払いに利用する「ショッピング枠」のほかに、お金を借りられる「キャッシング枠」がありますが、キャッシング枠を希望した場合は貸金業法に基づいた審査が加わるため審査が厳しくなります。
貸金業法には収入の3分の1以下に借り入れが制限される「総量規制」という制度があり、すでにキャッシングや無担保ローンのような借り入れがある場合は審査落ちの恐れが出てくるため要注意です。

キャッシングを利用しないのであれば、申し込みの際にキャッシング枠を希望しない(0円)で申し込むと割賦販売法の審査だけで済むため審査通過率をアップさせることができます。
キャッシングはカードを作ってからでも申し込めるので、審査が不安な場合はキャッシング枠なしでカードを申し込み、審査に通ってからキャッシング枠の設定を行うと良いでしょう。

同時期に複数のカードを申し込まない(申し込みブラック対策)

同時期に複数のカードを申し込むことも審査落ちの原因となってしまいます。
これは「申し込みブラック」と呼ばれる多重申し込みの状態で、同時期(短期間)に複数のカードを申し込むと、キャンペーン目的や借り入れ・現金化を目的としたカード作成を疑われて審査に通りにくくなるのです。

申し込みブラックの対策は、1か月間に申し込むカードの枚数を3枚まで(できれば2枚まで)に抑えることで、申し込みブラックにより審査に通らなくなった場合は、申し込みに関する情報が消える6か月間が経ってから改めて申し込んでください。

過去にカードやローンで延滞などのトラブルを起こした場合は注意

過去にカードやローンで延滞などのトラブルを起こしている場合、5年~10年カード審査に通らなくなる恐れがあります。
クレジットカードを申し込むと、過去のカードやローンなどの利用状況を記録した「信用情報(クレジットヒストリー)」を基に審査が行われますが、利用状況に問題があった場合は審査落ちとなるので要注意です。

例えば、延滞を起こしてブラックとも呼ばれる「異動」の記録が残った場合は5年間審査に通らなくなり、自己破産などの金融トラブルがあった場合は10年間審査に通らない恐れが出てきます。
携帯電話の分割払い(割賦払い)も信用情報に記録され、端末代金を月々の料金と一緒に支払っていて延滞した場合はカードやローンと同様に5年間審査に通らないケースもあるため、くれぐれも気を付けましょう。

VIASOカードのデメリット

クレジットカードはどれも一長一短で、他の会社のカードと比較するとデメリット面も出てきます。
以下でVIASOカードのデメリット面をまとめているので、申し込みを検討している方の参考になればと思います。

1,000ポイント未満しか貯まらなかった場合はポイントが無効になる

VIASOカードの特徴はポイントのオートキャッシュバックですが、期限内に1,000ポイント未満しか貯まらなかった場合はポイントが全て無効となってしまいます。

前述のとおり、1,000ポイントを貯めるには1か月あたり約16,600円の利用が必要となるため、使い方によっては全くポイントが貯まらないカードとなる恐れも出てくるでしょう。

個別明細100円ごとのポイント付与のため切り捨てが多くなる

VIASOカードのポイントは「個別明細100円ごとの付与」のため、1か月の利用額合計に対してポイントが付与されるカードより切り捨てとなる金額が多くなる点がデメリットです。
例えば、1か月の利用額合計から100円ごとにポイントが貯まるカードが最も切り捨てが少なくなり、反対に個別明細(1回の利用)1,000円ごとにポイントが貯まるカードは最も切り捨てが多くなります。

VIASOカードをコンビニなど少額の支払いを頻繁に利用すると、端数による切り捨てが多くなってしまうので注意しましょう。

ETCカードは発行手数料がかかる

VIASOカードでETCカードを発行する際に、税別1,000円の手数料がかかるのはデメリットです。
仮にポイントを貯めて発行手数料分のキャッシュバックを得ようとすると、ETC利用時の還元率は1.0%のため10万円以上の利用が必要となり現実的ではありません。

ですが、インターネット申し込みの入会キャンペーンでポイントがもらえることもあるので、ETCカードを作りたい場合は特典を上手に利用して節約すると良いでしょう。

郵送の明細書は有料

VIASOカードは、WEB明細の利用が標準となり、明細書の郵送を希望した場合は有料(税別90円)となる点もデメリットです。
ただし例外として、分割払いやリボ払い・ボーナス払い・キャッシングなどを利用した場合や、満75歳以上の方、入会後6か月間は無料で明細書が送られてきます。

最近は環境問題への取り組みからWEB明細を標準とし、郵送の明細書は有料というカード会社も増えているので、郵送で紙の明細書を送ってほしいという場合は注意しましょう。

ショッピング保険が適用されるのは「楽Pay」の登録期間中のみ

VIASOカードには、カードで購入した商品が90日以内に破損・盗難などによって損害を被った場合に補償が受けられる「ショッピングパートナー保険サービス」がありますが、補償が適用されるのは「楽Pay」というリボ払いサービスの登録時に限られる点がデメリットです。

楽Payとは、毎月の支払い金額を自分で設定できるリボ払いで、指定金額を超えた分は自動的に翌月以降に繰り越され、繰り越し分には実質年率15.00%のリボ払い手数料が発生します。
毎月の支払い金額は5,000円以上5,000円単位・最高10万円までの範囲で設定でき、指定した範囲内の利用であれば手数料は発生しません。

リボ払いは支払いが長期化しやすく、手数料も高額なので、利用する場合は繰り越しが発生しないように金額を調整するなど、支払い計画をきちんと立てておきましょう。

参考になる情報はありましたか?もしお役に立てたらシェアしてくれると嬉しいです!

-VIASOカード
-, ,

Copyright© クレジットカードの知恵袋 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.