クレジットカードの選び方からお得に使いこなす方法まで

クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」

VIASOカードならVIASO eショップで還元率アップ!オートキャッシュバックも魅力的

投稿日:

VIASOカード

カードの特徴

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを親会社に持つ三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカード。貯めたポイントは自動的にキャッシュバックされるシステム

発行会社 三菱UFJニコス ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー ポイント VIASOポイント

VIASOカードは、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを親会社に持つ三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカードです。カードを利用することでVIASOポイントが貯まり、ポイント還元率は最大で10%にもなります。また、貯まったポイントはオートキャッシュバックされることも大きな魅力のひとつです。

今回はVIASOカードについて詳しく説明していきます。

年会費は無料!

VIASOカードは、年会費が無料です。本会員でも家族会員でも一律無料なので安心して発行申請することができ、維持費もかかりません。

ただし、追加で発行できるETCカードは、新規発行手数料が1,000円(税別)かかります。年会費は無料なので発行後の維持費はかからないのですが、新規で発行する際には気をつけておきましょう。

クレジットカードの年会費とは?平均的な年会費や最も高い年会費のカードも解説

VIASOカードで貯まるVIASOポイントについて

VIASOカードを利用すると、VIASOポイントをためることができる「VIASOポイントプログラム」サービスがあります。概要について説明していきます。

基本は1,000円で5ポイント

各種ショッピング利用で1,000円ごとに5ポイント、ポイントの換算としては1ポイント=1円です。個別明細ごとに100円=0.5ポイントで計算されます。還元率で言えば0.5%です。

特定加盟店ではポイント還元率2倍!

ETCマークのある全国の高速道路や一般有料道路、携帯電話やPHSの利用代金、インターネットのプロバイダの利用代金についてはポイントが2倍になります。1,000円で10ポイントですね。

ETCは使う人使わない人の差があるかと思いますが、携帯やプロバイダについては毎月発生する人も多いと想定されます。
プロバイダについてはYahoo! BB・au one net・@nifty・BIGLOBE・OCN・ODNと、支払対象の幅も広く大手企業を網羅しています。すでに利用している人にとってはポイントが2倍になるお得なメリットがあります。

VIASO eショップで利用すればさらにボーナスポイント最大10%

三菱UFJニコスが運営するショッピングサイト「VIASO eショップ」を経由してネットでお買い物をすれば、対象店舗によって最大10%ものボーナスポイントが還元されます。

例えば楽天市場は1.0%、Amazon.co.jpは0.5%が、ボーナスポイントとして通常ポイントにプラスされます。その他Yahoo!ショッピング・ベルメゾンネットなど、大手の通販サイトやショップが出店しています。ネット通販をよく利用する人ならポイントが貯まりやすく便利に使えるクレジットカードではないでしょうか。

オートキャッシュバックがうれしい!

VIASOポイントの累積期間は1年間であり、入会月が基準となります。1年間で貯まったポイントが口座へ振り込まれる「オートキャッシュバック」がVIASOカードの大きな魅力のひとつともいえるでしょう。

ポイントは1,000ポイント以上で還元されます。通常ポイント還元率0.5%で単純計算しても1年間で20万円、1カ月約16,600円利用する必要がありますが、VIASO eショップなどをうまく使えばポイントもより一層貯まりやすくなります。ポイントを現金で還元してくれるのは嬉しい特典ですね!

クレジットカードの「ポイント還元率」とは?高還元率のおすすめカードも紹介

VIASOカードの審査について

VIASOカードの審査は厳しいのでしょうか?ここではカードの申し込み資格、審査難易度、発行スピードについて解説します。

VIASOカードの申し込み資格

本人会員は原則18歳以上で高校生は不可、電話連絡が可能な人です。未成年の場合は親の同意を得る必要があります。家族会員の場合、本人会員の配偶者・親・子供であり、18歳以上で高校生は不可です。ちなみに本人会員が学生や未成年の場合は、家族会員の発行はできません。

電話連絡が可能な人ということは、審査で電話連絡がある可能性があるということ。この点はあらかじめ想定しておく必要がありそうですね。

VIASOカードの審査難易度は高い?

VIASOカードは、系統としては銀行系・信販系にあたります。一般的に流通系のクレジットカードは審査基準が低めといわれています。流通系は大手総合スーパーやコンビニなどが発行しており、学生や主婦など多くの人に利用してもらうことを狙っているため、カード発行に対して積極的です。

一方で銀行系・信販系は、クレジットカード審査基準の厳しさではトップ2の位置にあります。そもそも国内でクレジットカードを初めて作ったのは銀行であり、審査のベースは銀行です。クレジットカードを持ちたくても審査に落ちてしまった人に対してカードを発行する、消費者金融系・流通系といったカード発行に積極的な企業が審査を低めにしているともいえます。
そのため、VIASOカードは決して審査難易度が低いとはいえないでしょう。

VIASOカードの発行スピードは早い?

VIASOカードの発行には、公式サイトからオンラインで口座設定するか、郵送で書類を提出するか2つの方法から選ぶことになります。最短でカード発行してもらいたい場合、オンラインで口座設定することです。ただし、オンライン口座振替サービス対象の金融機関の口座を持っている必要があります。対象外の場合もあるので注意しましょう。

オンライン口座設定でかつ当日9時までに申し込み完了していれば、最短で翌営業日にカード発行が可能です。審査がスムーズにいかず、時間がかかれば数日かかる場合もあるでしょう。翌営業日にカード発行されても、郵送のタイミングによっては実際に手元に届くのは数日後という場合もあります。

VIASOカード

カードの特徴

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを親会社に持つ三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカード。貯めたポイントは自動的にキャッシュバックされるシステム

発行会社 三菱UFJニコス ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー ポイント VIASOポイント

クレジットカード会社が審査基準にしている「3C」と「スコアリング」とは


クレジットカードの審査難易度【審査が甘いクレジットカード、厳しいクレジットカード】

VIASOカードの保険・補償サービスについて

VIASOカードには3つの保険・補償サービスがあります。旅行やネットショッピングのトラブルで大きな安心感を与えてくれる存在です。

海外旅行傷害保険サービスは最高2,000万円!

海外旅行中での思わぬケガや病気、携行品の破損にも対応してくれる安心の傷害保険サービスであり、利用付帯となります。入会日当日以降に出発する海外旅行にも対応してくれています。事前に旅行代金をカードで支払うことが条件とはいえ、最高2,000万円の海外傷害保険サービスがあるのは、海外旅行好きの人にとって魅力的なポイントですね。

ショッピングパートナー保険サービスは年間限度額100万円

カード利用で購入した商品が購入日90日以内に破損したり盗難にあったりした場合、年間100万円まで保証してくれるサービスです。ただし、楽Pay登録機関中のみ自動付帯となります。

楽Payは登録型リボであり、ショッピング1回払いの利用分で自動的にリボ払いとなるしくみです。カード会員それぞれが指定した月々の支払金額を超えた場合、翌月に繰り越した分に対してリボ払い手数料が発生してしまいます。ショッピングパートナー保険サービスを受けたいけれどリボ払いを希望していない場合、設定金額をすぐに超えてしまわないよう高めに設定しておくといいかもしれませんね。

ネットショッピングの強い味方!NICOSネットセーフティサービス

近年よく耳にするのが、第三者によるクレジットカードの不正利用。VIASOカードでは、オンライン取引における第三者の不正利用が明らかになった場合、その損害を保障してくれる「NICOSネットセーフティサービス」があります。

現在では多くの人が、家にいながらネットでお買い物をすることが一般的な世の中となりました。不正利用があっても補償してくれるというのは、ネットショッピングを多用する人にとってぜひとも欲しい機能ではないでしょうか。

VIASOカードのデメリットについて

VIASOカードにはメリットが豊富にあるものの、デメリットと呼べる部分も少なからずあります。

ポイント還元率は基本0.5%

現在、さまざまなカード会社がクレジットカードを発行していますが、なかには基本1%でポイント還元しているカード会社もあります。0.5%は大きな魅力とはいえず、一般的といえるでしょう。

オートキャッシュバックは1,000円以上から

VIASOカードの大きな魅力のひとつでもあるオートキャッシュバック。1年に1回、貯まったVIASOポイントを自動的に口座へ振り込んでくれます。しかし、貯まったすべてのポイントではなく、1,000ポイント以上での還元となります。

例えば999ポイント貯まっていた場合は0円、1,500ポイント貯まっていた場合は1,500円のオートキャッシュバックになるのです。条件に満たないポイントは蓄積機関が修了すれば自動的に消滅してしまい、繰り越すことはできません。現金での還元はうれしいものの、「1,000ポイント以上」という点がデメリットに感じるでしょう。

はがきや封書でのご利用代金請求書には別途手数料が発生

VIASOカードの請求内容確認方法は、基本はWebになります。はがきや封書でのご利用代金請求書を希望する場合、1通あたり別途80円(税別)がかかります。公式サイトによれば、2018年4月27日支払い分から1通あたり別途90円(税別)に値上がりすることが明記されています。

もしもWebではなくはがきや封書などで利用代金を確認したい人は、この点を頭に入れておくといいですね。

VIASOカード

カードの特徴

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを親会社に持つ三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカード。貯めたポイントは自動的にキャッシュバックされるシステム

発行会社 三菱UFJニコス ポイント還元率 0.5%
年会費 無料 付帯保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高100万円
電子マネー ポイント VIASOポイント

-おすすめクレジットカード
-, , ,

どれが良いの?クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードの選び方・比較のポイント

クレジットカードはどれを選んでも一長一短で、自分のライフスタイルに合ったものを選べば節約も可能ですが、めったに利用しないサービスのカードを選べばただの後払いができるだけのカードになってしまいます。

自分のよく利用するお店やサービス、カード利用で受けたい割引やポイントなどの優待で比較して選ぶようにしましょう。

Copyright© クレジットカード比較サイト「ナンバーエイト」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.